Don’t Look Back / David Allyn

状態の良い盤を長年探していて、先日近所のお店でやっと捕獲。たったの 840円。

I’d been looking for a excellent condition copy of this album for a long time, and finally I found it at a local shop the other day. It only costed 840 YEN.

[Xanadu 101 Front Cover] [Xanadu 101 Back Cover]

Don’t Look Back / David Allyn
(Xanadu 101)

デヴィッド・アリン (David Allyn) は、1940年代から ジャック・ティーガーデン (Jack Teagarden) や ボイド・レイバーン (Boyd Raeburn) のバンドでヴォーカリストとして活躍したのち、ソロ活動に移行、何枚かリーダー作を残しましたが、ドラッグの問題で一時期リタイア。

David Allyn is a talented male vocalist whose early career included a featured vocalist in Jack Teagarden Orchestra as well as Boyd Raeburn Orchestra in the 1940s. Then he stepped into the solo career and left several leader albums, but due to a drug addict his musical career was suspended until mid-1970s.

その後復帰第一作として、後期 Prestige レーベルを支えたひとり ドン・シュリッテン (Don Schlitten) が新たに興した Xanadu レーベルからリリースされた久々のリーダーアルバムです。

This album, released from Xanadu label (established by Don Schlitten who was one of the important key persons of Prestige label in the 1960s), was his return to the scene.

[Xanadu 101 Label A] [Xanadu 101 Label B]

この盤は残念ながら 1975年当時のファーストプレスではなさそうです。裏ジャケ、レーベル共に “Manufactured and Distributed by Cream Records, Inc., Los Angeles, California” の記載が見られますので、1970年代末にリリースされた盤ということになりそうです。しかも、ステレオ盤なのにレーベル面には MONO と書かれていたり . . . 謎です。

Unfortunately, this copy doesn’t seem to be the very first pressing in 1975 – both the back cover and the label have “Manufactured and Distributed by Cream Records, Inc., Los Angeles, California” printed, which may indicate that this copy was a second pressing copy released in the late 1970s. Furthermore, the label says MONO, while the contents are (of course) included in stereo . . . it’s a strange mystery indeed.

しかし、そんなコレクター的トリビアなんかどうでもいいという位に、このアルバムの内容は素晴らしい。 Barry Harris の控えめなピアノだけをバックに、情感溢れる、同時に陰影も感じさせる「大人の歌」が聴かれます。同じく男性ジャズヴォーカルで、ピアノだけをバックにしていて、しかも “Waltz For Debby” が収録されているということもあって、“The Tony Bennett – Bill Evans Album” (Fantasy F-9489) を連想される方も多いと思いますが、正直いって David Allyn のアルバムの方が、ヴォーカルアルバムとしての完成度は高いと思えます。

However, the greatness of this album really blow such “collectors’ trivia”. David Allyn sings from the bottom of his heart, being backed only with Barry Harris on piano. His singing is so emotional, and at the same time the mood has a shade of nuances, which is so great to listen to. The duo format – male vocal with piano (playing “Waltz For Debby”) – reminds us of another famous album, “The Tony Bennett – Bill Evans Album” (Fantasy F-9489), but at least in my humble opinion, David Allyn’s album surpasses Bennett=Evans so far.

その最大の違いは、対峙する二人の関係。歌伴とは思えないバッキングを聴かせる Bennett=Evans でのピアノ。これは「伴奏」ではなく、ピアノとヴォーカルが対等に絡むという感じですね。それに対して Allyn=Harris の方では、ピアノは完全に伴奏にまわり、後ろからそっと支えている。それにより、まさにジャケットの写真の様に、ヴォーカルに柔らかくスポットライトがあたるかの雰囲気が演出されています。

The most significant difference between Bennett=Evans and Allyn=Harris would be the power-balance between vocal and piano. In the former case, Evans plays so spontaneously with Bennett’s singing – piano and vocal are on an very equal footing. On the other hand in the latter case, Harris’ piano gently backs up with Allyn’s emotional singing, sounding as if the vocalist stands in the spotlight (just like the cover photo).

A-1: Don’t Look Back
A-2: I’m Gonna Laugh You Out Of My Life
A-3: No Place To Hide
A-4: You’re Nearer
A-5: Pleasant Dreams
A-6: Never Let Me Go

B-1: She Is My Star
B-2: Apple Blossoms In The Rain
B-3: The Shining Sea
B-4: Waltz For Debby
B-5: A Swing For Joey
B-6: Kim (was)

David Allyn (vo), Barry Harris (p).

Recorded in New York City (?) on February 27 & 28, 1975.

Produced and Directed by Don Schlitten.
Engineered by Peter Granet.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Don’t Stop The Music / George Jones (2007/06/14)
    これは 先日届いた14枚 の中の 1枚ではないのですが、先月か先々月に「ついでに」入手したものでした。しかしここまで素晴らしい内容だったとは嬉しい誤算です。 This 78rpm is not one of the fourteen 78rpms I got the other day – probably I bought this a month or two ago along with several other 78rpms I won. However, the music was…
  • Eddie’s Back on Stage – and I’ll be back shortly (2009/03/26)
    Eddie Landsberg Trio (feat. Kyohei Yamamoto on guitar, Kazumasa Oyamada on drums) at the Organ Jazz Club in Tokyo, on March 22, 2009.
  • Keys West / Claude Williamson (2004/11/18)
    やっと発見して入手しました. Chikuzen Presents Cornerstones (のジャケット) の元ネタ: I’ve finally found the LP which Mr. Chikuzen Satoh sincerely paid homage to (by imitating the jacket cover artwork). If you don’t the Chikuzen Satoh’s version, you can find the CD Chikuzen Presents…
  • ME-3: A Bossa Nova de Roberto Menescal e Seu Conjunto (2006/08/10)
    ELENCO レーベルの3枚目 ME-3 は、ホベルト・メネスカル (Roberto Menescal) の快速ボッサアルバム。さわやかさを通り越して「夏だ!海だ!」感満載、ボッサ・ノーヴァの「陽」を極限まで引き出しています。
  • That’s A Plenty! (Part 2) (2013/06/14)
    娘が生まれて初めて「That’s A Plenty」を聴いてからはや3ヶ月。未だにこの楽曲に飽きる気配はみせません。クルマで移動中は、かならず That’s A Plenty プレイリストの再生をせがみますし、最近購入したディジタルピアノでも That’s A Plenty の Aメロ Bメロを嬉々として弾き、自転車でお散歩中も鼻歌でメロディを歌う毎日です。 It’s been three months since my daughter knew that old standard tune “That’s A Plenty”, and she never lost interest to this song: she always ask me to play the playlist (on my iPhone) containing various versions of “That’s A Plenty”; she loves
  • Capitol Label Variation complete (2006/05/02)
    3月14日付で初稿を公開した 「Capitol Label Variations (in its early era)」。 4月14日に更新状況を 「Capitol Label Variation being updated」 としてお知らせしました。 その後も調査収集を続け、ついに今朝到着したマルーン色レーベル (Long Playing タイプ)、10インチの L- プリフィクスをもって、 buzzy-bee さんのサイトに掲載されているレインボー第3期より前のバリエーションが全部揃いました。ぱちぱち。 まだ一部疑問が残る箇所がありますが、とりあえずこれをもって完成としておきます。 あ、けど「Kenton Jazz Presents」を別レーベルとして扱ったからには、「Classics In Jazz」シリーズも別レーベルとしておいた方がよかったかも . . . うーむ、また気がむいたら更新しておきます (笑)…

Leave a Reply

Your email address will not be published.