Various V.A. LPs, Pt.3 – Special College Jazz Album

V.A. 特集 第2回 に続き今回紹介する 3枚目は、Verve レーベルの Various ものです。 ClefNorgran、そしてこの Verve と通じて、 Norman Granz が立ち上げたレーベルにおいて いわゆるサンプラー的なアルバムというのはどうもなさそうなのですが (実際にはあるかも知れません。 もしご存じでしたらご教授下さい)、 コンピレーション盤、いわゆる Various ものはカタログ内に大量に存在しています。 これもそんな 1枚なのですが…

Here is the third V.A. LP, from the Verve label (previous entries can be reached from here: Pt. 1 and Pt. 2). As far as I know, there is no “Sampler LPs” of Clef / Norgran / Verve labels (all supervised by Norman Granz) – but if you happen to know the existence of Clef / Norgran / Verve sampler LPs, please let me know. On the other hand, these labels had so many Various Artists LPs (or what is called “compilations”) in the catalogue. This LP is one of them, but there is an interesting fact…

[Verve MG V-8341 Front Cover]    [Verve MG V-8341 Back Cover]

Special College Jazz Album
(Verve MG V-8341)


上のジャケット写真をご覧頂ければおわかりの様に、なんと ペラスリーブ なんです。 しかもそのスリーブには Complimentary Record の印刷が。 はっきりとしたことは分かりませんが、販売促進用に (?) Verve が大学生、あるいは大学の Jazz バンド向けに無料配布したアルバムなのではないでしょうか。 興味深いことに、この LP は例のディスコグラフィー本 「The Clef/Verve Labels – A Discography」 では「not released」としてリストアップされています。

As you can see the above scanned images, there is no cardboard jacket – instead it comes only with paper sleeve. Furthermore, there is a note “Complimentary Record” printed on the sleeve. I don’t even know the detailed facts about the LP, but I guess this LP was freely distributed for college/university students, or for college Jazz bands. Interestingly, this LP is listed as “not listed” on the famous discography book “The Clef/Verve Labels – A Discography”.

[Verve MG V-8341 Side-A]    [Verve MG V-8341 Side-B]

さて、1959年末ないし1960年初頭にリリースされたと思われるこのアルバムの内容ですが、これはもう Mercury / Clef / Norgran / Verve 時代のゴキゲンなナンバーが勢揃い、といった趣です。最も古い録音が Gillespie – Parker Quintet“Bloomdido” (1950年 6月 6日吹込)、最も新しいものが Jimmie Giuffre Trio“Time Enough” (1959年 8月 6日 or 7日吹込)。特に Granz の面目躍如といった感のある 中間派的ノリノリセッション が大勢を占めており、実際、A面トップが Ella Fitzgerald – Joe Williams – Count Basie“Party Blues” (後半のスキャットの応酬がお見事!)、B面トップが Gene Krupa Quartet“Gene’s Solo Flight” (御大のドラムソロが大フィーチャー!) となっていることにもその狙いが良く現れています。

Now the contents of the album (probably released in late 1959 or in early 1960) – it’s definitely a nice compilation of good swingy numbers on Mercury / Clef / Norgran / Verve era. The oldest recording is “Bloomdido” by the Gillespie – Parker Quintet (recorded on June 6, 1950), while the most recent recording is “Time Enough” by Jimmie Giuffre Trio (August 6 or 7, 1959). Most of the tracks are very swingy mainstream jam sessions (which Norman Granz probably liked the most) – the selection surely presents Granz’ favourites. Actually, Side-A starts with “Party Blues” by Ella Fitzgerald – Joe Williams – Count Basie (scat interexchanges are very impressive!), while Side-B starts with “Gene’s Solo Flight” by the Gene Krupa Quartet (Krupa’s awesome drum solo dominates the whole performance!).

他に興味深いのは B-3、Oscar Peterson TrioTurtle Neck (1951年11月25日録音) です。ディスコグラフィーによると、この演奏はなんと このアルバムが初出 の様です (注1)。こんな無料配布 LP にこっそり未発表曲をしのばせるなんて、 Granz さんも粋なことをしてくれますね。

注1: その後の調査で、この楽曲は ARS G-415 “An Oscar For Peterson” というアルバムにも収録されていることが分かりました。このアルバムは情報によると 1957年リリースとのことですので、それが正しければ “Turtle Neck” の初出は Verve MGV-8341 ではなく ARS G-415 ということになります。ちなみに ARS (American Recording Society) レーベルは Verve の通信販売用別レーベルです。 定期購読すると毎月レコードが送られてくるという仕組みで販売されていて、これのジャズシリーズは Verve 音源が多く使われていたようです。

Another interesting track would be B-3, “Turtle Neck” by the Oscar Peterson Trio (recorded on November 25, 1951). According to the discography, this performance became firstly public on this album! (or ARS G-415 “An Oscar For Peterson”, probably issued in 1957, from American Recording Society label would be the very frist release including “Turtle Neck”) Previously unreleased performance included on the complimentary record – Mr. Granz did such a chic trick!




2008/09/19 追記: The Complete Clef/Mercury Recordings Of Oscar Peterson Trio” (Mosaic MD7-241) がリリースされていますが、これの ディスコグラフィー に次の様な記述があります。

Addendum (Sep. 19, 2008) : Mosaic Records released a 7 CD limited edition box set entitledThe Complete Clef/Mercury Recordings Of Oscar Peterson Trio” (Mosaic MD7-241). And I found the following comments on its discography section :


(A) OSCAR PETERSON TRIO: Oscar Peterson (p, vcl), Barney Kessel (g), Ray Brown (b).
LA, November 25, 1951
631-4        Turtle Neck                                 ARS G415
632-8        It’s Easy To Remember                       Clef 89113, MGC 695
633-6        Pooper                                      -
634-6        Love For Sale                               Clef/Merc 8959, MGC 603
635-5        Until The Real Thing Comes Along (OP-vcl)   -             , MGC 127
Note: Some discographies list matrix 631 as being originally issued on Verve MGV 8341
College Album, however that LP was never released.

しかし、ここに実物の MG V-8341 は存在すると。

However, as you can see above, the album Verve MG V-8341 actually exists.

そこで Mosaic Records の担当者の方 (と Michael Cuscuna さん) にメールで問い合わせてみたところ、「すまん、Ruppli の ディスコグラフィで “not released” と書かれて いたのでそれを信用していた」との返事が返ってきました。

So I e-mailed a question to staffs at Mosaic Records (and Mr. Michael Cuscuna), and I got a reply from Scott Wenzel-san: “Thanks for the information – quite a rare LP and you’re right… the Ruppli discog lists this as never issued.




A-1: Party Blues / Ella Fitzgerald – Joe Williams – Count Basie (from Clef MG C-743)
A-2: Gone And Crazy / Johnny Hodges (from Verve MG V-8271)
A-3: Anita’s Blues / Anita O’Day (from Norgran MG N-30)
A-4: Joogie Boogie / Dizzy Gillespie (from Verve 89183 45/78rpm)
A-5: Time Enough / Jimmy Giufrre (from Verve MG V-8337)
A-6: Blues For Jimmy / Kid Ory (from Verve MG V-1018)

B-1: Gene’s Solo Flight / Gene Krupa (from Verve MG V-8300)
B-2: Down ‘N Adam / Lester Young (from Mercury MG C-124)
B-3: Turtle Neck / Oscar Peterson (previously unreleased, except on ARS G-415)
B-4: Presto / Sonny Stitt (from Verve MG V-8306)
B-5: Erudition / Stan Getz (from Clef MG C-143)
B-6: Bloomdido / Dizzy Gillespie – Charlie Parker (from Mercury MG C-512)

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Various V.A. LPs, Pt.2 – Jazz Series Vol.8 (2005/12/13)
    さて、 V.A. 特集 第1回 に続き紹介する 2枚目は、あの Time レーベルのサンプラーです。 EmArcy レーベルをたちあげたあの Bob Shad が Mercury を離れて自ら立ち上 …
  • Various V.A. LPs, Pt.1 – Riverside Modern Jazz Sampler (2005/12/13)
    いわゆる Various Artists もの、あるいは Sampler LP といいますか、結構気に入っています。特に 1950年代や 1960年代の Jazz ものはお特感満載です。著名ミュージ …
  • Call For Help: Norgran MGN-1087 (2010/08/04)
    Verve MGV-8029 としてリリースされた「Stan Getz ’57」のオリジナルイシューとされる、Norgran MGN-1087「Stan Getz ’56」の現物をお持ちの方(あるい …
  • Various V.A. LPs, Pt.4 – The Playboy Jazz All-Stars 1957 (2006/03/20)
    V.A. 特集 第3回 から随分間があいてしまいました。今回は、レーベルの枠も越えて出された Various ものの中で特に興味深いリリースを紹介します。 あの Playboy 誌の企画から生まれた …
  • Universal “Jazz The Best&amp” LP Collection Pt.2 (2005/10/09)
    実際のリリースから随分と間があいてしまいましたが、 昨年リリースされて そこそこ好評だった ユニバーサル ”JAZZ THE BEST ”LPコレクション の第2弾がこの夏リリースされました。 In …
  • Granz’ Jazz to Shift To Clef Label Aug. 1 (2012/01/13)
    ずっと前から、調べよう調べようと思って忘れていたのですが、先日、別の調べ物をしているときに発見しました。1948年頃から Mercury とディストリビュート契約をしていたノーマン・グランツ音源が、 …

2 thoughts on “Various V.A. LPs, Pt.3 – Special College Jazz Album

  1. おおっ!Verveのこんなの初めて見ました。紙だけのジャケもオツなものですね(笑)僕もcomplimentary・・・お世辞?挨拶?と気になったので辞書を引いてみました(笑)そしたら・・・。「(好意により)無料の」という意味もあるようです。Special College Jazz Albumとなってるからにはshaolinさんがおっしゃるように大学のしかるべき部門に配ったのでしょうね。なぜ大学なのか?わからんですね(笑)構内放送か何かが充実しててそこでかけると、ジャズファンのメインであった?大学生に売れる・・・とかいう筋書きですかね?(笑)
    いずれにしても、興味深く楽しいものを拝見できました。ありがとうございました。

  2. あ、いや、complimentary が無料配布ということは分かってましたよ勿論 (笑)
    このエントリを書いた翌日、Peterson マニアの間では (Turtle Neck が収録されているので) このアルバムが有名だったと聞きました。ただ本当にリリースされたかどうかは不明とされていたとのこと。それが無料配布アルバムだったとは…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *