Question Mark & The Mysterians

こんな素敵な記事を見つけました。

? & The Mysterians (クエスチョン・マーク・アンド・ザ・ミステリアンズ) のメンバー、Bobby Balderrama 氏へのインタビューです。

私がこの Question Mark & The Mysterians を初めて知ったのは 1990年頃、中古レコード屋で出会ったコンピレーションアルバム Pebbles Vol. 8 というガレージロックのコンピレーション LP にて。そこには “Make You Mine” という最高のガレージ曲が収録されていました。

その頃の私は、“96 Tears” が全米No.1シングルになっていたことも知りませんでした。フォー・トップス (Four Tops) の “Reach Out I’ll Be There” と、モンキーズ (The Monkees) の “Last Train to Clarksville” に挟まれてのたった1週だけとはいえ。。。

で、上記の記事では “a safe candidate for first punk rock song ever” とまで賞賛されている “96 Tears”。1966年らしくもあり、のちのパンクの萌芽も詰まっている、最高にガレージでパンクな楽曲です。なのに当時はバブルガムポップスの一発屋という評価だったんだとか。

バンド結成からその “96 Tears” がなんとナショナルチャート1位の大ヒットとなるまでのいきさつ、そしてその後。ジム・モリソンとのエピソードはなんとも複雑な気分にさせられます。

余談ですが、この系統の楽曲で、わたし個人がもっと大好きなのは、ザ・シーズ (The Seeds) の “You Can’t Be Trusted” です。パンクも飛び越えて、ストーン・ローゼズやハッピー・マンデイズの姿までちらつくようなレイヴ感をすでにたたえるサイケなガレージロック。なんど聴いても最高です。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Good Vibrations (78 rpm) / The Beach Boys (2011/06/10)
    世界で最も有名な未完のアルバム、といってよいであろう、ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys) の「SMiLE」関連の音源は、過去に何度となくリリースが噂されてきました。古くは1973年にリリースしようとしていたことが明らかになっていますし、1988年にもボックス化される話がありました。 Maybe the most famous “unreleased” album ever – “SMiLE” by The Beach Boys. There has been so many rumors and announcements in the past about releasing the SMiLE era outtakes in one package. The oldest attempt to finish the Smile album known so far was in 1973. Later
  • Autumn ’66 / The Spencer Davis Group (2005/05/09)
    つい先日、LP ラック を買い足しました。その際、段ボール箱に入れて保管していたレコードを整理しましたが、ここ数年手にとっていなかった盤を手にとっては、その盤にまつわる個人的な想い出が次々と脳裏をかけめぐり、整理は滞りがちになってしまいました。これもそんな一枚。記憶が正しければ、1994年の夏に大阪日本橋の某中古レコード屋で購入したものです。 The other day I bought yet another LP stocker. After the built of the stocker was complete, I started to readjust my LP collection (stocked in the cardboard boxes) to re-stock in this new stocker. During…
  • Jim Hall Plays Donald Erb (2012/11/29)
    ジャズギターの重鎮 ジム・ホール の、ほとんど知られていない演奏が収録されたアルバム、かなりイイです。現代音楽の作曲家 マックス・シューベル (1932-2010) 氏が自ら立ち上げた現代音楽・実験音楽向けレコードレーベル「Opus One」。その記念すべきカタログ番号1番のアルバムです。
  • 37 Years After the SMiLE (2004/10/14)
       左は 1990年前後(?)にリリースされたブート CD (No Label T-2580),右は今回の CD (Nonesuch 79846-2) 先週,とうとう Brian Wilson Presents Smile がリリースされました (本国版は 9月末リリースだったそうですが). 遅れ馳せながら本日米国版 CD を購入,涙を流しながら聴き入りました. データの類や,「語られつくされつつある」お馴染みのストーリーはレコードコレクターズ11月号の特集記事などを見れば分かることなので,ここではあまり触れませんが,今まで断片的に公開されてきた音源 – “Smiley Smile”,“20/20”,“Sunflower”,“Surf’s Up”,“Rarities”,ブート LP 数種,ビデオ “An American Band”,幾多のブート CD,“Good Vibrations” ボックス,1990年代の CD リイシューのボーナストラック,その他いろいろ – や,Domenic Priore…
  • The Stairs’ Four Maxi Singles (2006/08/22)
    As I mentioned in the past article, I love The Stairs and Edgar Jones (aka Edgar Summertyme) so much. The Stairs released four maxi singles in 1991-1992, as well as their only album. The maxi singles contains innevitable tracks which cannot be heard on the album. Also, they contains cover versions of very scarce 1960s
  • Vampire and Overhang Party at U.F.O. Club (2006/09/24)
    2006年9月4日、高円寺の U.F.O. Club でのライブに行ってきました。平成のジャックス (?)、パンク化したソフトマシーン (Alian Social Dance Party)、ニューウェーブパンクの生き残りが変拍子化 (これが Vampire ね)、ジョンボーナムが加入したライド (これは Overhang Party – 最高!) と形容出来るかの如きバラエティの豊かさ。久し振りの爆音で耳がおかしくなりましたよ . . .

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *