Kind Of Blue, Remastered, Again

またか、と思ってしまいますが、今回は間違いなく決定版です。HDtracks にて ステレオ (24/192, 24/96)モノ (24/192, 24/96) がリリースされています。圧倒的なリマスター。

Yet another remaster? But this time, 2013 version is surely the definitive edition. HDtracks just released the digital downloads on the website, both in stereo (24/192, 24/96) and mono (24/192, 24/96). The Definitive Remaster, period.

 
[Kind Of Blue, Remastered 2013, on HDtracks]
 

カッティング用マスターは劣化しているため、3トラックのセッションマスターにまでさかのぼったものの、テープの磁性体がはがれやすい状態だったとのことで、直接ミキシングするのは諦め、3トラックをストレートにハイレゾで保存、そこからオリジナル盤を何度も聴き込んでフェーダー操作を調査、ステレオとモノーラル用にミックスダウンしたものだそうです。

(quoted from the HDtracks website) “Since the Kind of Blue mixed masters are multiple generations from the original (due to excessive play/wear), we decided to go directly to the original session reels. Not only does this put us at the original session as a starting point, but it also allows us to deal with the pitch issue as well. The three, 3-track half-inch tapes are in good condition, but age has force them to “scallop” a little, meaning that the edges curl away from the tape head. This changed the initial focus from mixing from the originals to archiving them before mixing and working from the archive files. This allowed us to gently guide the tape against the playback head to get optimal contact and fidelity. The archiving was done at 192kHz/24 bits, played from a modified Ampex ATR 104, and hard-wired to HDCD Model 2’s directly patched to a Lynx 2 sound card. An upside to working from the archive files was the ability to chase the original fader moves done during the mix in 1959. We constantly compared to an early pressing – mono and stereo – and worked bar by bar to duplicate the level moves on the three tracks to match as well as possible. Each channel was converted to analog and passed through a GML mixer, bussed to stereo or mono – depending on the release format – and converted once again to 192Kc/24 bits. At the GML, we inserted processing where needed.” – Mark Wilder, Battery Studios
 

結果は誰の耳にも圧倒的といえます。ハイレゾであるか否かを超えて、全く別次元の鳥肌ものの Kind of Blue がここにあります。

The result is obviously stunning. Kind Of Blue, now into the next level – it’s not just the hi-reso music but the new transfer from the original session reels. Simply spine-chilling.

 

今回のリイシューに携わったエンジニア、マーク・ワイルダー(Mark Wilder)氏の解説は以下の YouTube 動画で見ることができます。マークさんは以前、廃棄直前のエマーシーレーベルのテストプレスを救ってくれた こともありました。

You may also watch the very interesting YouTube video explained by the superb engineer Mark Wilder, who previously appeared on my weblog, entitled “The Guy Who Saved Invaluable EmArcy Test Pressings”.

 
 

See Also:


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Mysteries of “Cannonball Adderley Quintet In Chicago” (2004/11/20)
    Mercury Records Collection に初のコラムを載せました. 第一回は 「Cannonball Adderley Quintet In Chicago にまつわるあれこれ」 です.レコードジャンキーの方は是非御覧下さい(笑) Mercury Records Collection now has a column section. The first one is “Mysteries of Cannonball Adderley Quintet In Chicago”. If you are a vinyl junkie, it’s worth…
  • Miles Davis Analog Collection (2005/11/25)
    先日 ユニバーサルの LP リイシューに関するエントリ に trackback して下さった 土佐漆喰さんのサイト で知りました。 The other day, a person kindly sent a trackback to my entry regarding recent Jazz LP reissues from Universal Music Japan. Then I visited his site and noticed that… マイルス・デイビス アナログ・コレクション…
  • My first vinyl spin in 2012 (2012/01/09)
    2012年1月4日、一足先にひとりで帰省先から戻った私の家に、 いつもテニスをご一緒させて頂いているオーディオ好きの Iさん が遊びに来て下さいました。昨年、いちど遊びに来て下さって以来、2回目となります。 Mark Levinson のプリ(No.38L)・パワー(No.23L)や、JBL S2600 といった、 私のシステムよりずっとポテンシャルが高い機器を自宅に揃えられている方です (そういう話をテニスの合間にするようになったのは意外にもここ1〜2年のことでした)。 私も一度だけ(テニスの帰りに)お宅にお邪魔したことがあります。 あれこれ多忙のためオーディオはしばらくお休みされていたそうなのですが、 昨年あたりから少しづつ、お金をあまりかけずに、ご自宅の音を良くしていきたい、ということで、 最近ではパワーアンプをレストア的に修理に出されたり、スピーカースタンドを 見直したりと、徐々に作業をなさっているそうです。 今回は、お使いのCD/DVDプレーヤー(DVD-H1000)や そこにつながるケーブル類に問題があるのではないか、という疑問をクリアに するために、うちのシステムに繋いでみてチェックしてみよう、というのが目的です。 結論としては、DVD-H1000 自体の疑いは晴れました。晴れましたというどころか、きらびやかな中高域のサウンドも美しく、ディテールまで細やかに表現するいい再生音を聴かせてもらいました。依然うちのシステムではアナログ再生の方が買っていますが、うちに(あまり愛もかけられることもなく設置方法もいい加減なまま置いて)ある TEAC VRDS-25X とは雲泥の差でした。 私はもう今後 CD プレーヤーをリプレースする予定はない(普段 CD はあまり聴いてないし、もし聴くとしても今後はPCオーディオ方向に向かうと思います)のですが、10年前のユニバーサルプレーヤーでもこんなにいい音が聴けるんだなぁ、と感慨深かったです。 Iさんのお宅のシステムは、これからどんどん本領を発揮する方向に向かうと思われます。楽しみにしております。 で、タイトルですが、この日が私にとって今年最初のレコード再生の日でした。いちばん最初にターンテーブルに載せたのは、記憶では「Balalaika Favorites」でした。車での帰省・Uターンでカーオーディオで音楽を聴いて以来のまともな音だったので、ホッとしました。 その他当日かけたCD/LPたちを、覚えている限りリストアップしておきます。Iさんの嗜好や今回の目的にあわせて、主に高音質系と呼ばれる類いのLPからピックアップした記憶があります。 SP もかけませんでしたし、いつものようにマニアックな盤を次々かけたりということもありませんでしたが、これだけまとまった時間じっくりとレコード再生できたのは本当に久し振りのことで、とても楽しい時間となりました。 Iさんが持参された盤 At Shelly’s Manne Hole / Bill Evans(OJC 盤 CD) Undercurrent / Bill Evans & Jim Hall(キング盤LP) Somethin’ Else / Cannonball Adderley(キング盤LP) 私が手持ちから適当にピックアップした盤 First Impulse: Creed Taylor Collection 50th Anniversary (2011年4枚組CDセットリイシュー) Way Out West / Sonny Rollins (米オリジナル盤LP、Stereoレーベル初版) West Side
  • Miles Davis’ “Birth of the Cool” 78rpm releases (2005/07/19)
    “Birth of the Cool” (10-inch/12-inch LP) was initially released in 78 rpm format / LP 「クールの誕生」は、当初4枚のSP盤としてリリースされていました。
  • You Brought A New Kind Of Love To Me / George Wettling (2006/07/02)
    There are so many masterpiece performances of Mainstream Swing Jazz left on legendary Keynote label. Some might love Lester Young Quartet’s 1943 session too much; other recommendations might include Dinah Washington’s debut recording with Lionel Hampton Sextet in 1943,…
  • Don’t Look Back / David Allyn (2006/05/10)
    デヴィッド・アリン (David Allyn) が Xanadu レーベルに残したソロアルバム。バリー・ハリス (Barry Harris) とのデュオですが、同じデュオアルバムでもトニー・ベネット (Tony Bennett) とビル・エヴァンス (Bill Evans) のものとは異なる雰囲気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.