Less-known 45rpm, Pt.2 – Gary Knight

… English version of this article will be available in the near future …

さて、 「My Best 5 Acquisitions in 2005」 で予告しました通り、思いつくままに購入し気に入ったシングル盤を紹介する連載第2回です (第1回 The Changing Timesこちら を参照)。 前回と同じく、アメリカ Philips レーベルからの 1枚です。

[40515 Side-A]    [40515 Side-B]

The World 2,000 c/w How Warm You Are / Gary Knight
(Philips [US] 40515)


Gary Knight と聞いてまず最初に思い出すのは Gary Knight – Gene Allen というソングライティングチーム。 「Yo! Philadelphia – Producer Jerry Ross’ Stories」というサイト (このサイトは実に良くまとまっていてお勧めです) の 「Jerry Ross を支えたスタッフ達」 にも出てくる通り、 あの Jerry Ross 人脈 (のちに Gamble – Huff へと連なる) で活躍された方の様です。それ以前には、あの Lesley Gore (“It’s My Party” を始め、一連の Quincy Jones プロデュースで 1960年代中盤に大ヒットを連発) の Mercury 時代後期のアルバム “California Nights”Bob Crewe と共作したりと、主にソングライターとして活動されていたようです。




さてこのシングル。ディスコグラフィーによると A面が 1967年12月11日録音、B面が 1968年1月3日録音ですから、1968年初頭にリリースされたと考えていいでしょう。この Gary Knight が、上の Gary Knight と同一人物かどうか確証がもてないところですが、レーベルをよく見ると、アレンジャー兼プロデューサーとして、あの Herb Bernstein (Laura Nyro の 1st アルバムのアレンジャー) の名前がありますね。彼も Jerry Ross 人脈ですから、ほぼ間違いないでしょう。

A面 The World 2,000 は強力なサイケポップチューン。エコーがかかりまくったピアノの不協和音の中、酔いどれの様なヴォーカルが響いたかと思うと、突然ポップなアレンジにスイッチ。シタールっぽいエフェクトのギターがリフを奏で、タイトなドラムスと細かいビートのマラカスがイイ感じでリズムを刻む中、極上のコード進行で曲は進みます。間奏部ではフリーキーなトランペットによるソロも入り、お手本の様なサイケポップに仕上がっています。

B面の How Warm You Are は一転して、印象的なアコースティックギターをバックにした胸キュンバラード。こちらもメロディ、コード進行共に 1960年代後半らしいイイ雰囲気です。こんな極上の 2曲が収録されたシングルが 3ドルだの 5ドルだの、それ位の値段で手に入るのですからたまりません。




Side-A: The World 2,000 (F. Neiman – G. Knight)
Side-B: How Warm You Are (F. Neiman – G. Knight)

Gary Knight (vo) with unknown orchestra.
Recorded on December 11, 1967 (Side-A) and January 3, 1968 (Side-B).

Arranged and Produced by Herb Bernstein.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Less-known 45rpm, Pt.3 – The Sugarhill Four (2006/07/18)
    It’s been over four years since I firstly opened the site dedicated to Mercury records. The most de …
  • Less-known 45rpm, Pt.1 – The Changing Times (2005/10/07)
    … English version of this article will be available in the near future … レコードコレクターにもいろんなタイプがある訳 …
  • A Few Facts About EmArcy Label, Pt.2 (2012/01/25)
    気がつくと 前回の前編 から5年以上もあいてしまいました。すんません。その後も幾人かの方に「続編をお願い」「本題を早く」とリクエストを受け続け(笑)、年明けから暇を見つけてこつこつ書きため、新たに調 …
  • Old Record Catalogues, Pt.2 (2007/06/27)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz) に続きましては、今度は少しばかり古めの奴をいってみましょう。1941年〜1955年のカタログ 4種類です。 ROO …
  • Record Makers and Breakers (John Broven), Pt.2 (2010/04/14)
    昨年11月にここで紹介した Record Makers and Breakers – voices of the independent Rock ‘n’ Roll Pioneers – があまりに …
  • Universal “Jazz The Best&amp” LP Collection Pt.2 (2005/10/09)
    実際のリリースから随分と間があいてしまいましたが、 昨年リリースされて そこそこ好評だった ユニバーサル ”JAZZ THE BEST ”LPコレクション の第2弾がこの夏リリースされました。 In …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *