Record Runner MUSIC'N

懐かしさ満点、楽しさ満点のレコードプレーヤー です。 随分前に、近所にお住いの知合いからプレゼントして頂きました (今更ながら kusa さん ありがとうございます)。

Yes, it’s a vinyl record player of good ol’ days and with lots of fun. Kusa-san gave it to me for free a while ago – many thanks!

間違っても、大事なヴィンテージ盤の再生には使われません様 (笑)

Do no play your precious vintage LPs with this player – it may hurt! 🙂




[Record Runner MUSIC'N]

Record Runner MUSIC’N
(a TAMCO Inc. product – in 1970s or 1980s?)

1970年代もしくは1980年代製造と思われる、あるいみ画期的なレコードプレーヤーです。33 1/3回転専用。 この愛らしい VW Type II のミニカーの様なもの自体に、レコード針とスピーカーが内蔵されており、サイドに設けられたアンテナがスイッチで、リアトランクをあけると電池にアクセスできるという、遊び心満載の商品です。

It’s an amazing and fun product indeed – probably manufactured in the 1970s or 1980s. Plays only 33 1/3 rpm microgroove LPs. The player itself looks like a VW Type II minicar, but it has a record stylus under the body, and a speaker on top. The antenna which is located at the side of the body itself works as On/Off switch, and if you open the rear trunk lid, you can access to the battery – it’s all fun.




あまりにも脱力系な面白さなので、動画も置いてみました。デジカメによる動画撮影なので、クオリティは低いですが、ともあれお楽しみあれ!

It’s really fun to see the car running around on the vinyl – even too fun to feel exhausted. And here is a movie (the movie was taken with a digital camera, so don’t complain about low quality). Enjoy!




そして付属のマニュアル。

. . . and the instruction manual . . .

[MUSIC'N instruction manual]



実は、ソニー から同等の商品「ちょろっこ」が一時期販売されていたそうです (5年程前のオーディオ雑誌に載っていました) が、もしかしたらソニーの「ちょろっこ」は、この「MUSIC’N」の OEM だったのかも知れません。

According to a certain Japanese audio magazine issued five years ago, SONY once sold a similar product entitled “ちょろっこ” (pronounced as “chorokko”), which looks identical to the MUSIC’N. So SONY’s chorokko may be an OEM product of MUSIC’N, but I don’t know for sure.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • 78rpm Record Concert at Minton House, Nishi-Ogikubo (2007/08/23)
    2007年8月23日、西荻窪のミントンハウスにて、ポータブル蓄音機で聴く Blue Note 12インチ SP盤、Commodore 12インチ SP盤、というイベントがあったので、参加してきました。
  • CD player production ends at Linn (2009/11/22)
    いつかはこういう日が来るとは思っていましたが、ピュアオーディオ系の名門 LINN がアナウンスする、ということに、大きな時代の節目を感じずにはいられません。 Most of us knew that it would happen in the near future – but this announcement by LINN, one of the most acclaimed companies in the pure Hi-Fi audio field, definitely shows us the big turning point in the audio history. CD player production ends at Linn (BBC News, by
  • 御影石オーデイオボード (2003/09/20)
    備忘録.アナログプレーヤ用のオーディオボードは此処で購入する予定. 向井建設株式会社 web のデザインが若干なんだかなーですが,そこは大目にみましょう. うん万円,うん十万円なんて気違いな値段のまにや向けボードよりよっぽどフツーな値段ですし.…
  • What Rudy Van Gelder Did “Wrong” (2020/12/14)
    先日、オーディオ評論家の山本浩司さんのお宅を訪問する機会に恵まれました。そこで体験した全ては余りに素晴らしく、耳と身体と頭でたくさん受け止めたものを今後の自宅オーディオに活かしたいと思います。持参してかけて頂いた Night Beat / Sam Cooke と STRAVINSKY: Firebird / Dorati, LSO (どちらもオリジナル盤LP)の音はうちでかける何百倍も鳥肌ものでした。リアルで涙がいっぱい出ました。幸せでした。 その訪問時、山本さんが Like Someone In Love / Art Blakey & The Jazz Messengers の再発LPをかけてくれました。ちゃんと確認し忘れたのですが、おそらく Music Matters から出ている重量盤 で、アナログマスターからストレートカッティングしている奴です。つまり RVG Remaster じゃない音ってことですね。 それで思い出したのが、2020年7月21日に書かれたこの記事。7月27日に読んで「そうだよね〜」と思った記憶が蘇りました。 What Rudy Van Gelder Did “Wrong” (Phil Freeman, Reverb.com) 特に以下の箇所が、この記事を要約しています。いかにも Steve Hoffman さんらしい毒舌ですね。 Fans of ultra-pristine sound—the kind of guys who can spend an afternoon ranking
  • DENON raising the price of phono cartridges (2013/09/22)
    定番中の定番である DENON DL-103 / 103R カートリッジ、値上げとのことです。
  • THE SUPREME SOUND OF 78 RPM RECORDS (2011/09/29)
    On August 18, I drove east to Tsukuba City in Ibaraki, to visit my mentor/guru/master of Jazz 78rpm records, Tohru Seya-san – he’s been probably one of the greatest, generous and openhearted collector – also he’s been one of the most dilligent researcher of pre-bop Jazz. もうひと月以上前になりますが、ジャズSPレコードの大先輩というか師匠というか尊師というか、つくばにあるその方のお宅に伺いました。数千枚以上もある膨大なSPコレクターにして戦前ジャズの熱心な研究で知られる 瀬谷徹 さんです。   We had a

10 thoughts on “Record Runner MUSIC'N

  1. A person kindly let me know – the equivalent product was sold in the states, and its name was – ” VINYL KILLER ” – wow, a precise name 🙂
    ある方からの情報で、これと同等品がアメリカ国内でも販売されていたそうです。なんとその名も「VINYL KILLER」!! ある意味、このプレーヤーの本質を表した名前かも (笑)

  2. shaolinさん、これいいですね。
    タイプ2オーナーとしてはぜひ入手したいと考えています(笑)
    やっぱ、レコードにはよくないんですかねぇ?

  3. > やっぱ、レコードにはよくないんですかねぇ?
    あの動作を見てしまえば、とても大事な盤を再生したいとは思えませんねやっぱり (笑)
    本当は Cars の Drive か、Beatles の Drive My Car を再生する映像にしたかったのですが (笑)
    さすがに生贄にする勇気はありませんでした、はい。

  4. HI there,
    I’m really interested to see how the needle mechanism works on this thing – does it really kill you vinyl? Does anyone have a high res image of the instruction manual – or working mechanism?
    Cheers
    David

  5. なつかしいですね〜
    私もまだ持っています。
    30年ほど前、多分、1970年代後半
    毎年秋にある、オーディオショーで始めてみました。
    SONYのブースで再生してデモしているのをみて
    「販売しないんですか?」とむかし聞いたと思います。
    その後、しばらくして自分で購入した物です。
    SONY製では在りません。
    箱には
    「発売元 TAMCO営業開発部」と書かれています。
    いや〜楽しいですよこのおもちゃ。

Leave a Reply to kasumi Cancel reply

Your email address will not be published.