Universal Studio Blaze Burns Music History

古い音楽のファンにとって、悲しいお知らせです。

Sad, traggic, depressing news for us old music enthusiasts…

2008年6月1日にハリウッドのユニヴァーサル・スタジオで起きた火災により、1930年代〜1950年代の貴重なメタルマスターやマスターテープが多数消失した可能性が高まってきたそうです。

“A fire roared through part of Universal Studios film and TV studio on Sunday, June 1, 2008” (quoted from Reuters.com news article), and there is a new rumor (or confirmation) coming that the fire consumed invaluable/historical metal masters and master tapes back from 1930s-1950s.


上の Both Sides Now の掲示板で Marty Wekser さん (リイシュー作業に多数関わられてきたマスタリングエンジニア) が書かれた情報によると、1940年代〜1950年代の Decca / Coral のオリジナルマスターの大多数、そして ABC Paramount / Dot / Chess / Kapp などのオリジナルマスターの多くがこの火災で消失したようです。

At the Both Sides Now bulletin board listed above, Marty Wekser-san (a pretty famous mastering engineer who have worked on many reissue projects) mentions that all the Decca and Coral material, as well as a lot of tapes on ABC-Paramount, Dot, Chess, Kapp etc., were also destroyed.

当時大ヒットし、現在でも人気で CD 化されているビッグアーティストなどの音源については、メタルパーツやマスターテープのコピーが世界中のレーベルに残されている可能性はありますし、少なくともディジタル化された CD 音源としては世の中に残っています。しかし、未発表の音源であったり、当時 SP やシングル盤で出ただけで一度もリイシューされることなく倉庫に保管されてきた無数の音源 〜 これがまさに音楽ファンにとっては宝の山なのですが 〜 については、もうこの世から失われてしまったことになります。

For recorded materials by “big names” who made huge hits dozens of years ago and reissued many times as LP and CD, there is still a possibility that a copy of metal masters / master tapes still exists at record labels somewhere in the world – at least digitally remastered contents on CD actually exists now. However, how about invaluable rarities? Scarce and obscure recordings which was once released as 78rpm or 45rpm single then never reissued in any format? Never released materials in the vault? They are all “real treasures” for us music fans, but it seems they are all gone forever…

実際にどの程度の被害であったのか、実際にどの音源が灰と化してしまったのか、は更なる調査が必要となることでしょうが、BrunswickDeccaMCAUniversal と続くアメリカ音楽業界の歴史の一つの流れの一部が失われてしまったことは確かなようです。

How many material, which material being lost forever? We still have to wait for further investigations and researches for that, but anyway it may be true that some portion of great musical history, one of big streams of American music industries back from Brunswick, American Decca to MCA and Universal, has gone forever…


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Universal “Jazz The Best” LP Collection (2004/11/29)
    Universal Music Japan が,(旧日本ポリドール,旧日本フォノグラムの頃から) 久しぶりに LP 再発 を行います.2004年12月22日リリース,全20タイトルです. Unive …
  • Universal “Jazz The Best&amp” LP Collection Pt.2 (2005/10/09)
    実際のリリースから随分と間があいてしまいましたが、 昨年リリースされて そこそこ好評だった ユニバーサル ”JAZZ THE BEST ”LPコレクション の第2弾がこの夏リリースされました。 In …
  • Universal “Jazz The Best” LP Collection is out (2004/12/22)
    久々に期待していた 今回の日本盤 LP リイシュー。全20タイトル中本日10タイトルが発売されました。さてさて、肝心の「おと」の方はどうでしょう? さすがに全タイトルは買えないので、とりあえず Em …
  • R.I.P., Mr. Jim Hall, The Greatest Jazz Guitar Stylist In History (2013/12/11)
    来年1月の来日を楽しみにされていた方は私だけではないはず。こんなにも早く、お別れになってしまうなんて。 最近は少し体調を崩されていたとのことですが、自宅ベッドで眠るように亡くなられたとのこと。。。 …
  • Universal “Jazz The Best” LP Collection is out, Pt.2 (2004/12/31)
    (Sorry, this article is in Japanese only, for a certain reason…) いやはや、あまりのアホらしさにむかついてきましたよ。 12月22 …
  • Record Runner MUSIC'N (2006/08/12)
    懐かしさ満点、楽しさ満点のレコードプレーヤー です。 随分前に、近所にお住いの知合いからプレゼントして頂きました (今更ながら kusa さん ありがとうございます)。 Yes, it’s a vi …

4 thoughts on “Universal Studio Blaze Burns Music History

  1. 本当に残念な話ですね。
    デッカといえば、ジャズ、ポピュラー音楽の宝庫、その多くのオリジナルマスターが本当に失われてしまったのであれば、「人類にとっての損失」といってもいいのではないでしょうか。
    P.S.
    Shaolinさんがあげていたリファレンスのタイトルが気になって別の件をチェックしてみたところ、9月19日にディック・サドホールターが亡くなったことを知りました。ビックス・バイダーベックの流れを汲む素晴らしいコルネット・プレイヤーであると同時に、ジャズ研究家としていくつかの優れた著作を発表しています(私も良く参考にしています)。
    1938年12月生まれなので、まだ69才、こちらも本当に残念です。
    De(G)

  2. 出口さん、ご無沙汰しております。
    Richard (Dick) Sudhalter 氏の逝去についても触れようと思っていたのですが、
    Decca 由来の vault 消失の件で頭がいっぱいになっていました。。。
    残念ながら私はまだ Sudhalter 氏の演奏などは聞いたことはないのですが、
    ライターとしての名前はなんとなく知っていました。それだけ貴重な人物だったのですね。。。
    情報ありがとうございます。

  3. 続報 (というか追記) です。
    Tom Fine さん (あの C.R. Fine さんのご子息) が依然疑問を呈しておられます。
    「Marty 氏に対する『本当にマスターは失われたのか』という質問に対して彼はまだ明確な回答をしていないではないか。より信頼できる情報が出るまで待つ必要があるし、我々もこの件について引き続き声を大にしていくべきだ」
    http://palimpsest.stanford.edu/byform/mailing-lists/arsclist/2008/09/msg00218.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *