Jazz Impressions of Japan (無言歌) / Jim Hall

1976年の来日時に、こんな素晴らしい演奏とアルバムを残して下さった ジム・ホール (Jim Hall) トリオに感謝すると同時に、彼らにこのアルバム制作のきっかけを与えた日本という国を、我々はもっと誇りに思うべきでしょう。

We Japanese must deeply thank to the Jim Hall Trio, who left such a great performance on this album (recorded in 1976 during their live tour to Japan). Also, we must be very proud of this country Japan, where Jim Hall had so many impressions which was definitely a fundamental background of this album.


[GXU-1 Front Cover]
Jazz Impressions of Japan (無言歌) / Jim Hall
(A&M Horizon / King Japan GXU-1)

このアルバムの最も有名な側面は、ダイレクトカッティング盤 であることでしょう。1970年代は Sheffield Lab レーベルを筆頭として、ありとあらゆるレーベルからダイレクトカッティング盤がリリースされたもので、当時は日本のレーベルからも多数のアルバムが高音質を謳い文句にリリースされていました。しかし、どんなに録音技術やカッティング技術が優れていたとしても、内容が優れていなければ ただのオーディオファイル向けチェックレコードでしかありません。

The most famous fact about this album would be direct cutting. Throughout the 1970s, many labels (including the famous Sheffield Lab) released a number of direct-cut LPs. Some Japanese labels also released direct-cut LPs in the decade, with “ultra high fidelity sound” slogan. However, even though such LPs were recorded with premium engineerings, they become merely test LPs for audiophiles, if the musical contents are not good enough.


[GXU-1 Side-A]    [GXU-1 Side-B]

その点、この LP は申し分なく内容が優れているどころか、(未だに現役で活躍され続けている) Jim Hall さんの過去の全リーダーアルバムの中でもトップクラスにランクされてしかるべき盤だと思います。全曲、このアルバムのための書き下ろしで、楽曲的にも非常に魅力的な響きをもつものばかり。それらの曲が、ライブ活動を通じて更に培われたであろう、三者の見事な連携、というより、ドン・トンプソン(Don Thompson) さんとテリー・クラーク (Terry Clarke) さんの見事なバックアップの元、隅々まで聴きどころ満載の演奏を繰り広げています。これだけ充実した素晴らしい内容だからこそ、ダイレクトカッティングという技術が生きるというもの。Jim Hall さんの美しいアドリブラインと音色が、このアルバムでは筆舌に尽くしがたい美しさで再生されます。

But this LP, not only contains their great performances but also is one of the highest-ranked LPs among Jim Hall’s all leader albums (of course Mr. Jim Hall is still very active now), I think. All tracks (composed specially for this album) have very impressive harmonies and melodies. Such interesting tracks were played by the trio with much chemistry – probably they played live so many times when touring Japan, then their combination went so close and magical. Such technical improvement as direct-cutting must be just for such great talented album. Actually, we can fully enjoy Jim Hall’s beautiful improvisations and guitar tones with real high-fidelity playback of indescribable beauty.


A-1 Something for Now
A-2 Echo
A-3 Without Words
B-1 Two Special People
B-2 Kyoto Bells
Jim Hall (g), Don Thompson (b, p), Terry Clarke (ds).
Recorded at King Records Studio 2, Tokyo, Japan on November 1, 1976.
Producer: Motohiko Takawa.
Creative Director: John Snyder.
Assistant to Producer: Jiro Kohno.
Recording Engineer: Yoshiharu Fukushima.
Assistant Engineer: Hisao Nishida, Kiichi Karasawa.
Cutting Engineer: Shizuo Tanaka, Yoshimoto Tanaka, Akihiro Isomura.



ところで、このアルバムは、ダイレクトカッティングという性質上、1977年に日本のみで限定数 (帯によると 3万枚) しかリリースされませんでした。しかし、幸いなことにこのセッションはアナログマスターテープにも録音されており、そのマスターテープを使って 1980年の来日記念盤として再発されました (またしても日本のみのリリースでしたが)。

By the way, this LP was released in 1977, available only in Japan and limited to 30,000 copies only (according to the OBI description) due to the nature of direct-cutting. Fortunately, this session was also recorded on analogue master tapes – in 1980 (when Jim Hall visited again to Japan on tour) “Jazz Impressions of Japan” was reissued using the master tape. Again, the reissue was only available in Japan.


[GP-3216 Front Cover]    [GP-3216 Back Cover]
Jazz Impressions of Japan (無言歌) / Jim Hall
(Paddlewheel / King Japan GP-3216)

定価は 3,300円から 2,500円に下がり、ジャケットデザインも変更されましたが、最も重要な変更は、ダイレクトカッティング盤には収録されなかった 3曲が追加収録 されている点です。しかも、その中の 1曲が、あの Jim Hall さんのペンになる名曲「Careful (ケアフル)」なのです。全8曲になり、曲の収録順も変更されましたが、アルバムの統一感は微塵もゆるぎません。これは、全ての曲が同一セッションで録音されたからでしょう。

The retail price was changed from 3,300 YEN to 2,500 YEN, and the jacket cover artwork was also changed. The most important difference is the contents – GP-3216 has three extra tracks which was not available on GXU-1. Furthermore, one of the three tracks is the Jim Hall’s masterpiece composition “Careful”! The reissue version has 8 tracks in total, with different song order, but the totality of the entire album is still there – probably because all eight tracks were recorded in a session on the same day.


[GP-3216 Side-A]    [GP-3216 Side-B]

A-1 Light
A-2 Careful
A-3 Kyoto Bells
B-1 Without Words
B-2 Echo
B-3 Young One
B-4 Two Special People
B-5 Something For Now
same personnel, recorded date and place as GXU-1.

最高の音質なら GXU-1、楽曲数と「Careful」なら GP-3216。結局ファンは両方とも所有したくなってしまうのでした…

GXU-1 for the premium high fidelity, GP-3216 for three extra tracks including the killer composition “Careful”. After all, we fans must collect both versions of “Jazz Impressions of Japan”…



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Jim Hall Live! Vol. 2-4 (ArtistShare) (2012/10/24)
    (2012年10月29日、2012年11月27日、2013年11月10日追記あり) 1975年6月11〜13日にトロントのバーボンストリートで行われた ジム・ホール (Jim Hall) トリオのライ …
  • Guitar Genius In Japan / Kenny Burrell, Attila Zoller, Jim Hall (2005/05/23)
    誰にでも、自分にとって特別な意味を持つアルバムというのがあるでしょう。例えば、個人的な想い出とリンクしているアルバムだったり、音楽にのめり込むきっかけを与えてくれたアルバムだったり。そんな中に「自分 …
  • Jim’nastics – The Jazz Jousters strumming with Jim Hall (2014/01/11)
    It’s been already one month since we lost one of the greatest Jazz guitar legends. The sad admosphe …
  • R.I.P., Mr. Jim Hall, The Greatest Jazz Guitar Stylist In History (2013/12/11)
    来年1月の来日を楽しみにされていた方は私だけではないはず。こんなにも早く、お別れになってしまうなんて。 最近は少し体調を崩されていたとのことですが、自宅ベッドで眠るように亡くなられたとのこと。。。 …
  • Shiny Stockings / Barney Kessel (2005/01/08)
    ホント、日本人って「右に倣え」が好きですね… この前ここで Jim Hall の日本録音ダイレクトカッティング盤 (1976年録音) を紹介しましたが、今度は 1977年の日本録音、同じくダイレ …
  • Lonely Town / Tommy Flanagan (2006/01/14)
    欧米と日本での評価 (というか温度差) が全く異なるミュージシャンというのは、どんな音楽ジャンルでもいるものですね。例えばここで紹介する トミー・フラナガン / Tommy Flanagan (19 …

2 thoughts on “Jazz Impressions of Japan (無言歌) / Jim Hall

  1. Pingback: R.I.P., Mr. Jim Hall, The Greatest Jazz Guitar Stylist In History | microgroove.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *