You gotta go to the Eddie’s Lounge, the grooviest ‘Shitamachi’ bar in Nishi-Nippori, Tokyo

Eddie on the groove
 

In short: if you like soulful music and groovy jazz, you gotta go to the Eddie’s Lounge (Facebook page) now. Also, if you are professional/amateur musician and you want a place to join the jam, Eddie’s Lounge is one of the best places to dig in Tokyo.

ソウルフルでグルーヴィーなジャズが好きな人は、西日暮里駅から徒歩5分、エディーズラウンジ (Facebook ページ) に行きましょう。また、プロ・アマを問わずミュージシャンの方でジャムセッションに参加されたい方にとっても、エディーズラウンジは最高の場所です。

[Eddie's Lounge]
 
 


 

His playing style has always been reminiscent of that of Charles Earland, both driving bass line and magnificent right hand, always keeping the tune rolling and grooving. He is also an enthusiastic music listener, especially keen on funky/soulful/groovy sides, from Be-Bop Jazz, soulful Organ Jazz, James Brown and other funk music, Stax Soul, Philly Soul, etc. Yes, he has the ultimate passion for “the groove” both on playing and listening.

エディーの演奏するオルガンを聴いて最も念頭に浮かぶのは チャールズ・アーランド のプレイです。ベースラインがグイグイと乗り、絢爛な右手が華を添え、どんな曲でも常にグルーヴを忘れない、あれです。エディは同時に熱狂的な音楽ファンでもあり、特にファンキーで、ソウルフルで、グルーヴィーな音楽に対してはマニアックに追求しています。ビバップジャズから、ソウルジャズ、オルガンジャズはもちろん、ジェームス・ブラウンなどのファンク、スタックスのソウル、フィリーソウル、などなど。演奏にも、リスナーとしての趣味にも、根底にあるのはグルーヴへの情熱です。

 

 

He also has a strong passion to educate many musicians on playing groovy music, as well as the long and diverse history of such. He knew there were so many talented but “unknown” players all around in Japan, but he also knew few of them understand how to “groove”, how to “listen” to co-players and respond, how the history of soulful/gospel/funky music had been evolved. This could be one reason he wanted to have his own bar with a stage, welcoming any players to jam with him, educating them how to groove with his own sound.

エディーはまた、彼の元に集まるミュージシャンに、グルーヴィーに演奏する方法を教え、その音楽の長く網の目のような歴史を教えることに強い情熱を持っています。彼が言うには、日本には無名だけど腕のたつプレーヤーはごまんといるが、グルーヴを理解し、共演者の演奏を「聴き」そして反応でき、ソウルやゴスペル、ファンキーな音楽がどのように生まれてきたかの歴史を学んでいるプレーヤーは少ない、と。だからこそ彼は、誰もが自由にジャムセッションに参加でき、彼と共演することで学んでもらえるような、ステージ付の自分のバーを持ちたいと思ったのでしょう。

 
(previous arrangement before the jam, Jan. 17, 2014)
(Apr. 20, 2014: this photo was deleted for a certain reason)
 

Honestly, the quality of the jam sessions at Eddie’s Lounge is very uneven – ranging from very amateur and loose, to very professional and grooving altogether. But this is one of the good points about Eddie’s Lounge. Everybody who wants to join the soulful jam is always welcome, and you can even learn how to play the groove in action with Eddie. The atmosphere is very warm and cheerful – it may be Eddie’s sensitivity and personality.

エディーズ・ラウンジでのジャムセッションのクオリティは、正直なところ、日によってまちまちです。とってもゆるいアマチュアナイトになるときもあれば、メンバー全員が完璧にグルーヴしている時もあります。けれども、そこがエディーのお店の良いところとも言えます。ジャムセッションに参加したい人はいつでもウェルカムで、エディーと共演することで演奏のノウハウを教えてもらえるのですから。雰囲気はいつも暖かく楽しさに満ちています。きっと彼の感性や個性によるものだと思います。

 


 

Eddie Landsberg (1971-, b. Philadelphia, PA), now living in the Tokyo area, Japan, has been a good friend of mine since October 2003. I remember he firstly e-mailed me that he found my website, expressing how much he was into soulful/groovy music (like I love too), and he asked me to visit the gig at Burglar, Nishi-Azabu, Tokyo. The below web article on Tokyo Weekender was published at around when Eddie and I met for the first time.

1971年フィラデルフィア生まれで現在日本在住、エディ・ランズバーグ 氏と懇意になったのは、2003年10月、彼が私に送ってきたメールがきっかけでした。今でもよく覚えているそのメールには、私の当時の web サイトを見つけたこと、(私も大好きな)ソウルフルでグルーヴィーな音楽をどれだけ好きかが綴られていました。そして、西麻布の Burglar で行われるライブにぜひ来るように、と誘われたのでした。以下の Tokyo Weekender に載った記事は、ちょうど私がエディーと知り合った頃に書かれた記事です。

   
Tokyo Weekender - Three Showmen
(photo originally published with the above article on Tokyo Weekender, Oct. 2003)
 


 

After I met him for the first time at Burglar in October 2003, I could take part in the grand opening day of his first Eddie’s Lounge in Kita-Senju on November 26, 2003 – a tiny bar, but full of excitements and hot atmosphere were always there.

エディーと Burglar で初めて会ったのが先述の通り2003年10月、そして2003年11月26日、彼が最初に開いた 北千住の Eddie’s Lounge のオープン初日に伺いました。やや狭いバーでしたが、いつも熱気に包まれていたことを覚えています。


(Eddie playing Hammond B3 at Eddie’s Lounge in Kita-Senju, Nov. 26, 2003)
 


 

I visited to the Lounge again on February 28, 2004 with a friend of mine who wanted to join the jam session there. The whole atmosphere in the lounge was real nice.

翌年、2004年2月28日には、ジャムセッションに参加したいという知り合いと共に、再びエディーのお店を訪れました。たくさんのミュージシャンがジャムに参加し、雰囲気はとても良かったことを覚えています。

 
Eddie Jams at Eddie's Lounge, Kita-Senju, Feb. 28, 2004
(Eddie Jams at Eddie’s Lounge, Kita-Senju, Feb. 28, 2004)
 


Then for some reasons he had faced, he decided to close the bar. But he was back on stage in 2009. I was there at the Organ Jazz Club, Numabukuro, Eddie playing Hammond B3 with Kyohei Yamamoto and Kazumasa Oyamada. This trio was really groovy and funky, and I believe Eddie surely enjoyed the performance on the day. It was really awesome.

その後、いろいろな理由から、北千住のエディーズラウンジは閉店することになってしまいましたが、2009年、彼は再びステージに戻ってきました。2009年3月22日、彼が山本恭平さんのギター、小山田和正さんのドラムスを従えて、沼袋の オルガンジャズ倶楽部 に出演した際、聴きに行きました。このコンボは本当にグルーヴィーでファンキーなフィーリングに溢れ、きっとエディーもこの時の演奏はとても満足したのではないかと思います。本当にいいライブでした。

 


(Kyohei, Kazumasa and Eddie digs “Mercy, Mercy, Mercy”)
 

On July 5, 2009, I took my daughter (who was only one year old then) to the Organ Jazz Club again, to listen to the trio. Again, the band sounded very tight and right. She also enjoyed the performance for sure.

2009年7月5日、再びオルガンジャズ倶楽部を訪れた際には、当時まだ1歳だった娘も連れて行きました。3月の時と同じトリオ編成で、再び完璧な演奏を聴かせてくれました。娘も音楽をとっても楽しんでくれました。

 
Organ Jazz Club, July 5, 2009
 


 

On November 10, 2012, I was at The Juke Joint, Nishi-Azabu to watch Eddie Landsberg on stage with Bill Concello. I saw Eddie fully enjoy the moment with the great drummer. I was also happy to be there.

2012年11月10日には、西麻布の The Juke Joint で行われたエディーとビル・コンセロのライブを聴きに行きました。エディーは、この素晴らしいドラマーとの共演を心から楽しんでいるのが伝わってきましたし、私もその場を共有できて幸せでした。

 
Eddie Landsberg and Bill Concello at The Juke Joint, Nov. 10, 2012
 


 

And ten years after the first Eddie’s Lounge opened, he finally made up his mind to open Eddie’s Lounge again, this time located in Nishi-Nippori (five minutes walk from the Nishi-Nippori station).

そして、北千住のエディーズラウンジ開店から10年、ついにエディーはお店を復活させました。今度は西日暮里駅から徒歩5分という好ロケーションです。  

Eddie's Lounge, Nishi-Nippori, Tokyo, Japan
 

Not only a great place to appreciate soulful BGM (I once did DJ there – haha), not only a good place to join the jam, but also Eddie’s Lounge is a very good Izakaya – many variety of Shochu at 500 YEN, Motsu-Nabe at 900 YEN. Many other dishes are also at good price, and all are simply delicious (he cooks by himself). Eddie’s Lounge is a good Izakaya with tasty dishes at good price, and it’s more than that – a soulful and groovin’ Izakaya!

ソウルフルなBGMを楽しめる場所というだけではなく(私もいちどDJをやらせてもらいました 笑)、気軽にジャムセッションに参加出来るお店、というだけではなく、このエディーズ・ラウンジは、普通にまっとうな居酒屋さんでもあります。芋を中心とした焼酎のセレクションもバラエティ豊かで、1ショット500円。立派なボリュームのもつ鍋は900円。他の様々なメニューもどれもこれもリーズナブルな価格、そしてどれもかなり美味しいです(エディー自身が調理しています)。正直、そんじょそこらの安居酒屋さんに行くくらいなら、ここに来る方がよっぽどいいです、いやホント。

 
Kuro Joka
 

I’ll say this again: if you like soulful music and groovy jazz, you gotta go to the Eddie’s Lounge now. Also, if you are professional/amateur musician and you want a place to join the jam, Eddie’s Lounge is one of the best places to dig in Tokyo.

もう一度書いておきます。ソウルフルでグルーヴィーなジャズが好きな人は、西日暮里駅から徒歩5分、エディーズラウンジ に行きましょう。また、プロ・アマを問わずミュージシャンの方でジャムセッションに参加されたい方にとっても、エディーズラウンジは最高の場所です。

 
Eddie and his pals on the groove, Feb. 12, 2014
(Eddie and his pals on the groove, Feb. 12, 2014)
 

Please do me a favor, from a friend of him – be sure to follow Mr. Eddie Landsberg on Twitter, Facebook. “Eddie’s Lounge” has its own Facebook page too.

エディーさんの TwitterFacebook も、ぜひフォローしてあげて下さい。エディーズ・ラウンジの Facebook ページ もあります。どうぞよろしくお願いします!


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Feb. 28, 2004: Jam Session Night at Eddie’s Lounge (2004/02/29)
      Here I come again. It’s been several months since I visited Eddie-chan’s lounge located at K …
  • Congrats to Eddie’s Lounge Grand Opening! (2003/11/29)
    2003年11月26日水曜日,北千住にお住いのハモンドオルガンプレーヤー Eddie Landsberg さん のラウンジ Eddie’s Lounge がオープン初日だったので,参加してきました. …
  • Eddie-san’s brand new CD (2004/06/08)
    Eddie Landsberg さんから,この前アメリカで録音した 新譜のラフミックス CD-R が届きました.いま聴いている最中です. My friend Eddie Landsberg-san …
  • POLICE Troubles at Kita-Senju (2004/05/08)
    Here is a story from my dear friend Eddie Landsberg-san. I constantly heard he had a big problem wi …
  • POLICE Troubles 續報 (2004/05/13)
    Eddie さん からの 前回のメール の続報. 詳細はまだ詳しくは聞いていませんが,なんらかのかたちで解決の方向に向かっている様で ほっと一安心です. こんにちわ!たくさんの方々に一回にこのような …
  • A Letter from my dear friend (2004/04/24)
    現在 Eddie Landsberg さんはレコーディングの為に一時帰国中です.その Eddie ちゃんからメールが届きました. Mr. Eddie Landsberg, a very good f …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *