Your choice? LP with cover, or 78rpms without cover?

In some way, and for some people with huge love for records, it should be an ultimate choice –
which do you prefer, an LP with a cover, or 78rpms without a cover, if both have the same contents and if both were released in (roughly) similar period?

ある人種 (笑) にとっては、究極の選択かも知れません。
同一内容、ほぼ同時期のリリースのアルバムだとして、 ジャケット付の LP をとるか、 ジャケなしの SP をとるか。

 

The pros and cons of LPs and 78rpms are many – of course depending on the people’s favours. Here is a typical list (which I think) of good/bad aspects of LPs (with cover) and 78rpms (without cover) respectively.

LP と SP、それぞれの良いところは、人それぞれに多くの理由付けがあるわけですが、典型的と思われるそれら理由付けを書き出してみましょう。

 

good sides of LP with cover

  • comes with fancy jacket artwork which itself is really attractive 🙂
  • no annoying process needed, like flipping sides / changing discs for every track
  • sound quality is (in most cases) better than late reissues
  • making better use of the “album” format in the sense of totality
  • no need to buy and install another stylus for 78rpm playback in this 21st century 🙂

ジャケつき LP の良いところ

  • ジャケットがついてくる。ジャケ自体だけで充分に魅力的 (笑)
  • 1曲が終わるたびに裏返したり、ディスクを載せ替えたりする必要がない
  • のちのリイシュー盤に比べれば、音質的に有利であることが多い
  • 「アルバム」というトータル性をより表現しやすい
  • 21世紀というご時世に、わざわざ SP 用の針を別途用意する必要がない (笑)
 

good sides of 78rpms with no cover

  • (in most cases) sounding far more crisp and powerful than microgroove discs
  • and because of that, can fully enjoy the greatness of music with good-sounding 78rpm, unlike we can’t with badly transfered LPs
  • three to five minutes (for each side) being the best length (for some people) while listening with much concentration
  • (in most cases) can be obtained cheaper (at the moment) than LP equivalents 🙂

ジャケなし SP の良いところ

  • (多くの場合) LP より更に鮮烈で力強い音を楽しめる
  • そのおかげで、LP で聴いていた時にはサエない演奏だと思っていたものが、SP だとより素晴らしく聴こえる場合もある
  • 1面 3分〜5分という長さが (人によっては) 集中して楽曲を味わうために適当な長さである
  • (多くの場合) 同内容の LP に比べると (今のところ) 安価に入手可能である (笑)
 

Basically, such comparison is very delicate and applicable only for releases in the very short period of time, say, the very last years of 78rpms (from just after the World War II to the middle 1950s). And in the Jazz field, LPs / 78rpms of Be-Bop and early Modern Jazz would be the talk of us – when we listen to Pre-War Jazz, we tends to compare 78rpms and recent CD reissues.

ただ、こういう比較が成立し得る録音というのは、SP 末期 (戦後〜1950年代中盤) というごくごく限られた時期のリリースだけであるのも事実ですし、またこういう比較をしたくなる音源というのも、ジャズの場合はビバップから初期のモダンだけかもしれません。いわゆる戦前ジャズの場合は、当時の SP か、最近の CD か、という比較になるでしょうし。

 

Furthermore, there are several other formats available from 1949 to the middle 1950s – 78rpm album with thick binder and cover, equivalent 45rpm album with thick binder and cover, and EP album with cover. In the Classical music field, there was even more alternative – reel-to-reel tape releases. I know some people believe that these reel tapes surpasses any LP releases.

また、1949年頃から1950年代中盤にかけては、他にもいろんなフォーマットがありました。バインダー形式の SP アルバム、同じくバインダー形式の 45回転アルバム、ジャケ付の EP アルバム などなど。この時期 (からもう少しあとにかけては)、クラシック音楽のジャンルでは オープンリールテープ という強力な同等リリースもあり、未だに LP よりこちらをよしとする方々もいらっしゃることでしょう。

 


 
[Mercury MG C-512 Front Cover]      [Mercury MG C-512 Back Cover]

Bird & Diz / Charlie Parker – Dizzy Gillespie
(Mercury [US] MG C-512)
この LP の CD 版を Amazon.co.jp で買う | Buy equivalent CD version at Amazon.com

[Mercury MG C-512 Side-A]      [Mercury MG C-512 Side-B]
 

The fabulous 10-inch LP (cover drawing by David Stone Martin) by Charlie Parker and Dizzy Gillespie – according to the JATP catalogue booklets in the 1950s (I will mention this booklets later on this website), it costed 3.85 USD when it was released.

David Stone Martin 作の有名なジャケットが奢られた、この Charlie Parker (チャーリー・パーカー) と Dizzy Gillespie (ディジー・ガレスピー) の10インチLPは、当時のパンフレット (この JATP パンフレット自体は、次回または次々回に紹介します) を参照すると、新品価格が 3.85 USD だったそうです。

 

Both sides contains four tracks each: A-1 to A-3, and B-1 to B-3 are performed by the quintet – Dizzy Gillespie – Charlie Parker – Thelonious Monk – Curly Russell – Buddy Rich, recorded on June 6, 1950. Other two tracks (A-4 and B-4) are from another recording session (including Kenny Dorham – Charlie Parker – Al Haig – Tommy Potter – Max Roach) on February – May, 1949.

両面 4曲づつの収録で、A-1〜A-3、B-1〜B-3 の6曲はお馴染み Dizzy Gillespie – Charlie Parker – Thelonious Monk – Curly Russel – Buddy Rich のメンツによる 1950年 6月 6日の録音、そして A-4、B-4 は別セッション (Kenny Dorham – Charlie Parker – Al Haig – Tommy Potter – Max Roach などによる 1949年 2月〜5月の録音) からの 2曲が収録されています。

 

The musical contents are what you already know – personally, this recording is so precious that we can listen to Thelonious Monk playing in the year 1950 which is so scarce.

内容は皆さんご存知の通りです。個人的には 1950年の Thelonious Monk (セロニアス・モンク) の演奏が聴ける数少ない録音ということが貴重です。

 
[Nippon Polydor 20MJ-0026 Front Cover]

The Genius Of Charlie Parker #4 – Bird And Diz
(Nippon Polydor [J] 20MJ-0026)
 

It was in 1990 when I firstly bought these recordings in LP format – it was Japanese 12-inch LP (Nippon Polydor 20MJ-0026, a straight reissue of Verve MGV-8006). Later in October 2004, I could obtain original 10-inch LP version for the first time, although the disc had many scratches and occured several skips. Soon after that in January 2005, I found and bought another copy which was in great condition at cheaper price (wow!) Later, I gave that skippy copy (for free) to Refugee-san who was very good at fixing skips and infinite loops. Of course, Refugee-san later did a great job on fixing that copy 🙂

私は日本ポリドールからリリースされていた日本盤 LP (20MJ-0026、Verve MGV-8006 の再発盤) を 1990年に購入したのに始まり、 その後 2004年10月に A-4 針飛び & 無限ループの本 10インチ LPを安価で入手しました。さらにその後 2005年 1月により状態の良い盤を買い直しました (購入価格はこっちの方が安かったのが意外?)。最初に入手した方の盤は、針飛び直し職人 (笑) Refugee さんに謹呈 いたしました。もちろん、Refugee さんは針飛びをしっかり直されていました (笑)

 


 
[Mercury 11022 Side-A]      [11022 Side-B]

Visa c/w Passport / Charlie Parker and his Orchestra
(Mercury [US] 11022)
 
[Mercury 11058 Side-A]      [11058 Side-B]

Bloomdido c/w Melancholy Baby / Charlie Parker and his Orchestra
(Mercury [US] 11058)
 
[Mercury 11076 Side-A]      [11076 Side-B]

Leap Flog c/w Relaxing With Lee / Charlie Parker and his Orchestra
(Mercury [US] 11076)
 
[Mercury 11082 Side-A]      [11082 Side-B]

An Oscar For Treadwell c/w Mohawk / Charlie Parker and his Orchestra
(Mercury [US] 11082)
 

And here are equivalent 78rpms – I started enjoying 78rpms in 2005, and little by little I collected these four in two years. One disc was heavily cracked during the airmail transit (and I had to find another copy from another seller); I won another disc from a certain seller but he did not respond at all (and I gave up then find another copy from another seller) – for me, recent two years were such time to complete these four 78rpms. The price I paid for these four 78rpms was nearly equal to that for the above 10-inch LP version (so I could get the 10-inch LP version at very cheaper price than it should be?). By the way, according to the JATP booklet again, each 78rpm (as well as equivalent 45rpm) costed 1.16 USD in the early 1950s – it’s interesting to know that four 78rpms costed a bit more expensive than one equivalent 10-inch LP release.

で、2005年頃から始めた SP ですが、今年に入ってやっとこさ 4枚が揃いました。1枚は郵送中に割れてしまい、また別のセラーから買い直し、別の 1枚は落札したのに連絡が全然つかずあきらめて別のセラーの出品を根気良く待ち . . . といったことを繰り返したあげくの 2年越しでした。値段的にも、4枚あわせて上の 10インチ LP とどっこいどっこいといったところです (それだけ 10インチ LP を激安で入手できたってこと?)。ちなみに、再び当時のパンフレットによりますと、新品時の価格は 78回転、45回転ともに 1.16 USD だったそうです。SP 4枚より 10インチ LP 1枚の方が安かったんですね。

 

In my humble opinion, 78rpm versions has more powerful sounds than equivalent 10-inch LP version in every respect. Once you give it a listen with these 78rpms, you will not want to listen to 10-inch LP version anymore, I guess. But unfortunately (?) there is one important reason I have to keep this 10-inch version – A-4 “Passport” is alternate take compared with the 78rpm version. And what’s worse, I like the 10-inch LP version of “Passport” much better than the 78rpm version! (this scarce take can be heard only on 10-inch LP, 45rpm single release, as well as later LP/CD box sets) It sounds like a completely different tune – tempo is different, arrangement is different, improvisations are totally different. In this case, I think I need to keep both versions (four 78rpms and one 10-inch LP) . . .

個人的な印象では、音の力強さや訴求力は、SP の方が圧倒的に勝っていると感じます。SP でいちど聴いてしまうと、10インチ LP の方は聴かなくなってしまいそう。ただし、このアルバムに関しては、どうしても 10インチ LP が手放せない理由があります。というのも、「Passport」が LP と SP では 別テイク なんです。しかも、アレンジやテンポやアドリブもまるっきり違って、もはや別の楽曲といっていいほどの別バージョン。更に、個人的には LP バージョンの方が圧倒的に好みときてます (このテイクは、後年の LP ボックスや CD ボックスなどを除くと、10インチ LP 及び 45回転シングルでしか聴けなかったと思います)。こういう場合は両方とも手元に残しておくしかないんですよね . . .

 


 

See the detailed discographic information on below web pages (at Jazz Discography Project) :

ディスコグラフィー的に詳しい情報は、以下のリンクをご参照下さい:

   

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • The Jazz Scene (2005/10/22)
    苦節うん年。夢にまで見たアルバムをやっと入手しました。 Finally, I have acquired the famous 78rpm album which I’d been dreaming …
  • Groovin’ High / Dizzy Gillespie, Charlie Parker (2007/09/29)
    ( . . . きちんと音楽を聴ける時間がやっととれた . . . ) This afternoon mother-in-law went long way back to Kobe. She st …
  • My Best 5 Acquisitions in 2005 (2006/01/06)
    あっという間に2005年は過ぎ、2006年を迎えました。今年も宜しくお願いします。 The year 2005 passed so fast, and here comes the next yea …
  • Miles Davis’ “Birth of the Cool” 78rpm releases (2005/07/19)
    のちに Birth of the Cool(「クールの誕生」)というタイトルで 10インチ/12インチ LP 化された、問答無用で歴史的名盤とされている マイルス・デイビス (Miles Davis …
  • Max Roach a la carte (2007/08/19)
    Last night I picked up two LP albums by Max Roach and put ’em on my turntable to pray R.I.P. 昨晩はマック …
  • Universal “Jazz The Best” LP Collection is out (2004/12/22)
    久々に期待していた 今回の日本盤 LP リイシュー。全20タイトル中本日10タイトルが発売されました。さてさて、肝心の「おと」の方はどうでしょう? さすがに全タイトルは買えないので、とりあえず Em …

10 thoughts on “Your choice? LP with cover, or 78rpms without cover?

  1. >ジャケット付の LP をとるか、 ジャケなしの SP をとるか
    50年代の初めにSouthland がジャケット付のSP を発売していました。封筒タイプのカラー・ジャケでしたよ。

  2. 瀬谷さん、情報ありがとうございます。
    ジャケ付の SP なんてあったんですね。知りませんでした。
    盤はやっぱりヴィニライト製だったんでしょうか。

  3. >ジャケット付の LP をとるか、 ジャケなしの SP をとるか
    もちろん、どっちも欲っすいぃぃ!
    今回のパーカーは私はあと2枚です。そろったら10インチ盤デヴィッド・ストーン・マーチンのジャケデザイン流用してバインダー式SPアルバム作ろっと。。。はやくレコードちゃんと聴きたい。。。

  4. > そろったら10インチ盤デヴィッド・ストーン・マーチンのジャケデザイン流用して
    > バインダー式SPアルバム作ろっと。。。
    また cafe-moondance.com のいいネタになりますね (笑)
    楽しみにしています。
    ところでこのアルバム、結局 SP アルバムでも 45回転アルバムでもリリースされなかったように思います。
    何種類かあるカタログを追っていくとその様に読めます。
    実際にリリースされていたのかどうかは確認できてませんが…
    ま、この辺のお話はまた今度改めて…

  5. > はやくレコードちゃんと聴きたい。。。
    む、またなにやらネタ (というかトラブル) の匂いが?!

  6. >盤はやっぱりヴィニライト製だったんでしょうか。
    今、手元にないのでハッキリ言えませんが、堅く、ノイズの出ない盤と思います。よくいうヴィニライトとは違うような感じです。

  7. >む、またなにやらネタ (というかトラブル) の匂いが?!
    わけあってマッキンC20の修理が遅れているのですw
    予備のフォノ・アンプだと貧弱な音しか出ないので、、、しくしく
    いいネタにはなっています。。。
    因みにコロンビアの初期12インチLPってどうもシャラックはいってるような質感なんですけど・・・違うかな?

  8. > 因みにコロンビアの初期12インチLPってどうも
    > シャラックはいってるような質感なんですけど・・・
    > 違うかな?
    確かに最初期の LP 盤って、なんか質感違いますよね。もっと固くて、もっと重くて。
    重みはアセテート盤っぽいというか。質感はシェラック盤に近いというか。
    ペナペナのヴィニール製になる直前の SP (Merco Plastic とか書かれてるものもありますね) と材質的に一緒なのかな、とか思ったこともありますが、実際のところどうなのかはよく知りません . . .

  9. >Merco Plastic とか書かれてるものもありますね
    MGM のSP にはMETROLITE Non-Breakable と書かれているものもありますね。
    他にも割れないことを売り物にしたネーミングがあったと思います。
    初期のLP はSP のように割れるものもありましたね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *