定番中の定番 DENON DL-103R

先週、手持ちの DL-103R の針交換 (MC なので本体ごと交換ですが) を済ませ、週末は久々に 103 の音を堪能した。 鮒に始まり鮒に終わる。 DL-103 に始まり DL-103 に終わる。 といったところか。

過不足はなく安心感はあるが、ふと物足りなさを感じる事もある元祖 103 をより魅力的な響きの音に仕上げてある 103R。使いこめば使いこむ程、その潜在能力の高さに気付かされます。今どき貴重な低コンプライアンス (5×10-6cm/dyne) かつ丸針というのも、ちょっと昔の音源にはドンピシャリ。何より、このポテンシャルにしてこの価格 (実売価格は新品が 2万円台前半、針交換価格が 1万円台後半といったところか)。この高 C/P が最大の魅力です。

DENON DL-103R

(写真は LPレイザー 処理した中古盤をクリーニング中。長年放置されて音溝にたまったホコリや析出物が続々浮き出しており針にたまってきています)

うちでは現在、ヴィンテージ盤を Ortofon SPU Royal N (芳醇な香りの如き音の艶は他に類を見ない程)、最近の音源を Audio Technica AT-OC9 (シビレる程ハイスピード感たっぷりの高音域が魅力。日本では生産中止なのが残念) というのがステレオカートリッジの定番ですが、やはり最後に安心して聴けるのは 103R あってこそ。SPU Royal の魅力は物凄いものがありますが、あの値段 (日本での実売価格の 1/3 程度で新品を購入できたからいいようなものの) はやはりおいそれと手が出るものではありません。実際、針交換の時期を迎えたらどうしたものか悩ましいところです。

いまだに、この様な良心的なカートリッジを、良心的な価格で提供し続けてくれているメーカに、心から感謝したい気持ちです。

七十八回轉準備完了」に続く…



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • DENON raising the price of phono cartridges (2013/09/22)
    先刻 路傍の石さんのブログ「帝都熱烈音盤解放戦線」 にて知りました。 I just happend to know the news, at 帝都熱烈音盤解放戦線, the blog dedicated to Showa-period popular songs, J-Pop idols.   カートリッジ希望小売価格改定のお知らせ (2013.08.31)   デノン(旧・デンオン、DENON)が誇る、永遠のスタンダードMCカートリッジ DL-103 が 26,000円 から 36,750円 へ(カートリッジ針交換価格は 16,900円 から 23,940円 へ)、上位機種で私も長年愛用している DL-103R が 33,100円 から 44,100円 へ(交換価格は 21,500円 から 28,600円 へ)と、それぞれ値上げとのことです。 The very standard MC cartridge DL-103 will have the new price tag 36,750 YEN (367.50
  • SME 3009-R 入手 (2003/10/20)
    2003年に購入した GyroDec Mk.III 中古には SME 3009 Series 2 Imp がついていましたが、自分が使うカートリッジはローコンプライアンスのものが多いので、オーストラリアから SME 3009-R のデッドストックを入手し交換しました。
  • SME 3009R ラテラルバランス調整 (2005/10/17)
    SME 3009-R のラテラルバランス調整は、少し根気の要る地味な作業ですが、カートリッジごとにしっかり調整を行うと、そのまま再生音のクオリティに現れるので、手を抜くことはできません。
  • Knife Edge 交換 (2) (2004/08/25)
    「Knife Edge 交換 (1)」の続き。 先日交換したブロンズナイフエッジ の試聴.モノーラル盤,ステレオ盤,古いの新しいのといろいろとりまぜて,カートリッジも 4種類程あれこれ試してみました. 最低音域が伸びてがっちりしました.また高音域も曖昧さが更にとれシャープな音像が出てきました.ところが,全体としては,なんだか大人しく綺麗な感じの音に変化してしまった様です.以前のがつんという感じが後退してしまった感じ.これは見た目からくる印象とは若干異なります (往々にしてそういうもんですが).いままでのナイロンナイフエッジの音に合わせてシステム全体の微調整を繰り返してきたわけですから,ここでリセットしてもう一回音を作りなおしていくしかないのかしら. もう少し馴染んだところでもう一回印象を書いてみます. 「Knife Edge 交換 (3) & Connection Plate 交換」に続く……
  • Knife Edge 交換 (3) & Connection Plate 交換 (2004/08/29)
    「Knife Edge 交換 (2)」の続き。 Knife Edge 交換 (2): … ところが,全体としては,なんだか大人しく綺麗な感じの音に変化してしまった様です … 今日は朝からアンプをしっかり暖めて (昼過ぎまでテレビの音声を通してました),再びあれこれ.…
  • Knife Edge 交換 (1) (2004/08/24)
    ということで (?) 以前ここにも書いた サードパーティ製のブロンズナイフエッジその他が本日ドイツより届きました. Analog Tube Audio のハンドメイド. And then, the bronze knife-edge for SME tonearm has been arrived long way from Germany (see also my previous article.). 3009-R を導入して 約10ヶ月.ブロンズナイフエッジ自体はそんなに高いものではないので,純正のナイロンナイフエッジと交換したらどの位音が変化するか非常に興味がありました.また,ナイロン製とブロンズ製だと,耐久性は比較するまでもありませんし. It’s been ten months since I bought SME…

Leave a Reply

Your email address will not be published.