Solidair Ukishima Feet & Pedersens Gyro Armboard for GyroDec

2003年に中古で購入した GyroDec Mk.III のアップグレードもついに最終章、この2つのアップグレードで「あがり」にしたいと思います。

My GyroDec Mk.III (that I bought second-hand back in 2003) has several upgrade kits installed through the years – and here’s the last two. I would call it quits.

SolidAir Audio Ukishima Feet / Pedersens Gyro Armboard

Solidair Audio Performance Pack (Ukishima Feet)

まずは Solidair Audio 製の「Transcriptor and Early Gyrodec Performance Pack – for early turntables」、通称 Ukishima Feet という GyroDec (Mk.I〜III) 用インシュレータです。いわゆるマグネットフローティングベースの一種で、汎用品であれば 山本音響工芸 MGB1-4PACOUSTIC REVIVE RMF-1 などがありますが、今回のものは GyroDec 専用品で、ボルトオンできる構造になっています。

The second-last upgrade kit is “Transcriptor and Early Gyrodec Performance Pack – for early turntables” by Solidair Audio, so-called Ukishima Feet. It’s one of the magnetic floating insulators like Yamamoto Sound Craft MGB1-4P or ACOUSTIC REVIVE RMF-1, but this is exclusive parts for GyroDec – very easy “bolt-on” product.

Solidair Audio Ukishima Feet for GyroDec

GyroDec に元々ついている菱形のスパイクフィートを外し、代わりに Ukishima Feet を取り付けるだけです。

Installing Ukishima Feet is very easy – only unscrewing the original spiked feet, then screwing the Ukishima Feet instead.

Unscrewing the spiked feet from GyroDec

すでに同じ Solidair Audio 製の Pylons Upgrade をインストールしていますので、上も下も Solidair 製をまとったことになります。アクリルベース及びサスペンションの支柱と固定されている足ですが、ここがマグネットフロートに変わることにより、よりターンテーブルユニット全体に伝わる微振動を軽減でき、結果再生音に寄与するという按配です。

As I already installed the Pylons Upgrade, top (Pylon Upgrade) and bottom (Ukishima Feet) of the suspension turrets are equipped with Solidair Audio products. The feet is directly connected to acrylic base and the supension turrets, magnetic-floating will contribute more isolation from the noise interference, and thus quieter playback.

Ukishima Feet for GyroDec

試聴結果 / Soundchecking

実際、Ukishima Feet 装着後の再生音は、さらに静粛性を増し、好ましい方向に変化しました。ただし、Pylons Upgrade の時の変貌ぶりがあまりにも凄かったので変化は若干マイルドな印象ですが、これ単体でも非常にコスパの高いアップグレードであることに間違いはありません。

Soundchecking – playing records with Ukishima Feet sound much quieter and more favourable. IMHO the improvement is less than Pylons Upgrade that gave significant / astounding improvement, but I do hear the improvement with the Feet alone. Still a great value for money.

Pedersens Gyro Armboard Upgrade

そして最後が、長らく GyroDec 用アップグレードキットを制作・販売している Pedersens Gyroアームボードアップグレード です。

And the last upgrade I did is, Armboard Upgrade by Pedersens Gyro by Gert Pedersen, who has been developing and selling several upgrade kits for GyroDec for many years.

Pedersens Gyro Armboard Upgrade

そもそも、アームボード周りは、2001年3月以降に Mk.V (ACモータからDCモータへと変更) となったあと、Michell 社によって一部アップグレードが施されています。サブシャーシとアームボードの間が金属製のワッシャースタンドで連結されていたのが、ゴム製のワッシャーに変更され、かつアームボードとサブシャーシの間がアース線で接続されるようになっています。現在販売されている GyroDec には最初から装着されている他、このアップグレード自体も「De-couping Kit」として Michell から入手可能です。

After the introduction of Mk.V version of GyroDec (DC motor instead of AC motor), Michell Engineering did another minor upgrade to GyroDec: the metal washer stands between the armboard and the subchasis are replaced with rubber stands, as well as earthing cable is added between the armboard and the subchasis. this upgrade is already installed onto new GyroDecs, and older GyroDec users can obtain and install this upgrade as De-coupling Kit.

GyroDec De-coupling Kit (for SME)

この Michell 謹製のアップグレードも、ターンテーブルプラッター → スピンドル(ベアリング) → サブシャーシ → アームボード → トーンアーム → カートリッジ (針) → レコード → ターンテーブルプラッター → … というレゾナンスのループを、ゴムを挟み込むことで軽減するためのものと思われますが、今回入手した Pedersens Gyro アームボードアップグレードは、もっと徹底しているように見えたため、こちらを選択することにしました。

Michell’s “De-coupling Kit” also aims for eliminating/reducing resonance loop (platter → spindle/bearing → subchasis → armboard → tonearm → cartridge/stylus → record → platter → …) using rubber washer stands. But as far as my understanding goes, Pedersens Gyro Armboard Upgrade is well constructed for much better elimination of resonance loop – that’s why I went with Pedersens Gyro.

Armboard of original GyroDec Mk.III

GyroDec Mk.III (ブロンズモデル) オリジナル状態のアームボード周り
Armboard of original GyroDec Mk.III bronze model

トーンアームをアームボードごと取り外す
Removing the armboard (along with the tonearm)

元々のブロンズワッシャースタンドを取り外す
Removing original bronze washers under the armboard

Pedersens Gyro アームボードアップグレード一式
アクリル製プレート、ゴムシート、ポリ塩化ビニル製ワッシャースタンド、
シリコンチューブ、新しいスクリューねじ、Oリング
Pedersens Gyro Armboard Upgrade
Acrylic Plate; Rubber Seat; PVC Washer Stands; Silicon Tubes; Screws; O-Rings

アームボード下に順に取り付けていく
Installing the upgrade parts under the armboard

サブシャーシのネジ穴にあわせてPVCワッシャーを設置
Placing PVC washers onto the subchasis

ネジを適切なトルクで締め終わったら取り付け完了
Tightening the screws with appriate torque, and the installation complete.

試聴結果 / Soundchecking

さて、Pedersens Gyro アームボードアップグレードキット装着後の再生音ですが、これまた大きな変化をもたらしました。すでに Solidair Audio Pylons サスペンションアップグレードによってもたらされた劇的向上を更に一歩推し進めるものです。つまり、レゾナンス(共振)のループが徹底的に排除され、かつアームボードのリジッドな設置はそのままですから、もうこれ以上は無理だと思っていたのに、さらに1枚2枚ヴェールを剥がしたような、見通しの良い再生音です。低域から広域まで全く破綻のない、オリジナルの GyroDec では考えられない、しかしやはり GyroDec らしい美点は残っている、美しいサウンドステージが現出しました。

Soundchecking after the Pedersens Gyro Armboard Upgrade – it brought another huge improvement for sure. It is a kind of “further improvement based on what Solidair Audio Pylons Upgrade brings”. In other words, the Armboard upgrade completely eliminates the resonance loop, while the armboard is still very tightly installed on the subchasis. It brought more beautiful “unvailed” sound – from low to high – sounding like another window or two is being opened. This sound is incredibly good (at least) that the original GyroDec cannot produce – while it still sounds very “GyroDec-ish” in essence.

これにてアップグレードは終了 / I call “upgrade” quits

いままでに、多くのアップグレードを施してきました。そして、その度に GyroDec の持つポテンシャルに驚かされてきました。最も変化が著しく鳥肌がたつ程だったのは Solidair Pylons アップグレード でした(個人的感想です)。

I have done many upgrades to my GyroDec, and everytime I reconfirm the huge potential the original GyroDec really has. All upgrades contributed better sound playback, but I would nominate the Solidair Pylons Upgrade for the best among them all, personally.

そして、ターンテーブル本体がこのレベルまできてしまうと、SME 3009-R トーンアームの限界も見えてきたような気がします。次があるとすれば、トーンアームの交換になりますでしょうか。。。

And the turntable itself being the best sounding state (for me ) so far, now the defects (minor though) of the SME 3009-R is also revealed much, I guess. If I went for the next upgrade, it would definitely be choosing a better tonearm…

とりあえず、GyroDec のアップグレードはこれにて打ち止めにしようと思います。さぁ、じゃんじゃん音楽聴くぞ〜。

Now that I have the best GyroDec among I’ve ever owned through these upgrades, I will call it quits. Now it’s time to enjoy music itself.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Solidair Audio Pylons upgrade for GyroDec (2021/02/21)
    GyroDec Mk.III に施した DC モーター + True Point Audio 電源ユニットによるアップグレード (これはACモータ故障によるものでしたが)に続いて、以前から気になって …
  • Pedersens Gyro (2004/03/16)
    備忘録. Pedersens Gyro – Michell Gyrodec Upgrade …
  • R.I.P., Papst AC Motor on GyroDec / True Point Audio PSU (2021/02/17)
    2020年11月8日にその寿命を終えた Papst AC モータ。20年近 …
  • Michell GyroDec Generations; Suspension Tower Upgrade Kit (2009/10/20)
    こちらでは大変ご無沙汰しております。2歳を過ぎたやんちゃ娘を毎日自宅で面倒みながら仕事したり家事したりですと (笑) さすがにここの更新も疎かになってしまいがちです。今回はそんなやんちゃ娘の昼寝の間 …
  • Michell GyroDec 到着 (2003/09/22)
    「物欲トノ闘ヒ」の続き。 本日午前に ブツ が到着。かなり大きいのでびびった (VHS ビデオテープで大きさが分かるかと)。 然し乍らコトはそんなに簡単に進んではくれなかった。以下顛末記。 検索エン …
  • 中古 GyroPower QC ト心地良キ感動 (2003/11/20)
    「SME 3009-R」の続き. 改めて鳥肌が立ちました.しかし前回とは違う種類の鳥肌.ターンテーブルを駆動するベルトのモーターに電源を供給するユニットを交換しただけで,ここまで音が変貌するとは.. …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *