古キ切拔キハメ繪

4がつ11にち げつようび あめ

きょう、ぱぱにかってもらった じくそーぱずる がゆうびんでとどきました。

Mercury 5007 (Frankie Laine)

ゆうびんやさん、とおいところからたいせつにはこんでくれたんだね。ありがとう!

とってもとってもふるい (59ねんもまえのだって!)、むかしの CD みたいなものだっていってました。

でも、このぱずるは むしさんのうんち とねんどをこねてつくったものだっていってました。ちょっときもちわるいです。

それに、こんなにおおきいのに、2きょくしかきけないんだって。とってもぜいたくだね。

Mercury 5007 (Frankie Laine)

がんばったので、ぱずるはできあがりました。たのしかったです。

…んなわけないやろうが、くそ!!

ちゃんと梱包してくれっちゅうねん。幸い安い盤やったから助かったけど。しかしここまで良い状態の盤をもう一回探すのはなかなか大変そうだ。ファクトリースリーブ (このレーベルの最初期、1945-1946年頃のもの) が無傷やったのが不幸中の幸いというか。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • R.I.P. Mr. Frankie Laine (2007/02/15)
    フランキー・レイン (Frankie Laine) さんが 6日、心不全の為 93歳で亡くなったそうです。大往生といっていいのかもしれません。 Mr. Frankie Laine died on 6th of February, of heart failure. He was 93 years old – I hope it was a natural and peaceful death. Singer Frankie Laine Dies at 93 (EXAMINER)…
  • Black Butterfly / Joe Thomas (2007/05/24)
    あー だの こー だの そー だの、なんやかんやと忙しくしてて、最近はゆっくり音楽を聴く時間もとれません。とほほ。 Vine Linux development becoming very active and busy, enjoying small home vegetable farm at my apartment’s verandah, watching professional tennis matches on TV, playing tennis with my friends . . . that’s how…
  • Rampage / Allan Eager (2006/08/25)
    本盤の内容に関わらず (もちろん内容も素晴らしいのですが)、このステキなレーベルデザインだけでグッときてしまいます。 So what a fastinating and swinging label design this is (of course the musical content is also superb).      Rampage c/w Booby Hatch / Allan Eager (Savoy [US] 611)…
  • The Jazz Scene (2005/10/22)
    苦節うん年。夢にまで見たアルバムをやっと入手しました。 Finally, I have acquired the famous 78rpm album which I’d been dreaming of for several years. The Jazz Scene (Mercury no number) 中身の詳しい情報は、画像をクリックしたページでどうぞ。しかし巨大な梱包で届いた時はマジで手が震えたぞ。 Click the above image for detailed information. Anyway it’s an awesome album….
  • A Few Facts About EmArcy Label, Pt.2 (2012/01/25)
    気がつくと 前回の前編 から5年以上もあいてしまいました。すんません。その後も幾人かの方に「続編をお願い」「本題を早く」とリクエストを受け続け(笑)、年明けから暇を見つけてこつこつ書きため、新たに調べ物を行い、今回やっと本題の中編を書き終わりました。 It’s already been over five years since I posted the first part of the EmArcy article (sorry still available in Japanese only) – sorry for that. Several people have contacted and asked me when would the next part available – this month I managed to have spare time to write
  • A Few Facts About EmArcy Label, Pt.1 (2006/05/22)
    えー、2004年11月に公開した 「Mysteries of “Cannonball Adderley Quintet In Chicago”」 以来、Mercury Records Collection に載せた、大変久し振りとなるコラムです。 第2回となる今回は、何人かからのリクエストにお応えして、 EmArcy レーベルに関する四方山話としました。 かなり長くなりそうなので、2〜3回に分けて掲載する予定です。今回はその前編。 とりあえず日本語版だけの公開です。 こちら からどうぞ。 Well, it’s been a very long time since I published the very first article back in Nov. 2004 (entitled Mysteries…

3 thoughts on “古キ切拔キハメ繪

  1. いや、結局このあと弁償 (返金) してくれました。
    幸い誠実な seller だったので助かりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *