レコード各社興亡秘話

備忘録も兼ねて。

内外〜タイヘイ〜日本マーキュリー。SP 時代に名を残したこのレーベルの歴史が、1999年に神戸新聞上に掲載された (らしい) 特集記事でまとめられています。その他関西マイナーレーベルの興亡についてもよくまとめられているようです。

日本マーキュリーが東芝にスタッフ・専属歌手をごっそり引き抜かれたのが昭和33年 (1958年)、 日本ではまだまだ SP 盤が幅をきかせていた時代でしょうか。 果たして昭和33年以前に、日本マーキュリーは LP リリースをしていたのでしょうか。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • 世界ハ狭シ (2004/05/31)
    先日,岡村融さんから電話が掛かってきました. 「…あのね,松林さんに質問があるんだけど」 「はぁ,岡村さんが御存じないことは私も知らないと思いますけど(笑)」 「あのね,日本マーキュリーから出た Roy Jackson っていう人なんだけどね…」 「む,もしかしてそれって,瀬谷さんから質問された奴ちゃいます?」 そう,元々私のところに 海外から舞い込んで来た質問.私は SP まで手を出してないし,ましてや日本マーキュリーの事は全く知らない.そこで瀬谷さんに質問をしておいたのでした. 私→瀬谷さん→岡村さん→私 という風に一周してしまって,結局未解決のまま(笑) 世間は狭いというかなんというか. その後電話越しにレコードコレクターの大先輩と30分程雑談.いやはや,相変わらずこの方は凄いわ.…
  • R.I.P. Wilma Cozart Fine (2009/09/26)
    マーキュリーレーベル黄金期、夫のボブ・ファイン氏と共に、数え切れない程の歴史的名録音に携わった伝説的エンジニア・プロデューサ、ウィルマ・コザート・ファイン さんが、2009年9月21日に82歳で永眠されたそうです。 A legendary recording engineer and a producer, Ms. Wilma Cozart Fine (who, together with her husband Mr. Bob Fine, did numerous recording sessions on Mercury label most of which later became true classics) passed away at age 82 on September 21, 2009. Stereophile.comWilma Cozart Finehttps://www.stereophile.com/news/wilma_cozart_fine/Wilma Cozart Fine died Monday September 21 at age 82. Together
  • HumminGuru Review 1: 超音波レコードクリーナ ハミングル 到着! (2021/10/13)
    Review of HumminGuru Ultrasonic Record Cleaner, Pt. 1 / ハミングルのテスト製造ロット、ひとあし先に届きました。さっそく開封してレコードクリーニングをおこなってみました。これは予想通りなかなかコスパの良い製品です。
  • Satchelmouth Baby / Four Jumps of Jive (2009/04/18)
    1945年に設立されたマーキュリー (Mercury) レーベルの最初のリリースは Four Jumps of Jive によるものでしたが、このバンドのリーダーは、あのウィリー・ディクソン (Willie Dixon) でした。
  • Jazz Tunes entitled “Hiroshima” and “Nagasaki” (2014/08/08)
    For most of the people born and raised in Japan, every August means very special, making them feel very solemn – Nuclear bombing in Hiroshima (Sunday, 8:15 AM, August 6, 1945) and Nagasaki (Thursday, 11:02 AM, August 9, 1945); the end of the World War II aka the Pacific War (Wednesday, August 15, 1945); and
  • Fats Place / Red Prysock (2005/12/14)
    「ディスコグラフィーを鵜呑みにするな」という名言があります。調査開始の礎として非常に有用ですが、最終的には真偽を自分の耳で確かめ、現物を探して確認するのが王道だということでしょう。 著名なディスコグラファー Michel Ruppli さんの手による5巻組 The Mercury Labels – A Discography の第5巻のシングルリリース一覧には、どの盤が SP で出たのかマークがついているのですが、これが全くアテになりません。事実、以下に紹介するこの盤も、SP で出たというマークは記されていませんでした。 There is an reasonable saying “Do not blindly swallow any info on the discography books”. Discographies are very useful and valuable when using as…

One thought on “レコード各社興亡秘話

  1. これについては、あっさりと資料が見付かりました。
    レコードコレクターズ Vol.1, No.3 (1982年8月号)、
    「ノーマン・グランツの仕事」(岡郷三+中村とうよう)
    という記事に、日本マーキュリーの話が出ていました。
    > … またこのプログラム (注:1953年11月の JATP 来日公演のプログラム) には
    > 日本マーキュリーの広告として、グランツ・レコード第1回発売新譜7枚
    > (JP1010〜6)、第2回発売新譜5枚 (JP1017〜21) の SP と、
    > 「LPレコード十月中旬愈々発売」として『ジャム・セッション #1』(MG1)、
    > オスカー・ピーターソンの『アステア・ブルース』(JPL1) の 2枚の LP が
    > 掲載されている。それによると、最初に出た SP はイリノイ・ジャッケー
    > 「ポート・オブ・リコ」(1010)、チャーリー・パーカー「ブルームディド」(1015)、
    > ジョニー・ホッジズ「二人でお茶を」(1016) などであった。

Leave a Reply to Shaolin Cancel reply

Your email address will not be published.