The Duke Plays Ellington

Ellington のピアノを猛烈に堪能したくなった時にかけるアルバムは? 人それぞれ、Money Jungle” (United Artists) だったり、 Duke Ellington & John Coltrane” (Impulse!) だったり、 Piano In The Foreground” (Columbia) だったり、 あるいは渋〜く The Pianist” (Fantasy) という人もいたり。

Which is your favourite album, when you want to fully appreciate the piano artistry of the great Duke Ellington? Some may say “Money Jungle” (United Artists) – others may include “Duke Ellington & John Coltrane” (Impulse!), “Piano In The Foreground” (Columbia), or even less-known “The Pianist” (Fantasy).

 

私にとっては長らく This One’s For Blanton!” (Pablo) がそういうアルバムでした。 有名なアルバムですから愛聴されている方も多いでしょう。 かなり晩年の録音ですが、Ray Brown と寄りそう様に、この二人にしかなし得ない世界を表現しています。しかも御大 Ellington のパーカッシブなピアノが迫力充分な音質で堪能できる、まさにうってつけのアルバムです。しかし、ここ暫くはその地位を別のアルバムが奪いつつあります。

For me, “This One’s For Blanton!” (Pablo) has been such an album for a long time. On this great album (in his very last period), Ellington plays duo with Ray Brown, and presents so wonderful world, which cannot be done by anybody else. Also, this album fully features Ellington’s very percussive and powerful piano performances in very nice fidelity. I love this album so much. However, yet another album gradually replaces “This One’s For Blanton!” album in my mind as a “Holy Grail album for Ellington’s piano artistry”.


[H-477 Front Cover]    [H-477 Back Cover]

The Duke Plays Ellington / Duke Ellington
(Capitol H-477, 10-inch)

ちょうど Johnny Hodges が一時退団していた頃の Capitol 時代 (1953-1955) は、評価が分かれるところですが、個人的には続く Columbia 時代同様、好きな録音が多くあります。1953年4月には最初の 10インチ LP “Premiered By Ellington” (Capitol H-440) 用のセッションが行われ、余り曲は SP でリリースされたりしました。そのセッションに続いて、4月13日夜から14日未明にかけて、HollywoodCapitol Merlose Avenue Studio で行われたトリオセッションから選ばれた 8曲が、続くこの 10インチ LP “The Duke Plays Ellington” (Capitol H-477) となりました。

Duke Ellington’s Capitol era (1953-1955), when Johnny Hodges withdrawed from the Ellington band for several years, was rather underrated – some people like while others don’t. However, I really like Ellington’s Capitol era (as I like Columbia era). In April 1953, the first Capitol session was taken. Eight tunes out of this session soon became the 1st 10-inch LP “Premiered By Ellington” (Capitol H-440),, and some other tracks were released by 78rpms. Another session followed, being taken long after midnight on April 13-14 at Capitol’s Merlose Avenue Studio, Hollywood. Eight tunes were chosen to form the next 10-inch album “The Duke Plays Ellington” (Capitol H-477).

 
[H-477 Side-A]    [H-477 Side-B]
 

ライナーノーツには “ … without any sort of rehaearsal or plan. They just happened” とあります。Wendell MarshallButch Ballard を従えたエリントンは、思いのむくままに 12曲を演奏しました。そのどれもが、愛すべき魅力に溢れています。ドラムスにはほとんどの曲でブラシを使わせ、いつもより優しめのタッチでピアノを奏でるエリントン。ガッコンガッコン、バキーン! な他のトリオ編成の録音に比べると地味な印象を与える演奏かもしれませんが、聴き込むたびに引き込まれていきます。一曲一曲を丁寧に、慈しむかの様に弾いているのが非常に印象的です。残念なのは、あまり録音バランスが良くないこと。特にドラムスがかなりオフマイクで、地味な印象を更に強めているかの様です。

According to the liner-notes, this session was recorded “without any sort of rehearsal or plan. They just happend”. Duke Ellington, being backed by Wendell Marshall and Butch Ballard, played twelve tunes as time went by. All performances have fascinating charms – The Duke plays piano so tender and mellow (unlike he always plays so percussive and powerful) – which may be the reason some people says this album is modest. However, I really come to love this album more and more, every time I play this album. The only regret is the poor-sounding mix of this session – drums sound rather off-mike.




A-1: In A Sentimental Mood
A-2: Things Ain’t What They Used To Be
A-3: Reflections In D
A-4: Who Knows?

B-1: Prelude To A Kiss
B-2: B Sharp Blues
B-3: Passion Flower
B-4: Janet

Duke Ellington (p), Wendell Marshall (b), Butch Ballard (ds).
Recorded at the Capitol’s Merlose Avenue Studios, Hollywood, CA on April 13-14, 1953.




[T-477 Front Cover]    [T-477 Back Cover]

The Duke Plays Ellington / Duke Ellington
(Capitol T-477, 12-inch)

[T-477 Side-A]    [T-477 Side-B]

数年後に12インチ化されて T-477 としてリリースされ直した際に、H-477 に収録されていなかった 4曲が無事追加されました。この 4曲の中で最も有名かつ重要なのはやはり “Melancholia” でしょう。エリントンらしい、実にメランコリックなバラードで、まるで Monk のソロピアノの様に (ってもちろん逆でしょうけど)、時間の流れを自在に操りつつ、メインメロディを丁寧に弾き込むその演奏は実に心に染みるものです。最近のリスナーには Norah Jones がセカンドアルバム Feels Like Home にて、歌詞をつけてカヴァーした “Don’t Miss You At All” の原曲、といえば通りがいいでしょうか。

A few years later, 10-inch LP H-477 was reissued as 12-inch T-477, which contains four extra tracks from the same session. The most important (and most famous) track among the four tracks would be “Melancholia”. The melody of this impressive ballad is so melancholic (as the title suggests) – Ellington plays so sincere on every tone, with his own timing, which is a reminiscent of Thelonious Monk’s solo piano. Very impressive performance indeed. By the way, young listeners may know this tune as “Don’t Miss You At All”, a cover version of “Melancholia” by Norah Jones, who added the lyrics by herself (this version is featured on Norah Jones’ 2nd album “Feels Like Home”).




A-1: In A Sentimental Mood
A-2: Things Ain’t What They Used To Be
A-3: Reflections In D
A-4: Who Knows?
A-5: Melancholia
A-6: All Too Soon

B-1: Prelude To A Kiss
B-2: B Sharp Blues
B-3: Passion Flower
B-4: Janet
B-5: Retrospection
B-6: Dancers In Love

Duke Ellington (p), Wendell Marshall (b), Butch Ballard (ds).
Recorded at the Capitol’s Merlose Avenue Studios, Hollywood, CA on April 13-14, 1953.




なおこのセッションは現在、 Piano Reflections という CD で聴くことができます。1953年4月13-14日の全12曲に加え、1953年12月 3日録音の 3曲 (ドラムスが Dave Black に変更、Ralph Colier がコンガで追加) が加えられています。このうち 2曲はもともと “Dance To The Duke!” (Capitol T-637) に収録されていたものです。ノリノリのビッグバンドアルバムの A面 B面最後の 2曲にふさわしく、実にパーカッシブかつリズミックな演奏が楽しめます。

By the way, these twelve tracks can be also heard on a CD reissue “Piano Reflections”, which also contains three extra tracks from December 3, 1953 session (Dave Black replaces Ballard, and add Ralph Colier on conga). Two out of these three extra tracks were originally released on “Dance To The Duke!” (Capitol T-637). This album, as the title may suggests, features very danceable big band sounds, and the last tracks on Side-A and Side-B are the trio (plus conga) performances, which are very percussive and rhythmic.


[Piano Reflections]

Piano Reflections / Duke Ellington
(Capitol CDP 7 92863 2)

Amazon.co.jp で買う | Buy this CD at Amazon.com



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Max Roach a la carte (2007/08/19)
    Last night I picked up two LP albums by Max Roach and put ’em on my turntable to pray R.I.P. 昨晩はマック …
  • Keys West / Claude Williamson (2004/11/18)
    やっと発見して入手しました. Chikuzen Presents Cornerstones (のジャケット) の元ネタ: I’ve finally found the LP which Mr. Ch …
  • Miles Davis’ “Birth of the Cool” 78rpm releases (2005/07/19)
    のちに Birth of the Cool(「クールの誕生」)というタイトルで 10インチ/12インチ LP 化された、問答無用で歴史的名盤とされている マイルス・デイビス (Miles Davis …
  • The Jazz Scene (2005/10/22)
    苦節うん年。夢にまで見たアルバムをやっと入手しました。 Finally, I have acquired the famous 78rpm album which I’d been dreaming …
  • R.I.P., Mr. Duke Jordan (2006/08/13)
    享年84歳。コペンハーゲンにて息を引き取られたそうです。 Pianist Duke Jordan dead at age 84 (United Press International) RIP Du …
  • 78rpms Pick-ups: Oct. 31, 2009 (2009/11/01)
    土曜日、奇跡的に自宅で一人の時間が少し生じたので、ハカイダーの心配をすることなく (笑) SP 盤を久し振りに聴くことが出来ました。きもちえがったー。 Saturday – I could have …

5 thoughts on “The Duke Plays Ellington

  1. shaolinさん、エリントンのこの盤、渋いけどとてもいい盤ですよね。僕も東芝盤~12インチ盤(turquoiseラベル)で愛聴しております。山水画を見てるような・・・シンとしたエリントンのタッチが印象に残っております。12インチと10インチで、音の違いのようなものがあるのでしょうか?

  2. > 東芝盤
    は確かジャケットの色が赤かったですよね。
    アメリカ盤でも、最初は今回掲載した色で、途中から赤っぽい色のジャケに変更されたんだったと思います。
    > 12インチと10インチで、音の違いのようなものがあるのでしょうか?
    基本的には同じ傾向の音でした。ただ、10インチは AES カーブでのカッティングのため、フツーに再生すると、高域がこもったような音になってしまいます。

  3. ピアニストとしてのエリントン

    The Duke Plays Ellington/Duke Ellington
    (Capitol T477)
    ジャズビッグバンドの世界ではエリントンとベイシーは双璧ですよね。個人的にはグイグイ引っ張っていくベイシーのバンドが好みです。エリントンは作曲家、アレンジャーとしての才能は万人が認め…

  4. Shaolinさん、はじめまして。
    自分のブログと違い、本当にジャズビニルに対して強烈な愛着を感じる内容に感服しています。
    この、エリントン自分も愛聴しています。
    ピアニストとしての実力を示した、彼の中では聴きやすいアルバムで気に入ってます。
    自分のログからTBを入れたのですが、何故か文字化けします。見苦しいようなら削除してください。
    貴blogを早速リンクさせていただきました。問題がありましたらご教示ください。

  5. 67camper さん:
    コメントありがとうございます。
    やっぱりこのアルバムを愛聴されている方は多いんですね。
    > 何故か文字化けします
    うーん、euc-jp 生文字が utf-8 として入っている様でしたが、多分これはこちら側で translate すべき問題ですね。時間を作って手を加えてみます。
    頂いた trackback 自体は手動で utf-8 に変換しておきましたので、今はちゃんと読めると思います 🙂

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *