Falling in Love with "The Voice"

かなりヤヴァイです。完全にスイッチが入ってしまいました。

何をいまさら、と思われるかも知れませんが、もう2ヶ月程 Frank Sinatra にゾッコン状態が続いています。

もちろん、何年も前から、彼の代表的なアルバムは何枚か持ってましたよ。 もちろん、いいねぇ〜、と思っていましたよ。 けど、ある曲をきっかけに、完全にスイッチが入ってしまったんです。

それは、先日紹介した Playboy Jazz All-Stars 1957 という2枚組コンピレーション LP を 1月に入手して、 1枚目 A面6曲目に収録されていた Oh! Look At Me Now (1941年1月15日録音) を初めて聴いた時のこと。 雷に打たれた様な衝撃 が襲いました。なんでかようわからへんけど。 完璧にコントロールされた情感、憎らしい程の茶目っ気、そして完璧な展開をきかせるバックのオーケストラ。

それからというもの、暇さえあれば、現時点で家にある10枚程の LP をとっかえひっかえ聴き続ける始末。

こんな衝撃は、思い返してみても、幼稚園生の時に「およげたいやき君」のサントラを聴いた時、 小学生の時に「太陽にほえろ!」のテーマ曲を聴いた時、中学生の頃に Beatles“Girl” を FM ラジオで聴いた時、高校生の時に Todd Rundgren“Hello, It’s Me”Sagittarius“My World Fell Down”Spanky And Our Gang“Like To Get To Know You” を FM ラジオで聴いた時、大学生〜院生の時に Thelonious Monk“Between The Devil And The Deep Blue Sea” を聴いた時、James Brown“Mother Popcorn” を聴いた時、Sam Cooke“Just For You” を聴いた時、社会人になってからは Dorati, LSOSTRAVINSKY: FirebirdCluytens + FrancoisRAVEL: Concerto for Left Hand を聴いた時くらいでしょうか。

35歳になって突然 “The Voice” に完璧にホレてしまうとは。

ともあれ、嬉しい事に (極く一部のコレクターズアイテムを除いて) SP、LP を通じてほぼどれもこれも リーズナブルな値段で購入することが可能です。前期、中期、後期を通じて、 コンプリートコレクションと称した CD ボックスものも揃ってます。 中古 LP 1枚 500円かそこらで、これだけ感動できるなんて、なんと経済的なんでしょう。

まずは Capitol 時代と Reprise 時代をコンプリートして、それからおいおい RCA VictorColumbia 時代の SP に手を出していこうかしら。また新しい楽しみが出来ました。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • You Brought A New Kind Of Love To Me / George Wettling (2006/07/02)
    There are so many masterpiece performances of Mainstream Swing Jazz left on legendary Keynote label. Some might love Lester Young Quartet’s 1943 session too much; other recommendations might include Dinah Washington’s debut recording with Lionel Hampton Sextet in 1943,…
  • The Immortal Voice (1923) – how phonograph records are made (2016/03/24)
    とても貴重な記録映像です。Liberty of Congress より。 1923年、まだ録音技術がアコースティックだった時代(アンプなど電気増幅を行う前)の、スタジオ録音風景、そしてレコードのプレスを行うまでの一連の流れをまとめたものです。このフィルム自体がサイレントというのがすごいですね。そして、技術がシンプルな分、とてもわかりやすい解説になっています。 The Immortal Voice (1923) – how phonograph records are made – piano score by Ben Model ずっと前にご紹介した、その他の「レコードはどうやって作られているか」系の記録映像です。 Record Making with Duke Ellington (1937) RCA Victor Presents “Command Performance” (1942) Sound and the Story (1956)
  • Thelonious Monk in Philadelphia 1960 with Steve Lacy (2006/07/30)
    先日、mhatta さんに 教えてもらって 速攻で購入した CD。 なんといっても Monk と Steve Lacy の共演が聴ける (!!) というだけでそそられます。 The other day mhatta-san let me know the release of the CD – we can finally listen to the Monk quartet with Steve Lacy on soprano…
  • My first vinyl spin in 2012 (2012/01/09)
    2012年1月4日、一足先にひとりで帰省先から戻った私の家に、 いつもテニスをご一緒させて頂いているオーディオ好きの Iさん が遊びに来て下さいました。昨年、いちど遊びに来て下さって以来、2回目となります。 Mark Levinson のプリ(No.38L)・パワー(No.23L)や、JBL S2600 といった、 私のシステムよりずっとポテンシャルが高い機器を自宅に揃えられている方です (そういう話をテニスの合間にするようになったのは意外にもここ1〜2年のことでした)。 私も一度だけ(テニスの帰りに)お宅にお邪魔したことがあります。 あれこれ多忙のためオーディオはしばらくお休みされていたそうなのですが、 昨年あたりから少しづつ、お金をあまりかけずに、ご自宅の音を良くしていきたい、ということで、 最近ではパワーアンプをレストア的に修理に出されたり、スピーカースタンドを 見直したりと、徐々に作業をなさっているそうです。 今回は、お使いのCD/DVDプレーヤー(DVD-H1000)や そこにつながるケーブル類に問題があるのではないか、という疑問をクリアに するために、うちのシステムに繋いでみてチェックしてみよう、というのが目的です。 結論としては、DVD-H1000 自体の疑いは晴れました。晴れましたというどころか、きらびやかな中高域のサウンドも美しく、ディテールまで細やかに表現するいい再生音を聴かせてもらいました。依然うちのシステムではアナログ再生の方が買っていますが、うちに(あまり愛もかけられることもなく設置方法もいい加減なまま置いて)ある TEAC VRDS-25X とは雲泥の差でした。 私はもう今後 CD プレーヤーをリプレースする予定はない(普段 CD はあまり聴いてないし、もし聴くとしても今後はPCオーディオ方向に向かうと思います)のですが、10年前のユニバーサルプレーヤーでもこんなにいい音が聴けるんだなぁ、と感慨深かったです。 Iさんのお宅のシステムは、これからどんどん本領を発揮する方向に向かうと思われます。楽しみにしております。 で、タイトルですが、この日が私にとって今年最初のレコード再生の日でした。いちばん最初にターンテーブルに載せたのは、記憶では「Balalaika Favorites」でした。車での帰省・Uターンでカーオーディオで音楽を聴いて以来のまともな音だったので、ホッとしました。 その他当日かけたCD/LPたちを、覚えている限りリストアップしておきます。Iさんの嗜好や今回の目的にあわせて、主に高音質系と呼ばれる類いのLPからピックアップした記憶があります。 SP もかけませんでしたし、いつものようにマニアックな盤を次々かけたりということもありませんでしたが、これだけまとまった時間じっくりとレコード再生できたのは本当に久し振りのことで、とても楽しい時間となりました。 Iさんが持参された盤 At Shelly’s Manne Hole / Bill Evans(OJC 盤 CD) Undercurrent / Bill Evans & Jim Hall(キング盤LP) Somethin’ Else / Cannonball Adderley(キング盤LP) 私が手持ちから適当にピックアップした盤 First Impulse: Creed Taylor Collection 50th Anniversary (2011年4枚組CDセットリイシュー) Way Out West / Sonny Rollins (米オリジナル盤LP、Stereoレーベル初版) West Side
  • R.I.P., Mr. Jim Hall, The Greatest Jazz Guitar Stylist In History (2013/12/11)
    Jim Hall さんの2014年1月の来日を楽しみにされていた方は私だけではないはず。こんなにも早く、お別れになってしまうなんて。最近は少し体調を崩されていたとのことですが、自宅ベッドで眠るように亡くなられたとのこと。。。
  • Desiccant is indispensable in Japan (2006/07/13)
    Abstract: It’s always very humid and wet in Japan, and the humidity is the enemy for keeping vinyl LPs and covers clean. So I always use desiccants in the LP stockers. こうもムシ暑い日が続くと、気分も体もヘタってしまいそうですねぇ。 大事なレコードさん達にとっても湿気は大敵。というわけで私は LP 保管用に 乾燥剤 を愛用しています。…

4 thoughts on “Falling in Love with "The Voice"

  1. こんばんわ。bassclefです。
    おおっ!シナトラですかあ!
    実は・・・僕も30才過ぎた頃から、こう何かジワジワと・・・沁みてきて・・・ドップリと好きになってしまったのです。きっかけはAMラジオ(笑)その時の曲は・・・I Get A Kick Out Of You だったはずです。
    思うに・・・シナトラのよさみたいなのを感じとるには30過ぎてないと無理なんじゃないでしょうか?(笑)
    shaolinさんの、この勢いだと・・・あっという間にオリジナルのSPまでいっちゃいそうですね(笑)

  2. 昨日、シナトラショーの DVD を買ってきて Bing Crosby や Dean Martin、Sammy Davis Jr.、 Ella Fitzgerald などとの共演をヨダレたらしながら見ていたところです。
    なんというか、Jazz が Popular Music の一部であった、いや、Popular Music と同化していた幸せな時代の、最上の例なんだな、ということを改めて実感しています。
    いまでいうところの Jazz ファン (もちろん私も含めて) というのは、本当に後追いで価値観や評価やカテゴライゼーションを行ってきたんだなということも。だって、こういう完璧な歌唱に親しんだからこそ、それを大胆にフェイクしたインストの名演がより味わい深く堪能できるわけで、我々の世代(?)は明らかに順序が逆だなぁ、と。
    というか、シナトラといい、Big T を含めた Dixie〜Swing 系といい、Kenton 系といい、最近 Jazz 方面に関しては趣味がかなりジジイ化してきてます(笑)
    > あっという間にオリジナルのSPまでいっちゃいそうですね(笑)
    とりあえず記念として Oh! Look At Me Now のオリジナル SP だけは入手しようと思っています (笑)

  3. どうもです。
    シナトラ好きなんですねぇ。素晴らしい。
    ザ・ボイス~コロンビア・イヤーズを聴いています。
    いいですよねぇ。
    Shaolinさんは
    Sinatra Society of Japanに入っています?
    先日届きました会報Vol.61が先日届いていますが、
    毎回濃い内容です。
    別件ですが、以下の人知ってます? なかなかいいです。
    http://www.frankienovak.com/Frank-Sinatra.htm

  4. sugar-s さん、コメントありがとうございます。
    私は “Sinatra At The Sands” のモノーラル盤シールドを開封して聴き始めたところでした (笑) ちょうど今朝届いたところです。
    Columbia 時代もあなどれませんね。残念ながら Columbia 時代の LP はまだ 3枚しか持ってないので、この辺はこれからです。コンプリートCDボックス買うのも、なんだか徐々に良さを発見する楽しみに欠ける様で…
    今のところ、Dorsey バンド時代に圧倒的な魅力を感じています。これから長く聴いていくにつれ好みは変わっていくのでしょうが。
    > Sinatra Society of Japan
    まだ入ってないです。正直、入ろうかと考えているところです。
    > Frankie Novak
    これはご紹介ありがとうございます。なかなかいい感じですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.