Portraits of Thelonious Monk / Randy Weston

[841 313-1 Front Cover]
Well You Needn’t – Portraits of Thelonious Monk / Randy Weston
(Verve 422 841 313-1)

10年位前から,いつかは買おう買おうと思っていたアルバム.今日,某店舗で,なんと LP の中古を見付けたので買ってしまいました.レーベルをよーくみると,オランダ盤であることが分かりますが,恐らくアナログはヨーロッパでのみリリースされたのでしょう.

Randy Weston さんの 1989年録音 (1990年発売) の,渾身の三部作のうちの 1枚.もはや実質的なカムバック作といっていいでしょう.このピアノの自信に溢れた勢いと,敬愛する先達への愛情と,Weston さんならではの個性豊かなアレンジメントはいったいなんでしょうか.凄すぎる.なんでもっと早く買わへんかったんや!

[841 313-1 Label]

A-1 のオープニングから度肝を抜かされます.なんと,あの Idris Muhammad さんがバッキング! Idris さんが Monk の演奏! ヘヴィーなドラミングをバックに,Monk さんからあらゆるものを吸収した Randy Weston さんが,がっつんがっつん鍵盤に思いのたけを叩きつける超絶の演奏.ちなみにメンバーは Randy Weston (p), Jamil Nesser (b), Idris Muhammad (ds), Eric Asante (perc). 1989年 6月 3日録音フランス録音.

アフリカ音楽への造詣と共に,尊敬する Duke Ellington さんと Thelonious Monk さんを師と仰ぐ Randy Weston さん.この本格的復活作では,それを裏付けるかの様に,トリオ + パーカッションという構成で,Ellington 集,Monk 集,自作曲集という 3枚のアルバムを世に問いました.

この Monk 集では,まさに Ellington さん – Monk さんの理想的な延長線上で,かつ Weston さんにしか成し得ない世界を爆発させてはります.片面 25分前後,全部で 50分強の全ての瞬間が聴きどころ満載で,あっという間に過ぎてしまいます.

B面 3曲目 “Off Minor / Thelonious” (実際に演奏されているのは Thelonious ではなく Monk’s Mood だと思いますが) は,Weston さんのソロ.パーカッシブで叙情的でかつパワフルなこの演奏は,Monk さんの世界を発展的に継承した Weston さんにしか表現しえない世界と言えます.

ところで,今回中古 LP エサ箱から捕獲したのはこの Monk 集と自作曲集 (“Self Portraits”) の 2枚.エサ箱にはもう一枚の Ellington 集 (“Caravan – Portraits of Duke Ellington”) もあったのに,何を血迷ったのか,その盤は捕獲せず仕舞いでした.今頃になって猛反省.なんであんとき買わへんかったんや?!?!

売り切れてないことを祈って,明日もう一回あの店に行くことを決意.だって CD はさておき滅多にみないんやもん,LP は….


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Trinkle Tinkle / Thelonious Monk (2007/09/10)
     My little baby, I know you still don’t even understand what the hell the music is on this 78rpm right here by your side, but maybe someday you will surely come to know “the genius of modern music” . . . .
  • The Complete Blue Note Recordings of Thelonious Monk (2004/08/13)
    The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker ( My Human Gets Me Blues) より: なんとこいつが(CD7枚組)、元々相場よりかなり安い値付けの上に30%引きで売られていた。人生愚直に真面目にコツコツと生きている人間には神さまがそれなりに報いて下さるということであろう。ありがたく購入させていただいた。 日本では Mosaic を含めたコンプリートアンソロジーものって,あんまり人気ないんですかね. 特に Mosaic,欧米では初期の LP リリース (のシリアル番号が若い奴) とかは,相当な高値を呼んでいるのですが,日本の中古市場では海外のコレクターが羨む程の安値で流通しているのがなんとも.私もかつて,吉祥寺の某店舗 (ってあそこしかないわな) で MR4-101 (Thelonious Monk) と MQ5-172 (Thad Jones) を「ほんまにこんな値段でええんか?!?!」という程の安値で入手しました.      The Complete Blue…
  • Thelonious Monk & Van Morrison Vinyl From Concert Vault (2013/09/15)
    フィルモアで有名なあの ビル・グレアム(Bill Graham)が権利を持っていた音源や映像を取得し、USD3.99/月、または USD39.99/年でオンラインストリーミングで聴いたり観たりできる(かつては無料でした)Concert Vault / Wolfgang’s Vault をご存知の方も多いでしょう。 2013年9月現在では Wolfgang’s Vault から独立した別サイトとなった Concert Vault で、従来通りメンバー向けストリーミングを行っている他、音源のオンラインダウンロードも有料で行っています(年間会員になると、期間限定無料ダウンロードを行っていたりします)。本家 Wolfgang’s Vault では、ロックを中心にしたさまざまなジャンルの音楽やミュージシャンにまつわるノベルティなどを引き続き販売しています。 とにかくLP化、CD化されていないお宝ライブ音源がざっくざっく。過去にブートレグやハーフオフィシャルでのみ聴けた音源も、圧倒的にまともな音質で(しかも権利関係はきちんとクリアされた上で)聴けたりするのが嬉しい限りです。音源のディジタルダウンロード(320kbps MP3)も、ほとんどが1ライブ USD5.00 しかしません。 個人的には無料お試しアカウント期間中に聴いた James Brown at Newport Jazz Festival, July 6, 1969 と Thelonious Monk at Avery Fisher Hall, July 3, 1975 でノックアウトされました。前者はブートなどでは聴けるものでしたが、こうやって正規で聴けるのは感慨もひとしおです。後者は、数年前にハーフオフィシャルでCDリリースされていましたが、最悪の音質で、尊師モンクの現存する最終録音を素直に楽しむことは難しかったのですが、こちらはピッチも修正されきちんとした音質で聴く事ができ感涙ものです。 で、今年の4月に勢いで(笑)年間アカウントを申し込んだのですが、その際なんとサイトで公開されている音源を元に作られたLPを2枚、無料でプレゼント(送料は実費)するキャンペーン中だったのです。しかもその対象がモンクさまとヴァン・モリソンだったからたまりません。 到着するのに5ヶ月も要する、という、ちょっとアレな展開でした(その間に何度もサポートにメールしたりもしました)が、先日無事届きました。元々LP/CD化する予定のなかった(音質的にも必ずしも完璧とはいえない)音源をいまさらLPで聴く意味があるのか、は微妙なところですが。。。   Newport ’59 / Thelonious Monk (Concert Vault CVLP-001)The Bottom Line ’78 / Van Morrison (Concert
  • Thelonious Monk in Philadelphia 1960 with Steve Lacy (2006/07/30)
    先日、mhatta さんに 教えてもらって 速攻で購入した CD。 なんといっても Monk と Steve Lacy の共演が聴ける (!!) というだけでそそられます。 The other day mhatta-san let me know the release of the CD – we can finally listen to the Monk quartet with Steve Lacy on soprano…
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 6: Hal Willner – That’s The Way I Feel Now (2013/04/16)
    真打ちその1。ハル・ウィナー プロデュース作、全てのモンクトリビュートものの規範となる素晴らしいアルバムです。唯一といっていい欠点は、(過去に多くの方が指摘してきたように)「このアルバムがモンク存命中に出なかったこと」という一点だけでしょう。オリジナルのリリースは1984年。モンクがこの世を去った2年後になります。
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 4: Plays Monk (Scott Amendola, Ben Goldberg, Devin Hoff) (2013/03/26)
    スコット・アメンドーラ、ベン・ゴールドバーグ、デヴィン・ホフの3人によるピアノレストリオ、超硬派な演奏にノックアウトされます。ジェリー・マリガンのダンディズムをさらにテンポアップしたかのような、ハードボイルドなモンクトリビュートアルバム。

Leave a Reply

Your email address will not be published.