Various V.A. LPs, Pt.1 – Riverside Modern Jazz Sampler

いわゆる Various Artists もの、あるいは Sampler LP といいますか、結構気に入っています。特に 1950年代や 1960年代の Jazz ものはお特感満載です。著名ミュージシャンの名盤といわれるアルバムをオリジナル盤で探そうとすると、かなりの出費を覚悟する必要がありますが、こういったサンプラーだと、比較的安価に、オリジナル盤に準じた音質を楽しむ ことができるからです。

I really like so-called Various Artists LPs, or Samper LPs. Especially, sampler LPs of Jazz in the 1950s-1960s are so fantastic – why? If you try to find original 1st pressing copies of masterpiece Jazz LPs by famous musicians, you will have to spend much money to buy ’em. However, such sampler LPs can be obtained at very reasonable price, and we can fully enjoy wonderful sounds which are very close to original LPs.

いろんなレーベルのサンプラーアルバムが徐々に集まってきましたので、ここでは思いつくままにとりあげていこうと思います。まず最初は Riverside レーベルのサンプラーから。

I have gradually obtained several Sampler LPs by various labels, and I’d like to introduce them here little by little. The very first one here is a Sampler album by Riverside label.

[Riverside S-3 Front Cover]    [Riverside S-3 Back Cover]

Riverside Modern Jazz Sampler – a selection of New Sounds in Hi-Fi
(Riverside S-3)

S-3 というカタログ番号から推察するに、 S-1S-2 もあったのかも知れませんが、 現物はおろか、情報も見つけられません (もしご存じの方がおられましたらご一報下さい)。 ともあれ、1954年の Randy Weston によるデュオ録音 (10インチ LP RLP-2508 が初出) に始まった Riverside レーベルのモダンジャズ録音が軌道に乗り始めた 1956年頃にリリースされたと思われるのがこのサンプラー LP です。12インチの RLP 12-222 までのリリースの中から 12曲がセレクトされています。

This LP’s catalogue number is S-3 – which may suggest the existence of similar albums such as S-1 and S-2. However, I haven’t seen the copies, and I haven’t even found the information about S-1 and S-2 (if anyone knows anything about them, please let me know). Anyway, this S-3 was Riverside’s early Sampler LP (probably released in 1956). Riverside started Modern Jazz recording in 1954 (the very first Modern Jazz recording was Randy Weston’s duo session, which firstly appeared on 10-inch RLP-2508). Until the year 1956, Riverside label became one of the mainstream labels of Modern Jazz scene.

[Riverside S-3 Side-A]    [Riverside S-3 Side-B]

残念ながら、この辺りの音源はオリジナル盤で持っているものが皆無なため、比較試聴はできないのですが、OJC のリイシューで聴くよりは期待通りの音が再生できます。ところで A-1 は、OJC でもこの盤でもカッティングレベルが低いというか、ボソボソとしたサウンドなのですが、こういうもんなんでしょうかね? 折角の Monk 様の名演だけに、これは残念。それ以外の楽曲については、きっとオリジナル盤もこれ位ゴキゲンなサウンドなんだろうと推察される元気な音です。

Unfortunately I don’t have any of original LPs around the period, and I can’t compare sounds on the vinyls. But at least this album can deliver superior sounds than OJC reissue LPs. By the way, the track A-1’s cutting level is lower than other tracks (both on this S-3 and OJC reissue of RLP 12-209) – is it always like this? I love Thelonious Monk and its performance so much, and it would be very nice to listen to much powerful sound of “Liza” on this album… Other tracks sounds so beautifully and powerful, supposing this is very close to the sound of original LPs.




A-1: Liza / Thelonious Monk (from RLP 12-209)
A-2: Far From Vanilla / Mundell Lowe (from RLP 12-204)
A-3: S’posin’ / Marty Bell – Don Elliott (from RLP 12-206)
A-4: Orient / Ernie Henry (from RLP 12-222)
A-5: Lifetime / Randy Weston – Cecil Payne (from RLP 12-214)
A-6: It Might As Well Be Spring / Sarah Vaughan (from RLP 2511)

B-1: Dominick Seventh / Don Elliott – Rusty Dedrick (from RLP 12-218)
B-2: Fire Down There / Randy Weston (from RLP 12-203)
B-3: Joram / Matthew Gee (from RLP 12-221)
B-4: Pony Tail / Bob Corwin with Don Elliott (from RLP 12-220)
B-5: I Didn’t Know About You / Barbara Lea with Billy Taylor (from RLP 2518)
B-6: Tacet For Neurotics / Alec Wilder – Mundell Lowe (from RLP 12-219)

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Various V.A. LPs, Pt.2 – Jazz Series Vol.8 (2005/12/13)
    さて、 V.A. 特集 第1回 に続き紹介する 2枚目は、あの Time レーベルのサンプラーです。 EmArcy レーベルをたちあげたあの Bob Shad が Mercury を離れて自ら立ち上 …
  • Various V.A. LPs, Pt.3 – Special College Jazz Album (2006/01/19)
    V.A. 特集 第2回 に続き今回紹介する 3枚目は、Verve レーベルの Various ものです。 Clef、Norgran、そしてこの Verve と通じて、 Norman Granz が立 …
  • Old Record Catalogues, Pt.3 (2007/07/06)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz)、 Part 2 (Roost, Atlantic, Blue Note)、 に続く第3回は、1956年〜1957年 …
  • The Complete Live At The Village Vanguard 1961 / Bill Evans (2006/07/03)
    少し古い音楽が守備範囲の音楽ファンの間では、いまだにアナログレコードをメインに聴く方が少なくありません (私もそのひとりですが)。いわゆる「名盤」と呼ばれるアルバムは、過去に何度も LP や CD …
  • The Vee-Jay Story 1953-1993 (2007/07/11)
    一月ほど前、所用で吉祥寺駅近辺に行ったときのこと。普段は滅多に寄ることのない CD 量販店をふらっと訪れ、運良く 50% 引きセールをやっているカゴを見つけたので、いくつかピックアップしました。これ …
  • Universal “Jazz The Best&amp” LP Collection Pt.2 (2005/10/09)
    実際のリリースから随分と間があいてしまいましたが、 昨年リリースされて そこそこ好評だった ユニバーサル ”JAZZ THE BEST ”LPコレクション の第2弾がこの夏リリースされました。 In …

3 thoughts on “Various V.A. LPs, Pt.1 – Riverside Modern Jazz Sampler

  1. shaolinさん、こんばんわ。拙ブログ<夢見るレコード>へご訪問&コメントいただき、ありがとうございました。shaolinさんのこの記事~>S-3 というカタログ番号から推察するに、 S-1 や S-2 もあったのかも知れませんが~
    僕もこのS-3持ってまして、興味深く拝見しました。それで手持ち盤にもたしか・・・と探したら・・・S-1がありました。S-1は「Dixieland Sampler」と題されて、やはり12曲が収録されております。(もし必要でしたらまた写真やデータなど送ります)推測ですが・・・してみると、S-2は・・・vocal
    特集あたりでしょうかね?
    shalinさんのHP&ブログは、あまりにも中身が濃いので、これからも、徐々に楽しみに、じっくり見させていただきます。
    では、これからもよろしくお願いします。

  2. bassclef さん:
    コメントありがとうございます。
    後日、仰る通り S-1 の存在は確認しました。
    S-2 はいまのところ詳細不明です。
    当サイトのコメントですが、
    あまりにもコメント spam が多いため、
    私が承認して後掲載されるようになっています。
    お手数をお掛けしますがご了承下さい。
    今後とも宜しくお願いします。

Leave a Reply to bassclef Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *