Early Pressings of Steely Dan’s “Aja” LP

名盤の多い Steely Dan の諸作の中でも、“Gaucho” と並び彼らの代表的名盤として圧倒的人気を誇る “Aja”。1977年のリリース直後から、数え切れない程の枚数が市場に出回ったに違いありません。あまりにも細かいバリエーションが多すぎて、最初期プレスを特定するのが困難だとも思われるかもしれません。

Among the series of masterpiece LPs by Steely Dan, “Aja” has been regarded as one of their best and most popular albums along with another famous “Gaucho”. Since its initial release in 1977, so many copies has been available in the market. Also, there are so many minor variations, it might be a delicate question to determine which one is the earliest pressing and variation.

 
[AB-1006 Front Cover]

 


 

Two catalogue numbers – AA-1006 and AB-1006?

そもそも、カタログ番号からして、各種ディスコグラフィーや雑誌記事などでは二種類の番号が現れています。AA-1006 という番号と AB-1006 という番号です。ご存じの通り、両方の番号は共に実際に存在し、どちらが先にリリースされた番号なのか、という点が興味を惹きますが、予想通り AB-1006 が先でしょう。 ABC Discography をみると、あまり規則性はなさそうですが、徐々に AB から AA へと移行していったように見えます。

First of all, the confusion about catalogue numbers is a famous question. Many discographies and magazine articles tend to confusingly use two catalogue numbers – AA-1006 and AB-1006. As you may know, both numbers was actually released. Now the question “which number was released first?” is attracting us. And it may be true that AB-1006 was released prior to AA-1006. According to the ABC Discography, the series seems to be gradually moved from AB prefix to AA prefix (although it also shows no obvious rule when AB was changed to AA).

 
[AB-1006 Back Cover]
AB-1006 のジャケ裏下部 / bottom part of the back cover of AB-1006

[AA-1006 Back Cover]
AA-1006 のジャケ裏下部 / bottom part of the back cover of AA-1006
 

外観上の相違点はもちろんジャケットで、AA-1006 では背表紙に「0798」という AB-1006 にはない表記が追加されています。また、裏ジャケ下部のクレジット表記部分に、AA-1006 ではカタログ番号が印刷されていますが、AB-1006 には印刷がありません。同様に、歌詞が印刷されたスリーブの左下にもカタログ番号が印刷されています。

Most noticeable part is (of course) found on the cover jacket: the spine of AA-1006 copy has extra “0798” printed, while that of AB-1006 doesn’t have; and the bottom part of the back cover of AA-1006 has catalogue number printed, while that of AB-1006 doesn’t have. Also, the lyric sleeve has catalogue number printed near the bottom-left corner.

 
[AB-1006 Lyric Sleeve]      [AA-1006 Lyric Sleeve]
 

もう一つの重要な点は マトリクス で、AA-1006 の盤では、「AB 1006」と手書きされている「B」の部分を消して、「A」が追加で書き込まれていることも、AB-1006 の方が先に出たことの傍証となるでしょう。

Another important evidence should be matrix inscription – many AA-1006 disc has interesting matrix “AB 1006” with “B” deleted then another “A” is added, which also shows that AB-1006 was released prior to AA-1006.

 


 

Pressing/sound quality check among five different copies I have

現在手元に 5枚 の “Aja” があります。3枚が AA-1006、2枚が AB-1006。全て初期の 1977年から1978年頃にリリースされたと思われるアメリカ盤 LP です。断っておきますが、これらの盤はどれも安価で入手したものです (最近、某うによんなどでは、7,800円だの 12,800円だのといった、常軌を逸した値段がつけられているようですが、あれはどう考えてもボッタクリです。どうぞお気を付け下さい)。

As of this writing, I have five different copies of “Aja” – three of five are AA-1006, and the rest two are AB-1006. I believe all these five copies (all US pressings) were early issues released in 1977 or 1978.

 
[AA-1006 Side-A]
 

一枚目 (AA-1006) のマトリクスは A面が AAB-1006-(RE3)A-P4、 B面が T1  AAB1006(RE-3)-B T3 というもの。 同様に、二枚目 (AA-1006) のマトリクスは A面が AAB 1006 (RE-3)-A、 B面が T1  AAB 1006(RE-3)-B-2。 この両者は音質的な差はそんなにありません。これだけ聴けば、さすが Aja、いい音してますな、という感じの心地よい再生をしてくれます。

The matrix of the first copy (AA-1006) is AAB-1006-(RE3)A-P4 on Side-A, and T1  AAB1006(RE-3)-B T3 on Side-B. Likewise, second copy (AA-1006) has the matrix of AAB 1006 (RE-3)-A on Side-A and T1  AAB 1006(RE-3)-B-2 on Side-B. These two copies deliver almost the same sound quality. Both have adequate sound fidelity.

 

三枚目 (AA-1006) でぐっと音が変化します。マトリクスは A面は二枚目のものと同じ AAB 1006 (RE-3)-A、 B面は AAAB 1006 (RE-3)-B P4、 と、先程の 2枚と比べるとプレス時期の前後関係がよく分からない規則のマトリクスですが、特に高音域の伸びが著しく向上し、空気感が一層クリアに再生されます。 面白いことにこの三枚目、なぜかジャケットと歌詞スリーブは AB-1006 のものが使われており、AB-1006 から AA-1006 へとカタログ番号が切り替わる過渡期の産物なのかもしれません。

Third copy (AA-1006) dramatically changes the sound reproduction against above two copies. AAB 1006 (RE-3)-A on Side-A (same as second copy) and AAAB 1006 (RE-3)-B P4 on Side-B. This copy contains very detailed sound in high frequency range, and superior atmosphere and clear stereophonics. Interestingly, this third copy (AA-1006) comes with AB-1006’s jacket cover and lyric sleeve, which may indicate that this was a release during the transition period from AB-1006 to AA-1006.

 


 
[AB-1006 Side-A]
 

続く 四枚目 (AB-1006) のマトリクスは A面が AB 1006(RE-3)-A K2 2 D (ユニオンジャックの刻印)、 B面が AB 1006(RE-3)-B K2 1 D (ユニオンジャックの刻印) というもの。 レーベルも変則的なタイプ (カタログ番号が、レーベル左側に印刷されている) ですし、 ユニオンジャックの刻印があるのも不可解です。イギリスプレスということなんでしょうか。 音質は今回の 5枚の中では最も悪く、音がまだらに薄くなったりと、ちょっと聴くに耐えない感じなのが残念です。

Next fourth copy (AB-1006) has the matrix of AB 1006(RE-3)-A K2 2 D (union jack stamp) on Side-A, and AB 1006(RE-3)-B K2 1 D (union jack stamp) on SIde-B. Label is bit different from ordinary type (catalogue number is printed on the left side of the spindle hole), and union jack stamp on the dead wax is unfamiliar – does this mean this copy was pressed in the UK? Sound quality is worst among all five I’ve got.

 


 
[AB-1006 Side-A]
 

最後の本命 (今回の 5枚の中では最も初期のプレスであろう) 五枚目 (AB-1006) のマトリクスは A面が T1  AB 1006(RE-3)-A T3 A、 B面が T1  AB 1006(RE-3)-B-1 C というもの。 空気感に優れた三枚目に準じる傾向の音質ですが、更に低音域の力強さがプラスされて、まさに迫力の再生が堪能できます。

Then the fifth copy (I guess this is the earliest among all five) (AB-1006) has T1  AB 1006(RE-3)-A T3 A on Side-A, and T1  AB 1006(RE-3)-B-1 C on Side-B. Natural acoustics and clear atmosphere like the third copy. However, this copy has bolder and stronger bass frequency – the most powerful and the best sound among all five copies.

 


 

Summary(?)

結局のところ、真性 1st プレスのマトリクスが何であるかは今のところよく分かりません。なにせベストセラーアルバムですから、大量の盤がプレスされたことでしょうし、たかが 5枚程度で結論を出すのは無理だということなのかもしれません。

After all, I cannot decide what kind of matrix being inscribed on the dead wax on the very first pressing copy. As a matter of fact, the “Aja” LP was a huge selling album and so many copies were pressed and sold – it might be impossible to determine the very first pressing only with five copies I have 🙁


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • He’s Funny That Way / Ann Burton (2005/04/03)
    以前ここで紹介した Shiny Stockings / Barney Kessel (LOB Japan LDC-1004, 1977年 5月発売) に続き、1977年 7月にリリースされた LOB …
  • The Complete Village Vanguard Sessions / Art Pepper (2007/04/29)
    アート・ペッパー (Art Pepper) 復帰後のアルバムの中で最も聴き応えのありスリリングな (と私が思っている) 録音、1977年7月28日〜30日のヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ録音。1 …
  • Shiny Stockings / Barney Kessel (2005/01/08)
    ホント、日本人って「右に倣え」が好きですね… この前ここで Jim Hall の日本録音ダイレクトカッティング盤 (1976年録音) を紹介しましたが、今度は 1977年の日本録音、同じくダイレ …
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 5: ASA Trio (2013/04/03)
    Pt. 3 (Bobby Broom) の時に ギターでモンクの楽曲にがっちり取り組んでいるアルバムは、私の知っている限り3枚ありますが と書きました。 それは ボビー・ブルーム(Bobby Bro …
  • Soul Machine / Richard Barbary (2006/05/20)
    (this article deals with Richard Barbary’s only leader album left on A&M / CTI label in 1968. E …
  • Eddie-san’s brand new CD (2004/06/08)
    Eddie Landsberg さんから,この前アメリカで録音した 新譜のラフミックス CD-R が届きました.いま聴いている最中です. My friend Eddie Landsberg-san …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *