Classique – Cover Art for Classical Music

[Classique - Cover Art for Classical Music]

Classique – Covert Art for Classical Music
by Horst Scherg

Published by Gestalten, Berlin 2008
ISBN 978-3-89955-228-7

It is a great pleasure and honour for me that I (not an avid Classical vinyl collector at all but just very enthusiastic for researching on a specific label) could do a little contribution to this book (just released in Sep. 2008) by Horst Scherg-san from Germany.

ドイツの Horst Scherg さんによる、2008年9月に発行されたばかりの本書に、微力ながら貢献できたことを嬉しく光栄に思います。実は私自身はコレクターとしてはある特定のレーベル研究が専門であり、クラシック LP のコアなコレクターでは全然ないのですが (笑)

Horst-san e-mailed me for the first time sometime in the summer of 2006, who asked me several questions about Mercury Living Presence LP releases. Since then, we exchanged several e-mails, and I provided discographical information as well as dozens of scanned images of LP cover arts (from my own collection) in high resolution.

Horst さんが最初にメールでコンタクトを取ってこられたのは 2006年の8月頃のことで、Mercury Living PresenceLP リリースに関する質問でした。それから、何度もメールで情報交換をし、ディスコグラフィー的情報を教えてあげたり、私のコレクションの中から数10枚分のジャケットを高解像度でスキャンして送ってあげたりしました。

Today I received an international parcel which included this beautiful book – the publishing company Gestalten kindly sent me an complimentary copy. And I found some of these scanned images I provided can be found on this beautiful art book. I’d like to say thank you so much, Horst-san and all the staffs of Gestalten!

そして本日、国際小包が届き、本書を受けとりました。ありがたいことに、出版社である Gestalten が献本として本書を下さったのでした。とても美しい本書の中に、私が提供したスキャン画像が使われているのを確認することができました。 Horst さん、Gestalten のスタッフの皆さん、本当にありがとうございます。


[Acknowledgement]



This book is an awesome exhibition of beautiful Classical LP cover artworks from the 1950s to the 1980s, “The Golden Age of Long Playing Vinyl Records and LP Cover Artworks” – which makes this book so special and unique in my opinion, because this book should appeal not only to avid and hardcore vintage LP collectors but also to many people who love fine arts.

本書は、1950年代から1980年代まで (「LP レコードとレコードジャケットの黄金時代」とでも言えるでしょうか) にリリースされた、クラシック音楽 LP の美しいカバージャケットの展覧会とも言える素晴らしい内容で、単にヴィンテージ LP コレクターだけにとどまらず、良質の美術書として一般の方にも十分アピールするものだと思います。

Every chapter of this book is dedicated to the diversity and variety of graphical trends and musical genres through the decades found on each LP cover artwork. It also covers brief history of each Classical labels which should be very helpful for people who wish to start collecting vintage Classical LPs. Please note, this book costs rather expensive (48 Euros / 78 US Dollars) maybe because this is a full colour, gorgeous hard-cover book. Anyway you will not be disappointed.

各章では、何十年間にも渡ってさまざまに変化してきたジャケットのデザイントレンドや、各種クラシック音楽ジャンルなどに基づいてジャケットが紹介されています。また、主要レコードレーベルの歴史についても触れられており、これからクラシックのヴィンテージ LP の蒐集を始めようと思っている方には参考になると思います。全ページカラーの豪華ハードカバー本なので、お値段がはる (48ユーロ / 78 US ドル) のが難点ではありますが、レコードファンにとっては良い美術書だと思います。




You can take a brief look (preview) at several pages from this book here.

本書の中身 (プレビュー)は こちら で一部みることができます。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Record Makers and Breakers (John Broven) (2009/11/02)
    Record Makers and Breakers – voices of the independent Rock ‘n’ Roll Pioneers – by John Broven Published by University of Illinois Press, 2009 ISBN 978-0-252-03290-5 この書籍を Amazon.co.jp で買う | Buy this book at Amazon.com 本日アメリカから届いたハードカバーの書籍。1944年から1966年までにかけてのアメリカのレコード業界 (特にインディペンデントレーベルの勃興) について、数え切れないほどの関係者へのインタビューに裏打ちされた情報をもとに、様々な側面から丹念にアプローチした本です。全640ページ。斜め読みしただけでワクワクしてきました。これからじっくり時間をかけて、貴重な情報を掘り起こしていくことにします。特に個人的リサーチ対象である Mercury レーベルの最初期の情報に期待が膨らみます。 This is a
  • The Cat on a Hot Thin Groove (2003/10/16)
    瀬谷さん のところの 掲示板 に書かれた木下さんの post で知り,購入しました. The Cat on a Hot Thin Groove / Gene Deitch Gene Deitch さん といえば,Tom & Jerry の第二期演出をはじめ,数々のアニメーション/絵本にその名を残すアニメ作家/絵本作家/脚本家として有名ですが,その Gene さんが若かりし頃,ジャズファンの一人として,コレクター向けの有名な雑誌 “The Record Changer” に描かれた挿絵を集大成したものです. 1945年12月号から1951年1月号までの (Gene さんが担当した) 表紙や挿絵,そしてひとつひとつのイラストに対して Gene さんの回想が添えられています. そしてどの絵からも,レコードが好きな人なら思わずにやりとしてしまう様な仕掛けがあり,同時に Gene さんの音楽に対するふくよかな愛情 (とコレクターとしての屈曲した心理)…
  • Record Makers and Breakers (John Broven), Pt.2 (2010/04/14)
    昨年11月にここで紹介した「Record Makers and Breakers – voices of the independent Rock ‘n’ Roll Pioneers -」という書籍があまりにも面白いので最近再びハマってます。
  • 大人ノ科學マガジン – 蓄音機 (2004/12/18)
    レコード愛好家の間で噂の 学研 大人の科学マガジン の 06号「レコード盤録再蓄音機」を遅ればせながら購入しました。 かなりチープな作りとはいえ、実際にパーツを組み立て、音声やら歌やらを録音し再生できること自体はとても素朴で楽しく、ベルリナーが発明した原理を実際に体験できるということは面白いのは勿論なのですが。 私がより感心したのは付属のブックレット。エジソン〜ベルリナーから始まる音の記録とその機械の歴史はもちろんのこと、付属のソノシート作成の際のカッティング工場の様子、そしてもちろんラッカー〜マスター〜マザー〜スタンパーの話まで仔細に書かれており、しかもその文面の節々に「これは相当造詣のある人が監修にあたっているんやろうな」と思わせる香りが漂っています。レコードコレクターやオーディオマニアではない人が読んでも楽しめる様に平易に書かれている反面、マニアが突っ込みをいれそうな箇所では、それらしきこともちゃんと匂わせている。これは凄い。カッティング工場での各工程の写真も非常に興味深いですし、ちゃんとマスタリング/カッティングエンジニアへのインタビューも忘れておらず、あの小鐡徹さんまでひっぱりだしています。 いやはや、これは予想外に面白い号だった様です。実によく構成されていて、レコードというもの/テクノロジーに少しでも興味のある人には文句なしにお勧めです。そこらへんのしょぼいオーディオ雑誌を年間購読するよりも、この号を一冊買って遊び倒して読みつくす方が、どれだけオーディオファイル入門として役に立つことか。 わたし個人的には、知っている話ばかりではありましたが、こういう内容を写真/図版入りで一般人向けに平易に解説していて、しかも付録で実体験できるようになっている、というこの企画には、大変感銘を受けました。…
  • 動ク Francois 樣 (2004/06/04)
    昨年リリースされたのを数ヵ月前に知ってから,ずっと欲しいと思っていた DVD. 愛しの Samson François 様 の映像ですから. ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲、グリーグ:ピアノ協奏曲、他 フランソワ、ポリーニ (at HMV) 特に「左手」.フランソワの代表的名演の一つと言える アンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団との録音 (1959年) の LP は愛聴盤で,この前 茶魔 から,デュトワ指揮モントリオール交響楽団,ロジェ (1982年) の CD を貸してもらい,更に先日某店頭でアバド指揮ロンドン交響楽団,アルゲリッチの CD を聴いたので,これが 4つめの演奏となります. 演奏している皆さん,というか,指揮者のフレモーさん,フランソワさんの変幻自在のペースにあわせるのが相当辛そう.フランソワさんも多少のミスタッチと一部ぎくしゃくした部分あり,周りにお構いなしで,いつもの様に自分だけの空気の中で演奏してはります.しかし,そんなものをもろともしないこの魅力はいったいなんでしょう. クラシックと他ジャンルをいっしょくたにするのが無茶苦茶であることを承知の上で,フランソワさんは希代のスタイリスト (いかなる演奏でも,一音だけで演者が特定出来てしまうという意味で) だということなんでしょう.正統的な楽曲解釈に基づいた模範的な演奏 とは決して言えないフランソワさんの演奏.けど,クラシックどっぷりでは決してなくむしろ門外漢の私にとっては,演奏技術がどうのとか解釈がどうのとかいうことはもはやどうでもよくて,最も魅力を感じるものであるのは間違いありません. しかし,映像というメディアのこの説得力はやはりもの凄いものがあります.この手の古い (1964年収録) 映像に付属する音声としてはかなり良好な部類 (モノーラルですが) に属しますが,ミキシングがけっこういい加減で,実際のオーケストラのバランスを無視してピアノの音が余りにも前面に出てきています.けれども,動くフランソワさんとあわせて見るだけで,こんなにも引き込まれてしまうとは. グリーグのピアノ協奏曲の他にボーナスとラックとして収録されている,弱冠18歳のポリーニさんによるショパン前奏曲もこれまた必見.…
  • BRAHMS: Sonatas for Cello and Piano (2004/06/13)
    BRAHMS: Sonatas for Cello and Piano / Miklós Perényi, Zoltán Kocsis (Hungaroton [Hungary] SLPX-12123) どうでもいい話ですが、ハンガリー盤 LP というのはこれが初めての購入です。同時に買ったのは、同じくペレーニさんのドヴォルザークチェロ協奏曲 (Hungaroton [Hungary] SLPX-11866)。…

Leave a Reply

Your email address will not be published.