Songs For Young Lovers / Frank Sinatra

何も言葉はいりませんね。こんなに完璧なアルバムは他にそうはないのではないでしょうか。

There ain’t no word to say – you know what? What a perfect album this is . . .

 
[Capitol H-488 Front Cover]        [Capitol H-488 Back Cover]

Songs For Young Lovers / Frank Sinatra
(Capitol [US] H-488)
 
 

シナトラ黄金期の冒頭を飾る、この 10インチ LP がどう完璧かって? もちろん、Sinatra の完璧な歌唱が重要なのですが、この曲の並び、この全体の構成といったらどうでしょう。間違いなく、世界発のトータルアルバム といって差し支えない出来でしょう。

What kind of perfection on this 10-inch LP (which recorded the very start of Frank Sinatra’s golden era), you’d like to know? – Of course, here is the perfect singing by Frank Sinatra himself which is very important on this album – and furthermore, what a perfect composition of the entire album – a series and a construction of the songs – it must have been said that, this is the earliest “concept album” in the worldwide.

 

例えば キー。挨拶代わりの A-1 (B minor / D major) から始まり、酔いしれているリスナーをよそにキーをかえて A-2 (E flat major ⇒ A flat major)、A-3 (E flat major)、A-4 (A flat major) と統一感のある進行を意図的に演出している A面だけでホレボレ。この完璧な進行はなんでしょうか。ここでコンサート第1幕終了という感じですね。B面は A-1 と同じキーの B-1 (D major) で第2幕開始、B-2 (E flat major) と続き、小品 B-3 (F sharp minor ⇒ D major) で終わりかと思わせておいて、アンコールの B-4 (D major ⇒ E flat major) という展開がニクいですよね。しかも B-4 ヴァース冒頭での転調がシビれます。

A series of keys for example . . . what a perfect stream of key changes – starting from opening number A-1 (B minor / D major), then a consistent series of tracks – A-2 (E flat major ⇒ A flat major), A-3 (E flat major) and A-4 (A flat major). Then the curtain falls and the first act is over. Flipping the disc, then the second act opens with B-1 (D major, the same key with A-1), then B-2 (E flat major), and the last song B-3 (F sharp minor ⇒ D major). But Sinatra comes back and sing the encore B-4 (D major ⇒ E flat major, an impressive key modulation) . . .

 

バラードとミドルテンポの絶妙な配置や、統一感ある歌詞の流れのみならず、コードを追ってみても、明らかに両面を通じた流れを意識して曲順を決めた、ということがみてとれます。しかも、A-1、A-4 を除いてヴァースから歌い始めており、更に統一感を高めています。もちろん、全曲がシナトラのために書かれたかの様な決定版的歌唱。もうこれだけでホレるなという方が無理でしょう。

Sinatra and Riddle has build a complete stream of songs on this album – ballads and swingy middle tempo – a continuous and consistent stream of lyrics – and key settings. Furthermore, Sinatra sings from the very start of the verse of all songs (except A-1 and A-4), which gives further consistency throughout the album. And of course, Sinatra sings all eight tracks in a perfect way, as if all songs were originally written for him – who says he/she don’t like this album anyway?

 

“Swing Easy! – Songs For Young Lovers” のアルバム (12インチLP、または CD) をお持ちの皆さん。 是非、B面4曲目と5曲目 (CD だと 12曲目と13曲目) の間で少し再生を止めてみて下さい。本来のアルバムのコンセプションがより良く分かると思います。

If you have a “Swing Easy! – Songs For Young Lovers” album (either in 12-inch LP or CD format), stop playing in the middle of B-4 and B-5 (track 12 and 13 if you have a CD reissue) for a while – you will come to understand the very concept of what Sinatra and Riddle wanted to express on this album.

 
[Capitol H-488 Label A]      [Capitol H-488 Label B]

1st variation, w/ deep groove on label, AES cutting
 

さて、このアルバムは 1953年11月録音ののち、1954年初頭にリリースされたのですが、当時は AES カーブでのカッティングでした。RIAA カーブで聴くと、低域がうるさく、高域は減衰しています。トーンコントロールがついているアンプだと、低域をさげ、高域をあげると、ちょうどいい感じで再生できると思います。ただ、カッティングのせいなのかマスタリングのせいなのか、はたまた盤質のせいなのか、あまり良好な音質とはいえないのが残念です。

BTW, this album was released in the early 1954 (recorded in November 1953) – when most Capitol albums were cut by AES equalizing curve. If you play this album on RIAA curve, bass sounds boosted, while it lacks treble. If you have an amplifier which has bass/treble control, reduce the bass and boost the treble, and you’ll get the appropriate sound. Unfortunately, this early 10-inch LP doesn’t sound superb against our expectation – possibly by a certain mastering/cutting problem (or simply due to the bad condition of this copy?) I don’t even know . . .

 

本盤のマトリクス末尾は両面共に D4Scranton プレス。B面が D3 の盤も手元にあるのですが、こちらは盤質が悪すぎてスクラッチノイズの嵐。あぁ、両面 D1D2 の西海岸プレスはどこかに落ちてないものでしょうか。
(2006.07.11追記: 東海岸プレスですが D1/D2 のプロモ盤を 無事入手しました)

This copy has D4 stamped matrix on both sides and an “anvil mark” stamp (which stands for Scranton pressing). Another copy I have is D4 on Side-A and D3 on Side-B. Unfortunately the latter copy is in bad condition with many scratch noises – if only I could find the West-Coast pressing copy with D1 or D2 on both sides!
(Addendum (Jul. 11, 2006): recently I could find a D1/D2 promo copy (East-Coast pressing) – take a look)

 


 

A-1 (11847-10) : My Funny Valentine
A-2 (12034-2) : The Girl Next Door
A-3 (11846-17) : A Foggy Day
A-4 (11858-3) : Like Someone In Love

B-1 (11859-12) : I Get A Kick Out Of You
B-2 (12033-3) : Little Girl Blue
B-3 (11852-4) : They Can’t Take That Away From Me
B-4 (11853-4) : Violets For Your Furs

Frank Sinatra (vo) with Orchestra conducted by Nelson Riddle, including:
Skeets Herfurt, Mahlon Clark (saxes, woodwinds),
Felix Slatkin, Paul Shure (violin), Paul Robyn (viola),
Eleanor Slatkin (cello), Kathryn Julye (harp),
Bill Miller (p, celeste), Al Hendricksson (g), Allan Reuss (g),
Joe Comfort (b), Alvin Stoller (ds).
Recorded at Capitol Melrose Studio (aka KHJ Studio), 5515 Melrose Avenue, Hollywood, CA
on November 5 (A-1, A-3, B-3, B-4) and November 6 (A-2, A-4, B-1, B-2), 1953.

Arranged by Nelson Riddle (A-4) and George Siravo (A-1, A-2, A-3, B-1, B-2, B-3), Dick Jones (or Reynolds) (B-4).
Martin Melucci-san pointed out that B-4 was arranged by Dick Jones (or Dick Reynolds) – Thanks for the info!
Engineered by Roy DuNann.

 


 

ところが、全ての H-488 が AES というわけではありません。少しあとにプレスされた下の盤では、RIAA カーブでカッティングされています。顕著な違いは、レーベルに溝がない、というところでしょうか。更に、ジャケット表に「High Fidelity Recording」という印刷が追加されていますね。これは、ステッカーで加貼されているタイプも確認しました。

However, not all H-488 was cut by AES curve – a bit later pressing (shown below) seems to be cut by RIAA curve. The most significant difference is, that the latter copy do not have deep grooves on the label. Furthermore, there is an extra print saying HIGH FIDELITY RECORDING on the front cover – I have confirmed that there is another variation which have HIGH FIDELITY RECORDING sticker additionally pasted on the front cover.

 

本盤のマトリクス刻印は、両面とも D8、やはり Scranton プレスです。カッティングマシンが変更されたのか、D4 の盤よりずっといい感じの音が出ます。高域、低域共に欲張らず、中域がしっかりとした、真空管の時代らしい音と言えます。Capitol Melrose Avenue Studio C の自然なホールエコーがそこにあり、Sinatra の声はオンマイク、ストリングスはややマイクから遠くセッティングされているのが目に見える様です。ちなみに、本録音の担当エンジニアは、Contemporary レーベルに移籍する前の Roy DuNann です。

This copy has D8 matrix on both sides, and also Scranton pressing. This copy has better sound quality than the D4 copy I mentioned above – I guess the cutting equipment was changed in the AES ⇒ RIAA transition period but I’m not sure. Anyway, it can deliver the warm and fresh sound with marvelous mid-range (less bass and treble than recent recordings though) – the sound of “vacuum tube amplifier”, or the sound of Capitol Melrose Avenue Studio C – with natural echo of the studio, Sinatra’s marvelous voice is captured “on-mic”, while the string section is located a bit far from the microphone – an excellent recording. By the way, the engineer at the session was Roy DuNann (who later moved to the Contemporary label).

 
[Capitol H-488 Front Cover]    [Capitol H-488 Label A]

Songs For Young Lovers / Frank Sinatra
(Capitol [US] H-488)
2nd variation, w/o deep groove on label, RIAA cutting
 


 

この 10インチ LP には、もう一種類バリエーションがあります。H-488 ではなく、別のプライスレンジ (多分 H- より少し高い) L-488 という奴です。普通に考えれば、最初は L-488 としてリリースされ、しばらくして廉価盤として H-488 が出た、というのが妥当なのですが、マトリクス刻印を見ると、なぜか H-488 よりあとに L-488 が出たことがみてとれます。マトリクスは H が消されて L が刻印され、A面が D12 で B面が D11、やはり Scranton プレスです。音質は D8 に準じるものです。

There is yet another variation of this 10-inch issue – it’s not H-488, but L-488 (which might cost a bit more). Ordinary thinking concludes that L-488 was released first, then later H-488 (budget release) was out. However, by inspecting the matrix stamps, it should be that H-488 was out first, then L-488 followed. The matrix of this copy (Scranton pressing) is D12 (Side-A) and D11 (Side-B). Furthermore, H was deleted and L is additionally stamped. The sound quality is similar to the D8 copy.

 
[Capitol L-488 Front Cover]    [Capitol L-488 Label A]

Songs For Young Lovers / Frank Sinatra
(Capitol [US] L-488)
3rd variation, w/o deep groove on label, RIAA cutting
 


 

さて、シナトラは同じ1954年、もう一枚の傑作アルバム「Swing Easy!(Capitol H-528) を録音し、これも大ヒットとなります。そして時代は 12インチ LP へ。 1955年、ブルーバラードの傑作と名高い「In The Wee Small Hours(Capitol H1-581/H2-581, W-581) (10インチLP 2枚組と 12インチLP) がリリースされた頃に、“Swing Easy!”“Songs For Young Lovers” の 2枚がカップリングされた 12インチ LP としてリリースされました。

In the same 1954, Sinatra recorded another masterpiece 10-inch LP entitled “Swing Easy!” (Capitol H-528) which became a smash hit. Then the 12-inch LP era was coming. In 1955, he recorded the Blue Ballads masterpiece album “In The Wee Small Hours” (Capitol H1-581/H2-581 double 10-inch, and W-581 12-inch), and in the similar period, “Swing Easy!” and “Songs For Young Lovers” were reissued in one 12-inch format.

 
[Capitol W-587 Front Cover]    [Capitol W-587 Label B]

Swing Easy – Songs For Young Lovers / Frank Sinatra
(Capitol [US] W-587)
12-inch version of H-528 and H-488
 

本盤のマトリクスは A面が D6、B面が D5 で、Scranton プレス。やはり H-528 と H-488 に準じる音ですが、ほんの少しイコライジングが施されている様で、H-488 に比べると若干高域がきつく感じられます。しかし、鮮度はまだまだ高いのは充分に感じられます。ここまでは、恐らくファーストジェネレーションのマスターテープからカッティングされたものでしょう。

This copy has D6 matrix on Side-A (Swing Easy side) and D5 on Side-B (SFYL side) – again, Scranton pressing. Basically the same sound quality as H-528 and H-488, but I guess a touch of equalization was done – in fact, this copy sounds a bit edgy sound (with more treble) than H-488. Of course, the freshness of the sound is still there – probably cut directly from the 1st generation master tape (as well as H-488 and L-488).

 


 

問題はこの次のリリースです。1961年頃、Capitol“Songs For Young Lovers”“Swing Easy!” を再び別フォーマットに仕立て上げました。W-587 の様に 2 in 1 的にするのではなく、今度はそれぞれを独立した 12インチ LP にし、更にシングル用に吹き込まれた楽曲をそれぞれ 4曲づつ追加収録したのです (順に W-1432、W-1429)。これがいけなかった。このリリースは、ふたつの大きな問題をはらんでいました。

The big problem is the next release. In 1961 or so, Capitol released two 12-inch LPs – expanded versions of “Songs For Young Lovers” (Capitol W-1432) and “Swing Easy!” (Capitol W-1429) respectively. Both LPs has four additional tracks which were originally recorded for 45rpm single releases. Without any doubts, this release had two big problems.

 
[Capitol W-1432 Front Cover]    [Capitol W-1432 Label A]

Songs For Young Lovers / Frank Sinatra
(Capitol [US] W-1432)
expanded version (with four additional tracks) of H-488
 

第1の問題は、曲順がめちゃくちゃにされた ことです。 せっかく、オリジナルリリースで、全体の流れや構成を考え、練りに練られた結果決められた曲順が、あっさりと壊されています。しかも、新しい曲順を良くみてみると、上に掲載した W-587 のフロントジャケットに (特に何の意味もなく) 書かれた楽曲順そのままになっていて、そこに 4曲があちこちに挟み込まれているのが分かります。1961年といえば、シナトラ本人はすでに Capitol レーベルに心はあらず、新たに興した Reprise レーベルと古巣 Capitol レーベルとの間で泥仕合が始まった頃です。つまり、このアルバムのリリースに際して、シナトラ本人の意図は全く反映されていないと考えるのが自然ではないでしょうか。

The first big problem is the song order which is completely messed up. On the original 10-inch issue (and 12-inch issue), Sinatra and Riddle might decide the very song order which presented complete totality. But on this W-1432, the perfect song order is completely messed up. Furthermore, if you carefully look at the front cover of W-587 (12-inch issue), you will find where W-1432’s song order was derived from (plus, four additional tracks inserted here and there). In 1961, when the W-1432 was released, Sinatra (who started his own Reprise label) and Capitol had a serious trouble, and probably Sinatra did not have any more ambition for further Capitol releases. So, as for this album (W-1432, expanded version), Sinatra did not help Capitol to generate the new song order, I guess.

 
(part of W-587 front cover) (W-1432 song order)
[Capitol W-587 Front Cover] A-1: The Girl Next Door
A-2: They Can’t Take That Away From Me
A-3: Violets For Your Furs
A-4: Someone To Watch Over Me
A-5: My One And Only Love
A-6: Little Girl Blue

B-1: Like Someone In Love
B-2: A Foggy Day
B-3: It Worries Me
B-4: I Can Read Between The Lines
B-5: I Get A Kick Out Of You
B-6: My Funny Valentine
 

第2の問題は 音質 です。1960年代、どこのレーベルでもイコライジングを積極的に活用するようになるのですが、この盤も例外ではなく、その被害を受けています。全体的にイコライジングで音質がいじくられ、更にエコーが全編に付加されてしまっています。そういう「おと」が当時のトレンドだった、ということなのでしょうか。それにしても、この盤より前の音を聴いてしまった後では、厚化粧ぼったりにしか聞こえないのが悲しいところです。

The second problem on this W-1432 is poor sound quality – almost all labels prefered extra equalization throughout the 1960s, and (unfortunately) W-1432 was not an exception. All tracks are suffered from poor equalization, and what’s worse, extra echoes are added. I don’t know why Capitol staffs wished to alter the sound that way – too much equalization and extra echoes would be the “trend” of the era, but I’m not sure.

 

上の写真で分かる通り、うちにあるのはセカンドレーベルものです (ファーストレーベルではキャピトルのロゴマークが左側にあります)。それなのに、マトリクス刻印は A面が D1、B面が D2 というもの。よっぽど売れなかったのでしょうか、このアルバム。

As you can see, my copy is the second label variation (the first variation should have Capitol logo on the left). But on the other hand, matrix stamp is D1 on Side-A and D2 on Side-B, which may suggest that W-1432 did not sell well . . .

 

驚くべきことに、ディジタルリマスターされているはずの “Songs For Young Lovers” の最近の CD リイシューですら、やはりエコー/リヴァーブがかけられているというのです (*1)。よっぽど Capitol のスタッフはエコーがお好きなんでしょうか . . .

情報によると、1990年にリリースされた 3枚組 CD に収録されている “They Can’t Take That Away From Me”“I Get A Kick Out Of You” にはエコーがかけられていないそうですが、残念ながら私は未聴です。

Surprisingly, even recent CD reissues (which should have been digitally remastered from original tape in the vault) are also suffered from extra echoes or digital reverbs (with one exception, according to a certain source – I have heard that 3 CD box released in 1990 contains “They Can’t Take That Away From Me” and “I Get A Kick Out Of You” which are not suffered from extra echoes) – Gosh, why do Capitol staffs prefer extra echoes so much? I don’t even know . . .

 


 

ここで日本盤についてみてみましょう。1960年頃には既に W-587 の日本盤が (東芝音楽工業から) リリースされていたはずですが、詳しくは分かりません。当時はアメリカからメタルマザーを直輸入していた、と聞いたことがありますので、もしそうだとすると、この最初期の日本盤も W-587 に準じた音なのでしょう。

Now let’s move to the Japanese pressings. I don’t know much about the very first Japanese issue (by Toshiba Musical Industries) of W-587, but I have heard that Toshiba (at the time) imported a metal mother from the US then pressed for Japanese market. If it is true, the earliest Japanese issue may sound similar to the US pressing of W-587.

 

さて、私の手元にあるのは、1977年に東芝 EMI がリリースした ECJ-50017 と、1980年代前半にリリースされた ECJ-50065 という盤です。興味深いことに、これら 2枚は エコーがかけられていない のです。W-587 用のマスターテープのコピーからカッティングされたと思われるこの 2枚 (特に先にリリースされた ECJ-50017) は、文字通りハイファイな音がします。確かに、セカンドジェネレーションのテープからのカッティングですし、オリジナル盤の録音から 20年以上が経過していますから「鮮度」という点では負けるかもしれませんが、上も下もしっかり伸びており、中域の厚さも健在。帯域のバランスも申し分なく、マスターテープの音の感触をそのまま聴かされている様な気分になります。Roy DuNann が望んだ聞こえ方というのは、きっとこうだったんだろうな、と思いたくなる程、この 2枚 (特に ECJ-50017) は素晴らしい。とても 1953年録音とは信じられない程ハイファイです。現在、中古市場で比較的容易にかつ安価に見付けられる盤のうち、私なら文句なしに ECJ-50017 をお勧めします (W-587 よりも)。

Well, I have two Japanese copies here – the one is ECJ-50017 (released in 1977), and the other is ECJ-50065 (released in the early 1980s). Interestingly, both copies are not suffered from poor equalization and extra echoes at all. Pressed with the second-generation tape (for original W-587), they really sound Hi-Fi literally (especially ECJ-50017 sounds excellent). Of course, H-488 and W-587 (both cut from original 1st generation master tape) have the freshness of the sound, and in this point they can’t lose ECJ-50017 and ECJ-50065 (which were cut from 2nd generation tape, 20 years after original recording was made), but these Japanese issues sound really Hi-Fi with adequate low/hi ends and lovable mid-range – as if we are listening to (a straight copy of) original master tape. I do believe that Roy DuNann originally intended “this sound” – actually they sounds Hi-Fi (especially on ECJ-50017) – I can hardly believe that the recording was made in 1953! I will surely recommend ECJ-50017 among all used vinyls available at fair price. It’s even better than original W-587 in some aspects.

 

当時の他のジャズレーベルなどでは、マスターテープの音と実際の盤の音がかなり異なるなんてことが多く、つまりカッティング時に積極的に「音づくり」をしていたということになります。しかし、本盤の様な内容のアルバムの場合、オリジナル盤でも特に積極的に音づくりをしたという感じではなく、マスターテープそのままが一番生々しく聞こえる、ということなのかも知れません。もちろんこれは私個人の感想であり、別の感想を持たれる方も多くいらっしゃるとは思います。

In many Jazz recordings in the 1950s-1960s, engineers (such as Rudy Van Gelder) positively altered the sound of master tapes when cutting into the lacquers – they created “the sound of the vinyl disc”. However, this is a Sinatra’s recording – even the original issue (H-488 and W-587) doesn’t sound like the cutting engineer tried to equalize and alter the sound of the master tape into the vinyl. At least, “Songs For Young Lovers” may sound the best when listening to the original master tape itself.

 
[Capitol ECJ-50017 Front Cover]    [Capitol ECJ-50017 Label B]

Swing Easy – Songs For Young Lovers / Frank Sinatra
(Capitol / Toshiba EMI [Japan] ECJ-50017)
 
[Capitol ECJ-50065 Front Cover]    [Capitol ECJ-50065 Label B]

Swing Easy – Songs For Young Lovers / Frank Sinatra
(Capitol / Toshiba EMI [Japan] ECJ-50065)
 

なお、Mobile Fidelity からリリースされた LP ボックスに収録されている W-587 も、この日本盤同様にエコーがかけられていないそうです。そして日本盤とは違い、マスターテープから直接カッティングされているそうです。アメリカのシナトラマニアが大絶賛しているだけに、是非とも聴いてみたいところなのですが、なにぶん高いのでなかなか手がでません。

By the way, I have heard that Mobile Fidelity’s Sinatra LP box contains W-587, which was NOT suffered from extra equalization and added echoes (like Japanese issues), and was cut directly from the original master tape (unlike Japanese issues) – Wow! This MoFi version won the highest praise among hardcore Sinatra collectors in the US, so I’d like to listen to the copy, but unfortunately the LP box is expensive . . .

 


 

さて、本アルバム (W-587) は 1992年に最後の LP リイシューが行われました。それがこの SGD-87 なのですが、残念なことに、CD 同様にエコーが付加されているものでした。まるで風呂場で聴いているかの様。恐らく、当時の CD リリースと同じテープからカッティングされたものなのでしょう。ジャケットやレーベルの復刻具合は悪くないだけに、非常に残念です。

There is yet another Japanese LP reissue – it was SGD-87 in 1992. Unfortunately, this copy is suffered from extra echoes and digital reverbs like CD reissues – sounding like listening to the album in a huge bathroom. Probably this LP was cut using digital master for CD reissue. The reproduction of jacket cover and the label is excellent, but the sound reproduction is not so good . . .

 
[Capitol SGD-87 Front Cover]    [Capitol SGD-87 Label B]

Swing Easy – Songs For Young Lovers / Frank Sinatra
(Capitol / Toshiba EMI [Japan] SGD-87)
 

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Songs For Young Lovers (Yellow Label Promo) (2006/07/11)
    「Songs For Young Lovers / Frank Sinatra」より: . . . あぁ、両面 D1 か D2 の西海岸プレスはどこかに落ちてないものでしょうか。 というわけで先週届 …
  • Sensuous / Cornelius (2007/04/11)
    昨年リリースされていた本作品。気にはなってたもののすっかり忘れていて、結局買ったのは先週でした。幸い国内でも LP でリリースされていたので、当然ながらそちらを購入。 This album was …
  • Roy DuNann, one of the greatest recording enginners (2011/12/02)
    If you are into Jazz music, especially into the golden age of Modern Jazz, you should know the name …
  • R.I.P., Ms. Jo Stafford (2008/07/20)
    One more song stylist passed away – I just can say “Rest In Peace, and Thanks A Lot For Your …
  • 37 Years After the SMiLE (2004/10/14)
       左は 1990年前後(?)にリリースされたブート CD (No Label T-2580),右は今回の CD (Nonesuch 79846-2) 先週,とうとう Bria …
  • Keys West / Claude Williamson (2004/11/18)
    やっと発見して入手しました. Chikuzen Presents Cornerstones (のジャケット) の元ネタ: I’ve finally found the LP which Mr. Ch …

10 thoughts on “Songs For Young Lovers / Frank Sinatra

  1. いやあ・・・シナトラ・・・いいですねえ(笑)スイング・イージーのB面8曲を聴いてます(東芝:ECJ-50065)shaolinさん・・・シナトラの声~なんと言っていいのか?素晴らしい「鳴り」ですよね。特に声量がある、というような「鳴り」ではなく、こう何か・・・聴き手の胸にくく~ぅっと沁みてくるような(笑)the voiceと形容されたcolumbia時代よりも、もう少し「たくましさ、厳しさ、寂しさ」みたいなものが増してきて(でもリプリーズの時代ほど「貫禄貫禄」はしてない(笑)(僕の好みでは)このcapitol時代の「声」に一番、「シナトラ」を感じます。
    最終曲~violets for your furs…クリスマスみたいなイントロもチャーミングですね。それにしても・・・この「都会的洗練さ」みたいな風情は・・・ためいきしか出てきません(笑)コルトレーンもズート・シムスもJRモンテローズも、みんなみんな、このFrank Sinatraのviolets for your fursを聴いたに違いないですね。そうしてぶっ飛んだに違いないですね。そう断言してもいいでしょう(笑)
    shaolinさんの10インチ盤写真を見てると・・・やはりこの時代のヴォーカルアルバムというのは、片面4曲くらいがちょうどいいのかなあ、と思えてなりません。いい盤質の10インチ(なかなか当たらないので:笑)で聴くシナトラの「声」・・・絶品でしょうね・・・ふぅ~っ(ため息)

  2. Capitol 時代は、Tommy Dorsey 時代 (私は未だにこの時代のシナトラにゾッコンですが)、Columbia 時代とは違った魅力がありますね。bassclef さんの仰る「素晴らしい鳴り」、まさにそんな感じだと思います。Columbia 時代後期に一度ノドを壊して,あの美しい声を失った代りに、人生の全てを知り尽くしたかの様な、一音だけで説得力満点の声が生まれたというか。
    仰る通り、ジャズミュージシャンの多くも、シナトラの決定的名唱を聞き込み、そこから更に美しいアドリブを生み出していったのかもしれませんね。それくらい、全8曲はシナトラの曲と化していると感じます。
    > いい盤質の10インチ(なかなか当たらないので:笑)
    確かになかなかありません。私の盤も NM- とはとてもいえないコンディションで、せいぜい EX+、もしかしたら VG+ という感じです。これは、フラットエッジであることと、なんといってもシナトラなので (デッドストックでもない限り) 最初のオーナーにラフに聴かれまくっているためなんでしょうね (笑)
    > 絶品でしょうね・・・ふぅ~っ(ため息)
    これに関してはご心配無く。ECJ-50065 で充分すぎる程「絶品」だと思います、はい。

  3. このシナトラ、先日はいろいろ聴かせていただいてありがとうございました。
    確かに、日本盤よかったですね。
    でも、あのときも言いましたけど、私は鮮度的に、やっぱりオリジナルがいいですが(笑)
    って、あのとき聴かせてもらったのって、どれでしたっけ?RIAAのやつ?

  4. また、文字化けかな?なんて思いながら書いてます。自分の10インチも刻印D-8です。コンディションはNM~EXでまあまあです。モノカートリッジ使用しているからかも知れませんがスクラッチは全く気になりません。
    Shaolinさんには、以前にうちのジョビンのログにコメントをいただきました経緯がありますがこのページはご存知でしょうか?ジョビンと録音した前後の映像と思います。本家に比べると、声がボッサにはやや硬質な感じがしますがなかなか興味ある映像と思いませんか?
    http://www.youtube.com/watch?v=bcTwRNLIn2E&search=sinatra%20jobim

  5. > でも、あのときも言いましたけど、私は鮮度的に、やっぱりオリジナルがいいですが(笑)
    自分でも不思議なんですよ、このアルバムに関してはどうして日本盤の方がよりゾクゾクしてしまうのか。
    「鮮度」と「帯域バランス」。今回は後者が私には重要だったみたいです。
    > って、あのとき聴かせてもらったのって、どれでしたっけ?RIAAのやつ?
    えっとあの時にかけたのは ECJ-50017 と W-587 でした。H-488、L-488 も持って行ってたのですが、掛けず仕舞いでしたね。

  6. 67camper さん、どうも。
    せっかくコメントして頂いたのに、すぐには掲載されなかったのは、コメント中にリンクがあったこと、初コメントだったことから、自動的にペンディングとなっていたのでした。
    次回のコメントからは、すぐに掲載されると思います。
    > 本家に比べると、声がボッサにはやや硬質な感じがしますがなかなか興味ある映像と思いませんか?
    Sinatra & Jobim は私の大好きなアルバムの 1枚です。
    ボッサ・ノーヴァとしてというよりは、シナトラの後期の好アルバムとして聴きます。何を歌っても、全てシナトラの世界になってしまっているのが凄い。ボッサを題材に、めいっぱいシナトラワールド化した音世界が全開ですね。
    映像はまだ見たことがありませんでした。
    というか youtube.com って、どう考えても著作権的にどうなの? という映像がわんさかあって、少し気にはなっているんですが (まぁジャケットスキャンを載せている本サイトもえらそうなことはいえませんが)。

  7. アメリカの Martin Melucci さん (シナトラコレクター) のご厚意で、Mobile Fidelity 盤からおとした (ビットレート 320kbps! の) MP3 を聞かせて頂きました。いやはや、この鳥肌ものの音には驚きました。これはなんとしても MoFi ボックスを入手せねばならないようです…
    Martin Melucci-san (who is a superb Sinatra collector) kindly let me listen to (a high bitrate MP3 copy of) “I Get A Kick Out Of You” and “The Girl Next Door” from the Mo-Fi LP edition – Wow! What a wonderful Hi-Fi sound!
    A while ago, Martin-san sent me a comment on the Mo-Fi version (included below) – it’s just what the MoFi version sounds like! Thanks again Martin-san!
    > The dynamics are not limited, and are quite impressive.
    > Your jaw will drop when you hear the kick drum on “I Get a Kick Out of You”
    > – the tapes really have that ‘kick’ on there, but it’s missing from the
    > other LP’s, including the ECJ-50065 pressing.

  8. Hi Matthew-san, thanks for your comment and link – enjoyed.
    I haven’t been active at the Steve Hoffman Music Forum for a few years, but I think I will be again in the near future.

  9. I’d love to hear your input, since you are obviously a Sinatra expert with a very good “ear” for sonic details. Should you have any comments, feel free to e-mail me, or to post in the Hoffman forum. Also, please be aware that this is an ongoing series of Sinatra comparisons. I just posted SWING EASY [ECJ-50065 scored very well] last night, and will be doing SONGS FOR SWINGIN’ LOVERS next. All can be accessed via the link in my previous post.
    Sincerely,
    Matthew

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *