The Astaire Story

Sorry for scarce update on this website. I have at least three unposted articles (one of them started being written in last September!) and I think I will post some within a few days. In the meantime, here is my newest acquisition which replaces my previous copy with several defects . . .

こちらの更新が滞っておりましてすみません。現在、手元には載せてないネタが最低 3つあり、準備中です (そのうち 1つは昨年 9月に書きはじめたものです) ので、数日中にはそこから掲載できると思います。それまでのしのぎとして、つい最近入手できたものを。これは既に持っていた状態の悪いものの差し替えになります。


[Fred Astaire drawing by David Stone Martin]

[The Astaire Story Front Cover]

The Astaire Story / Fred Astaire
(Mercury MG C-1001/4)



It’s a famous “The Astaire Story” album by Fred Astaire, initially released in December 1952 from Mercury label. The original release, presented here, was a gorgeous cloth-bound binding album, which comes with session photos, David Stone Martin drawings (one colour, six black&white) and four blue vinyl LPs. It was a limited edition (only 1384 copies were manufactured and sold). My previous copy (which I acquired about three years ago) was numbered 1158, which (unfortunately) lacked six black&wite DSM drawings and the album suffered water damages on last few pages.

フレッド・アステア (Fred Astaire) の、例の有名な「The Astaire Story」で、もともとは 1952年12月に Mercury レーベルからリリースされたものです。オリジナルは限定盤としてのリリースで、布張りカバーのバインダーにはセッション中の写真や David Stone Martin によるイラスト (カラーが 1枚、白黒が 6枚) 収められ、レコード自体は青盤となっています。全部で 1384 セットしか作られなかったそうで (アルバム内にその旨記載があります)、私が以前持っていた方 (約3年前に入手) は 1158番でした。しかし残念なことにコンディションがあまり良くなく、DSM の白黒ポートレイト6枚が欠けていましたし、ウォーターダメージの為に最後の数ページがやや傷んでいました。

But the newly acquired copy, numbered 491, is in very beautiful condition without any major flaws. All DSM drawings are complete, and four blue vinyls are in perfect condition. It costed more than I bought my previous copy, so just after I had a chance to acquire this 491st copy, I had to take my old copy (as well as other dozens of LPs from my collection) and rush to the vinyl shop to sell 🙁

今回入手出来たものは 491番でしたが、非常に良好なコンディションで、アルバム本体に特に目立つ痛みもなく、盤質も非常に良好、DSM のポートレイトも全て付属しています。さすがに前回入手した 1158番よりお値段が張りましたので、この 491番の入手が決まった直後に、1158番の方、及びうちのコレクションから何十枚か選出して、急いで中古レコード屋に売りに行きました (涙)


[The Astaire Story]



[The Astaire Story on Down Beat Magazine]

And here is an article by Leonard Feather found on January 28, 1953 issue of Down Beat magazine which I obtained years ago (Astaire also on the magazine’s cover). It’s a really interesting article about many “behind the scene” stories of this gorgeous album (how Norman Granz got this idea to create this album, how Granz met Astaire, how the recording session went like etc.). Feather also reports that the deluxe edition costs $50, while four 12-inch LPs are available separately at $5.95 apeace (as Mercury MG C-1001 #1, MG C-1002 #2, MG C-1003 #3 and MG C-1004 #4).

こちらは数年前に入手したものですが、Down Beat の 1953年 1月28日号に掲載された、Leonard Feather による記事です (この号では表紙にも Astaire のポートレートが使われています)。 この記事は非常に興味深く、Norman Granz がこのアルバム製作のアイデアを得るまで、Astaire とコンタクトを取った経緯、レコーディングセッションの模様、などについて書かれています。また、この豪華限定版アルバムが 50ドルで販売されていること、また 4枚の独立した LP (それぞれ 5.95 ドル) としてもリリースされていること (順に Mercury MG C-1001 #1, MG C-1002 #2, MG C-1003 #3, MG C-1004 #4) についても触れられています。

By the way, this issue also features “The Astaire Story” album in the “Down Beat Record Review” section – where the album received five stars.

なお、本号の「レコードレビュー」において、このアルバムも取り上げられており、五つ星を獲得しています。

See also this page for further details and other scanned images of this album.

本アルバムの他の写真やスキャンなど、より詳しい情報は こちら をご覧下さい。




Fred Astaire (vo, tap) with:
Charlie Shavers (tp), Flip Phillips (ts),
Oscar Peterson (p, cel), Barney Kessel (g), Ray Brown (b), Alvin Stoller (ds).
Recorded at Radio Recorders, Hollywood, CA in December (?) 1952.



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • ゴムダンパーが取れてもた (2007/07/20)
    右手薬指をつき指してる時にこんな細かい作業を行うべきではありませんでした . . . . 昨日早朝にいつもの Pieter とシングルスの試合をやっていた時のこと。4-2 で迎えた第7ゲームの途中、 …
  • Trinkle Tinkle / Thelonious Monk (2007/09/10)
    My little baby, I know you still don’t even understand what the hell the music is on this 78rpm rig …
  • Mysteries of “Cannonball Adderley Quintet In Chicago” (2004/11/20)
    Mercury Records Collection に初のコラムを載せました. 第一回は 「Cannonball Adderley Quintet In Chicago にまつわるあれこれ」 です …
  • Universal “Jazz The Best&amp” LP Collection Pt.2 (2005/10/09)
    実際のリリースから随分と間があいてしまいましたが、 昨年リリースされて そこそこ好評だった ユニバーサル ”JAZZ THE BEST ”LPコレクション の第2弾がこの夏リリースされました。 In …
  • A Few Facts About EmArcy Label, Pt.1 (2006/05/22)
    えー、2004年11月に公開した 「Mysteries of “Cannonball Adderley Quintet In Chicago”」 以来、Mercury Rec …
  • Your choice? LP with cover, or 78rpms without cover? (2007/07/02)
    In some way, and for some people with huge love for records, it should be an ultimate choice – whic …

2 thoughts on “The Astaire Story

  1. shaolinさん、ゴブサタしておりました。bassclefです。
    いやあ・・・このアステアの限定BOX~この時代のものにBOXという呼び名は似合いませんね(笑)~素晴らしいですね!だいぶ前にネットで見たとき、最終価格がうんと高くて驚いた記憶たありますが、このブックレットやらドローイングを見てしまうと・・・このボックスセットへの人気集中もむべなるかな、という感じしますね。たとえバラのLPを4枚集めたとしても・・・10分の1もないでしょうね(笑)
    ストーン・マーチンのドローイングも素晴らしい!それにレコーディング中と思しきピーターソンやレイ・ブラウンらの写真も初めて見るもので、素晴らしいですね。
    またdown beatの記事も興味深いですね。発売価格、$50ですか。どうでしょう・・・当時の$1 というのは、とても360円ぽっちじゃないですよね。今の生活価格で言えば・・・軽く1000円はいくでしょうか、いや、1500円くらいかな? 
    いやあ・・・とにもかくにも、shaolinさん、ホントにいいものを見せていただきました。Thanksです!

  2. どうもです。あちらで Rouse と Monk のこと、あれこれ書こうと思ってはいたのですが、なにか機会を逸してしまって…
    > 当時の$1というのは、とても360円ぽっちじゃないですよね
    ちなみに 1953年当時のカタログブックレットによりますと、JATP 絡みはシングル盤 (SP、ドーナツ盤共に) が $0.89〜$1.16、ジャケ付EP盤が $1.48〜$2.25、10インチLPが $3.00〜$3.85、12インチLPが $4.85〜$5.95 で売られていたそうです。
    昭和28年の物価で、と考えると、やはり今とは違ってとんでもなく高かったということになりますよね…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *