Blue Note Records: A Guide to Identifying Original Pressings

こういう類のリサーチ本が、日本ではなくてアメリカから出てくるのは興味深いです。こういう細かいことに拘る方は、日本人コレクターの方が圧倒的に多い印象がありますから。。。

きっと、我こそは我こそは、と、この本の記載の間違い探しを始めるコレクターさんが出てくるんでしょうね。

私はやりませんよ、ええ(笑)

というか最近、中古レコード屋さん、殆ど行ってないなぁ。。。遠い目。


[Blue Note Records]

Blue Note Records: A Guide To Identifying Original Pressings
by Frederick Cohen
Hardback, Illustrated, 112 pgs
Jazz Record Center, Publ.

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Call for help: check your copies of Blue Note BST-84340 (2007/07/23)
    Blue Note BST-84340 をお持ちの方に情報提供のお願いです。 If you have a copy of Blue Note BST-84340, your information is appreciated. Details are as shown below.      Accent On The Blues / “Big” John Patton (Blue Note BST-84340) この CD を Amazon.co.jp で買う…
  • The Complete Blue Note Recordings of Thelonious Monk (2004/08/13)
    The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker ( My Human Gets Me Blues) より: なんとこいつが(CD7枚組)、元々相場よりかなり安い値付けの上に30%引きで売られていた。人生愚直に真面目にコツコツと生きている人間には神さまがそれなりに報いて下さるということであろう。ありがたく購入させていただいた。 日本では Mosaic を含めたコンプリートアンソロジーものって,あんまり人気ないんですかね. 特に Mosaic,欧米では初期の LP リリース (のシリアル番号が若い奴) とかは,相当な高値を呼んでいるのですが,日本の中古市場では海外のコレクターが羨む程の安値で流通しているのがなんとも.私もかつて,吉祥寺の某店舗 (ってあそこしかないわな) で MR4-101 (Thelonious Monk) と MQ5-172 (Thad Jones) を「ほんまにこんな値段でええんか?!?!」という程の安値で入手しました.      The Complete Blue…
  • 78rpm Record Concert at Minton House, Nishi-Ogikubo (2007/08/23)
    2007年8月23日、西荻窪のミントンハウスにて、ポータブル蓄音機で聴く Blue Note 12インチ SP盤、Commodore 12インチ SP盤、というイベントがあったので、参加してきました。
  • Lonely Town / Tommy Flanagan (2006/01/14)
    欧米と日本での評価 (というか温度差) が全く異なるミュージシャンというのは、どんな音楽ジャンルでもいるものですね。例えばここで紹介する Tommy Flanagan (1930-2001) も、欧米では名サポート役としては評価されているものの、日本での根強いファンの多さに比べると、受け止められ方が随分違うものだなと改めて感じます。 In any musical genres, there are such musicians that “tempreture” of popularity is different among Japan, Europe and North America. Tommy Flanagan (1930-2001, a Jazz pianist), for example, was famous as a…
  • Un Poco Loco / Bud Powell (2006/07/28)
    やっとこさアンプが帰ってきました。結局直流点火回路のダイオードの不良ということだった様です。ダイオードとコンデンサを少しキャパの大きいものに交換して下さいました。また、300B のバイアス調整もし直してくれていました (つかせめてこれくらい自分でやれよ > 俺)。部品代はサービスして下さったので (感謝感謝) 工賃のみ支払い、車に積んで越谷からひとっ走り、えっちらおっちらと部屋に運び込み、早速接続を終えたところで、アンプ復帰後最初の一枚。 やはり この前 レーベルを載せた、あの盤です。      Un Poco Loco c/w It Could Hapen To You / Bud Powell (Blue Note [US] 1577) 12インチ LP では 3テイクが冒頭に収録されているせいもあってか、リスナーとして征服すべき、こ難しい曲と思われることもあるようですが、このテーマ部のラテン風味なアレンジは理屈抜きでカッチョエーとしかいいようがないと思うねんけどなぁ。 盤質は最高とはいかないけど、SP 独特のサーフェスノイズと分離して、えげつない程圧倒的な 3人の演奏が襲いかかってきます。特に Roach のドラムスとカウベルの響きの鋭さといったら。サーフェスノイズに負けずに大音量で聴くのが正解。B面のソロは、全体の構成やタッチもさることながら、ペダルの妙技をじっくり味わうべきでしょう。 はぁ、ともあれ辛かった修行僧生活は終わり。えがったえがった。 Side-A: Un…
  • Old Record Catalogues, Pt.2 (2007/06/27)
    Part 1 (Bethlehem, Fantasy, Pacific Jazz) に続きましては、今度は少しばかり古めの奴をいってみましょう。1941年〜1955年のカタログ 4種類です。…

One thought on “Blue Note Records: A Guide to Identifying Original Pressings

  1. こんばんは。今夜待ちに待ったこの本が届きました。
    さすがはフレッド・コーエンさんとラリー・コーンさんのタッグだけあって、相当数の現物を見ているな、とまずは感心させられましたが、読み進めていく内に彼らの経験豊富さよりも、ブルー・ノートの各タイトルを定義しようという彼らの考え方、情熱にヤられます。
    私はリバティ時代も好きなので4252までしか対象となっていないのがとても残念ですが、こういう仕事を見ると何かを付け加えたいと言う気持ちになりますね。
    ちなみに、私も?アル・パールマンさんの運営する「ジャズ・コレクター」サイトで知りました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.