Hawkins’ Barrel-House / Coleman Hawkins

昨日、自宅にて某雑誌の取材を受けました。若いビジネスマン向け?の一般?雑誌で、音楽雑誌でもなく (そらそうだ) オーディオ雑誌でもなく (そらそうだ)。果たしてどんな切り口や視点 (あるいはバイアス) からの取材なのか、当初は一抹の不安もあったのですが、記事担当者が以前からの知合いの方だったこともあり、終わってみればとても楽しい二時間でした。そのあと編集者さん、カメラマンの方と 4人でいきつけの吉祥寺のお店になだれこんで宴会モード、特にカメラマンの方と音楽の話などで盛り上がり (というか酔いの回った私が一人でレコード話をぐだぐだと力説? . . . すんません)、気がつけば夜は更けておりました。

やや二日酔い気味の今日、そういえば昨日は SP かけなかったなぁと思い、最近届いたこの1枚を。珍しくカンパニースリーブも付属していました。ふむふむ、当時この 10インチ盤は 1ドルで売られていたんですね。

昨晩の宴会では、別にレコードジャンキーでもコレクターでもない皆さんに、へべれけになりながら SP がどんなにステキなメディアであるかを力説していたという . . . ああ思い出しただけでも恥ずかしい。


[Signature 28101 with sleeve]

Hawkins’ Barrel-House c/w Voodte / Coleman Hawkins
(Signature [US] 28101)

1943年 New York 録音の本盤でドラムスを叩いているのが Shelly Manne というのはやや意外 (?) な気もしますが、実は Shelly Manne は 1950年代前半までは東海岸で活動していたんですね。最初は御多分に洩れず52番街で腕を研き、Woody HermanStan Kenton のビッグバンドで活躍したのち、西海岸に渡って一世を風靡することになるわけで。


[Signature 28101 Side-A]      [Signature 28101 Side-B]

両面共に、まもなくジャズシーンの最前線を一変させることになるビバップの香りすら感じられる、円熟のプレモダン期の演奏。ざっくざっくと進むスウィングっぷりは極上ものです。やはり Hawk は無理してモダンの腕利きたちに混じって演奏するよりは、本領であるスウィングをやってる方がしっくりきますね。ブギウギ調の A面では御大 Hawk のソロは後半部分のみで意外と短い代わりに、Andy Fitzgerald のクラリネットと Bill Coleman のトランペットが活躍。それにこの演奏に新鮮味を与えているのはまちがいなく Oscar Pettiford の重量感あふれるベースです。アンサンブルからスタートする B面は快調なテンポで進む王道スウィンガー、Hawk の独壇場ともいえる会心の出来です。




Bill Coleman (tp), Andy Fitzgerald (cl), Coleman Hawkins (ts),
Ellis Larkins (p), Al Casey (g), Oscar Pettiford (b), Shelly Manne (ds).
Recorded in New York City on December 8, 1943.



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Drifting On A Reed / Coleman Hawkins (2006/08/19)
    今回は何も書きますまい。Thelonious Monk の初録音 (1941年の Minton’s Playhouse ライブ録音を除く) となる 2枚の SP 盤のうち 1枚。やっと手に入れました。 Here is what I’d been looking for for a long time – Thelonious Monk’s recording debut (except live session at the Minton’s Playhouse in 1941). Four tracks…
  • THE SUPREME SOUND OF 78 RPM RECORDS (2011/09/29)
    On August 18, I drove east to Tsukuba City in Ibaraki, to visit my mentor/guru/master of Jazz 78rpm records, Tohru Seya-san – he’s been probably one of the greatest, generous and openhearted collector – also he’s been one of the most dilligent researcher of pre-bop Jazz. もうひと月以上前になりますが、ジャズSPレコードの大先輩というか師匠というか尊師というか、つくばにあるその方のお宅に伺いました。数千枚以上もある膨大なSPコレクターにして戦前ジャズの熱心な研究で知られる 瀬谷徹 さんです。   We had a
  • がーん… (2007/07/24)
    こんなんじゃ聴けやしませんよ . . . ….
  • Subconscious-Lee c/w Judy / Lennie Tristano Quintet (2011/11/28)
    I have posted two articles about the history of New Jazz / Prestige 78 rpm releases in the past. New Jazz / Prestige レーベルの SP 盤の変遷に関するエントリを、 本サイトに過去2回掲載したことがあります。   Old Record Catalogue, Pt.4 (in Japanese only) (初期SPレーベルの変遷について) Fine And Dandy / Sonny Stitt (Prestige 9000番台について)   In those articles I mentioned this 78 rpm – New Jazz
  • 78rpm Record Concert at Minton House, Nishi-Ogikubo (2007/08/23)
    2007年8月23日、西荻窪のミントンハウスにて、ポータブル蓄音機で聴く Blue Note 12インチ SP盤、Commodore 12インチ SP盤、というイベントがあったので、参加してきました。
  • Visiting Seya-san’s House (2006/09/24)
    相変わらず忙しさは続いていますが、息抜きを兼ねて昨日つくばの 瀬谷さん のお宅に遊びに行ってきました。美味しい料理とお酒を交わしつつ、 SP の奏でる素敵な音色に包まれて瀬谷さんと岡村さんと過ごす至高の7時間でした。 I’ve still been very busy these days, but I also need a refresh – yesterday I visited Seya-san, an awesome Jazz 78rpm collector, living in Tsukuba, Ibaraki. The living room was filled with warm…

2 thoughts on “Hawkins’ Barrel-House / Coleman Hawkins

  1. 昨日はお疲れ様です。久しぶりにほんとのレコードの音を聴いた感じがいたしました。宴会も楽しかった。ホルモン最高。あのあとまた3人で呑み足して、へべれけ状態でタクシーで帰還。きょうは半日使い物になりませんでした。奥方にもよろしくお伝えください。

  2. あれからまたハシゴされたんですか?! . . . びっくり。
    確か朝10時から仕事があるとか仰ってませんでしたっけ?
    私も久しぶりに楽しいひとときを過ごしました。本当にありがとうございます。
    中野さん三島さんにも宜しくお伝え下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.