黒檀製立方体設置

いろいろあって、プレーヤーの設置高をあげる (というより、プレーヤー下部のスペースをより高くする) 必要があったんですわ。んでもって、一辺が 43mm のアフリカ黒檀製のセッティングベース (山本音響工芸 の QB-4 という奴) が安かったので買ってきて早速設置してみたわけですわ。

[Underchasis of Gyrodec]

再生音が変わるのは予想はしてたんやけど、ここまで変わるとは思ってへんかった。幸い、自分にとって好ましい変化だったのが良かったわけで。音源によっては気になっていたカチコチ感 (なにせ御影石ベースの上に直接置いてたわけで当然ですわな) が激減し、かつ透明感と解像度が更にアップ。いやはや素晴らしい。激変万歳。

で、この無事広がったプレーヤー下部のスペースをどう使うかといいますとですね… (以下省略)


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • 季刊 analog Vol.8 (2005/06/19)
    この前出た analog vol.8 の表紙に、見慣れたプレーヤーが登場。 久しく日本で最新モデルが販売されていなかった、私が現在使っているプレーヤー J.A. Michell Gyrodec の最新モデル (Mk.V) が、再び国内で正規販売されることになったようで。
  • 物欲トノ闘ヒ (2003/09/16)
    今日,とうとう web でターンテーブルの出物を見付けて仕舞い,数時間悩んだ挙げ句お店に電話.いろいろ質問した結果「商談中」で取り置きしてもらうことに.最終的な返事は金曜日にすることを約束したが,既に自分の心の中ではどうするかは決定している.
  • R.I.P., Papst AC Motor on GyroDec / True Point Audio PSU (2021/02/17)
    1995年製 GyroDec Mk.III の Papst AC モータがお亡くなりになり、DC モータへの換装が完了するまでの2ヶ月近くのあれこれの格闘をお届けします。
  • Solidair Ukishima Feet & Pedersens Gyro Armboard for GyroDec (2021/03/11)
    2つの追加アップグレードにより、GyroDec は更に凄い音を出してくれるようになりました。 / Solidair Ukishima Feet & Pedersens Gyro Armboard upgrade brought my GyroDec yet another level!
  • Damping Motor Vibrations with Sorbothane (2012/05/21)
    GyroDec Mk.III までのモデルは、モーターユニットはアクリルベース上に固定されています(Mk.IV 以降は、アクリルベースに穴があけられ設置面から自立)。この Mk.III で、モータの振動がターンテーブル本体に極力影響しないよう、ソルボセインシートをはさんでみることにしました。
  • 圓盤再生機トノ格闘 (2003/10/12)
    中古で購入した GyroDec Mk.III、AC モータについていたプーリーは 60Hz 用だったため、購入店に 50Hz 対応プーリーを送ってもらい、やっと音出しができました。まだまだ音を向上できる余地があるものの、買ってよかったと思えるファーストインプレッションでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.