Present Tense / Sagittarius

… this article is dedicated to my (personal) melancholic memory for Sagittarius’ LP “Present Tense” when I was a teenager. And the English version of this article (probably) will not be available.

中学二年生の時 (1984) に 〜まだその頃は北九州に住んでいましたが〜 Beatles との衝撃的な出会い (*1) をして以来、少ない小遣いを工面しつつ物凄い勢いで LP やシングルを買っていたあの頃。静岡に引っ越し、高校に進学する頃には、すでに別テイクやミックス違いの類はほぼ全て手元に揃うまでになり、ブート LP などにも手を出し始めていたのですが、ある時ふと疑問がよぎりました。こんなに来る日も来る日も Beatles ばっかり聴いている俺はアホちゃうか? なんで他の音楽を聴こうとしないんやろう?

(*1): どうでもいいことですが、それは中学二年生の二学期、中間試験を月曜日に控えた前の週の土曜日の夕方。机に向かって試験勉強をしていた時に、NHK FM にあわせてあったラジカセから流れて来たのが “Nowhere Man”“Girl”“Yesterday” の三曲でした。突然襲われた衝撃の中、大急ぎでカセットテープをセットして途中から録音。その晩は勉強どころではなく、“Nowhere Man” の最初が欠けたテープを何回も何十回も聴き続けました。

翌日の日曜日、家族で町に買い物に行った際、親にねだってレコード屋で一枚 LP を買ってもらえることになり、昨日聴いた曲の曲名すら、ましてや邦題なぞ分かるはずもなく (さすがに “Yesterday” は知ってましたが)、ジャケットに写真がいっぱい載っているから、というだけの理由で “Beatles’ Second Album” (US リリースの日本盤) を選びました。喜び勇んで家に帰ってさっそく LP をかけてみると、昨日聴いた曲がひとつも入っていなくて、とてもがっかりしたのを覚えています。

しかし少ない小遣いの殆どは、引き続き Beatles 関連に消えゆく毎日 (*2)。静岡市内の数少ない輸入レコード屋まで毎週自転車で通ったり、ブートの新譜を買ってはノートに詳しくメモをつけたり、勝手気ままにレビューを書いては友達に配ったり。とほほ、今思いかえすとなんとも気恥ずかしさを伴う想い出ですが、なんとか出費をせずに他の音楽を知る手段はないものか、と、その頃から FM のエアチェックを積極的に行う様になりました。

(*2): 数少ない例外が Beach Boys で、なんの予備知識もないままに買った最初の LP が “Pet Sounds” (疑似ステレオの日本盤) だったのは今となっては運命を感じます。結局その1年後、家に CD プレーヤーもないのに “Pet Sounds” (ボーナストラックが 2曲だけ入った、日本初回盤CD CP28-1003) も買ってしまいました。確か、友達の家に行ってそこで聴かせてもらったのでした。

“Good Vibrations”“Surf’s Up” (Beach Boys) に心ときめかせたのも、“Hello, It’s Me” (Todd Rundgren) に脳天ぶちぬかれたのも、“Cruel To Be Kind” (Nick Lowe) に小躍りしたのも、“Anyway You Want It” (Dave Clark Five) のカッコ良さに衝撃を受けたのも、“She’s Not There” (Zombies) に胸キュンしたのも、“Sha-La-La”“5-4-3-2-1” (Manfred Mann) にゾッコンになったのも、“Pretty Ballerina” (Left Banke) に耳を奪われたのも、どれもこれもみんな NHK FM のお陰でした。私が初めて月刊誌「レコードコレクターズ」を買った 1989年 2月 (Todd Rundgren 特集号) より前のこと。

そんな頃、やはり NHK FM でとある番組をエアチェックしました。正確な番組のタイトルや放送年月日は失念しましたが、1時間ガレージとサイケがばんばんかかるというもの (番組冒頭でかかったのは、未だにガレージの最高傑作だと信じている Music Machine“Talk Talk” でした !!)。FM 雑誌の番組表に Nazz“Open My Eyes” (*3) と書いてあるのを見つけ、おーこれは是非聴いてみたい、と思ったのでした。

(*3): なんと、番組表には書いていながら、結局お目当ての “Open My Eyes” は放送されませんでした! 代りにかかったのは (何故か) Blue Cheer“Summertime Blues” でした。これはこれで熱くなりました。

この番組には衝撃を受けました。それこそ、音楽的嗜好が一変してしまう程影響を受けたと思います。大学受験のため大阪と東京に行った時にも、ヘッドフォンステレオの中にはこのカセットテープが常に装備されていた程。今となっては、これらの楽曲は Nuggets の CD ボックスなどで容易に聴くことが出来ますが、清水の片田舎に住んでいた私にとって、ディープな音楽雑誌もほとんどなく、インターネットも存在しなかった当時の私にとっては、これは天からの贈り物にも等しいものでした。NuggetsPebbles なんて、静岡で売ってるのを見かけたことすらありませんでしたし。

. . . 余談が長くなってしまいました。で、その番組の中で、特に強い衝撃を受けた曲が SagittariusMy World Fell Down だったのです。この曲が The Ivy League のカヴァーだということを知るずっと前のこと。ダダンッと耳に突き刺さるタムのフィルイン (当時は演奏者が誰か分かりませんでしたが、Pet Sounds で叩いている人と同じだろう、ということは分かりました)、一筋縄ではいかない不思議なメロディ進行、完璧なハーモニーではないものの不思議な浮遊感が麻薬的魅力を醸し出すコーラス、曲の中程で挿入される (どう考えても Good Vibrations に影響を受けた) アヴァンギャルドな SE、そして誰が聴いても Bruce Johnston やろ! とすぐに分かるサビの美しいヴォーカル (もし、彼に優れたソングライティング能力がなかったとしても、あの声だけでポップ史に名を残したのではないか、と思う位、私は Bruce Johnston の声が好きです)。もう夢中になりました。

無事大学受験に合格し、大阪に住むことになってから、この曲と再び出会う時がやってきました。静岡とは比べ物にならない程レコード屋が溢れている大阪。毎週の様に週末は阪急電車に乗って梅田へ出ていき、フォーエバーレコードをはじめ東通商店街のレコード屋めぐりをしたものです。まだ Jazz を聴き始める前のこと。

1989年のある日、フォーエバーの US ガレージ/サイケのエサ箱の中に、Sagittarius と書かれた中古レコードを見つけました。しかも “My World Fell Down” が入ってる! もう喜び勇んで買いましたよ。 Back-Trac というレーベル (CBS の旧譜廉価リリース用?) から 1985年に出された “Present Tense”、カタログ番号は P-18783 という LP でした (とても安かったので貧乏学生には助かりました)。ストリングスが大フィーチャーされたふくよかなアレンジ、キャッチーなメロディ、あまり複雑ではないもののツボを抑えたコーラスワーク。すぐにこのアルバムが大のお気に入りになりました。

広がる様な美しさで満たされた A-1 “Another Time” (中間部の、フェードアウトしながら繰り返されるコーラス部分がトキメキ) で幕を開け、胸キュンメロディ全開の A-2 “Song To The Magic Frog (Will You Ever Know)”、後半部分のコーラスアレンジが見事な A-3 “You Know I’ve Found A Way”、弾ける様に小粋なナンバー A-4 “The Keeper Of The Games” と続く A面冒頭の流れは最高です。ちょっとラーガっぽいアレンジの A-5 “Glass” でチェンジオブペースをはかったあと、やはり後半部のコーラスが見事なA面ラストの “Would You Like To Go” で B面への期待を持たせる。

B面は必殺チューン “My World Fell Down” でゴージャスに始まり、Beach Boys オマージュ的な佳作 B-2 “Hotel Indiscreet”、アコギのイントロが格好良い B-3 “I’m Not Living Here”、緊張感と透き通るような美しさが同居した B-4 “Musty Dusty” と続き、最後はヘヴィーなドラムスが印象的でサイケっぽいアレンジが見事な B-5 “The Truth Is Not Real” で終わります。両面あわせてあっという間の28分間。とろける様なアレンジとハーモニーがアルバム全体を支配しており、何度聴き返しても飽きることはありません。

ただ、肝心の My World Fell Down だけはどうも気にくわなかった。そう、この曲、シングルバージョンとアルバムバージョンで、全然違うエディットが施されていたのです。第2コーラス突入前にイントロの繰り返しが5小節分追加されたのに対し、いちばん肝心な中間部の SE はばっさりカット。“Good Vibrations” チルドレンの名曲は、このアルバム上では、少しこじんまりとした佳曲として B面 1曲目に収録されていたのです。これは少なからずショックでした。だって、元々は FM ラジオで聴いたあの “My World Fell Down” が収録されていると思ったからこそアルバムを買ったんやもん。

しかし今冷静に聴き返してみると、あのシングルバージョンが本アルバムに収録されなかったのは正解だったんじゃないかと思えます。MilleniumBegin に先駆けてリリースされたこのアルバム、制作者や楽曲の元がほぼ同一とはいえ、やはり “Begin” とは異なった方向性で纏められたもの。過度に実験的なサウンドはアルバム上では控え、ひたすらドリーミーでスウィートな味付けに徹することにより、ややひねくれたメロディ進行を持つ “My World Fell Down” の良さが引き立ったのかも知れません。

もし、現在発売されている CD (紙ジャケ盤 もあり) のボーナストラックに収録されているシングルオンリーの楽曲やシングルバージョン、そして “Begin” の CD のボーナストラックの様な、やや実験的なアレンジが施されたナンバーだけで Gary UsherCurt Boettcher がもう一枚アルバムを作っていたとしたら … それはもう、あの時代を代表する最高の傑作アルバムになったんじゃないか、とすら夢想してしまいます。それ程私にとってあのシングルバージョンは特別なものであり続けました。結局、カセットテープで聴きまくったあのシングルバージョンと久し振りに再会したのはずっと後の 1998年、Nuggets の CD ボックス においてでした。

[CS-9644 Front Cover]      [CS-9644 Back Cover]

Present Tense / Sagittarius
(Columbia CS-9644)

時代は流れ、音楽的嗜好はあの頃とは比較にならない程幅広くなり、全曲の歌詞を口ずさめる程聴きこんだ Beatles の LP もごく一部を除いて売り払ってしまい、「レコードコレクターズ」も 2004年を最後に買わなくなり (最近読みふけっているのは 1985年頃までの最初期のバックナンバーです)、親のお下がりだったオーディオも少しはましなものになり。Back-Track レーベルの “Present Tense” も長らくターンテーブルにのらなくなった今日この頃。

つい先日、ひょんなことで懐かしのこのアルバムに再会しました。しかも大学一回生の時には大阪で見かけることすらなかったオリジナル盤。予想外に安い値段で売っているお店を web で見つけたので、懐かしさも伴ってついついメールで注文してしまいました。紙ジャケ CD で最近リイシューされたことすら知らなかったのですが。

[CS-9644 Side-A]    [CS-9644 Side-B]

ああ、あの懐かしのアルバム。ソフトロックなんてことばも知らなかった頃に入手したアルバム。大学生の頃に擦り切れる程聴きこんだアルバム (もちろん、Back-Track レーベルの再発盤は今でも擦り切れずに良い状態で手元に残ってます)。しかも再発盤よりずっと鮮度の高い音質で、あの頃よりずっとましになったオーディオで、今はこのアルバムを味わうことができます。とろける様なコーラスも、ストリングスの素晴らしいアレンジも、Hal Blaine の「ダダン」も、あの頃よりずっとくっきりした音で聴こえてきます。“Another Time” のイントロがかかった瞬間に、情報や音楽には飢えていたけれども、なぜかとても幸せだった懐かしいあの頃にタイムスリップしてしまうかの様。

しかしそこには当然、FM ラジオから流れてきて私の心を鷲掴みにした、モノーラルでシングルバージョンの “My World Fell Down” はやはり入っていません。紙ジャケというものにあまり興味のない私にとっては、Nuggets の CD ボックス (あるいは近い将来にきっと入手することになるであろう当時のシングル盤 (*4)) だけが、高校生の時のあの衝撃的な出会いを追体験する方法なのです。

(*4): 後日談 . . . 無事入手しました

A-1: Another Time
A-2: Song To The Magic Frog (Will You Ever Know)
A-3: You Know I’ve Found A Way
A-4: The Keeper Of The Games
A-5: Glass
A-6: Would You Like To Go

B-1: My World Fell Down
B-2: Hotel Indiscreet
B-3: I’m Not Living Here
B-4: Musty Dusty
B-5: The Truth Is Not Real

Curt Boettcher (vo), Gary Usher (vo),
Glen Campbell (vo), Bruce Johnston (vo), Terry Melcher (vo),
Larry Knechtel (kbd), Carol Kaye (b), Hal Blaine (ds),
others unknown.

Arranged and Produced by Gary Usher.
Recorded in Hollywood, CA.
(based on demo recordings of Ballroom and Curt Boettcher, then chorus, effects and instruments overdubbed)


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • My World Fell Down c/w Libra / Sagittarius (2006/04/28)
    「Present Tense / Sagittarius」 より: あるいは近い将来にきっと入手することになるであろう当時のシングル盤 というわけで 1も 2もなく探して購入しましたがな。 あーこれでんがな、中間部の SE がないとやっぱりあかんな〜。夢の3分37秒。 しかし、 Nuggets の CD ボックス 収録のシングルバージョンより音が悪いという事実に直面して . . .    My World Fell Down c/w Libra / Sagittarius (Columbia [US] 4-44163) 以下備忘録。 Columbia 4-44163 : My World…
  • Blood, Chet And Tears / Chet Baker (2006/05/11)
    (ごめんね、たまには悪態つかせてください) (this article is my thoughts (and beyond) on Chet Baker’s famous “guilty pleasure for Chet’s fans” album left on Verve label. English version of this article (probably) will not be available.) もし、知り合いに Chet Baker コレクターがいたとしたら、 このアルバムについてどう思うか聞いてみて下さい。きっとこんな感じで答えられるはずです。 . ….
  • Super Session / Bloomfield – Kooper – Stills (2006/01/23)
    学生時代にイヤという程聴き込んだ懐かしのアルバム達。何年か振りに久し振りに聴いてみると、昔抱いた印象と随分違うものも少なくありません。昔は気付かなかった新たな魅力に気付くもの (実際はこれが多いのですが) もあれば、「あれ、こんなんだっけ?」と拍子抜けしてしまうものもあったり。先日、懐かしさのあまりオリジナル盤 (一応両面マトリクス 1A です) を見つけてつい買ってしまったこのアルバム、私にとっては (どういうわけか) 後者に属するものでした。そんなこともあるもんですねぇ。 There are dearly beloved albums which I listened to so many times when I was still young – after long years I sometimes have a chance to listen to such…
  • We’re Only In It For The Money / The Mothers (2007/06/11)
    先週金曜日朝のテニス (シングルス) は 6-1 6-0 で快勝、誕生日を勝利で飾りました (笑)。コートに向かう車の中で Frank Zappa の「Mystery Disc」を聴いていたのが良かったのかも知れません (笑) On tennis (singles) matches last Friday morning (my birthday BTW), I could win against two opponents at 6-1 and 6-0 respectively which was a good success. This…
  • Jazz Winds From A New Direction / Hank Garland (2007/04/16)
    カントリーギタリストとしてだけではなく、ジャズのリーダーアルバムも出し、ナッシュビルギャングの一員として幾多のロックレコーディングでも録音を残した、ハンク・ガーランド。そのキャリアを概観してみました。
  • Thelonious Monk & Van Morrison Vinyl From Concert Vault (2013/09/15)
    フィルモアで有名なあの ビル・グレアム(Bill Graham)が権利を持っていた音源や映像を取得し、USD3.99/月、または USD39.99/年でオンラインストリーミングで聴いたり観たりできる(かつては無料でした)Concert Vault / Wolfgang’s Vault をご存知の方も多いでしょう。 2013年9月現在では Wolfgang’s Vault から独立した別サイトとなった Concert Vault で、従来通りメンバー向けストリーミングを行っている他、音源のオンラインダウンロードも有料で行っています(年間会員になると、期間限定無料ダウンロードを行っていたりします)。本家 Wolfgang’s Vault では、ロックを中心にしたさまざまなジャンルの音楽やミュージシャンにまつわるノベルティなどを引き続き販売しています。 とにかくLP化、CD化されていないお宝ライブ音源がざっくざっく。過去にブートレグやハーフオフィシャルでのみ聴けた音源も、圧倒的にまともな音質で(しかも権利関係はきちんとクリアされた上で)聴けたりするのが嬉しい限りです。音源のディジタルダウンロード(320kbps MP3)も、ほとんどが1ライブ USD5.00 しかしません。 個人的には無料お試しアカウント期間中に聴いた James Brown at Newport Jazz Festival, July 6, 1969 と Thelonious Monk at Avery Fisher Hall, July 3, 1975 でノックアウトされました。前者はブートなどでは聴けるものでしたが、こうやって正規で聴けるのは感慨もひとしおです。後者は、数年前にハーフオフィシャルでCDリリースされていましたが、最悪の音質で、尊師モンクの現存する最終録音を素直に楽しむことは難しかったのですが、こちらはピッチも修正されきちんとした音質で聴く事ができ感涙ものです。 で、今年の4月に勢いで(笑)年間アカウントを申し込んだのですが、その際なんとサイトで公開されている音源を元に作られたLPを2枚、無料でプレゼント(送料は実費)するキャンペーン中だったのです。しかもその対象がモンクさまとヴァン・モリソンだったからたまりません。 到着するのに5ヶ月も要する、という、ちょっとアレな展開でした(その間に何度もサポートにメールしたりもしました)が、先日無事届きました。元々LP/CD化する予定のなかった(音質的にも必ずしも完璧とはいえない)音源をいまさらLPで聴く意味があるのか、は微妙なところですが。。。   Newport ’59 / Thelonious Monk (Concert Vault CVLP-001)The Bottom Line ’78 / Van Morrison (Concert

One thought on “Present Tense / Sagittarius

  1. Sagittarius 「Present Tense」(1968)

    オーケストラとコーラスを絶妙にブレンドしたポップス集
    いわゆるソフトロックの名盤ですね。ソフトロックの特集が組まれると必ず推挙されるアルバム。
    コーラスの魔術師、カート・ベッチャーを中心としたバンド「ボールルーム」の音を聴き、時の名プロデューサーであるゲーリーアッシャー(ブライアン・ウィルソンとの共作者でも有名)がカートにラブコールを送り、2人が中心となって制作されたアルバムです。
    レコーディングメンバーは直後に名作「Begin」を発表するミレニアムのメンバーに、ブルース・ジョンストン…

Leave a Reply

Your email address will not be published.