Feb. 3, 1932: The First Stereo Sound Recording Known To Exist

時は1932年2月3日。現存する最古のステレオ録音(とみなすことができるもの)が記録されました(ただし、意図的にステレオ録音されたものではなかった、とされてはいますが)。デューク・エリントン (Duke Ellington) オーケストラによるメドレー録音です。その6日後にも、別のメドレーが録音されました。

It was on February 3, 1932 when the oldest stereo recording known to exist was waxed (although it was not an “intended stereo recording” but an “accidental stereo recording”) – a seven minute medley by Duke Ellington and His Orchestra.

 

2016年12月4日追記:Elgar Rematered」のリリースにより、記録がうちやぶられました。こちらは1928年のステレオ録音(Accidental Stereo)とのことです。

Addendum (Dec. 4, 2016): The new CD “Elgar Remastered” snatched the crown of “the oldest accidental stereo recording(s)” – these 4CD set (surprisingly) contains 1928 stereo recordings!

 

何種類か CD化 されているほか、「First stereo sound recording」(Benjamin S. Beck) で紹介されている以下のリンクでもその有名な音源を聴くことができます。

You can listen to the two “accidental stereo recordings” on several CD releases (such as “The Best Of The Duke Ellington Centennial Edition”) as well as with the following links (as appeared on the “First stereo sound recording” webpage by Benjamin S. Beck):

 
Duke Ellington and His Orchestra:
Freddy Jenkins (tp), Arthur Whetsel (tp), Cootie Williams (tp), Joe Nanton (tb),
Juan Tizol (v-tb), Barney Bigard (cl, ts), Johnny Hodges (as, ss, cl), Harry Carney (bs, cl, as),
Duke Ellington (p) Fred Guy (bj, g), Wellman Braud (b) Sonny Greer (ds).

                                     Recorded at the Studio 1, New York City on February 3, 1932.

71812-2              Medley: Mood Indigo / Hot And Bothered / Creole Love Call
 
Duke Ellington and His Orchestra:
Freddy Jenkins (tp), Arthur Whetsel (tp), Cootie Williams (tp), Joe Nanton (tb),
Juan Tizol (v-tb), Barney Bigard (cl, ts), Johnny Hodges (as, ss, cl), Harry Carney (bs, cl, as),
Duke Ellington (p) Fred Guy (bj, g), Wellman Braud (b) Sonny Greer (ds).

                                     Recorded at the Studio 1, New York City on February 9, 1932.

71836-2 / 71837-1    Medley: East St Louis Toodle-Oo / Lots O' Fingers / Black And Tan Fantasy
 

演奏内容そのものも非常に魅力的ですが、それ以前に1932年のステレオ録音が実在していることそのこと自体に鳥肌がたってしまうという、不思議な録音です。1932年録音にしては比較的周波数帯域も広めに収録されているように思いますし、SP盤時代特有のサーフェスノイズが聞こえつつステレオ録音(しかも演奏者は1932年のエリントンオーケストラときてます)というのがクラクラきます。もちろん、現在の意味でいうところのステレオフォニックな録音かというとそうではなく、極端に近接したマイク2本で録られた、各音源の低位がはっきりしないけどほんわか広がりが感じられるという録音で、以前ここで書いた「Ray Fowler の傑作? 失敗作?」で紹介した「Monk’s Music の愛すべきハッタリステレオ録音(笑)に通じるものがあると感じられました。

The performance itself is very attractive, fascinating and interesting. But above of all, the very fact that the stereo recordings (made in 1932!) did exist makes us spine-chilling – a really mysterious & marvellous recording indeed. These recordings from 1932 do sound beautiful with wider audio frequency band than regular 78rpm recordings around that time, and the performers are Duke Ellington and His Orchestra at their golden age! Of course these old stereo recordings are NOT truely stereophonic in modern way – being recorded with two microphones (probably placed very close each other), every instrument does not sound stably in the stereophonic soundscape – this kind of stereo sound reminds me of funny stereo version (grin) of “Monk’s Music by Thelonious Monk (engineered by Ray Fowler) – as I wrote about it on my old blog article (sorry written only in Japanese).

 


 

そもそもこの録音は、当時ヴィクターが販売していた特別なヴィクトローラ式蓄音機用にリリースされた、33 1/3 回転の10インチSP盤(片面盤)なんだそうです。回転数が現在のLPと同じで、溝の幅はSPと同じワイドグルーヴ。これで10インチ盤に7分前後の音源を収録したのだそうです。

These recordings were waxed on single-sided 10-inch widegroove records at 33 1/3 rpm – intended specially for Victrola home phonographs. Revolution-per-minute is the same speed as Long-Playing records, while the groove width was the same as conventional 78 rpm records (wide-groove). This format could hold approximately seven minutes of music on one side of a 10-inch record.

 

当時、RCA Victor transcription L-16006 というカタログ番号でリリースされたのが「Mood Indigo」で始まるメドレー。L-16007 は「East St. Louis Toodle-Oo」で始まるメドレーでした。もちろんどちらもモノーラル録音です。レーベル写真は Dooji Collection: Ellington Record Transcription Labels でみることが出来ます。

These Feb. 1932 recordings were released at that time as two single-sided 33rpm transcription records: RCA Victor transcription L-16006 contains a medley starting “Mood Indigo”, while the other disc L-16007 contains another medley starting “East St. Louis Toodle-Oo”. Of course both titles were released in monaural. The labels of these records can be seen at the Dooji Collection: Ellington Record Transcription Labels webpage.

 


 

さて、この録音、正確な理由はまだ分かっていないようなのですが、ともあれ2本のマイク、2台のカッティングマシーンで、同一演奏が2系統で同時録音されたのでした。その事実が分かったのはのちのこと。別テイクとしてたまたま両者を入手したコレクターが、両方の盤に全く同じ演奏が入っているにも関わらず微妙に各楽器のバランスが異なるように聞こえるため、もしかしたら。。。と両者を同時に再生したら、ステレオ的に聞こえた、という風に発見されたんだそうです。

This famous recording consisted of two separate microphones and two separated recorders (i.e. cutting lathes). After many years of this recording, a collector, who happened to obtained two transcription discs with different take numbers on the dead wax, found that the music sounded really like the stereo recording when played syncronously together at the same time – the mystery still remains why this recording was done like that.

 

なぜ、2月3日、2月9日のメドレー録音で、非常に近接した2本のマイクで独立して同時録音されていたのか。いままでに諸説が取りざたされてきたようです。

There have been many discussions about this “accidental stereo recordings” – according to “A New Theory About The 1932 Stereo Recordings” (by Michael Shoshani, Duke Ellington Music Society: The International DEMS Bulletin 1991/1 pp.11), there are several possibilities behind the recordings:


  1. 録音機材のトラブルに備え、バックアップ的にもう1系統録音した
  2. ステレオ録音の実験であった(最近ではあまり支持されていない説)
  3. マイク位置を微妙に変えたものを同時に録音し、マスターテイクを選びたかった
  4. 従来から使っていたWE社の録音システムと、開発途中だったRCA社の実験的録音システムの比較のため
  1. a matter of safety: another recording system for back-up
  2. intended stereo recording experiments (a weak one nowadays)
  3. same performance, slightly different microphone settings: the producder/engineer wanted to choose which sounded better as a master take
  4. one WE system, one experimental RCA system: just wanted to check if the RCA system sounds very good as the WE system did
 

発見された当初は (2) が、その後はおもに (1) と (3) の説が支持されてきましたが、1999年に提示された (4) もかなりの説得力があると思われます。詳しくは Duke Ellington Music Society: The International DEMS Bulletin 1991/1 pp.11 上の考察「A New Theory About The 1932 Stereo Recordings (by Michael Shoshani)」をご覧下さい。

The second hypothesis was initially supported, but gradually the first and the third one got more and more supporters. Then 1999 yet another hypothesis (4) was presented and this sounds very reasonable. See the report for further details.

 


 

なお、最初からステレオ録音を意図して録音されたものとして現存する最古のものは、上のエリントンの録音より1ヶ月後、1932年3月に録音されたもので、ストコフスキー とフィラデルフィア管 (Leopold Stokowski and the Philadelphia Orchestra) によるスクリャービンの「プロメテウス・火の詩」(一部抜粋)だそうです(抜粋1抜粋2)。こちらは、ベル研によるテスト録音で、2本のマイクからの入力を、同一ラッカー上に2本のカッターで各チャンネル別溝にカッティングされたものだそうです。

BTW the earliest “intended” stereo recording known to exist is, two segments from Scriabin’s Poeme du feu Op. 60, by Leopold Stokowski and the Philadelphia Orchestra (segment onesegment two). It was a test recording by Bell Laboratories back in March 1932, using two microphones, two cutting heads onto two separate grooves on a single lacquer disc.

 


 

余談ですが、最初に紹介した「First stereo sound recording」の上位ページ「Firsts in the recording of sight and sound」は必見です。現存する史上最も古い{写真、カラー写真、3D写真、カラー3D写真、録音、ステレオ録音、映像、カラー映像、3D映像、カラー3D映像、音声とシンクロした映像、などなど}について、コンパクトに情報がまとめられており、紹介されているコンテンツやその背景についての記載には非常にワクワクさせられます。

Last of all, I should mention the “Firsts in the recording of sight and sound” pages (including the “First stereo sound recording” page I mentioned far above). This website is an amazing summary of the first {photo, photo in 3D, colour photo, colour photo in 3D, sound recording, stereo sound recording, movie, colour movie, 3D movie, colour 3D movie, sound movie, etc.} known to exist. You must be thrilled with all contents (and their backgrounds) on this website!

 


 

References:

 

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • 78 rpm stereo microgroove – Hooray for Rivermont Records! (2021/02/24)
    78回転、ステレオ、マイクログルーヴ(溝の幅が普通のレコードと一緒)、新録、しかもジャンルはトラッドジャズ。そんなステキなリリースをおこなっているのは、アメリカのリヴァーモントレコード (Rivermont Records) 、自らラグタイムピアニストとして活動されている Bryan Wright さんのレーベルです。
  • How Vinyl Records Are Made (2006/06/30)
    レコードの製造工程を映像で確認できるドキュメンタリー、必見です。比較的最近のディスカバリーチャンネルのものから、戦前のSP盤レコード製造工程、さらには戦後モノーラルLP時代の製造工程もあります。
  • Jim Hall Plays Donald Erb (2012/11/29)
    ジャズギターの重鎮 ジム・ホール の、ほとんど知られていない演奏が収録されたアルバム、かなりイイです。現代音楽の作曲家 マックス・シューベル (1932-2010) 氏が自ら立ち上げた現代音楽・実験音楽向けレコードレーベル「Opus One」。その記念すべきカタログ番号1番のアルバムです。
  • What the EP (Extended Playing) Originally Stands For (2012/01/31)
    Google Books 上で The Billboard (米「ビルボード」誌)のバックナンバーが1942年のものからほぼ全て閲覧可能になっています。これにより、レーベル、レコード製造、アーティストの動向など、当時のレコード業界のさまざまな側面の歴史を調査するのが格段に楽になりました。これまでは、図書館のような施設で閲覧したり、目星をつけた号を古本屋やオンラインオークションで購入するしかなかったのですから、コンピュータ上でネットワーク越しに検索しながら目当ての記事を閲覧できるというのは、隔世の感があります。 Almost all back issues of The Billboard magazine (since 1942) is searchable and browsable on Google Books website. This enables us to do very convenient research through the web, on history of record labels, record production, artists and many other topics on record industries in the past. Previously we had
  • The Duke Plays Ellington (2006/04/06)
    Ellington のピアノを猛烈に堪能したくなった時にかけるアルバムは? 人それぞれ、“Money Jungle” (United Artists) だったり、 “Duke Ellington & John Coltrane” (Impulse!) だったり、 “Piano In The Foreground” (Columbia) だったり、 あるいは渋〜く “The Pianist” (Fantasy) という人もいたり。 Which is your favourite album, when you want to fully appreciate the piano artistry…
  • 78rpms Pick-ups: Oct. 31, 2009 (2009/11/01)
    土曜日、奇跡的に自宅で一人の時間が少し生じたので、ハカイダーの心配をすることなく (笑) SP 盤を久し振りに聴くことが出来ました。きもちえがったー。 Saturday – I could have a precious time to be alone at home – without ‘the destroyer’ – my two-years-old daughter – so I could enjoy listening to several 78rpm records this afternoon. It was just fun indeed!   というわけで今回は、小難しいこと抜きにしてプレイリスト的ログだけ。もうなんの脈略もないテキトーなピックアップ5枚です。 This time’s entry is just a 78rpm playlist

Leave a Reply

Your email address will not be published.