MusicStack

[MERCURY]
サイトのトップへ
[ English | Japanese ]



Google





はじめに

* Mercuryについて
* このサイトについて



* レーベルの変遷
* マトリクス番号
* インナースリーブ

* コラム

* blog (レコード全般)



Mercury シリーズ

* 10000 シリーズ
* 15000 シリーズ (10吋)
* 20000 シリーズA
   (-20599)
* 20000 シリーズB
   (20600-)
* 25000 シリーズ (10吋)
* 30000 シリーズ (10吋)
* 35000/JATP/MGC
* 40000 Golden Lyre
* Living Presence
* 80000 Custom
* 90000 Tono
* PPS シリーズ
* SRM シリーズ
* Demo/Sampler



傍系レーベル

* EmArcy 26000 (10吋)
* EmArcy 36000 (12吋)
* EmArcy MGE/SRE
* EmArcy EMS
* Wing 12000
* Wing 12100/16100
* Wing 14000/18000
* Wing 60000
* Limelight
* Philips U.S.
* Fontana U.S.
* Smash
* Blue Rock
* Cumberland
* ...



コンパクト盤
(33rpm 7吋)


* Mercury 200/600
* Limelight 300
* Smash 700
* Fontana 750
* Philips 800/2700



EP盤
(45rpm 7吋)


* Mercury EP 3000
* Mercury EP 4000
* Mercury EP 5000
* EmArcy EP 6000
* Wing EP 16000
* Mercury MEP
* Childcraft/Playcraft
* miscellaneous



シングル盤
(45/78rpm)


* Mercury 2000
* Mercury 3000
* Mercury 5000
* Mercury 6000
* Mercury 8000
* Mercury 8900
* Mercury 11000
* Mercury 70000
* Mercury 89000
* EmArcy 16000
* Limelight
* Wing
* Blue Rock
* ...



アーティスト別一覧

その他



リンク



[In Association with Amazon.com]

Mercury マトリクス番号あれこれ

「マトリクス番号」(Matrix Number) とは, レコードの最内周とレーベルの間に位置する表記で, レコード番号,マザースタンパー番号,プレス工場などの情報を 読み取ることが出来ます.

使用されている レーベル と同様, マトリクス番号から,その盤のプレスされた時期が特定出来ます. また,マトリクス番号はしばしばプレス品質や音質と一緒に議論されます.

ここにあげているタイプが全てではありませんし,例外も数多く存在しますので, あくまで大枠として分類していることを御了承下さい.


[English] [Japanese]






マトリクス番号のバラエティ: 1961年?〜1967年?

[SR-90310A MATRIX]
SR-90310A RFR-1  P17  FF

Mercury SR-90310 A面のマトリクス

この盤の場合、
1回目にカッティングされたラッカー (RFR-1) から プレスされた事は分かるものの、
マザー番号やスタンパー番号は記されていません。

マトリクスの他に書き込まれている P17
George Piros 自身がカッティングした証です。
これらは使用したカッティングレースのコードネームと言われています。



他シリーズと同様 Richmond 工場に移転した Living Presence シリーズは、マトリクスが George Piros 自身による 手書きで書き込まれています。FR 刻印からこの手書きマトリクスに 移行したのは (一部の例外を除いて) SR-90260番台あたりという説が一般的です。

マトリクス末尾は、RFR の後に数字が続くもので、 この数字が、ラッカー番号を表しているとされています。 また、P17, P13, P15, P126, CP25 といった書き込みも多くの盤で見受けられますが、 これらは Piros が使用したカッティングレースのコードネームと言われています。

このタイプは、マザー番号やスタンパー番号が明示的に分からないのですが、 盤によっては、手書きの一本線が複数書き込まれているものがあり、 これがスタンパー番号の代わりに使われているのではないかと推察しています。

このタイプは、1960年代中期〜末期に George Piros が Mercury との 関係を解消した頃まで使われ、その後 Living Presence シリーズは Richmond 刻印タイプ でプレスされる 様になります。

なお、マトリクス末尾が CBFR, CTFR, CCFR のものは Columbia Record Club 用にプレスされたもので、 Columbia からの「安いプレーヤーでも過不足なく再生出来るように」という 要請に応じて、George Piros がやむなくおとなしめのカッティングを したもの、と言われています。 果して、これらの音質は概して RFR のものに比べて 劣るものが多い様です。




[SR-90320A MATRIX]
SR-90320A-RFR-1  P126

Mercury SR-90320 A面のマトリクス

この盤の場合、
1回目にカッティングされたラッカー (RFR-1) からプレスされた事は分かるものの、
マザー番号やスタンパー番号は記されていません。

マトリクスの他に書き込まれている P126
George Piros 自身がカッティングした証です。
これらは使用したカッティングレースのコードネームと言われています。



MATSUBAYASHI 'Shaolin' Kohji <shaolin@rhythmaning.org>
Counter visitors to this page since May 29, 2004.
Last Updated: 09:26:54 JST, 06/15/2015