Alright, Okay, You Win

先日、 あっちのサイト を見た方からこんなメールが届きました。

Do you have any recording and release information for Ella and Buddy Johnson’s version of “Alright, Okay, You Win”? I’m trying to see if it was the first recording of the song. Joe Williams and Count Basie recorded it May 18, 1955.

Many thanks in advance!
Mark Heimback-Nielsen

で、手元の Ruppli 本 を参照してみると、以下の様なデータが掲載されていました。

ELLA JOHNSON:
Ella Johnson (vo) with Buddy Johnson Orchestra: Courtney Williams (tp),
Sam Taylor, Purvis Henson (ts), William Crump (bs), Buddy Johnson (p, vo),
Mickey Baker (g), Leon Spann (b), Emmanuel Simms (ds).
Universal Recording Studios, Chicago, IL, February 11, 1955
11354-10    Someday  (voEJ) (alt.)
11354-14    Someday  (voEJ)                Merc.70628
11355-8     Alright, Okay You Win  (voEJ)  Merc.70580, (F)MEP14162, MLP7139
11356-8     If You Would Only Say
You're Sorry  (voEJ)            -             -
11357-15    It's 'Bout to Break My Heart
in Two  (voEJ)   Merc.70628
All titles issued on Bear Family (G) 15479.
Last four titles also issied on Merc.MG20347, (F)838218-2.

ということは、この Ella Johnson (というか Buddy Johnson) のテイクが、この曲の初演ということなんでしょうかね。

その後、メールでやりとりしているうちに、実はこの方 「The Definitive American Songbook」 という近日発行予定の書籍の為に、出版元から調査依頼を受けているということが分かりました。どうも、ポピュラーソング一曲一曲について、その歴史や作曲者、初演、代表的演奏などを纏めた最低12巻の膨大なシリーズとして出されるらしいです。リリース元は Liberty Records / EMI Music とのこと。

ま、こういうことでお役に立てるのは光栄ですが、そんな本を作成なさるんでしたら、ディスコグラフィー一式は最低でも揃えておかないとあかんのとちゃいますか? とも思いましたが . . .


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Keys West / Claude Williamson (2004/11/18)
    やっと発見して入手しました. Chikuzen Presents Cornerstones (のジャケット) の元ネタ: I’ve finally found the LP which Mr. Chikuzen Satoh sincerely paid homage to (by imitating the jacket cover artwork). If you don’t the Chikuzen Satoh’s version, you can find the CD Chikuzen Presents…
  • You Brought A New Kind Of Love To Me / George Wettling (2006/07/02)
    There are so many masterpiece performances of Mainstream Swing Jazz left on legendary Keynote label. Some might love Lester Young Quartet’s 1943 session too much; other recommendations might include Dinah Washington’s debut recording with Lionel Hampton Sextet in 1943,…
  • Old Record Catalogues, Pt.1 (2007/06/23)
    bassclef さん のところの 「Jazz On The Bounce (bel canto)」 というエントリ。ここのコメントで、SP、10インチLP、12インチLP、シングル盤、EP などの価格についての話題がありました。 何年か前に、たまたま古いカタログパンフレット (いろんな時期のいろんなレーベルのミックス) をロットで買う機会がありまして、bassclef さんのところに書いたのも、それらを一部参考にしました。せっかくなので、なにかの参考になればと思い、何回かに分けて紹介してみようと思います。…
  • Old Record Catalogues, Pt.2 (2007/06/27)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz) に続きましては、今度は少しばかり古めの奴をいってみましょう。1941年〜1955年のカタログ 4種類です。…
  • Thelonious Monk in Philadelphia 1960 with Steve Lacy (2006/07/30)
    先日、mhatta さんに 教えてもらって 速攻で購入した CD。 なんといっても Monk と Steve Lacy の共演が聴ける (!!) というだけでそそられます。 The other day mhatta-san let me know the release of the CD – we can finally listen to the Monk quartet with Steve Lacy on soprano…
  • Flat Foot Floogie (with a Floy-Floy) (2014/08/13)
    My six-years-old daughter, whose best favourite tune so far is “That’s A Plenty”, recently found another favourite tune of her own – it’s “Flat Foot Floogie” – maybe I’m not a good daddy to her… 「That’s A Plenty」に続き、よりによって娘の愛聴曲となってしまったのが「Flat Foot Floogie」。ここ数日は常に鼻歌で歌っている始末です。。。きっと私は悪い親なんでしょう(笑)   Not sure if it was correct, but I’ve read somewhere on the Internet that the original title

2 thoughts on “Alright, Okay, You Win

  1. …more information on what? you want the complete and comprehensive discography of Buddy/Ella Johnson? or you are interested in the Definive American Songbook?

Leave a Reply

Your email address will not be published.