That’s A Plenty! (Part 1)

私がここ暫く Plays Monk ものにドップリ浸っている一方、5歳の娘は最近ある曲に熱狂的にハマっています。

I’ve been exploring the vast world of “Plays Monk” by various musicians (as you see on my previous posts here), while my five-years-old daughter fell deeply in love with one particular song.

 

1914年、Lew Pollack 作曲、Ray Gilbert 作詞のスタンダードナンバー、「That’s A Plenty」です。

The song is “That’s A Plenty”, an old standard tune written by Lew Pollack and Ray Gilbert in 1914.

 
[That's A Plenty Cover]
 

(私のお下がりの)娘の iPhone には、現時点で32バージョン(一部同一演奏の重複あり)の「That’s A Plenty」が同期されており、毎日何度も何度も聴いたり歌ったり弾いたりして楽しんでいます。

Her iPhone (handed down from me) always contains many versions of “That’s A Plenty” (32 versions so far) – she enjoys this number so much, listening to it, humming along with it, playing it on keyboards, etc.

 
[That's A Plenty]




娘がハマる直接のきっかけは、2013年3月10日、近所の小学校の金管バンド倶楽部定期演奏会でした。定期演奏会の前に、なんと、中川喜弘&ディキシーサミット の演奏が聴けるというので、これは是非、と思って小学校に向かったのでした。

It was March 10, 2013 when she firstly met the song (and fell in love with it) – an annual recital by an elementary school brass band was held at the gymnasium of the school, and I thought we would go there, as I knew there was also a demonstrational performance by the professional Jazz musicians, Yoshihiro Nakagawa & Dixie Summit.

 
[Yoshihiro Nakagawa & Dixie Summit]

 

メンバーは中川喜弘 (tp)、中川英二郎 (tb)、後藤雅広 (cl)、青木研 (bjo)、家中勉 (tuba)、日高広 (ds)。特に中川英二郎さんと青木研さんの参加が個人的には大変嬉しく、広い体育館の真ん中で、かぶりつきで名人芸を拝聴できたのは感激でした。青木さんはガーシュインの「Rhapsody In Blue」をなんとバンジョーソロで演奏して下さり、もう垂涎もの。

Members included Yoshihiro Nakagawa (tp), Eijiro Nakagawa (tb), Masahiro Goto (cl), Ken Aoki (bjo), Tsutomu Ienaka (tuba) and Hiroshi Hidaka (ds). Personally the performance by the two masters, Eijiro Nakagawa and Ken Aoki, was the most amazing to listen to. Aoki-san even peformed Gershwin’s “Rhapsody In Blue” in unaccompanied banjo solo!

 
[Yoshihiro Nakagawa & Dixie Summit]

 

「…まず最初に演奏しますのは、もっとも有名なジャズの曲です…」と中川喜弘さんがマイクで説明したあと演奏されたのが、「That’s A Plenty」でした。模範的かつスリリングな、ホントにいい演奏でした。

The first tune they played in front of hundreds of kids and parents, with a preliminary statement by Yoshihiro-san “…the first tune we’re gonna play is, probably, one of the most famous Dixieland standards…” was “That’s A Plenty” – a very standard, very exemplary, very enjoyable performance it really was!

 
[Yoshihiro Nakagawa & Dixie Summit]

 

前列で体操マットの上に正座してかぶりつきで演奏を堪能した娘は、演奏会が終わったあと「すてきなきょく!ほんもののトランペットとトロンボーンのおとは、とてもすてき。だけど、ちょっとうるさかったからびっくりした!」と言ってました。

My daughter, who was sitting straight on a gymnastic mat while listening to the professional performance, told me her impression: “I love the first number! Real trumpet sound, and real trombone sound, both were really wonderful! But I was surprised because the sound was too loud!“

 


 

それから10日後、自転車でお散歩中に「That’s A Plenty」を鼻歌で歌うほど気に入っていました。

Just ten days after the recital, she was humming a melody of “That’s A Plenty” while riding a bicycle! She really fell in love with this old tune!

   


 

そこで、手持ちの CD や LP をゴソゴソ探して、あれこれ古今東西の「That’s A Plenty」を聴かせてみることにしました。残念ながら、同曲はうちの数少ない SP コレクションの中からは見つかりませんでした。

So I started looking for various “That’s A Plenty” from my own CD/LP collection (unfortunately I don’t have any ”That’s A Plenty” in my 78 rpm collection…), and I thought I wanted to let her listen to them.

 

次回へ続く)

(continued to the next entry…)


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • That’s A Plenty! (Part 2) (2013/06/14)
    娘が生まれて初めて「That’s A Plenty」を聴いてからはや3ヶ月。未だにこの楽曲に飽きる気配はみせません。クルマで移動中は、かならず That’s A Plenty プレイリストの再生をせがみますし、最近購入したディジタルピアノでも That’s A Plenty の Aメロ Bメロを嬉々として弾き、自転車でお散歩中も鼻歌でメロディを歌う毎日です。 It’s been three months since my daughter knew that old standard tune “That’s A Plenty”, and she never lost interest to this song: she always ask me to play the playlist (on my iPhone) containing various versions of “That’s A Plenty”; she loves
  • Eddie’s Back on Stage – and I’ll be back shortly (2009/03/26)
    Eddie Landsberg Trio (feat. Kyohei Yamamoto on guitar, Kazumasa Oyamada on drums) at the Organ Jazz Club in Tokyo, on March 22, 2009.
  • Feb. 28, 2004: Jam Session Night at Eddie’s Lounge (2004/02/29)
    Here I come again. It’s been several months since I visited Eddie-chan’s lounge located at Kitasenju last (when his lounge was a grand opening day). To tell the truth, at that time I thought and was afraid whether he…
  • Eddie-san’s brand new CD (2004/06/08)
    Eddie Landsberg さんから, この前アメリカで録音した 新譜のラフミックス CD-R が届きました. いま聴いている最中です. My friend Eddie Landsberg-san kindly sent me the CD-R containing pre-master mix of his brand new album, which he recorded in his homeland a while ago. I am currently listening to…
  • Congrats to Eddie’s Lounge Grand Opening! (2003/11/29)
    2003年11月26日水曜日,北千住にお住いのハモンドオルガンプレーヤー Eddie Landsberg さん のラウンジ Eddie’s Lounge がオープン初日だったので,参加してきました. 来店されていたのは,主に Eddie さんのご近所さんや,音楽関係の知り合い,英会話/ピアノ/オルガンの生徒さんでしたが,こじんまりした店内は (初日ということもあってか) 大盛況.2日目以降も赤字が出ないことを祈ります(笑) もともと Eddie さんが私にメールでコンタクトを取ってきて下さったのですが,とても気さくでかつディープな音楽マニアなプロのミュージシャンという不思議なキャラクターの持ち主です.もう今では東京の下町にぞっこんの御様子 (日本人の奥さんも下町の方). 敬愛するプレーヤーは Wild Bill Davis や Earl Bostic という時点で既にレアものです.Shirley Scott さんや Big John Patton さんに師事を仰いだ経験をお持ちで,旧き良きハモンドスタイルからファンクがかったスタイルまでなんでもこなされます.事実,店内のテレビでは映画 “Wattstax” やら,垂涎モノの JB 尊師の貴重な映像やらが流れていました. 上述の通りお店は狭いので,コンボ演奏はちょっと無理ですが,Hammond B3 ソロだけで充分ノリノリな演奏をして下さいました.後半には (今回は内輪な面子が多かったせいもあって)…
  • Visiting Seya-san’s House (2006/09/24)
    相変わらず忙しさは続いていますが、息抜きを兼ねて昨日つくばの 瀬谷さん のお宅に遊びに行ってきました。美味しい料理とお酒を交わしつつ、 SP の奏でる素敵な音色に包まれて瀬谷さんと岡村さんと過ごす至高の7時間でした。 I’ve still been very busy these days, but I also need a refresh – yesterday I visited Seya-san, an awesome Jazz 78rpm collector, living in Tsukuba, Ibaraki. The living room was filled with warm…

2 thoughts on “That’s A Plenty! (Part 1)

  1. Pingback: Flat Foot Floogie (with a Floy-Floy) | microgroove.jp

  2. Pingback: サイモンガーモバイルを聴かずして死ぬべからず | microgroove.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *