がーん…

こんなんじゃ聴けやしませんよ . . . .

[Joe Davis 8251 broken into pieces]

代金、および送料は返ってきたからいいようなものの、貴重な Joe Davis 8251 がまた一枚この世から消えてしまった . . . .

久々にひどい梱包の出品者にあたってしまいました。ガックシ。

次に巡り会って、無事無傷で入手できるのはいつになることやら。トホホ。

すでに入手済みの Joe Davis 8250 の方は こちら をどうぞ。

Side-A: On The “Bean”
Side-B: Reflections

Coleman Hawkins (ts), Thelonious Monk (p), Edward “Basie” Robinson (b), Denzil Decosta Best (ds).
Recorded in NYC on October 19, 1944.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Drifting On A Reed / Coleman Hawkins (2006/08/19)
    今回は何も書きますまい。Thelonious Monk の初録音 (1941年の Minton’s Playhouse ライブ録音を除く) となる 2枚の SP 盤のうち 1枚。やっと手に入れました。 Here is what I’d been looking for for a long time – Thelonious Monk’s recording debut (except live session at the Minton’s Playhouse in 1941). Four tracks…
  • Hawkins’ Barrel-House / Coleman Hawkins (2006/08/08)
    昨日、自宅にて某雑誌の取材を受けました。若いビジネスマン向け?の一般?雑誌で、音楽雑誌でもなく (そらそうだ) オーディオ雑誌でもなく (そらそうだ)。果たしてどんな切り口や視点 (あるいはバイアス) からの取材なのか、当初は一抹の不安もあったのですが、記事担当者が以前からの知合いの方だったこともあり、終わってみればとても楽しい二時間でした。そのあと編集者さん、カメラマンの方と 4人でいきつけの吉祥寺のお店になだれこんで宴会モード、特にカメラマンの方と音楽の話などで盛り上がり (というか酔いの回った私が一人でレコード話をぐだぐだと力説? . . . すんません)、気がつけば夜は更けておりました。 やや二日酔い気味の今日、そういえば昨日は SP かけなかったなぁと思い、最近届いたこの1枚を。珍しくカンパニースリーブも付属していました。ふむふむ、当時この 10インチ盤は 1ドルで売られていたんですね。 昨晩の宴会では、別にレコードジャンキーでもコレクターでもない皆さんに、へべれけになりながら SP がどんなにステキなメディアであるかを力説していたという . . . ああ思い出しただけでも恥ずかしい。 Hawkins’ Barrel-House c/w Voodte / Coleman Hawkins (Signature [US] 28101)…
  • Trinkle Tinkle / Thelonious Monk (2007/09/10)
     My little baby, I know you still don’t even understand what the hell the music is on this 78rpm right here by your side, but maybe someday you will surely come to know “the genius of modern music” . . . .
  • THE SUPREME SOUND OF 78 RPM RECORDS (2011/09/29)
    On August 18, I drove east to Tsukuba City in Ibaraki, to visit my mentor/guru/master of Jazz 78rpm records, Tohru Seya-san – he’s been probably one of the greatest, generous and openhearted collector – also he’s been one of the most dilligent researcher of pre-bop Jazz. もうひと月以上前になりますが、ジャズSPレコードの大先輩というか師匠というか尊師というか、つくばにあるその方のお宅に伺いました。数千枚以上もある膨大なSPコレクターにして戦前ジャズの熱心な研究で知られる 瀬谷徹 さんです。   We had a
  • Your choice? LP with cover, or 78rpms without cover? (2007/07/02)
    ある人種 (笑) にとっては、究極の選択かも知れません。 同一内容、同時期リリースのアルバムだとして、 ジャケット付の LP をとるか、 ジャケなしの SP をとるか。
  • You Brought A New Kind Of Love To Me / George Wettling (2006/07/02)
    There are so many masterpiece performances of Mainstream Swing Jazz left on legendary Keynote label. Some might love Lester Young Quartet’s 1943 session too much; other recommendations might include Dinah Washington’s debut recording with Lionel Hampton Sextet in 1943,…

7 thoughts on “がーん…

  1. むかーし、割れた SP 盤をくっつけて再生する、
    という瞬間強力接着剤の CM があったのを思い出しました . . . .
    しかし今回のはさすがに無理そうな。

  2. レーザーターンテーブルの初期型を試聴しましたが音質は???
    他の機器とのセッティングもあったのでしょうがね、、、
    今は改良型になってるのですな。
    水戸で試聴会か、、、又、行ってみようかな、、、
    あっ割れたストレンジ・フルーツ持っててみようかしら。。。

  3. ひぃ~さん紹介のレーザーターンテーブル、昔はバカ高く、音もイマイチでしたが、その後はどうなんでしょう?
    ところで、ELP declicker(リアルタイム・ノイズリダクション)という製品が出ていますね。これだ!と思ったら最後にEP、LP オンリーだって。後期のSPなんかはEP、LP と同じだと思うけど・・・。

  4. > 昔はバカ高く、音もイマイチでしたが、その後はどうなんでしょう?
    値段はほぼそのままみたいですね。音は果たして??
    SP 再生を省いた廉価版みたいなのはラインアップされてるみたいですが、それでも高いのが . . . .

  5. 音溝をピックアップする機構などを製品化した事は凄いと思いますが、DA等音質に関わる部分は他のオーディオメーカーと提携するなりしたほうがいいようなきもしますね。
    埼玉本社でも試聴できるようなので、われたレコード持って行ってみます!

  6. > われたレコード持って行ってみます!
    私もぜひ!
    . . . . といいたいところですが、現在クラッチケーブルが切れていて、部品取り寄せ中のため、車で遠出できません。しくしく。

Leave a Reply

Your email address will not be published.