MusicStack

[MERCURY]
サイトのトップへ
[ English | Japanese ]



Google





はじめに

* Mercuryについて
* このサイトについて



* レーベルの変遷
* マトリクス番号
* インナースリーブ

* コラム

* blog (レコード全般)



Mercury シリーズ

* 10000 シリーズ
* 15000 シリーズ (10吋)
* 20000 シリーズA
   (-20599)
* 20000 シリーズB
   (20600-)
* 25000 シリーズ (10吋)
* 30000 シリーズ (10吋)
* 35000/JATP/MGC
* 40000 Golden Lyre
* Living Presence
* 80000 Custom
* 90000 Tono
* PPS シリーズ
* SRM シリーズ
* Demo/Sampler



傍系レーベル

* EmArcy 26000 (10吋)
* EmArcy 36000 (12吋)
* EmArcy MGE/SRE
* EmArcy EMS
* Wing 12000
* Wing 12100/16100
* Wing 14000/18000
* Wing 60000
* Limelight
* Philips U.S.
* Fontana U.S.
* Smash
* Blue Rock
* Cumberland
* ...



コンパクト盤
(33rpm 7吋)


* Mercury 200/600
* Limelight 300
* Smash 700
* Fontana 750
* Philips 800/2700



EP盤
(45rpm 7吋)


* Mercury EP 3000
* Mercury EP 4000
* Mercury EP 5000
* EmArcy EP 6000
* Wing EP 16000
* Mercury MEP
* Childcraft/Playcraft
* miscellaneous



シングル盤
(45/78rpm)


* Mercury 2000
* Mercury 3000
* Mercury 5000
* Mercury 6000
* Mercury 8000
* Mercury 8900
* Mercury 11000
* Mercury 70000
* Mercury 89000
* EmArcy 16000
* Limelight
* Wing
* Blue Rock
* ...



アーティスト別一覧

その他



リンク



[In Association with Amazon.com]

Mercury 20000 シリーズ B (60600-) 概要

このシリーズは 20000 Series A に続くものです.1960年〜1961年頃に切り替わりました.

この頃になると,ステレオ盤のリリースは徐々に多くなってきましたので, それに伴いカタログ番号の振り方が変更されました. モノーラル 盤が MG-20600 から順に振られるのは以前と同様ですが,ステレオ 盤も SR-60600 から順番に振られる様になりました. 丁度同じアルバムのステレオ盤とモノーラル盤のカタログ番号の下4桁が 対応するわけです. これは 1960年代末期にモノーラル盤のリリースが終わるまで続きました.


[English] [Japanese]






レーベルのバリエーション

黒地に銀色の印刷が施されたものがオリジナルです. しかしジャケットデザインが再び変更になった頃 (20800番前後?) に,レーベルは赤地に黒い印刷のものに変更されました. 赤地に黒と白の印刷がなされたものもあります.

詳しいバリエーションについては, ここ を御覧下さい.

ジャケットデザインのバリエーション

シリーズ B (MG-20600/SR-60600) に切り替わったのとほぼ時を同じくして, 例の「オビ」状のデザインがほんの少し変更されました. ステレオ盤に使われていた「STEREO」というレタリングは 「MERCURY STEREO」へ, モノーラル盤に使われていた「HIGH FIDELITY」は 「MERCURY hi-fidelity」に変更されました.

これを書いている今の時点では, この微妙なスタイルの変更がどのアルバムから行われたかを 特定できていません. 現時点での手持ちアルバムでは, SR-60626 が,古いデザインの帯が使われている 最も新しいアルバムですが, 逆に MG-20605 は,マトリクス番号からすると 1st プレスにも関わらず, ジャケットは新しい帯が印刷されています.
[Stereo Obi B]

1963年頃のリリースから,その「オビ」状のデザインは大きく変更を受け, より細いものになります.丁度赤地のレーベルが使われだした頃と同時の様です. このデザインは,モノーラル盤リリースが終了するまで続きました.

[Monaural Obi C]

一部の 2nd プレス盤では,太い帯から細い帯に変更されたものがあります.

MG-20662 (Mono, 最初のデザイン) MG-20662 (Mono, セカンドデザイン)
[Front Cover] [Front Cover]
最初はこの太いオビのデザインでリリースされ.... 2nd イシュー (1960年代中期 or 後期?) の時点で細いオビに変更されました









MATSUBAYASHI 'Shaolin' Kohji <shaolin@rhythmaning.org>
Counter visitors to this page since June 03, 2002.
Last Updated: 09:26:53 JST, 06/15/2015