定番中ノ定番

先週、手持ちの DL-103R の針交換 (MC なので本体ごと交換ですが) を済ませ、週末は久々に 103 の音を堪能した。 鮒に始まり鮒に終わる。 DL-103 に始まり DL-103 に終わる。 といったところか。

[DL-103R on Gyrodec/3009R]

過不足はなく安心感はあるが、ふと物足りなさを感じる事もある元祖 103 をより魅力的な響きの音に仕上げてある 103R。使いこめば使いこむ程、その潜在能力の高さに気付かされます。今どき貴重な低コンプライアンス (5×10-6cm/dyne) かつ丸針というのも、ちょっと昔の音源にはドンピシャリ。何より、このポテンシャルにしてこの価格 (実売価格は新品が 2万円台前半、針交換価格が 1万円台後半といったところか)。この高 C/P が最大の魅力です。

(写真は LPレイザー 処理した中古盤をクリーニング中。長年放置されて音溝にたまったホコリや析出物が続々浮き出しており針にたまってきています)




うちでは現在、ヴィンテージ盤を Ortofon SPU Royal N (芳醇な香りの如き音の艶は他に類を見ない程)、最近の音源を Audio Technica AT-OC9 (シビレる程ハイスピード感たっぷりの高音域が魅力。日本では生産中止なのが残念) というのがステレオカートリッジの定番ですが、やはり最後に安心して聴けるのは 103R あってこそ。SPU Royal の魅力は物凄いものがありますが、あの値段 (日本での実売価格の 1/3 程度で新品を購入できたからいいようなものの) はやはりおいそれと手が出るものではありません。実際、針交換の時期を迎えたらどうしたものか悩ましいところです。

いまだに、この様な良心的なカートリッジを、良心的な価格で提供し続けてくれているメーカに、心から感謝したい気持ちです。




七十八回轉準備完了」に続く…



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • DENON raising the price of phono cartridges (2013/09/22)
    先刻 路傍の石さんのブログ「帝都熱烈音盤解放戦線」 にて知りました。 I just happend to know the news, at 帝都熱烈音盤解放戦線, the blog dedicat …
  • SME 3009R ラテラルバランス調整 (2005/10/17)
    秋です。音楽の秋です。 うちでは夏にエアコンを滅多に使わないので、真空管が熱くなるその季節には (部屋が尋常ではなく暑くなってしまい) 自然とアンプに火を入れる機会が減ってしまうのです。また、賃貸マ …
  • analog Vol.8 (2005/06/19)
    この前出た analog vol.8 の表紙に、見慣れたプレーヤーが登場。 久しく日本で最新モデルが販売されていなかった、私が現在使っているプレーヤー J.A. Michell Gyrodec の最 …
  • Knife Edge 交換 (2) (2004/08/25)
    「Knife Edge 交換 (1)」の続き。 先日交換したブロンズナイフエッジ の試聴.モノーラル盤,ステレオ盤,古いの新しいのといろいろとりまぜて,カートリッジも 4種類程あれこれ試してみました …
  • Knife Edge 交換 (3) & Connection Plate 交換 (2004/08/29)
    「Knife Edge 交換 (2)」の続き。 Knife Edge 交換 (2): … ところが,全体としては,なんだか大人しく綺麗な感じの音に変化してしまった様です … 今日は朝からアン …
  • 七十八回轉準備完了 (2005/05/13)
    私が 2003年9月 より愛用している現在のターンテーブル J.A. Michell Gyrodec Mk. III (with plinth-based Papst AC motor driven …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *