レコード各社興亡秘話

備忘録も兼ねて。

内外〜タイヘイ〜日本マーキュリー。SP 時代に名を残したこのレーベルの歴史が、1999年に神戸新聞上に掲載された (らしい) 特集記事でまとめられています。その他関西マイナーレーベルの興亡についてもよくまとめられているようです。

日本マーキュリーが東芝にスタッフ・専属歌手をごっそり引き抜かれたのが昭和33年 (1958年)、 日本ではまだまだ SP 盤が幅をきかせていた時代でしょうか。 果たして昭和33年以前に、日本マーキュリーは LP リリースをしていたのでしょうか。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • 世界ハ狭シ (2004/05/31)
    先日,岡村融さんから電話が掛かってきました. 「…あのね,松林さんに質問があるんだけど」 「はぁ,岡村さんが御存じないことは私も知らないと思いますけど(笑)」 「あのね,日本マーキュリーから出た …
  • R.I.P. Wilma Cozart Fine (2009/09/26)
    マーキュリーレーベル黄金期、夫のボブ・ファイン氏と共に、数え切れない程の歴史的名録音に携わった伝説的エンジニア・プロデューサ、ウィルマ・コザート・ファイン さんが、2009年9月21日に82歳で永眠 …
  • HumminGuru Review 1: 超音波レコードクリーナ ハミングル 到着! (2021/10/13)
    Note for non-Japanese readers:FYI here’s the automatically trasnlated English version of this Hummi …
  • Satchelmouth Baby / Four Jumps of Jive (2009/04/18)
    いろいろ事情がありまして、ここ1年以上、自分でもびっくりする程にめっきり購入ペースが落ち込んでいますが、これが今年1枚目の SP となりました (CD や LP を入れても今年 4枚目?)。1945 …
  • Jazz Tunes entitled “Hiroshima” and “Nagasaki” (2014/08/08)
    For most of the people born and raised in Japan, every August means very special, making them feel …
  • Fats Place / Red Prysock (2005/12/14)
    「ディスコグラフィーを鵜呑みにするな」という名言があります。 There is an reasonable saying “Do not blindly swallow any info …

One thought on “レコード各社興亡秘話

  1. これについては、あっさりと資料が見付かりました。
    レコードコレクターズ Vol.1, No.3 (1982年8月号)、
    「ノーマン・グランツの仕事」(岡郷三+中村とうよう)
    という記事に、日本マーキュリーの話が出ていました。
    > … またこのプログラム (注:1953年11月の JATP 来日公演のプログラム) には
    > 日本マーキュリーの広告として、グランツ・レコード第1回発売新譜7枚
    > (JP1010〜6)、第2回発売新譜5枚 (JP1017〜21) の SP と、
    > 「LPレコード十月中旬愈々発売」として『ジャム・セッション #1』(MG1)、
    > オスカー・ピーターソンの『アステア・ブルース』(JPL1) の 2枚の LP が
    > 掲載されている。それによると、最初に出た SP はイリノイ・ジャッケー
    > 「ポート・オブ・リコ」(1010)、チャーリー・パーカー「ブルームディド」(1015)、
    > ジョニー・ホッジズ「二人でお茶を」(1016) などであった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *