R.I.P., Mr. Duke Jordan

享年84歳。コペンハーゲンにて息を引き取られたそうです。



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • R.I.P. Mr. Frankie Laine (2007/02/15)
    フランキー・レイン (Frankie Laine) さんが 6日、心不全の為 93歳で亡くなったそうです。大往生といっていいのかもしれません。 Mr. Frankie Laine died on 6th of February, of heart failure. He was 93 years old – I hope it was a natural and peaceful death. Singer Frankie Laine Dies at 93 (EXAMINER)…
  • R.I.P., Mr. Akira Yamato, a great Jazz researcher (2008/09/13)
    私が初めてジャズに興味を持った 1989年、何枚もの LP レコードを買いましたが、その中の数枚のライナーノーツはこの方によるものでした。 その後、(当時の) 新刊、バックナンバーを含め、ジャズ雑誌やジャズ関係の書籍においても、また復刻レコードや CD のライナーにおいても、この方の名前を頻繁に拝見しました。特に、レコードコレクターズ誌における連載「ビリー・ホリディのレコード」 (1985年〜) の緻密な調査に基づくディスコグラフィと音楽への的確なコメントには、大変な感銘を受けたことを覚えていますし、今読み返しても本当に様々な意味で参考になります (最近は就寝前に1982年〜1986年頃の最初期レココレを布団に潜りながら読むのがなぜだか日課になっています)。 その後東京に出てきてから、瀬谷さんに誘われて参加した SP コンサートで初めてそのご本人、大和 明さん にお会いすることができました。その時を含めて 3-4回お会いする機会に恵まれましたが、とても気さくに私の様な若輩者の話に応対してくれたことが本当に印象的でした。 数年前、最後にお会いした時は、ちょうど退院された直後だったかと思いますが、それでもあの好奇心に満ちた衰えぬ眼差しと、いつもの優しい微笑みは健在でした。 さきほど、瀬谷さんの掲示板 を覗いて、大和さんが先日他界されたことを知りました。 ただ数回恐縮気味にご一緒させていただき少し音楽の話をさせていただいただけであり、ディープな音楽談義に花を咲かせたり交流を深めたりする機会も残念ながらなかった私ですら、そのニュースを目にして今のような心持ちになっているのです。 ただただ、ご冥福をお祈りいたします。そして改めて、大和さんのなされてきたことに、これからずっと敬礼し続けさせていただきます。…
  • R.I.P., Mr. Jim Hall, The Greatest Jazz Guitar Stylist In History (2013/12/11)
    Jim Hall さんの2014年1月の来日を楽しみにされていた方は私だけではないはず。こんなにも早く、お別れになってしまうなんて。最近は少し体調を崩されていたとのことですが、自宅ベッドで眠るように亡くなられたとのこと。。。
  • R.I.P., Ms. Miyoshi Umeki (2007/09/07)
    Miyoshi Umeki (aka Nancy Umeki) passed away at 78 梅木美代志 (ナンシー梅木) さんが 78歳で逝去
  • R.I.P., Ms. Jo Stafford (2008/07/20)
    One more song stylist passed away – I just can say “Rest In Peace, and Thanks A Lot For Your Beautiful Music” . . . Jo Stafford, World War II-Era Singer, Dies at 90, NYT Reports (Bloomberg.com) Singer Jo…
  • The Duke Plays Ellington (2006/04/06)
    Ellington のピアノを猛烈に堪能したくなった時にかけるアルバムは? 人それぞれ、“Money Jungle” (United Artists) だったり、 “Duke Ellington & John Coltrane” (Impulse!) だったり、 “Piano In The Foreground” (Columbia) だったり、 あるいは渋〜く “The Pianist” (Fantasy) という人もいたり。 Which is your favourite album, when you want to fully appreciate the piano artistry…

Leave a Reply

Your email address will not be published.