歌のアルバム / 清水ミチコ

カヴァー/マネする相手に対する強烈なオマージュ、そして恐ろしい程の観察眼。

ハイセンスな笑いと、失笑を禁じ得ない程のデフォルメ加減と、クオリティの高い楽曲群。

程よくチープな打ち込み音源。

極上の 冗談音楽 集として、万人にお勧めできる逸品です (笑)

極上の笑いが詰まった作品群の中でも更に白眉なのは、清水さんが 「NHK スタジオパークからこんにちは」 に 出演 された際にも話題にあがっていた track 8 「イェルケ・クク」。 あのゲンズブール作の名曲「comment te dire adieu」が、抱腹絶倒の九九の歌へと大変身。

[歌のアルバム]

歌のアルバム / 清水ミチコ
(Sony Music Direct [Japan] MHCL-489)


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • SME 3009R ラテラルバランス調整 (2005/10/17)
    秋です。音楽の秋です。 うちでは夏にエアコンを滅多に使わないので、真空管が熱くなるその季節には (部屋が尋常ではなく暑くなってしまい) 自然とアンプに火を入れる機会が減ってしまうのです。また、賃貸マ …
  • How Vinyl Records Are Made (2006/06/30)
    某所に書かれていた情報をたどり、とんでもない映像を見てしまいました。      アナログレコードマニア必見、悶絶ものです。 それは、LPレコードの製造工程を紹 …
  • R.I.P. Wilma Cozart Fine (2009/09/26)
    マーキュリーレーベル黄金期、夫のボブ・ファイン氏と共に、数え切れない程の歴史的名録音に携わった伝説的エンジニア・プロデューサ、ウィルマ・コザート・ファイン さんが、2009年9月21日に82歳で永眠 …
  • 黒檀製立方体設置 (2005/04/01)
    いろいろあって、プレーヤーの設置高をあげる (というより、プレーヤー下部のスペースをより高くする) 必要があったんですわ。んでもって、一辺が 43mm のアフリカ黒檀製のセッティングベース (山本音 …
  • The Immortal Voice (1923) – how phonograph records are made (2016/03/24)
    とても貴重な記録映像です。Liberty of Congress より。 1923年、まだ録音技術がアコースティックだった時代(アンプなど電気増幅を行う前)の、スタジオ録音風景、そしてレコードのプレ …
  • Falling in Love with "The Voice" (2006/03/21)
    かなりヤヴァイです。完全にスイッチが入ってしまいました。 何をいまさら、と思われるかも知れませんが、もう2ヶ月程 “Frank Sinatra” にゾッコン状態が続いています …

2 thoughts on “歌のアルバム / 清水ミチコ

  1. 清水ミチコですか~ 
    確かに、おもしろいですよね。
    山口百恵の新曲?は聴いてみたいかも(笑)
    それはそうと、早速、アンテナの拙ブログへのリンクを修正していただき、ありがとうございます。

  2. > 山口百恵の新曲?は聴いてみたいかも(笑)
    track 1「波の数だけさよならを」は、歌詞のセンスといい、曲全体のプロダクションといい、素晴らしく馬鹿馬鹿しく愛さずにいられない最高のオマージュになってます。
    その他、track 13「テネシー・ワルツ」の綾戸智絵さんは私にはトゥーマッチでしたが (笑)、track 7「相合傘」の矢野顕子さんは (清水さんがベタ惚れなだけあって) 極上の物まねカヴァーです。track 10「アタシのブルース」も、爆笑を誘う弾き語りピアノトリオでクオリティ高し。
    ただ、何度も何度も聴いてしまうと、面白さは徐々に半減してしまう類ではありますね (笑) しばらく聴くのを封印しているところです。
    > 早速、アンテナの拙ブログへのリンクを修正していただき、ありがとうございます
    いえいえ。まぁ、ちゃんと refugee さんところはチェックしている証拠ということで (笑)

Leave a Reply to Shaolin Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *