Various V.A. LPs, Pt.2 – Jazz Series Vol.8

さて、 V.A. 特集 第1回 に続き紹介する 2枚目は、あの Time レーベルのサンプラーです。 EmArcy レーベルをたちあげたあの Bob Shad が Mercury を離れて自ら立ち上げたレーベルとして知られており、Booker LittleSonny ClarkKenny Dorham などの作品が有名です。このサンプラー LP は、そのうちトランペッターに焦点を絞って編集されたもののようです。

Second sampler LP I’d like to introduce here is the one by Time label. Time was a label of that Bob Shad, who was famous as a producer of EmArcy label. Bob Shad left Mercury in 1958, and started his own label, Time.

[Time Vol. 8 Front Cover]    [Time Vol. 8 Back Cover]

Vol.8 – Jazz Series
(Time Volume 8)

このアルバムが有名なのは、ひとえに Clifford Brown の 2曲が収録されているからです。 え、なんで Clifford BrownTime レーベルから? どうやら、Clifford BrownEmArcy 録音のプロデューサーであった Bob Shad が、その時代のお蔵入り音源をこのアルバムにこっそり入れたということの様です。A-1 “The Boss Man” というのは “Caravan” のことで、EmArcy MG-36102 に収録された Caravan の別テイク、またはリハーサルテイクです。同じく B-2 “Clifford’s Fantasy”EmArcy MG-36008 収録の “Sweet Clifford” 別テイクということの様です。しかし、このアルバムに収められているバージョンは、前者が 3分5秒、後者に至っては 1分47秒という抜粋 (注1) なのでした… がっくし。

注1: この 2曲はのちに (児山紀芳さん渾身の) CD ボックス Brownie – The Complete EmArcy Recordings にも収録されましたが、残念ながらそこでも全く同じ抜粋テイクの様です。ということは、完全バージョンのマスターテープはもはや失われてしまったということなんでしょうか?

This album is rather famous, simply because it contains two innevitable tracks performed by Clifford Brown – what? Clifford Brown on Time label? The truth may be, that Bob Shad (who was a producer of EmArcy label and Clifford Brown’s sessions) discovered previously unreleased tracks and he included them on this album. A-1 “The Boss Man” is actually an alternate take (or reharsal take) of “Caravan” which originally appeared on EmArcy MG-36102. Likewise, B-2 “Clifford Fantasy” is an alternate take of “Sweet Clifford” on EmArcy MG-36008. However, it is a pity that these two tracks on this album are NOT complete but excerpts (“The Boss Man” is only 3 minutes and 5 seconds long, while “Clifford’s Fantasy” is just 1 minute and 47 seconds… what a mess!

[Time Vol.8 Side-A]    [Time Vol.8 Side-B]

さて、Time レーベルといえば、もう一つ不名誉な話題があります。同時代の他のレーベルに比べて、音質が著しく劣っているというものです。実際、このアルバムに収録されている Clifford Brown の 2曲 (1954年録音) と、他の 4曲との音質差は歴然としていて (もちろん Clifford の 2曲は素晴らしい音質です)、いくら元レーベルが異なるからといっても同じプロデューサーの録音とは思えない程です。いろんな意味でこのアルバムはどうもしまらないアルバムだと言えそうです。

Talking about the Time label itself, there is a dishonorable fact – the sound quality is way poor compared with other labels in similar era. Actually, two Clifford Brown tracks on this album (recorded in 1954) and other four tracks sounds so different (Clifford’s tracks sounds so powerful and solid, of course), and I can hardly believe that all these tracks were produced by the same producer… As a result, I think this LP is not recommended for anyone in various aspects.




A-1: The Boss Man (=Caravan) / Clifford Brown (previously unreleased, from EmArcy sessions)
A-2: A Waltz / Kenny Dorham (from M 52004)
A-3: Gunga Din / Tommy Turrentine (from 70008)

B-1: Variations On The Scene / Booker Little (from 7003)
B-2: Clifford’s Fantasy (=Sweet Clifford) (previously unreleased, from EmArcy sessions)
B-3: Gondolfo’s Bounce (from 7003)

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Various V.A. LPs, Pt.1 – Riverside Modern Jazz Sampler (2005/12/13)
    いわゆる Various Artists もの、あるいは Sampler LP といいますか、結構気に入っています。特に 1950年代や 1960年代の Jazz ものはお特感満載です。著名ミュージ …
  • Various V.A. LPs, Pt.3 – Special College Jazz Album (2006/01/19)
    V.A. 特集 第2回 に続き今回紹介する 3枚目は、Verve レーベルの Various ものです。 Clef、Norgran、そしてこの Verve と通じて、 Norman Granz が立 …
  • Max Roach a la carte (2007/08/19)
    Last night I picked up two LP albums by Max Roach and put ’em on my turntable to pray R.I.P. 昨晩はマック …
  • Universal “Jazz The Best&amp” LP Collection Pt.2 (2005/10/09)
    実際のリリースから随分と間があいてしまいましたが、 昨年リリースされて そこそこ好評だった ユニバーサル ”JAZZ THE BEST ”LPコレクション の第2弾がこの夏リリースされました。 In …
  • Universal “Jazz The Best” LP Collection is out (2004/12/22)
    久々に期待していた 今回の日本盤 LP リイシュー。全20タイトル中本日10タイトルが発売されました。さてさて、肝心の「おと」の方はどうでしょう? さすがに全タイトルは買えないので、とりあえず Em …
  • A Few Facts About EmArcy Label, Pt.2 (2012/01/25)
    気がつくと 前回の前編 から5年以上もあいてしまいました。すんません。その後も幾人かの方に「続編をお願い」「本題を早く」とリクエストを受け続け(笑)、年明けから暇を見つけてこつこつ書きため、新たに調 …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *