Diversity of “Plays Monk”, Pt. 1: T.J. Kirk

ここ数日、仕事中はこのスマートプレイリストばかり聴いています(笑)。

[Monk's Mood]

Monk 本人以外による Monk の楽曲ああれこれ。聴き込んでしまうので BGM にはならないか。。。まだ取り込みしてない CD や、未 CD 化 LP を含めると、手元にあるだけで300曲くらいはいくかもしれません。

久々に四六時中 Monk 漬けになったきっかけは、ある1枚の CD でした。

それは先日、この CD を聴いてしまい、久々にぶっ飛んでしまったからなのでした。理屈抜きに なんちゅう格好よさ!

Talking Only Makes It Worse

Talking Only Makes It Worse / T.J. Kirk (Rope-A-Dope 16892-56382)

Amazon.com (CD, MP3) | Amazon.co.jp (CD)

存在を知った時にはとっくに解散していた。。。というのが残念で仕方ありませんが、この T.J. Kirk というバンドは、その名が示す通り、Thelonious Monk、James Brown、Roland Kirk の曲だけを演奏するという、それだけで気になってしまうジャムバンドです。元々はスター・トレックのカーク船長へのオマージュにもひっかけて「James T. Kirk」というバンド名だったそうなのですが、許可が下りずにやむなく T.J. Kirk という名前にしたんだとか。。。

Will Bernard (g),
John Schott (g),
Charlie Hunter (8-string guitar),
Scott Amendola (ds).

Recorded live in Santa Cruz, CA, 1997.

セロニアス・モンクThelonious Sphere Monk)に魅せられ続けて、はや25年近く。私にとっては James BrownFrank Zappa (更に加えるなら Egberto GismontiJohnny CashJim Hall なども)と並ぶ 不動の尊師 です。

1941年〜1975年に渡る 本人による演奏 はほぼ全て何十回何百回聴き倒しても全く飽きることはなく、聴く度に新しい発見を与えてくれます。こんなにも時間の流れを自在に操り、笑ってしまいたくなるほどおかしみに満ちあふれ、同時に演奏中の真摯さがキリキリと伝わり鳥肌すら覚え、伝統に則ったスタイルでありながら伝統から最も遠いところにいる尊師の演奏には無限の可能性すら感じます。

同時に、Monk作曲 した幾多の名曲たち。その強烈な個性により、誰がどんな演奏で料理しようとしても、必ずそこには Monk 臭が漂ってしまい、いつもニヤリとさせられます。最も著名な(聴きようによっては、もっともフツーのジャズの曲っぽくある)楽曲であろう「‘Round Midnight (‘Round About Midnight)」だけですら、過去に一体何百もの演奏がレコードやCDに残されてきたか分かりません。

話を戻すと T.J. Kirk。1995年にファーストアルバム「T.J. Kirk」、1996年にセカンドアルバム「If Four Was One」を出して解散。2003年にオンラインオンリーで限定リリースされた1997年のライブアルバムが、今回の「Talking Only Makes It Worse」というわけです。

2枚のスタジオアルバムもかなり面白い内容でいっぱいなのですが、このライブ盤のダイナミズムは格別なものがあります。

サウンドスタイルは、バンド名に冠した三者のうち、JB に最も準拠しているといえます。自由奔放な現代的ジャズファンク(ときにハードロックっぽくなったり)というのが最も適切でしょうか。しかし、音楽的に最もインスピレーションを受けているのは Monk ではないかと思われます。JB、Monk、Rahsaan の様々な楽曲のフラグメントが見事にブレンドされ、一曲一曲の中でいったりきたりしながら、さっきはあの曲、こんどはあの曲、と、全部知っている人にとってはニヤニヤしっぱなしの至高の時があっという間に過ぎていきます。しかも不自然さが全くありません。

唯一 Roland Kirk 臭は薄めというか、JB と Monk の有機的結合っぷりに比べると若干弱いように感じます。

また、ホントに全員むちゃくちゃうまい。バンドの編成がまたとてつもなくユニークで、ギター3人とドラムスの4人となっています。

そのうちのギターの1人、チャーリー・ハンターCharlie Hunter)が弾くのは 8弦ギター で、これ1本でベースライン、リズムギター、ギターソロを弾く他、様々なエフェクトを駆使して本アルバムではどう聴いてもハモンドオルガンとしか聞こえない演奏まで披露しています。

例えば Monk のデスメタルジャズ(笑)的大名曲「Skippy」。イントロは JB バンドのお決まりのブレイクを模倣、あっという間にシャッフルビートになり、不協和音たっぷりに「Skippy」のテーマが演奏されます。再び JB っぽいブレイクののち、こんどは「Give It Up Or Turnit A Loose」(しかも Bootsy Collins 在籍寺の方のバージョン)の超ファンキーなジャムが続く、といった具合です。その流れのまま次の楽曲、JB’s の「Damn Right, I Am Somebody」に突入。。。。と、全体が JB マナーで Monk 臭プンプン、というジャムが続きます。もうこれは、私のためにある音楽と言わずしてなんと言いましょうか(笑)

「Epistrophy」も、原曲の雰囲気を解釈し直したような秀逸なマッタリしたスローアレンジから始まり、中盤で小気味よいアップテンポへ。ウェスタンスゥイングっぽいアレンジに変わっていったと思ったらヴェンチャーズ的なサーフィンサウンドへ変貌、最後はハードロックっぽい大団円!

「Cross The Track / Thelonious」では、Maceo & The Macks の「Cross The Track」と Monk の「Thelonious」のリフが完全に同一化して、最初からこういう曲だったんちゃうかと勘違いする人もいそうなほど、どこからどこまでどっちの曲か分からないレベルでブレンドしています。


T.J. Kirk Plays a Monk tune “Humph” in SF (1994)

こういう方向性で活動されていたバンドですから、ネタが枯渇するのも早いんだろうな〜と思っていたら、やっぱり2年程で解散されていた、という。。。けど残された3枚のアルバムはどこまでもスルメ的で、いつまでも楽しめそうです。そして、ここまで大胆にも Monk の楽曲をグチャグチャに壊して JB や Rahsaan と合体しつつ再構築してもなお、Monk 臭がそこはかとなく漂う、というところに、Monk の偉大さを改めて感じさせられました。

とりあえず、個人的には、この愛すべき変態ギタリスト(笑)チャーリー・ハンターのアルバムをまったり探してみようかな〜、と思ったのでした。

というわけで今後、うちにある「Plays Monk」ものを、思いついた順番に紹介していこうかなーと。これで当分ネタには困りませんしね(笑)

モダンジャズしか聴かないマニアの人がジャズ的観点から選ぶ「Plays Monk」集にならないように気をつけます。もう、そういうジャズジャズしたお話って(個人的には)食傷気味というか、せっかくの(ジャズというジャンルすら超えた魅力と臭いを放つ)Monk の一部しか享受しないことになりかねませんからね。。。

毎回1曲をとりあげ、いろんなミュージシャンによるその曲の演奏を横断的に紹介、というパターンも考えたのですが、まあ普通にアルバム単位でとりあげることにします。原則として、1曲だけカバーが入っているアルバムは優先順位を限りなく低くして、アルバム全体でトリビュートっぽくなっているものを優先的にあげていこうかと。さて、次回はなににしましょうかね。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 4: Plays Monk (Scott Amendola, Ben Goldberg, Devin Hoff) (2013/03/26)
    Pt. 4 まできました。手元にはバラエティに富む「Plays Monk」なアルバムがまだまだあります。折をみてはまだ増えていくでしょう。 さて今回のアルバムは、ピアノレスでダンディズムにあふれ、現代的で踊れるモンク集 です。この格好良さは現在進行形のミュージシャンならではのものであると同時に、1950年代のジェリー・マリガン(Gerry Mulligan)のダンディズムに通じるものすら感じます。 こんな方向性の「Plays Monk」も素敵です。そしてなにより、モンクの楽曲に新たな可能性を付加することに成功しています。文句無しに大推薦。 Plays Monk (Long Song Records LSRCD104/2007) Amazon.com (CD, MP3) | Amazon.co.jp (CD) その名もずばり「Plays Monk」というバンド名のトリオ。まず、このピアノレストリオというフォーマットがいいですね。意図的にコード楽器を排することによって、めくるめく音符の連続、パワフルでパルシブなリズムセクションが、贅肉を削ぎ落としたかたちでモンクの楽曲の秀逸さに新たな光を当てています。 しかも、ピアノレストリオのフロントが担当する楽器は クラリネット という凝りよう。演奏する ベン・ゴールドバーグ(Ben Goldberg)さんは、ロザリオ・マッゼオ(Rosario Mazzeo) を師とし、スティーブ・レイシー(Steve Lacy)やジョー・ロバーノ(Joe Lovano)から学んだキャリアを持つ名手。 確かに、彼のクラリネットと、その演奏スタイルは、レイシーのソプラノサックスを彷彿とさせます。 彼はまた、クレズマーのバンド、ニュー・クレズマー・トリオ(New Klezmer Trio) での活動が有名なようです。そういえば、同じくクレズマー系の活動も盛んにやっている、あの ジョン・ゾーン(John Zorn)のアルバム「Baal: The Book Of Angels, Vol. 15」にもリーダー名義で参加していますね。 ベースの デヴィン・ホフ(Devin Hoff)さんもヴァーサタイルなプレーで聴かせます。オーソドックスなジャズからフリージャズ、アヴァンギャルド、ロック、フォークと、様々なジャンルをバックグラウンドに持っている方のようで、ここでもドラムスと共に見事にクラをプッシュしまくっています。 ゴールドバーグさんのクラに匹敵するほど本アルバム全体に貢献しているのが、スコット・アメンドラ(Scott Amendola) さんのドラムス。時に繊細に、時にパルシブに、時に煽りまくり(曲によっては、モンクのバックを叩いていた時のアート・ブレーキーを彷彿とさせるスタイル)で、と、それはもうホレボレするリズムをたたき出してくれます。第1回で取り上げた T.J. Kirk のアルバムでぶっといファンキーなドラムスを叩いていたのも彼です。いやあ素晴らしい。 T.J. Kirk のチャーリー・ハンター(Charlie Hunter)さんとスコット・アメンドラさんはちょくちょく日本に来られているらしい(今年も2月にツアーをやったそうで。。。行きたかった)ので、機会があれば是非ぜひ生で観たい・聴きたいドラマーです。 Ben Goldberg (cl), Devin Hoff (b), Scott Amendola (ds). Recorded at Bay
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 2: Gemini Gemini (2013/03/21)
    1曲目の「Bemsha Swing」を初めて聴いたとき、「こりゃあかん。。。」「ヒップにしようとしてスベッとるんちゃうか。。。」とガックリしたものです。しかし改めて他の楽曲を聴いてみると、そんなに悪くないような気が。意外とジャズ的にも面白い聞き所があったり。 気の向くままにテキトーに「Plays Monk」なアルバムを紹介する本稿。T.J. Kirk に続く第2回は、これまたビミョーな Gemini Gemini によるヒップホップっぽいジャズファンクです。ああ早くジャズなアルバムに移りたい(笑) Gemini Gemini というのは、ウォルフガング・プシュニグ(Wolfgang Puschnig)とジャマラディ-ン・タクマ(Jamaaladeen Tacuma)の二人によるユニット名なんだそうで。スペシャルゲストとして Burhan Öçal なるパーカッショニストが、ウードやオリエンタルパーカッションで参加しています。 Wolfgang Puschnig (as, vo), Jamaaladeen Tacuma (el-b, vo, narr), Burhan Öçal (oriental percussions, stringed oud). Recorded and mixed at Tonstudio Benkö, Vienna, Austria on March 17-18, 1994. Produced by Gemini Gemini (Jamaaladeen Tacuma, Wolfgang Puschnig) Executive Producer: Ulli Blobel Recording/Mixing Engineer: Stefan Benkö ジャマラディーン・タクマといえば、オーネット・コールマン(Ornette Coleman)のプライム・タイム全盛期(?)の若きベーシストとして知られる、あの人ですよね。「Dancing In Your Head」のあのグチョグチョ変態ベースで最高!なあの演奏の人。ホント、あのアルバムは革命的に気持ちいい名盤です。 そういえばオーストラリア出身でヨーロッパで幅広く活躍されているブシュニグさんも、未聴ですが オーネットへのトリビュート/オマージュ的なアルバム
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 3: Bobby Broom (2013/03/23)
    そもそも「Plays Monk」もの、といえば、ひと昔前は以下のもの辺りが定番(?)でした。 Steve Lacy の一連の作品 (1959 -) (iTunes / Amazon.co.jp) Lookin’ At Monk / Johnny Griffin & Eddie “Lockjaw” Davis (1961) (iTunes / Amazon.co.jp) Portrait of Thelonious / Bud Powell (1961) (iTunes / Amazon.co.jp) Interpretations of Monk / VA (1981) (Amazon.co.jp) That’s The Way I Feel Now / VA (1984) (Amazon.co.jp) Plays The Music Of Thelonious Monk / Kronos Quartet (1985)
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 5: ASA Trio (2013/04/03)
    Pt. 3 (Bobby Broom) の時に ギターでモンクの楽曲にがっちり取り組んでいるアルバムは、私の知っている限り3枚ありますが と書きました。 それは ボビー・ブルーム(Bobby Broom)(2009)、ピーター・バーンスタイン(Peter Bernstein)(2008)、ジョシュア・ブレイクストーン(Joshua Breakstone)(1997) がそれぞれ出した ギタートリオ によるアルバムを意図していた(現時点ではジョシュア・ブレイクストーンの盤のみ未聴)のですが、他にもアコースティックギターソロ(!)や電化ヴァイオリン入り(!)、ピアノとのデュオ、などなど、様々な編成でギターがフィーチャーされているものがいろいろあります。それらも今後紹介する予定です。 今回もそんな1枚で、なんと ハモンドオルガン入り です。これは期待も膨らむというもの。 ASA Trio Plays The Music of Thelonious Monk (Sunny/Sky 727) Amazon.com (MP3) | Amazon.co.jp (MP3) アイスランド のオルガントリオ ASA Trio によるファーストアルバムで、公式サイト によると、バンド結成は2005年のとあるアクシデントがきっかけだったとのこと。 アイスランドの首都レイキャビク(Reykjavík)で2005年に行われたジャズフェスティバルで、たまたま出演者にキャンセルがあり、穴埋めのためにその場にいたバンドの中から急遽3人がステージに上がって演奏したんだとか。観客にも好評で、本人たちも大変しっくりきたので、バンドとして活動するようになったとのことです。バンド名は、メンバーの名前のイニシャルをつなげたもの(Andres Thor, Scott McLemore, Agnar Már Magnússon)。 そのトラで出演したステージでハイライトとなったのが、モンクの「Bemsha Swing」だったそうです。以後、モンクの楽曲を演奏することは、バンドにとって重要な軸となり、デビューアルバムもこうやってモンク曲集となりました。 ただ、21世紀のバンドらしく(?)、デビューアルバムより前にもオンラインでのディジタルリリースは行われており、それらは無料で配布されています(後述)。今回のデビューアルバムについても、オンラインで全曲フル試聴可能ですし、メインはダウンロードによる販売です(ダウンロードのみは $8、ダウンロード+CD郵送が $14)。ダウンロードといっても、お馴染み BandCamp 上での販売ですから、FLAC/ALAC/Ogg Vorbis/MP3(CBR)/MP3(VBR) から選べ、音質的な配慮も大変良心的です。 この BandCamp や CDBaby、Amazon や iTunes のように、大手レーベルに所属しないミュージシャンやアマチュアが自ら音源を販売し、売上げのより多くが自らに還元されるという仕組みが、今後はもっと広がっていくことでしょう。   Plays the Music of Thelonious
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 6: Hal Willner – That’s The Way I Feel Now (2013/04/16)
    真打ちその1。全てのモンクトリビュートものの規範となる素晴らしいアルバムです。 唯一といっていい欠点は、(過去に多くの方が指摘してきたように)「このアルバムがモンク存命中に出なかったこと」という一点だけでしょう。オリジナルのリリースは1984年。モンクがこの世を去った2年後になります。 LP(2枚組)も CD も廃盤。しかも CD は7曲もカットされ、曲順も異なります。今こそ、オリジナルの2枚組LPの全曲による CD 再発を強く希望します。 That’s The Way I Feel Now: A Tribute To Thelonious Monk (A&M SP-6600) Amazon.com (CD) | Amazon.co.jp (CD)find this at MusicStack.comfind this at Gemm.com ハル・ウィルナー。バリエーション豊かなトリビュートアルバムを次々に世に送り出して一躍有名になった音楽プロデューサー。最初の作品である1981年の「Amarcord Nino Rota: Interpretations of Nino Rota’s Music From the Films of Federico Fellini」(ニノ・ロータ作品集)、2作目の本作、そして3作目の1985年「Lost in the Stars: The Music of Kurt Weill」(クルト・ヴァイル作品集)と、そのどれもが、トリビュート対象への深い造詣と、ジャンル混合的、メジャーからマイナー、カルトまでの豊富な人選による多面的な分析と新たな価値の再構築で満たされており、何度聴いても聴き飽きることがない素晴らしい作品です。 その後もディズニーソング、チャールズ・ミンガス、ハロルド・アーレン、チャーリー・パーカー、レナード・コーエンと、バラエティに富む対象へのトリビュートアルバムを精力的に発表し続けています。 Amazon.co.jp ウィジェット 本アルバムですが、ジャズ系、ロック系、フュージョン系、アヴァンギャルド系などを絶妙に配置して、全体的に飽きがこない作りになっています。どんなアレンジを施されようと、どんな演奏をされようと、全体から醸し出される強烈なモンク臭。それが逆に、モンクの楽曲の持つ強烈な個性を際立たせているという、モンクトリビュートの鑑 のような作品です。   Contents /
  • Thelonious Monk & Van Morrison Vinyl From Concert Vault (2013/09/15)
    フィルモアで有名なあの ビル・グレアム(Bill Graham)が権利を持っていた音源や映像を取得し、USD3.99/月、または USD39.99/年でオンラインストリーミングで聴いたり観たりできる(かつては無料でした)Concert Vault / Wolfgang’s Vault をご存知の方も多いでしょう。 2013年9月現在では Wolfgang’s Vault から独立した別サイトとなった Concert Vault で、従来通りメンバー向けストリーミングを行っている他、音源のオンラインダウンロードも有料で行っています(年間会員になると、期間限定無料ダウンロードを行っていたりします)。本家 Wolfgang’s Vault では、ロックを中心にしたさまざまなジャンルの音楽やミュージシャンにまつわるノベルティなどを引き続き販売しています。 とにかくLP化、CD化されていないお宝ライブ音源がざっくざっく。過去にブートレグやハーフオフィシャルでのみ聴けた音源も、圧倒的にまともな音質で(しかも権利関係はきちんとクリアされた上で)聴けたりするのが嬉しい限りです。音源のディジタルダウンロード(320kbps MP3)も、ほとんどが1ライブ USD5.00 しかしません。 個人的には無料お試しアカウント期間中に聴いた James Brown at Newport Jazz Festival, July 6, 1969 と Thelonious Monk at Avery Fisher Hall, July 3, 1975 でノックアウトされました。前者はブートなどでは聴けるものでしたが、こうやって正規で聴けるのは感慨もひとしおです。後者は、数年前にハーフオフィシャルでCDリリースされていましたが、最悪の音質で、尊師モンクの現存する最終録音を素直に楽しむことは難しかったのですが、こちらはピッチも修正されきちんとした音質で聴く事ができ感涙ものです。 で、今年の4月に勢いで(笑)年間アカウントを申し込んだのですが、その際なんとサイトで公開されている音源を元に作られたLPを2枚、無料でプレゼント(送料は実費)するキャンペーン中だったのです。しかもその対象がモンクさまとヴァン・モリソンだったからたまりません。 到着するのに5ヶ月も要する、という、ちょっとアレな展開でした(その間に何度もサポートにメールしたりもしました)が、先日無事届きました。元々LP/CD化する予定のなかった(音質的にも必ずしも完璧とはいえない)音源をいまさらLPで聴く意味があるのか、は微妙なところですが。。。   Newport ’59 / Thelonious Monk (Concert Vault CVLP-001)The Bottom Line ’78 / Van Morrison (Concert

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *