Maestro Michael Yee’s New DAC Is On Its Way (that finally became MYDAC II later)

Maestro Michael Yee from Mount Shasta, CA, who has been a fabulous designer, developer and engineer of highly-acclaimed audiophile phono preamps (such as Phonomena, Phonomena 2, Nova Phonomena and SuperNova / SuperNova 2) and handful of power amplifiers, has been working very earnestly to develop a new DAC (Digital-to-Analog Converter) with a very new technique and method. I (living in Tokyo, Japan) have been a huge fan of him and his products since I bought a second-hand unit of Musical Surroundings Phonomena + BPS back in 2004.

カリフォルニア州マウントシャスタ在住のエンジニア、マイケル・イー (Michael Yee) さんは、PhonomenaPhonomena 2Nova PhonomenaSuperNova / SuperNova 2 といったオーディオファイル向けフォノイコライザ(その他にもパワーアンプなど)の設計・開発を行った方で、その技術力と製品には絶大な信頼が寄せられています。私も、2004年初頭に Phonomena + BPS の中古を購入して以来、彼の生み出す製品(および彼自身)の大ファンとなりました。その彼が現在熱心に取り組んでいるのが DAC (D/A コンバーター) の開発で、従来にはない彼の開発した新しい技術が取り入れられているといいます。

 

This time, very friendly, diligent and honest person Michael-san kindly gave me the privilege to do a listening test of the prototype of his coming product that was intended to prove his new technique, and wow – although I am still new to the digital playback world (my primary music source still is “analog” – vinyl records), the sound nearly knocked me out – it’s very analogue!

とても親しみやすく、同時に勤勉で真面目なエンジニアであるマイケルさんが今回、開発中の DAC のプロトタイプを送って下さり、試聴させて頂けるという光栄にあずかりました。彼によると、このプロトタイプは彼の開発した新しい技術が間違っていないことを証明するために作ったということです。そして先日早速試聴させて頂くと。。。もうぶっ飛びました。PC オーディオやディジタルオーディオの世界はまだよく知らない(普段アナログばかり聴いている)私ですが、こんなにもアナログ的な音のするディジタル再生を聴いたのは初めてです。

 

Again, please note that I am NOT an avid ‘hardcore’ audiophile, who is still new to recent evolution in the digital audio field such as PC Audio and Hi-Reso playback. I still prefer spinning vinyls on my loving turntable. I haven’t had a chance to audition various DACs for comparison yet (although I sometimes had a chance to listen to the sound of several CD players and DACs at audio shops or at my acquaintances’ house) – so please keep in mind the review below is just my impression who often listens to music with the turntable.

繰り返しになりますが、私は超オーディオマニアではありません。PC オーディオやハイレゾ再生なども今までやったことがありません。未だにレコードで音楽を聴くのがメインですし、お店や知り合いのお宅などでいろんな CD プレーヤー、いろんな DAC の音を聴いたことがあっても、様々な DAC を比較試聴したこともおりません。ですので、以下の文章は、そういう人間が書いた個人的な印象であることを念頭においていただければ、と思います。

 


 

Here is the prototype – circuit board only – no chassis yet.

これがその基盤です。シャーシはまだありません。

 
[Michael Yee prototype DAC board]
(low resolution photo for the pre-production unit here)
 

From left to right: 12VDC power, USB input, S/PDIF Optical (aka TOS-link) input, S/PDIF Coax input, and two channel RCA output. S/PDIF inputs can handle digital input up to 24bit / 192kHz, while the USB input only accepts 16bit / 44.1kHz and below (he says the future versions will handle up to 192 USB input). No direct DSD support.

接続端子は左から順に、DC 12V 電源コネクタ、USB 入力、S/PDIF 光入力(TOSリンク)、S/PDIF 同軸入力、一番右が RCA 出力 2チャンネルとなります。S/PDIF 入力は 24bit / 192kHz までサポートしていますが、現時点では USB 入力は 16bit / 44.1kHz までとなります(将来のバージョンでは 192 対応にするとのことです)。

 

As this is a pre-production unit prior to the final product, I don’t mention here which DAI/DAC chips, op-amps and FPGA are used on the board. He describes the construction like this in his own words (quoted from the e-mail I got):

…I use very ordinary opamps, and DA chips, the only difference with this unit is my noise shaping technique. I have a DAC here that sounds much better than the one you have, it uses discrete opamps that I’ve designed, an interpolation filter that I like much better as well as multi-bit 24 bit DA chips. It is very special, but not good at showing what the noise shaping technique does…

最終的な製品を作る前の試作品・プロトタイプですので、このボードに使用されている DAI / DAC やオペアンプ、FPGA についてはここでは触れません。マイケルさんご本人による説明を引用しておきます。

…使っているのはごく普通のオペアンプ、ごく普通の DAC チップです。このユニットの最大の特徴は、私が開発したノイズシェーピング技術にあります。いま私の手元に、あなたに送ったボードよりもっと高音質の(よりハイエンド向けに作り込んだ) DAC がありますが、これには私の開発したディスクリートオペアンプと補完フィルタ、およびマルチビット DAC チップを搭載してあります。これは確かに特別な音がしますが、ノイズシェーピング技術そのものがもたらす音質向上ほどではありません。
 

This noise shaping technique is later named as MODR (or Musically Optimized Digital Reconstruction).

このノイズシェーピング技術はのちに、MODR(Musically Optimized Digital Reconstruction)と呼ばれることになります。




 

Initially I tested with a very casual configuration: MacBook Air (Mid 2011), OS X Lion 10.7.4, USB connection (up to 16/44), making sure the output is 44.1kHz & 16bit on Audio MIDI Setup application, iTunes 10.6.3 (no BitPerfect or Audirvana installed), library shared from my another Mac in my room via WiFi. Very casual and easy setup without no specific tuning, no?

まず最初に、超お手軽セットアップで試聴してみました。OS X Lion 10.7.4 が動作する MacBook Air (Mid 2011) と DAC を USB ケーブルで接続(つまり 16/44 までの対応です)、Audio MIDI 設定アプリで 44.1kHz、16ビット出力を設定・確認、再生は iTunes 10.6.3 を使用(BitPerfectAudirvana も使っていません)、音楽ライブラリは、仕事部屋にある別の Mac から無線で共有して使用するというものです。チューニングなどは全くやっていない、あまりにも手抜きでお手軽すぎるセットアップです。

 

The DAC output is connected to my tube amplifier (Triode VB-300BD) which drives a set of JBL 4312B MkII loudspeakers – as you may notice these components are not for avid hardcore audiophiles at all. The only exception is analog environment – my loving GyroDec and SuperNova II, which of course have nothing to do with digital playback this time. I had a TEAC VRDS-25X for CD playback but recently I sold off this CD player because I was not enthusiastic about CD playback (this was why I didn’t even replace the CD player for long years).

DAC 出力はプリメインアンプ(Triode VB-300BD)に接続され、JBL 4312B MkII スピーカーをドライブします。ご存知の通り、これらのコンポーネントも、超マニアックなものでは全くありません。アナログ再生は GyroDecSuperNova II ですが、今回のディジタル再生にはもちろん全く関係ありません。CD プレーヤーは TEAC VRDS-25X を持っていましたが、最近中古で売り払ってしまいました。CD 再生にあまり興味がなかったため、そんなに稼働することもなく、結局 CD プレーヤーを買い替えたりすることもなくずっとこれ一台を使っていたことになります。

 
My Listening Room as of Mar. 27, 2010

(my listening room as of Mar. 27, 2010, when I was interviewed by the Beat Sound magazine)
(los resolution copy of the Beat Sound No.15, pp.100 – photos by Hiroshi Tsuchiya)
(2010年3月27日現在のリスニングルーム。Beat Sound 誌の取材を受けたときのもの)
(Beat Sound 誌 No.15 100ページの低解像度コピー。写真は土屋宏氏撮影)
 


 

The first track I played was “Aloha Oe” from the album “American VI: Ain’t No Grave” (2010), the very last track on the late great Johnny Cash’s posthumous album. I have both CD edition and vinyl LP edition, and I love the sound of the LP edition (with GyroDec and SuperNova II) far better. A beautiful and moving album indeed. CD tracks were imported using Exact Audio Copy for perfect ripping, then converted into Apple Lossless (reversible compressed) format, imported to iTunes.

最初に再生した楽曲は、ジョニー・キャッシュ (Johnny Cash) の遺作となった2010年リリースのアルバム 「American IV: Ain’t No Grave American VI: Ain't No Grave - Johnny Cash」 の最後の曲、 「Aloha Oe Aloha Oe - American VI: Ain't No Grave」 です。CD と LP の両方を所有しており、先に買った LP で良く聴いていますし、音も(GyroDec と SuperNova II で聴く) LP の方が好みです。CD 音源は Exact Audio Copy を使ってリッピングして iTunes にインポートした可逆圧縮(Apple Lossless)です。

 
[American B0013954-01]

American IV: Ain’t No Grave / Johnny Cash
(American B0013954-01)

Amazon.co.jp で買う:CD / LP
Buy this at Amazon.com: CD / Vinyl
 
 


 

After a few minutes of audition, my conclusion instantly settled down – this is very analogue – sounding very smooth, sharp, rich and warm as if I was playing the vinyl edition. This ironically proves that I only had very poor CD playback, but at the same time for sure, I haven’t listened to the digital playback with such analogue feel like this anywhere in the past.

試聴開始から数分が経過し、私の印象が定まりました。これはアナログの音だ。LP で聴いている時の感触と全く変わらない、あのふくよかなのにシャープな音。それだけ、うちには今までまともな CD 再生環境がなかった、ということでもあるわけですが、それにしても、ディジタル再生で、こんなアナログっぽい音を聴いたのは、正直言って生まれて初めてでした。

 

Interestingly enough, my four-years-old daughter asked me: “Papa, why this sound without spinning turntable?” – she gets used to the analogue sound from GyroDec for many years and she really knows how the analogue records sound like. My wife nearly scolded her when my daughter was dancing and jumping along with the music, because my wife thought I was playing vinyl records (and nearly asked her to stop jumping, not to occur needle skips!) – she also felt it sounded like analogue.

興味深いことに、4歳の娘が音を聴いて私にこんなことを聞きました。「パパ、レコードがくるくるしてないのに、どうしてこのおとなの?」 娘は GyroDec で再生するアナログ盤の音を小さい時から聴いてきたので、アナログっぽい音というのは分かるようです。娘が音楽にあわせて(いつものように)踊ったりジャンプしたりしているのに気付いた妻も、針が飛ぶから気をつけて、と思わず言いそうになったとのこと。やはりアナログっぽく聞こえたようです。

 

Subsequently I listened to various tracks under the same casual configuration – old recordings to recent recordings, AAD recording to DDD recording, remastered or not, Jazz, Pops, Rock, Classical, Brazilian or whatever – but the impression was the same. Very analogue, period.

その後も、同じお手軽セットアップのまま、あれこれ試聴しました。古い録音から最近の録音まで、AAD 録音から DDD 録音まで、リマスター音源もそうでないものも、ジャズもポップスもロックもクラシックもブラジル音楽もその他あれこれなんでもかんでも。しかし印象は変わらず。やっぱりどこまでもアナログみたいな音。

 


 

The developer of this DAC Michael Yee-san describes the magic like this:

…What I found regarding digital: the distortion characteristics of digital: The largest signals have the lowest distortion, the smallest signals have the most distortion. The distortion characteristics of analog: Completely the opposite (noise excluded)…
…For signals with significant decay, almost all signals, they will start with very low distortion then get very distorted. A perfect example is a cymbal hit. In digital, this sounds like just a splash. With my new D/A, you can hear the wavefront start in the center and travel to the outsides, then back and forth. It’s almost more analog than analog! The basic sound of the D/A is REALLY analog, smooth, no seams, really detailed…
…I developed a technique, similar to “noise shaping”, but it is “distortion shaping” where I take some of the resolution away from one frequency zone and give it to another…
…One of the things the “noise shaping” does is, it “reconstructs” the waveform. One of the things that I did was to make a bias toward reconstructing “music” and “natural sounds”, not reconstructing for mathematical perfection. Perhaps it’s better to say that I’ve developed mathematics that describes music and natural sound, it comes from the work that I do with my amplifiers…

この DAC の開発者であるマイケルさんは、この魔法のような効果について、こう説明します。

…私がディジタル再生に関して気付いたこと。それは歪み特性です。最大の音楽信号では歪みが最小となり、最小の音楽信号では歪みが最大となる、ということです。アナログ再生においては、この特性が全く逆となります(ノイズは除きます)。…
…急激に減衰するシグナルは、その音の始まりはほとんど歪みがなく、急激に歪んだ音へと変化していくことになります。そのぴったりの例としてシンバル音が挙げられます。ディジタル再生では、ほとんど一瞬の衝撃音として再生されます。今回私が作ろうとしている DAC では、音波が中心から外へ、前へ後ろへときちんと動いて聞こえます。アナログ再生よりアナログっぽく聞こえるのです。この DAC の音の基本は、ひたすらアナログであるということです。スムースで破綻がなく、情報量が多く聞こえます。…
…今回私が開発したテクニックは、いわゆる「ノイズシェーピング」に似たものですが、正確には「ディストーションシェーピング」と言えるものです。ある周波数帯域からレゾリューションを取り除き、別の帯域へと移し補完するようなものです。…
…この「ディストーションシェーピング」で行っているのは、音声波形の「再構築」といえます。この際私が注意したのは、数学的に完璧な再構築を目指すのではなく、より「音楽的」に、より「自然な音」に聞こえるように再構築した、ということです。言い換えると、「音楽」や「自然な音」を数学的に説明できる演算式を発見した、といえるかもしれません。これは、私が今まで行ってきたアンプの設計・開発を通じて発見したものです。…
 


 

His basic description as shown above shows the basic of his technique, altering digital input, then processing D/A, and equalizing in the analogue stage (like phono preamps).

マイケルさんご本人による上の簡単な説明で、この DAC の特徴はお分かり頂けたかと思います。ディジタル段で処理を加え、D/A変換を行ったあと、フォノイコ的にアナログ段で処理をしているということです。

Very interestingly enough, very analogue engineer who had developed very analogue phono preamps and power amplifiers, developed this time very digital equipment that sounds very analogue in very mathematical way. Another interesting thing is that he, who developed phono preamps that sounds very natural and raw without adding any colouration, is now developing a DAC that alters the digital stream of sound positively and willingly to sound like analogue.

非常に興味深いのは、過去に名だたるフォノイコライザーやパワーアンプを設計してきた、根っからのアナログ的エンジニアの彼が、彼の発見した(という)厳密に数学的な理論に基づいて、ディジタル機器からアナログ的な音を引き出すことに成功した、という点です。また、フォノイコライザーでは、無色透明な再生、積極的に色づけをすることはしない、という方向性だったのに、DAC の開発の場合はむしろ積極的にアナログっぽい音にするべく音声信号に変化を加えようとしている、というのも面白いところです。

 

His direction may not be popular trends in the recent PC Audio / Hi-Reso Digital Audio scene, but after I listened to this sound, I believe he is going the right way (with another perspective) with his unique technique and the deep understandings on the beauty of the music. He’s a man of passion for music and sound.

近年の PC オーディオやハイレゾ再生のトレンドとは違う方向性かもしれませんが、こういう音を聴かされると、マイケルさんの方向性も別の方向性として間違ってはいないと私は思いました。何より彼は、音楽と音、そして音源再生に対する深い愛情と情熱を持っている人です。

 

By the way, the technique that reconstructs the waveform based on a certain mathematical theory simply reminds me of “Legato Link” Conversion that was equipped with past PIONEER CD players. But as far as I remember, the sound from the PIONEER players with Legato Link on was completely different from that of Michael Yee’s DAC in development. The former sounded smooth but a bit “artificial”, while the latter sounds very analogue and natural in every way – even with the playback of compressed music (128 or 192kbps MP3/M4A) like a magic.

ところで、元の音声波形を特定の数学的理論に基づいて再構築するという手法、といえば、かつてパイオニア製 CD プレーヤーに搭載されていた レガートリンク・コンバージョン を思い起こさせます。しかし、私が記憶している限りにおいては、レガートリンクの再生音と、今回のマイケルさんのDACの再生音はまるで違いました。前者は一聴してスムーズなのですが、どこか人工的な響きを覚えた記憶があります。ところが後者は、とにかくアナログっぽい、としかいいようがない感じです。たとえ 128/192kbps の MP3/M4A といった、圧縮音源の再生であっても、なぜか魔法のようにアナログっぽい感触の音に変わってしまうのです。しかも不自然さは全く感じられません。

 

 

I don’t know when his devoted work finally evolves into final products, but let’s be patient – I believe it’s completely worth waiting for! For the time being, I think I will play this marvellous DAC board with various music in various format, including hi-reso playback via S/PDIF – and I hope I will compare the sound with those of other recent DACs if possible.

彼の熱心な作業が、いつ最終的な製品として結実するのかは、まだ分かりませんが、あのマイケルさんのことです、きっと今度も素晴らしい製品を作り出してくれることでしょう。じっくりその時を待つ価値は充分すぎるほどあります。それまでは、この送って頂いた DAC で、いろんなフォーマットのいろんな音楽を試聴したり、S/PDIF 入力でのハイレゾ音源再生をやってみたり、また可能であれば最近のいろんな DAC の音と比較試聴してみたいと思います。

 

Addendum (Feb. 15, 2013): The prototype I briefly reviewed here (not here now anymore though) turned out to be Musical Surroundings MYDAC II – I see many positive (and some enthusiastic) reviews here and there on the web – take a look at one example. He’s been developing very earnestly for his next products that will be based on a different chipset (and that will have some better features).

2013年2月15日追記: 私が本記事で簡単にレビューしたプロトタイプ(もう手元にはないのですが)は、最終的に Musical Surroundings MYDAC II という製品になって販売されているようです。好意的な(一部熱狂的な)反応も得られているようです(一例)。マイケルさんは現在、別のチップセットをベースに改良版を熱心に開発中とのことです。

 

Addendum (Apr. 25, 2014): TAS (The Absolute Sound) now has very detailed review on MYDAC II – including very detailed description of the MODR technique, in Michael-san’s own words – must read.

2014年4月25日追記: TAS (The Absolute Sound) 誌にて、MYDAC II の詳しいレビューが掲載されています。特に MODR 技術についての、Michael さん自身による詳しい解説が引用されており、必見です。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • A Great Day In Tokyo with Michael Yee (2013/11/22)
    November 22, 2013 – it was really a very beautiful and sunny Autumn day in Nerima, Tokyo – I had th …
  • Musical Surroundings SuperNova II (2011/10/21)
    2011年10月19日。この日のことは一生忘れないでしょう。 すべての始まりは一昨年の2009年11月、 愛用するフォノイコライザー Musical Surroundings Phonomena の …
  • 自分ヘノ御年玉 (2004/01/09)
    1月3日,実家から帰宅した直後にブツが到着.昨年11月末の誓い を早速破って(笑)発注していたものです.年末年始は仕事で死んでいたので,まともにセッティングしたのはその仕事が終わってから. 手持ちの …
  • Replacing Phonomena BPS Batteries (2009/11/07)
    日本に正規輸入されていないフォノイコライザ Musical Surrounding Phonomena と専用バッテリ電源キットを海外から中古で 購入 してから 5年以上が経過。さすがに充電式バッテ …
  • Musical Surroundings Phonomena (2003/12/18)
    備忘録. Musical Surroundings Phonomena The Stereo Times: Musical Surroundings Phonomena Review by Paul …
  • Belden 89418 RCA Cables (Wagnus) (2012/10/20)
    うちのオーディオシステムの裏側で長らく生息していた、いつ頃どこで買ったのかもあまり覚えていないケーブル達。 こんなのとか: こんなのとか: を撤廃することにしました。代わりに、 Instagram …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *