嵐の中のJB/ハーレム・ロケ

相変わらずこのじじい,もとい,尊師,かっちょええのう.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 1: T.J. Kirk (2013/03/20)
    ここ数日、仕事中はこのスマートプレイリストばかり聴いています(笑)。 Monk 本人以外による Monk の楽曲ああれこれ。聴き込んでしまうので BGM にはならないか。。。まだ取り込みしてない CD や、未 CD 化 LP を含めると、手元にあるだけで300曲くらいはいくかもしれません。 久々に四六時中 Monk 漬けになったきっかけは、ある1枚の CD でした。 それは先日、この CD を聴いてしまい、久々にぶっ飛んでしまったからなのでした。理屈抜きに なんちゅう格好よさ! Talking Only Makes It Worse / T.J. Kirk (Rope-A-Dope 16892-56382) Amazon.com (CD, MP3) | Amazon.co.jp (CD) Chimes: T.J. Kirk has three fathers and James Brown is one of them(Chimes: The Student Newspaper of Calvin College) 存在を知った時にはとっくに解散していた。。。というのが残念で仕方ありませんが、この T.J. Kirk というバンドは、その名が示す通り、Thelonious Monk、James
  • Black Water / Alexei Aigui & Dietmar Bonnen (2015/07/05)
    数ある Zappa トリビュートアルバムの中で、娘も私も大好きな1枚。超絶技巧が故に可能な、おふざけなミストーン。Zappa のおもしろおかしさを見事に表現。こういうアルバムは、天国の Zappa さんも喜んでるんじゃないかなぁ。日本の Amazon で買えないのが勿体ないです。
  • うたううあ / UA (2009/10/21)
    二才児が聴いても楽しめ、音楽好きの大人が毎日聴かされても全く飽きることのない、UA さんによる良質のコンセプトアルバム的名盤です。子供の有無に関わらず、全日本人必聴ともいえます。 This CD album is a kind of “masterpiece” with good conception – my two-years-old daughter loves to listen to this every day, and I as a music addict won’t get bored even I have to listen with her every day. It can also be said that every Japanese, whether he/she has a child or
  • Get On Up / ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男 (2015/06/01)
    2014年8月に本国アメリカで封切後、大いに話題になった本作、先日(2015年5月30日)ついに日本で公開されました。 まだ観に行けてないのですが、尊師JB好きの娘と一緒に近々映画館に観に行きたいところ。 マニアにとってはニヤリとさせられるシーンの連続(同時に「なぜあれやこれを触れてないの?」という不満の連続も)と聞いています。ここはひとつ、先入観なしに(かつマニアックに)楽しみながら観てみようと思います。
  • R.I.P., James Brown, The Godfather of Soul (2006/12/25)
    ついにこの時がきてしまいました。 永遠にサンタさんになってしまいました。 我が尊師、齢73にて逝去。 今年も数多くの RIP がありましたが、個人的に最もショックが大きいものとなってしまいました。 尊師の成した、余りにも偉大な音楽的革新と革命を改めて噛みしめつつ。 James Brown, “Godfather of Soul,” dies at 73 Legendary Singer James Brown Dies at 73 20th Century Masters – The Christmas Collection Amazon.co.jp で買う | Buy this CD at Amazon.com…
  • Make It Funky – The Big Payback: 1971-1975 (2004/07/12)
    (本エントリは、私が別の web に 2004年 7月12日付で掲載していたものを転載したものです) (this entry was originally made public at my another web site on July 12, 2004) Foundations of Funk, Funk Power と同じく, CD リリース当時 (1996年頃) に web に載せていた文章.8年前のレビューなので,内容が古くなっているところもあるかもしれません.というか,どれもこれも今読むとちょっと「イタい」文面ですが,ご勘弁を.…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *