Record Makers and Breakers (John Broven), Pt.2

昨年11月にここで紹介した Record Makers and Breakers – voices of the independent Rock ‘n’ Roll Pioneers – があまりにも面白いので最近再びハマってます。

もう通しで何回目かになりますが、毎日ちょっとづつ読んでは「おお〜」と声をあげ、うなりながら読んでます。

音楽およびそれにまつわる歴史という意味では、アーティスト、ミュージシャン、プロデューサ、エンジニアももちろんのこと、やはりアーティストと契約し、レコードを生産し、販売していた「レーベル」という側面からの切り口も絶対に欠かすことはできない 〜全てが複雑に絡み合っての音楽史〜 であるなーと、改めて思いが至っているところです。

いやはや、ほんまにおもろい。個人的リサーチ対象であるMercury レーベルについての情報もやはりてんこ盛りで、数年前から少しづつ手元で整理・書き溜めているマーキュリーレーベルのドキュメントにも、多数新しい視点と客観的情報を与えてくれます。


[Record Makers and Breakers]

Record Makers and Breakers – voices of the independent Rock ‘n’ Roll Pioneers –
by John Broven

Published by University of Illinois Press, 2009
ISBN 978-0-252-03290-5

この書籍を Amazon.co.jp で買う | Buy this book at Amazon.com

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Record Makers and Breakers (John Broven) (2009/11/02)
    Record Makers and Breakers – voices of the independent Rock ‘n’ Roll Pioneers – by John Broven Published by University of Illinois Press, 2009 ISBN 978-0-252-03290-5 この書籍を Amazon.co.jp で買う | Buy this book at Amazon.com 本日アメリカから届いたハードカバーの書籍。1944年から1966年までにかけてのアメリカのレコード業界 (特にインディペンデントレーベルの勃興) について、数え切れないほどの関係者へのインタビューに裏打ちされた情報をもとに、様々な側面から丹念にアプローチした本です。全640ページ。斜め読みしただけでワクワクしてきました。これからじっくり時間をかけて、貴重な情報を掘り起こしていくことにします。特に個人的リサーチ対象である Mercury レーベルの最初期の情報に期待が膨らみます。 This is a
  • Jazz Winds From A New Direction / Hank Garland (2007/04/16)
    カントリーギタリストとしてだけではなく、ジャズのリーダーアルバムも出し、ナッシュビルギャングの一員として幾多のロックレコーディングでも録音を残した、ハンク・ガーランド (Hank Garland)。そのキャリアを概観してみました。
  • 村八分 Box – Go rush and pre-order! (2005/10/22)
    … this article deals with Lucky Lips and Mura-Hachibu, Japanese cult Rock bands. And the English version of this article will not be available. Lucky Lips のライブ、長いこと行ってないのう、行きたいのう。む、今日 (10/22) 京都の 磔磔 でジョイントライブやるのか。ぐー、今から新幹線に飛び乗って京都行きてぇ〜。 とは思ってみても叶うはずもなく… その気分を紛らわすべく、あっちのサイトこっちのサイトへとふらふら見ていると、ふと発見。村八分 関連のリリースラッシュは数年前から続いていましたが、とうとう決定版が登場したのですね。知らなかった。 村八分 / 山口 冨士夫 (著)…
  • 村八分 / 山口冨士夫 (著) (2005/10/25)
    … this article deals with Mura-Hachibu, a legendary Japanese cult Rock band. And the English version of this article will not be available. 先日 「発売日翌日にリリースを知ったので入手は難しいかも…」と書いた 村八分の決定版ストーリー本。本屋に行ってみたら、平積みされて普通に売ってました (笑) ので、購入してきました。 村八分 / 山口 冨士夫 (著) K&B パブリッシャーズ 刊 ISBN 4-902800-03-9 (2005年10月21日発売)…
  • Present Tense / Sagittarius (2006/04/19)
    … this article is dedicated to my (personal) melancholic memory for Sagittarius’ LP “Present Tense” when I was a teenager. And the English version of this article (probably) will not be available. 中学二年生の時 (1984) に 〜まだその頃は北九州に住んでいましたが〜 Beatles との衝撃的な出会い (*1)…
  • 37 Years After the SMiLE (2004/10/14)
       左は 1990年前後(?)にリリースされたブート CD (No Label T-2580),右は今回の CD (Nonesuch 79846-2) 先週,とうとう Brian Wilson Presents Smile がリリースされました (本国版は 9月末リリースだったそうですが). 遅れ馳せながら本日米国版 CD を購入,涙を流しながら聴き入りました. データの類や,「語られつくされつつある」お馴染みのストーリーはレコードコレクターズ11月号の特集記事などを見れば分かることなので,ここではあまり触れませんが,今まで断片的に公開されてきた音源 – “Smiley Smile”,“20/20”,“Sunflower”,“Surf’s Up”,“Rarities”,ブート LP 数種,ビデオ “An American Band”,幾多のブート CD,“Good Vibrations” ボックス,1990年代の CD リイシューのボーナストラック,その他いろいろ – や,Domenic Priore…

Leave a Reply

Your email address will not be published.