Less-known 45rpm, Pt.2 – Gary Knight

… English version of this article will be available in the near future …

さて、 「My Best 5 Acquisitions in 2005」 で予告しました通り、思いつくままに購入し気に入ったシングル盤を紹介する連載第2回です (第1回 The Changing Timesこちら を参照)。 前回と同じく、アメリカ Philips レーベルからの 1枚です。

[40515 Side-A]    [40515 Side-B]

The World 2,000 c/w How Warm You Are / Gary Knight
(Philips [US] 40515)


Gary Knight と聞いてまず最初に思い出すのは Gary Knight – Gene Allen というソングライティングチーム。 「Yo! Philadelphia – Producer Jerry Ross’ Stories」というサイト (このサイトは実に良くまとまっていてお勧めです) の 「Jerry Ross を支えたスタッフ達」 にも出てくる通り、 あの Jerry Ross 人脈 (のちに Gamble – Huff へと連なる) で活躍された方の様です。それ以前には、あの Lesley Gore (“It’s My Party” を始め、一連の Quincy Jones プロデュースで 1960年代中盤に大ヒットを連発) の Mercury 時代後期のアルバム “California Nights”Bob Crewe と共作したりと、主にソングライターとして活動されていたようです。




さてこのシングル。ディスコグラフィーによると A面が 1967年12月11日録音、B面が 1968年1月3日録音ですから、1968年初頭にリリースされたと考えていいでしょう。この Gary Knight が、上の Gary Knight と同一人物かどうか確証がもてないところですが、レーベルをよく見ると、アレンジャー兼プロデューサーとして、あの Herb Bernstein (Laura Nyro の 1st アルバムのアレンジャー) の名前がありますね。彼も Jerry Ross 人脈ですから、ほぼ間違いないでしょう。

A面 The World 2,000 は強力なサイケポップチューン。エコーがかかりまくったピアノの不協和音の中、酔いどれの様なヴォーカルが響いたかと思うと、突然ポップなアレンジにスイッチ。シタールっぽいエフェクトのギターがリフを奏で、タイトなドラムスと細かいビートのマラカスがイイ感じでリズムを刻む中、極上のコード進行で曲は進みます。間奏部ではフリーキーなトランペットによるソロも入り、お手本の様なサイケポップに仕上がっています。

B面の How Warm You Are は一転して、印象的なアコースティックギターをバックにした胸キュンバラード。こちらもメロディ、コード進行共に 1960年代後半らしいイイ雰囲気です。こんな極上の 2曲が収録されたシングルが 3ドルだの 5ドルだの、それ位の値段で手に入るのですからたまりません。




Side-A: The World 2,000 (F. Neiman – G. Knight)
Side-B: How Warm You Are (F. Neiman – G. Knight)

Gary Knight (vo) with unknown orchestra.
Recorded on December 11, 1967 (Side-A) and January 3, 1968 (Side-B).

Arranged and Produced by Herb Bernstein.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Less-known 45rpm, Pt.3 – The Sugarhill Four (2006/07/18)
    The Changing Times、 Gary Knight に続いて紹介する「マイナーなシングル」シリーズ第3弾の本盤ですが、この 1枚しか録音を残していない、4人組女性グループのかわいらしいガールポップです。このグループについては全くといっていい程情報がありませんでした。それが最近、ある方からのメールにより、元メンバーの Deborah Rubin さんとコンタクトをとることが出来まして、何度かメールでやりとりをしました。以下、そのメールを元に、(Deborah さんの許可をとって) インタビュー形式にまとめなおしたものです。歴史に埋もれた一枚のシングル、それにまつわる貴重な話 (本邦初公開、いや、世界初公開?) を以下お楽しみ下さい。
  • Less-known 45rpm, Pt.1 – The Changing Times (2005/10/07)
    … English version of this article will be available in the near future … レコードコレクターにもいろんなタイプがある訳で、著名なミュージシャンの、評価が高くびっくりする程高価なオリジナル盤を買い漁る人 (骨董品コレクター的な人と言えるでしょう)もいれば、人知れず埋もれた安くてほとんど知られていない盤の中から自分のお気に入りの音楽を「発見」して悦に入る人 (強いて言えば「オタク系」でしょうかね) もいます。金にものを言わせる前者だけのコレクター諸氏は個人的には正直苦手 (音楽聴いてんだか「もの」を買ってるんだかよう分からんやないですか。そういう手合いに限って、聴いてる音楽のジャンルや対象が狭くて、音楽の話をしても全然おもろないし) ですが、まあ人それぞれ両者のバランスをとって楽しんでいるのでしょう。 それはさておき、特に後者の愉しみというのは本当に格別なものがあります。なにしろ、星の数ほども世の中に残っている盤の中から、聞いたこともないグループやミュージシャンのシングルを格安で拾いあげ、祈るような気持ちでターンテーブルに乗せて、流れてくる音楽がストライクゾーンだったときの喜びといったら! その楽曲が、そのミュージシャンが、世間でどういう評価をされていようが (あるいはされてなかろうが)、巷では有名であろうが無名であろうが、買って聴く自分自身にとっては新しいものであり、良さを「発見」したことに他ならないのですからね。また、今の世の中、web であれリサーチ本であれ、こういったマイナーなミュージシャンの情報を探すことだって出来ます。安値で買って、聴いて気に入って (まぁ期待外れのものも少なからずあるわけですが)、調べてなお唸ることが出来る。なんてリーズナブルな悦楽でありましょう。 というわけで (?) このサイトでも、私がそうやって購入してきたシングル盤を思いついた時に紹介していこうと思います。ただ、私の あっちのサイト との関係上、そのレーベルのものが多くなってしまいますが、ご了承下さい。…
  • A Few Facts About EmArcy Label, Pt.2 (2012/01/25)
    気がつくと 前回の前編 から5年以上もあいてしまいました。すんません。その後も幾人かの方に「続編をお願い」「本題を早く」とリクエストを受け続け(笑)、年明けから暇を見つけてこつこつ書きため、新たに調べ物を行い、今回やっと本題の中編を書き終わりました。 It’s already been over five years since I posted the first part of the EmArcy article (sorry still available in Japanese only) – sorry for that. Several people have contacted and asked me when would the next part available – this month I managed to have spare time to write
  • Old Record Catalogues, Pt.2 (2007/06/27)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz) に続きましては、今度は少しばかり古めの奴をいってみましょう。1941年〜1955年のカタログ 4種類です。…
  • Various V.A. LPs, Pt.2 – Jazz Series Vol.8 (2005/12/13)
    V.A. アルバム特集第2回。クリフォード・ブラウン (Clifford Brown) のエマーシー (EmArcy) 時代の未発表録音が収録されているので有名な Time レーベルの編集盤です。
  • Universal “Jazz The Best” LP Collection is out, Pt.2 (2004/12/31)
    (Sorry, this article is in Japanese only, for a certain reason…) いやはや、あまりのアホらしさにむかついてきましたよ。…

Leave a Reply

Your email address will not be published.