Old Record Catalogues, Pt.1

bassclef さん のところの 「Jazz On The Bounce (bel canto)」 というエントリ。ここのコメントで、SP、10インチLP、12インチLP、シングル盤、EP などの価格についての話題がありました。

何年か前に、たまたま古いカタログパンフレット (いろんな時期のいろんなレーベルのミックス) をロットで買う機会がありまして、bassclef さんのところに書いたのも、それらを一部参考にしました。せっかくなので、なにかの参考になればと思い、何回かに分けて紹介してみようと思います。




MODERN MUSIC PRICE LIST


[Jazz LP Price List]

私が入手したロットに同封されていた、タイプ打ちされたレターサイズの書面。どうやら、それらカタログの元オーナーは、ミズーリ州セントルイスの「Modern Music」というディーラーからレコードカタログを取り寄せたようです。その書面には「いろんなカタログを同封するので、追加質問や発注はどうぞお気軽に。我々はジャズのスペシャリストです」といった文章が添えられています。また、発注用のシート、更に「今から60日間だけの限定プライス、エマーシー10インチLPがどれでも $1.49」といった文面もありました。いいなあ、$1.49 で新品が買えた時代 (笑) もちろん物価は今とは全然違いますけどね。

で、その1ページが、そのディーラーで扱うレコードの価格表にあてられています。

  • 12 インチ LP $3.98
  • 10 インチ LP $2.98
  • EP 1枚 $1.49
  • EP 2枚組 $2.98
  • EP 3枚組 $3.98

というのが、メジャー/セミメジャーレーベル (Victor, Columbia, MGM, Mercury etc.) および大抵のジャズレーベル (Clef, EmArcy, Fantasy, Gene Norman, Norgran, Pacific Jazz, Roost, Storyville, Tampa) での価格だそうです。

その他別料金のレーベルは以下の通り。

  • Atlantic, Bethlehem, Savoy
    • 12 インチ LP $4.95
    • 10 インチ LP $3.95
    • EP 1枚 $1.58
  • Contemporary
    • 12 インチ LP $4.85
    • 10 インチ LP $3.00
    • EP 1枚 $1.47
    • EP 2枚組 $2.94

泣く子も黙るブルーノート、リヴァーサイド、プレスティッジが一切触れられていないのはなぜ? よくわかりませんが、このディーラーでは、御三家の扱いはしていなかったようです。

この書面そのものは、書かれているいろいろな情報から判断して、1956年頃 に作成されたものと思われます。エマーシー10インチLPが叩き売りにあっていること (笑)、あるいはクレフやノーグランは書かれているのにヴァーブがまだ登場していないことなどがその判断材料です。




ADS ON DOWN BEAT MAGAZINE (Jan. 26, 1956)


[Modern Music Ad on Down Beat Magazine]

こちらはお馴染み Down Beat 誌 1956年1月25日号の20ページに掲載されている Modern Music の広告です。ノーグラン、クレフ、デビュー、ベスレヘム、コンテンポラリー、コンサートホール、エピックなどのセレクションが記されています。一番上の「SPECIAL 12" DEBUT 3rd ANNIVERSARY LP ONLY FOR $1.98」というのがそそりますね (笑) これは「Autobiography In Jazz (Debut DEB-198)」のことでしょう。確かに、レコードコレクターズ誌 1-3号 (1982年8月発行) の「デビュー・レコードの全貌」 (Manek Daver、西島経雄・訳) という記事の中でも、このアルバムが特別廉価盤 $1.98 として3周年記念にリリースされた (そしてこれがデビューレーベル最後のリリースとなった) と記されています。デビューレーベルのスタートは 1951年とのことですので、本アルバムのリリースは 1954年。それが 1956年のダウンビート誌上の広告に載っているということは、当時あまり売れなかったんでしょうかね。


[Riverside Ad on Down Beat Magazine]

その広告と同じページに載っていたのがリヴァーサイドレーベルの広告。同レーベル最初の12インチLPリリースとなる「Thelonious Monk Plays Duke Ellington (Riverside RLP 12-201)」、更に下には「Get Happy With The Randy Weston Trio (Riverside RLP 12-203)」と「Mundell Lowe Quartet (Riverside RLP 12-204)」の広告も掲載されています。価格は $4.98 とのこと。なお、リヴァーサイドレーベルのカタログも手元にありますので、次回あるいは次々回あたりに紹介する予定です。




BETHLEHEM RECORDS CATALOG (1956)


[Bethlehem Records Catalog 1956]

さて、ここからが本題のカタログです。まずは Bethlehem (ベスレヘム or ベツレヘム) のものから。1956年版のカタログです。横14cm、縦21.5cm の三つ折りタイプで、表紙込みで全6ページとなっています。


[Bethlehem Records Catalog 1956]

三つ折りを開くと中はこんな感じになっていて、EP ($1.58) は 101-A / 101-B (Chris Connor Sings Lullabys Of Birdland) から 127 (Herbie Mann Quartet Vol.2) まで (114 は未掲載)、12インチLP ($4.95) は BCP-12 (Don Elliott) から BCP-35 (Bobby Troup Vol.II) まで (なぜか BCP-11 およびそれ以前は未掲載)、10インチLP ($3.85) は BCP-1001 (Chris Conner Sings Lullabys Of Birdland) から BCP-1040 (Russ Garcia) まで (BCP-1020 は未掲載) がリストアップされています。

残念ながら、SP およびシングル盤は一切掲載されていませんでした。




FANTASY RECORDS CATALOG (Jul. 1955)


[Fantasy Records Catalog July 1955]

続いては Fantasy (ファンタジー) レーベルの 1955年7月版のカタログです。ベスレヘムのものより細めの横9.8cm、縦21.6cm の三つ折りタイプで、これも表紙込みで全6ページとなっています。


[Fantasy Records Catalog July 1955]

中はこんな感じで、10インチLP、12インチLP、EP、シングルがずらずらっとリストアップされています。10インチLPLP 3-1 (The Dave Brubeck Trio) から LP 3-21 (Desmond) まで (LP 3-19 は12インチのためスキップ)、12インチLPLP 3-19 (Red Norvo Trio) および LP 3-201 (Herdsmen Plays Paris) から LP 3-205 (Dave Brubeck Trio) まで、EPEP 4001 (The Dave Brubeck Trio) から EP 4040 (Mambo With Tjader) まで (EP 4024、EP 4025 は未掲載)、2枚組 EPEP 2-800 (Desmond) から EP 2-803 (Dave Brubeck Quartet) まで、SP および同内容の 45回転 シングル盤501 (You Stepped Out Of A Dream c/w Lullaby In Rhythm / The Dave Brubeck Trio) から 537 (Chloe c/w Lucero / Cal Tjader Quintet) までが掲載されています。

なお、45回転シングルについては 537 に対して 537X-45 といった型番が用意されていたようで、1955年7月号である本カタログにおいては、501X-45504X-45517X-45527X-45530X-45537X-45 が掲載されています。つまり 505516528529 については、この時点では SP しかリリースされていなかったということのようです。

価格については一切触れられていませんが、本記事冒頭のプライスリストを参照すると、12インチLP が $3.98、10インチLPが $2.98、EP 1枚が $1.49、EP 2枚組が $2.98 ということになりそうです。




PACIFIC JAZZ RECORDS CATALOG (Spring 1956)


[Pacific Jazz Records Catalog Spring 1956]

今回最後のものは Pacific Jazz (パシフィック・ジャズ) レーベルの 1956年春版のカタログです。ファンタジーのものとほぼ同じサイズ、横9.6cm、縦21.4cm の四つ折りタイプで、表紙込みで全8ページとなっています。


[Pacific Jazz Records Catalog Spring 1956]

こちらもバラエティ豊かなラインアップで、12インチLP ($3.98) が JWC-500 (Jazz West Coast) および PJ-1201 (California Concerts) から PJ-1213 (Bud Shank And 3 Trombones) まで、10インチLP ($2.98) が PJL-1 (The Gerry Mulligan Quartet) から PJL-20 (Bud Shank And Bob Brookmeyer With Strings) まで、更に Pacifica 801 (Johnny Holiday Sings Featuring Bud Shank)Pacifica 802 (Kitty White Sings Featuring Corky Hale) も。EP ($1.47) は EP4-1 (Gerry Mulligan Quartet) から EP4-43 (Cy Touff Octet And Quintet) まで (EP4-26 は未掲載)、EP 2枚組セット ($2.94、「Two-Pocket Albums」と書かれています) は EP4-7 (Gerry Mulligan Quartet)EP4-10 (Laurindo Almeida Quartet Featuring Bud Shank)EP4-15 (Chet Baker Ensemble)EP4-16 (Chet Baker Sings) といったラインアップで、SP および同内容の 45回転 シングル盤 ($0.89) は 601 / 45-601 (Bernie’s Tune c/w Lullaby Of The Leaves / Gerry Mulligan Quartet) から 45-629 (My New Jet Plane c/w Swing Easy / Steve White Quartet) まで (603, 604, 606〜609、611〜613 は未掲載) となっています。

なお、先ほどのファンタジーとは逆に、こちらでは SP は 627 までとなっており、45-62845-629 については 45回転シングルのみがリストアップされています。やはりこの 1955年〜1956年頃というのが、各レーベルが SP の新規リリースをフェードアウトさせていった時期ということですね。




» . . . 「Old Record Catalogues, Pt.2」に続く . . . »



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Old Record Catalogues, Pt.3 (2007/07/06)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz)、 Part 2 (Roost, Atlantic, Blue Note)、 に続く第3回は、1956年〜1957年 …
  • Old Record Catalogues, Pt.2 (2007/06/27)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz) に続きましては、今度は少しばかり古めの奴をいってみましょう。1941年〜1955年のカタログ 4種類です。 ROO …
  • Old Record Catalogues, Pt.4 (2007/07/15)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz)、 Part 2 (Roost, Atlantic, Blue Note)、 Part 3 (Riverside) …
  • Old Record Catalogues, Pt.5 (2007/08/05)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz)、 Part 2 (Roost, Atlantic, Blue Note)、 Part 3 (Riverside)、 …
  • Don’t Stop The Music / George Jones (2007/06/14)
    これは 先日届いた14枚 の中の 1枚ではないのですが、先月か先々月に「ついでに」入手したものでした。しかしここまで素晴らしい内容だったとは嬉しい誤算です。 This 78rpm is not on …
  • Alright, Okay, You Win (2004/08/19)
    先日、 あっちのサイト を見た方からこんなメールが届きました。 Do you have any recording and release information for Ella and Budd …

6 thoughts on “Old Record Catalogues, Pt.1

  1. この手の資料は貴重ですね。
    新情報はと思って手持ちをチェックしてみました。
    Fantasy のSP は全37枚ですね。うち504 と505 はCoronet の再発なので、実際は35枚でしょうか。
    私の手持ちは22枚でした。
    Pacific Jazz のSP、手持ちは16枚でした。
    両方とも新情報はありませんでした。
    両レーベルとも、音は最高ですね。SP で聴くとLP は、と言いたくなりますね。
    次回も期待しています。

  2. これは凄い!
    楽しい!
    カタログパンフレット をロットで買うだなんて!
    図版がどれも素晴らしくて、いい紙にプリントアウトして額窓しようかと思うほどです。
    パシフィックのが個人的には特にいいですねェ。
    次回が待ち遠しいです。

  3. おおっ!shaolinさん、これは凄い!・・・やはりshaolinさん・・・こういうのをお持ちだったんですね。拙ブログのコメントやり取りでのお願い・・・素早い反応をしていただいて、ありがとうございます!
    瀬谷さん~初めまして。こちらはSP盤には無知ですが、瀬谷さんの素晴らしいHPを覗かせてもらってます。
    mono-monoさん、こんばんわ。
    どの資料も興味深いですね。FantasyのEP盤とdouble extended play(2EPセット)辺りのリスト、面白いですね。
    NOTさんが拙ブログ・コメントで指摘されたように、確かにEPセットというのはその点数が少ないようですね。このリストで見ると・・・どうやら10インチ盤で人気のあったものだけセレクトしてEP Album化していたのかもしれませんね。
    ちなみに、pacificではTwo-Pocket Albumsと呼んでいたらしいですね。このあたりのまだ不統一な感じ・・・各社とも、SPフォームからの移行を手探り状態で図っていたんでしょうね。
    このModern Musicというディーラーさんでは、Emercyの10インチを約半額にしていたり・・・(笑)興味は尽きません。
    shaolinさん、素晴らしいものを見せていただき、ありがとうございました。まだ出そうですね(笑)よろしくお願いしますね(笑)

  4. 瀬谷さん:
    Fantasy、Pacific Jazz 共に、まだ SP は 1枚も持ってません。
    いつか買って聴いてみたいです。特に Pacific Jazz は…

  5. mono-mono さん:
    確かに Pacific Jazz のは表紙のデザインがいいですね。
    こういうパンフレットに限らず、その時代らしいデザイントレンドがみてとれて楽しいです。
    いろんな情報が読み取れる資料としても有効ですし。

  6. bassclef さん:
    > NOTさんが拙ブログ・コメントで指摘されたように、
    > 確かにEPセットというのはその点数が少ないようですね。
    さすがに 1950年代中盤ともなると、ジャケ付 EP としてリリースされた盤は少なくなってきていたみたいですね。当初は EP アルバムが少なからずリリースされていたみたいですが…
    > 各社とも、SPフォームからの移行を手探り状態で図っていたんでしょうね。
    こういうカタログ類は、音楽そのものとは直接は関係ないのかも知れませんが、音楽をリスナーに届ける役目を果たしていたレコードというメディアの文化史(?)的側面がいろいろ読み解けたりして、非常に興味深いですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *