ME-3: A Bossa Nova de Roberto Menescal e Seu Conjunto

ブラジルの若大将 (笑) といえば、やはり カルロス・リラ (Carlos Lyra) か ホベルト・メネスカル (Roberto Menescal) の名前があがるでしょうか。 ME-2 “Balançamba / Lúcio Alves” に続く ELENCO 3枚目は、その若大将 ホベルト・メネスカル による、ボッサ・ノーヴァの「陽」の部分を極限まで引き出した快速アルバムです。今まで同様、ELENCO Discography からもリンクを張ってあります。

Who was the “young boss of summer” in the Brazilian Bossa Nova scene? Maybe many people will mention such names as Carlos Lyra or Roberto Menescal. ELENCO‘s third album (ME-3) by Roberto Menescal is a really refreshing album being filled with “brighter side” of the Bossa Nova. As always, please also refer the ELENCO Discography entry.

[ME-3 Front Cover] [ME-3 Back Cover]
A Bossa Nova de Roberto Menescal e Seu Conjunto
(Elenco [BR] ME-3)
Amazon.co.jp で CD を買う | Buy this CD at Amazon.com

1曲 (A-3) を除いてインストナンバーで構成された本アルバムですが、なんといっても特徴的なのは、極限までスピードアップされたその テンポ設定 でしょう。数曲では全体のアンサンブルが破綻寸前にまでテンポがあげられているのも面白い。おかげでボッサ・ノーヴァに特徴的なあのドラムスのリズムキープが更に際立って、つんのめり気味のリズム進行となっています。

All twelve tracks are instrumentals (except A-3). The most significant point of this album is that the tempo is set very fast on most tracks. On some tracks, the tempo is too fast to keep the ensemble very solid, and it’s quite interesting. So the Bossa-Nova specific rhythms of drums are rolling and rolling . . .

もう一点興味深いのは、ユニークな 楽器編成。フルートとヴィブラフォンがフロントという、なんとも不思議な音世界 (ピアノを担当した Eumir Deodato の趣味?) で、この辺りは好みが分かれるところかも知れません。A-3 のヴォーカルはなんとプロデューサの アロイジオ・ヂ・オリヴェイラ (Aloysio de Oliveira) 本人が担当しているとのこと。

The other interesting point is the unique selection of instruments: flute and vibraphone sits in front, and the ensemble presents very distinctive soundscape (probably the favour of Eumir Deodato who plays piano on this album). I guess some might like this unique sound of ensemble, and some don’t. The last thing I should mention is that the vocal on A-3 is (surprisingly) sung by the producer Aloysio de Oliveira !

[ME-3  Side-A] [ME-3 Side-B]

A-3, B-2, B-4, B-5 の 4曲は Lúcio Alves のアルバムに収録されているバージョンと比較すると面白いです。 Lúcio Alves の絶妙のノドを引き立てるかの如くゴージャスに迫る ME-2 の緻密なアレンジに比べ、こちらの ME-3 では、もうアッケラカンと「夏だ! 海だ!」的な怒涛の勢いで演奏されています。また、全体的なアレンジはジャズ・ボッサ風とも言えますが、1曲がかなり短いため、アドリブの応酬とはなっていないところが、ジャズファンからするとやや物足りないかも知れません。

It’s very interesting to compare the four tracks (A-3, B-2, B-4, B-5) with the ones performed on Lúcio Alves’ “Balançamba” album. Lúcio Alves version (ME-2) is arranged in very gorgeous way, while Roberto Menescal version (ME-3) sounds very speedy, surging up and hot which surely reminds us of hot summer and the sea. Also the arrangements are basically Jazz-Bossa style, but every track is rather short, and there is few improvisations – I’m afraid so-called “Jazz fans” may not like this sound.

良くも悪くも ELENCO レーベルを代表するアルバムの一枚でしょう。さわやかを通り越してホットな気分にもなれる、真夏にピッタリのサウンドです。再発ステレオ盤ではなくモノーラル盤だと更にホットです。

This LP should be one of the most representative albums among ELENCO’s entire catalogue, in many ways. The entire sound is very refreshing, and also so “hot” – it’s just for a hot summer like it is now. Furthermore, the original MONO pressing sounds hotter than reissue stereo pressing – give it a try!

A-1: Desafinado (A.C. Jobim – N. Mendonça)
A-2: Batida Diferente (Durval Ferreira – Mauricio Einhorn)
A-3: Balançamba (R. Menescal – R. Boscoli)
A-4: O Amor Que Acabou (F. Feitosa – L.F. Freire)
A-5: Voce e Eu (Carlos Lyra – Vinicius de Morais)
A-6: Samba Torto (A.C. Jobim – A. Oliveira)

B-1: Garota de Ipanema (A.C. Jobim – Vinicius de Morais)
B-2: Rio (R. Menescal – R. Boscoli)
B-3: Baiãozinho (Eumir)
B-4: Dan-Cha-Cha (R. Menescal – R. Boscoli)
B-5: Nós e o Mar (R. Menescal – R. Boscoli)
B-6: Só Danço Samba (A.C. Jobim – Vinicius de Morais)

Henri(fl), Ugo Marotta (vib, arr), Eumir Deodato (p, arr), Roberto Menesgal (g, arr),
Sergio Barroso Neto (b), Joao Palma (ds), Juquinha (ds),
Aloysio de Oliveira (vo).

Produced by Aloysio de Oliveira.
Engineered by Norman Sternberg.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • ME-2: Balançamba / Lúcio Alves (2006/04/27)
    ELENCO レーベルの2枚目 ME-2 は、ルシオ・アルヴェス (Lúcio Alves) の大名盤。全曲ホベルト・メネスカル (Roberto Menescal) 作曲、ホナルド・ボスコリ (Ronaldo Bôscoli) 作詞、ネルソン・リドル アレンジのフランク・シナトラ盤を彷彿とさせるゴージャスな作品です。
  • ELENCO Discography (original LPs) (2004/10/31)
    Bossa Nova 誕生を鮮やかに告げたとされるジョアン・ジルベルト (Joao Gilbelto) の1959年リリース “Chega de Saudade” でプロデューサを務めたアロイージオ・ヂ・オリヴェイラ (Aloysio De Oliveira) が設立した名門レーベル、ELENCO。
  • ME-1: Vinicius & Odette Lara (2005/12/25)
    ブラジル ELENCO レーベルの記念すべき1枚目は、ヴィニシウス・ヂ・モライス (Vinicius de Moraes) とオデッチ・ララ (Odette Lara) の2人によるアルバム。バーデン・パウエル (Baden Powell) の名曲がずらりと並ぶ良盤です。
  • ME-10: Nara Leão (2006/05/04)
    ELENCO レーベルの10枚目 ME-10 は、ナラ・レオン (Nara Leão) のデビューアルバム。いわゆる「ボッサ・ノーヴァ」らしからぬ芯の強い曲調とアレンジ、しかし時折見せる暖かく柔らかい人間味、両者が緊張感あるバランスで成立しているという、かなり硬派な仕上がりのアルバムです。
  • ME-9: Antônio Carlos Jobim (2006/05/14)
    ELENCO レーベルの9枚目 ME-9 は、あのアントニオ・カルロス・ジョビン (Antonio Carlos Jobim) のアルバムなのですが、内容はなんと米 Verve レーベルから出て大ヒットを記録した “The Composer of Desafinado, Plays” そのものです。
  • ME-7: Um Senhor Talento / Sérgio Ricardo (2021/11/06)
    ELENCO レーベルの7枚目 ME-7 は、セルジオ・ヒカルド (Sérgio Ricardo) の個性溢れる味わい深いアルバム。全曲自作で、アレンジも多岐に渡り、ボッサ・ノーヴァ全盛期であってもそのユニークな個性が光ります。何度聴いても飽きないスルメ的愛聴盤です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *