Various V.A. LPs, Pt.4 – The Playboy Jazz All-Stars 1957

V.A. 特集 第3回 から随分間があいてしまいました。今回は、レーベルの枠も越えて出された Various ものの中で特に興味深いリリースを紹介します。 あの Playboy 誌の企画から生まれた 2枚組です。

It’s been a while since I posted V.A. Pt. 3 article. Here is the fourth article being focused on Sampler LPs and Various Artists album, but it’s a bit different – an interesting double LP album which was derived from Playboy magazine.

[Playboy PB-1957 Front Cover]    [Playboy PB-1957 Back Cover]

The Playboy Jazz All-Stars (1957)
(Playboy PB-1957)

1956年より Playboy 誌の Jazz Editor という肩書きを持ったあの Leonard Feather さん。早速この Jazz Poll の企画を実行し、1956年10月号に付属の投票用紙から集計され、1957年2月号に第1回の投票結果が掲載されました。部門はお馴染みの区分で、リーダー、トランペット、トロンボーン、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、クラリネット、ピアノ、ギター、ベース、ドラムス、その他の楽器、男性ヴォーカル、女性ヴォーカル、そしてコンボという風に分けられていました。そして、その各部門で 1位に選出されたアーティストの演奏が、このアルバムに集められているというわけです。

That famous Leonard Feather was a jazz editor for Playboy magazine from 1956, and he directed the first annual jazz poll on the magazine. Poll ballots were enclosed in the Oct. 1956 issue, and the entire result appeared on Feb. 1957 issue. Sections included Leader, Trumpet, Trombone, Alto Sax, Tenor Sax, Bariton Sax, Clarinet, Piano, Guitar, Bass, Drums, Misc. Instrument, Male Vocalist, Female Vocalist, and Instrumental Combo. All musicians who gained No.1 in each section appeared on this album.

さて、この2枚組アルバムですが、意外や意外、大変素晴らしい出来です。 このテの「なんでもかんでも寄せ集め」的アルバムに欠けていることの多い統一感や流れといったものがきちんと備わっています。1940年から1957年までと、バラエティに富んだ録音年月日、そして音楽スタイルをもろともせず、アルバム全体にきっちりと一本筋が通っていて、飽きることなく LP 2枚を通して楽しむことができるようになっています。

The contents of this double LP album are, against my expectation, all superb. Generally such “various artists’ albums from various period” tend to lack consistency and construction, while this album surely has. Yes this double album has very solid consistency throughout all tracks, although the recorded period varies from 1940 to 1957, and although musical styles also varies.

[Playboy PB-1957 Side-1]    [Playboy PB-1957 Side-4]

それもそのはず、ライナーノーツによると、本アルバムを編纂するにあたり ColumbiaGeorge AvakianVerveNorman Granz が製作初期の段階から協力したとのことです。また、マスタリングのスーパーヴァイザーは ContemporaryLester Koenig が担当。確かに、デッドワックスをみると、当時の Contemporary レーベルのリリースと同じタイプの刻印があります。ということは実際にマスタリングやカッティングに携わったのは Roy Dunann でしょうね。これだけいろんなレーベルの音源を収録しているのにも関わらず、(SP 時代の録音も含めて!) 実に統一感ある音質でまとめられているのがさすがです。

As a matter of fact, as Mr. Feather wrote in the liner-notes, there were so many contributions by George Avakian of Columbia and Norman Granz of Verve whose suggestions guided the project in its earliest stage. Also, Lester Koenig of Contemporary supervised the assembly of the master tape material – the dead wax matrix stamp is the same type as Contemporary’s releases at the time, which may suggest the actual engineering was done by Roy Dunann. Although various performances from various labels are gathered on this project, the audio fidelity and sound colour of every track (even the old recording from the 78rpm era) has rock solid consistency. Les and Roy did a splended job indeed.

本アルバムに収録されている音源は、ColumbiaContemporaryC. P. MacGregorPacific JazzRCA VictorStoryville そして Verve といった多彩なレーベルから集められたものです。残念ながら、Capitol は本アルバム編纂にあたり協力をしなかったようで、その為 Stan Kenton の音源は C. P. MacGregor のトランスクリプション、そして Frank Sinatra の音源は Tommy Dorsey 時代の RCA Victor が使われています。また、見開きジャケットの中にはブックレットが添付されていて、各曲の詳しい解説とディスコグラフィカルなデータがきちんと書かれているのも好印象です。

Various materials on this album were gathered from such labels as Columbia, Contemporary, C. P. MacGregor, Pacific Jazz, RCA Victor, Storyville and Verve. Unfortunately, Capitol label is not included on the list, and that’s why Stan Kenton track was from C. P. MacGregor’s transcription, and Frank Sinatra track from RCA Victor (Tommy Dorsey era). Another good thing about this album is a gorgeous booklet attached inside the gatefold cover, which has very detailed liner-notes and discographical data.

しかしこの “Oh! Look At Me Now”! 瑞々しい時代のシナトラ! このシビれる歌声はどうですか! 完璧なアレンジの Dorsey オーケストラのバッキングはどうですか! 残念ながら Dorsey 時代の Sinatra の録音はまだあまり持っていないのですが、これを機に本格的に集めたくなってしまう程です。

By the way, what a refreshing voice by Frank Sinatra on the track “Oh! Look At Me Now!” His young voice is so sweet! And his voice blends beautifully with Tommy Dorsey’s terrific Big Band sound! Unfortunately I only have a few of Dorsey-Sinatra sessions at the moment, and I’d like to go buy the complete CD box set…

[Playboy PB-1957 Side-2]    [Playboy PB-1957 Side-3]

その他、あの「真夏の夜のジャズ」でのハイライトのひとつでもあった Louis ArmstrongJack Teagarden“Rockin’ Chair” も、このアルバムにしっかりと収録されています (1947年の RCA Victor 音源)。もちろんどの面もゴキゲンなのですが、やはり Side-A が一番理屈抜きに楽しめます。

Also, “Rockin’ Chair” by Louis Armstrong and Jack Teagarden is also fantastic – this tune is a highlight of the “Jazz On A Summer’s Day” movie, while this compilation album comes from RCA Victor’s 1947 session. I love Side-A’s six tracks, although other three sides are also very nice.

さて、この Playboy Jazz All-Stars アルバムには実は 続編があります。 1958年と 1959年にもそれぞれ読者投票にもとづいて同様のアルバムがリリースされていますが、 これらは 別の意味で 非常に見逃せないものです。 1958年版はまだ所有していませんが、1959年版 (3枚組 LP ボックスセット) については、 近いうちに是非紹介しようと思います。

Well, this “Playboy Jazz All-Stars Album” had its sequel – there were 1958 edition and 1959 edition, both of which contains very interesting tracks in another perspective. I don’t have the 1958 edition at the moment, but in the near future I think I will write another article on the 1959 edition (3LP box set).




A-1: Do You Know What It Means To Miss New Orleans? / Louis Armstrong (from Columbia label, June 1, 1956)
A-2: Rockin’ Chair / Louis Armstrong and Jack Teagarden (from RCA Victor label, June 10, 1947)
A-3: When Buddha Smiles / Benny Goodman (from Columbia label, September 26, 1951)
A-4: Date With Oscar / Lionel Hampton (from Verve label, September 15, 1954)
A-5: Fine’s Idea / Charlie Ventura (from Verve label, March 19, 1952)
A-6: Oh! Look At Me Now / Tommy Dorsey with Frank Sinatra, Connie Haines and the Pied Pipers (from RCA Victor label, January 15, 1941)

B-1: Theme – Harlem Folk Dance / Stan Kenton (from C.P. MacGregor label, 1940)
B-2: Play, Boy! / Shorty Rogers (from RCA Victor label, July 15, 1957)
B-3: The Sophisticated Rabbit / Shelly Manne (from Contemporary label, July 25, 1957)
B-4: Blues For Mary Jane / Stan Getz (from Verve label, November 24, 1956)
B-5: Who, Me? / Kai Winding (from Columbia label, December 21, 1956)

C-1: I Concentrate On You / Ella Fitzgerald (from Verve label, February 8, 1956)
C-2: Joogie Boogie / Dizzy Gillespie (from Verve label, July 8, 1957)
C-3: Tangerine / Bud Shank (from Pacific Jazz label, November 8, 1956)
C-4: A Playboy In Love / Barney Kessel (from Contemporary label, July 31, 1957)
C-5: Joey, Joey, Joey / J. J. Johnson (from Columbia label, January 31, 1957)

D-1: Pilgrim’s Progess / Dave Brubeck = Paul Desmond (from Columbia label, August 3, 1956)
D-2: Band Aid / Chet Baker (from Pacific Jazz label, October 3, 1953)
D-3: Bass Ball / Ray Brown (from Verve label, July 31, 1957)
D-4: Bobbie’s Tune / Bob Brookmeyer (from Storyville label, January 31, 1956)
D-5: Utter Chaos / Gerry Mulligan (from Pacific Jazz label, December 1, 1956)

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Various V.A. LPs, Pt.3 – Special College Jazz Album (2006/01/19)
    V.A. 特集 第2回 に続き今回紹介する 3枚目は、Verve レーベルの Various ものです。 Clef、Norgran、そしてこの Verve と通じて、 Norman Granz が立 …
  • Various V.A. LPs, Pt.2 – Jazz Series Vol.8 (2005/12/13)
    さて、 V.A. 特集 第1回 に続き紹介する 2枚目は、あの Time レーベルのサンプラーです。 EmArcy レーベルをたちあげたあの Bob Shad が Mercury を離れて自ら立ち上 …
  • Various V.A. LPs, Pt.1 – Riverside Modern Jazz Sampler (2005/12/13)
    いわゆる Various Artists もの、あるいは Sampler LP といいますか、結構気に入っています。特に 1950年代や 1960年代の Jazz ものはお特感満載です。著名ミュージ …
  • Universal “Jazz The Best&amp” LP Collection Pt.2 (2005/10/09)
    実際のリリースから随分と間があいてしまいましたが、 昨年リリースされて そこそこ好評だった ユニバーサル ”JAZZ THE BEST ”LPコレクション の第2弾がこの夏リリースされました。 In …
  • Old Record Catalogues, Pt.4 (2007/07/15)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz)、 Part 2 (Roost, Atlantic, Blue Note)、 Part 3 (Riverside) …
  • Universal “Jazz The Best” LP Collection (2004/11/29)
    Universal Music Japan が,(旧日本ポリドール,旧日本フォノグラムの頃から) 久しぶりに LP 再発 を行います.2004年12月22日リリース,全20タイトルです. Unive …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *