Flat Foot Floogie (with a Floy-Floy)

My six-years-old daughter, whose best favourite tune so far is “That’s A Plenty”, recently found another favourite tune of her own – it’s “Flat Foot Floogie” – maybe I’m not a good daddy to her…

That’s A Plenty」に続き、よりによって娘の愛聴曲となってしまったのが「Flat Foot Floogie」。ここ数日は常に鼻歌で歌っている始末です。。。きっと私は悪い親なんでしょう(笑)

 

Not sure if it was correct, but I’ve read somewhere on the Internet that the original title of this particular tune was “Flat Feet Floozie (with a Floy-Floy)” (“floozie/floosie”: slang for “an easy female or a street girl”; “floy-floy” slang for a venereal disease…), but the title was changed at the last minute.

間違いかもしれませんし、詳しくは知らないのですが、この曲はもともと「Flat Feet Floozie (with a Floy-Floy)」というタイトルだったそうで(“floozie/floosie” が売春婦、“floy-floy” が性病をそれぞれ表すスラングなんだそうで。。。)、リリースの直前にタイトルが変えられたんだとか。

 

Anyway, this funny and entertaining tune (with nonsense lyrics) is of course one of the trademark songs by Slim Gaillard. The original version was recorded on February 17, 1938 by “Slim and Slam”, and initially issued on Vocalion 4021 (78 rpm).

ともあれ、この意味不明な歌詞でとにかく楽しい楽曲は、もちろん スリム・ゲイラード (Slim Gaillard) の名刺代わりとなる代表曲の1曲で、オリジナルバージョンは 1938年2月17日に スリム・アンド・スラム によって録音され、Vocalion 4021 (78 rpm) としてリリースされました。

 
SLIM AND SLAM:

Slim Gaillard (ds, g, vo, vib), Slam Stewart (b, vo),
Sam Allen (p), Pompey "Guts" Dobson (ds).

                                        Recorded in NYC on February 17, 1938.

22318-4    The Flat Fleet Floogee                              Vocalion 4021
22319-5    Chinatown, My Chinatown                             Vocalion 4021
22320-3    That's What You Call Romance                        Vocalion 3981
22441-2    Ti-Pi-Tin                                           Vocalion 3981
 

 

This tune soon became popular among the scene, and many musicians recorded this particular tune one after another – Benny Goodman even recorded this tune and his version became Number One in the chart.

この曲は当時あっという間に人気を博し、ミュージシャンが次々と吹き込みを行ったそうです。ベニー・グッドマン ですらこのジャイブ感たっぷりの楽曲を録音し、当時チャートで1位を獲得したそうです。

 

Now that I have to collect many versions of “Flat Foot Floogie” for my daughter (LOL), here’s the summary of the recorded versions (most are what I already have) in chronological order for my own reference. I hope I can find many more good versions soon:

娘のために、この「Flat Foot Floogie」のバージョンを多数集めなくてはいけないので(笑)、自分用の備忘録も兼ねて、以下に録音年月日順に(既に音源を所有しているものを中心に)各種バージョンを列挙しておきます(これに際して安藤さんや豊田さんに FB 上で情報を頂きました。ありがとうございます)。これ以外にも良い演奏が見つかりますように。。。

 


 

娘の大好きな ミルト・ハース (Milt Herth) バージョンはなかなかジャイブ風味が効いていて原曲に劣らぬファニーさがあります。エンディング付近の素っ頓狂なヴォーカルがかなりポイント高し!

 
Milt Herth Quartet:

Milt Herth (org), Willie "The Lion" Smith (p, cel),
Teddy Bunn (g, vo), O'Neil Spencer (ds, vo).

                                        Recorded in NYC on April 28, 1938.

63682-A    The Flat Foot Floogie                               Decca 1800
 
 


 

最もヒットしたと言われる(?)ベニー・グッドマン (Benny Goodman) バージョンも、スウィング系ビッグバンドの良さとジャイブ的なフレーバーが(一般リスナー的に)ほどよくブレンドしていて、確かにヒットしたのはうなずける完成度です。

 
Benny Goodman and his Orchestra:

Harry James (tp), Ziggy Elman (tp), Gordon Griffin (tp),
Red Ballard (tb), Vernon Brown (tb),
Benny Goodman (cl, dir),
Dave Matthews (as), Noni Bernadi (as),
Arthur Rollini (ts), Bud Freeman (ts),
Jess Stacy (p), Ben Heller (g), Harry Goodman (b), Dave Tough (ds),
Joe Belford (arr), Orchestra, Martha Tilton (vo).

                                   Recorded in NYC on May 31, 1938.

023518-2    The Flat Foot Floogee                     Victor 25871
 
 
 


 

サッチモ 参加の ミルズ・ブラザーズ (The Mills Brothers) バージョンはさすがの唸る仕上がり。

 
Louis Armstrong with The Mills Brothers:

Louis Armstrong (tp, vo),
Harry Mills (vo),  Herbert Mills (vo), Donald Mills (vo), John Mills (vo),
Norman Brown (g).

                                         Recorded in NYC on June 10, 1938.

63950-A    The Flat Foot Floogie                               Decca 1876
 
 
 


 

ジャンゴ のバージョンは微妙にベクトルが違う感じ。。。

 
The Quintet of The Hot Club de France with Django Reinhardt and Stéphane Grappelly:

Stéphane Grappelly (vln), Django Reinhardt (g),
Joseph Reinhardt (g), Eugène Vées (g), Roger Grasset (b).

                                    Recorded in London, England on August 30, 1938.

DR-2878-1    The Flat Foot Floogie                               Decca F-6776 (UK)
 
 
 


 

ジャイブ風味なビバップ、といった趣の バード (Charlie Parker) 入り ゲイラード バージョンもかなりいい感じ(そらそうか)。

 
Slim Gaillard and his Orchestra:

Dizzy Gillespie (tp), Charlie Parker (as), Jack McVea (ts),
Dodo Marmarosa (p), Slim Gaillard (p, g, vo), Bam Brown (b, vo), Zutty Singleton (ds).

                              Recorded probably in Hollywood, CA on December 29, 1945.

BTJ39-2    Flat Foot Floogie                                          Bel-Tone BT-758
 
 
 


 

変名での レイ・ブライアント (Ray Bryant) バージョンは、別の魅力を醸し出すアレンジがすてき。

 
Honeyboy Homer (aka Ray Bryant):

Honeyboy Homer (aka Ray Bryant) (p), Jimmy Rowser (b), Williams “Mickey” Collins (ds).

                                                            Recorded in NYC, May 1955.

-    The Flat Foot Floozie                                                 Gotham 310 
 
 


 

ジョン・ヘンドリクス (Jon Hendricks) のロアリング・トゥエンティーズ的アレンジは個人的には好きです(ポインター・シスターズ参加もグー)。

 
Jon Hendricks:

Larry "Tricky" Lofton (tb), Hadley Caliman (ts, fl),
Larry Vukovich (p), Melvin Seals (org),
Eddie Duran (g), Tom Rutley (b),
Lenny McBrowne (ds), Benny Vallarde (perc),
Jon Hendricks (vo, perc), Judith Hendricks (vo), The Pointer Sisters (vo),

              Recorded at Wally Heiders Studio, San Francisco, CA in 1975.

-    Flat Foot Floogie                                     Arista AL-4043
 
 

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Groovin’ High / Dizzy Gillespie, Charlie Parker (2007/09/29)
    ( . . . きちんと音楽を聴ける時間がやっととれた . . . ) This afternoon mother-in-law went long way back to Kobe. She stayed with us for about a month to help us with the baby. Thank you so much anyway. The only…
  • The Bright Mississippi / Allen Toussaint (2009/07/15)
    (This entry is my casual review on Allen Toussaint’s brand new album. I don’t think the English version of this article will be available this time . . .) 音楽のダウンロード販売も非常にポピュラーになってきたこのご時世、国内の音楽となると、さすがに LP での新譜リリースというのはほとんどみかけなくなりましたが、海外では音楽ジャンルによっては LP での同時リリースも (限定販売的であることが多いものの) 根強く残っているようです。 私の場合、LP でリリースされない音源を買わない、なんてことはさすがにありませんが、CD と LP の両方のフォーマットでリリースされると分かった盤については、躊躇なく LP で買ってしまいます。 それにしても、CD でも出ているのに、どうしていまさら LP の方で買ってしまいたくなるのか。   もうこれは、正直に言って、収録されている音楽の内容に関わらず、メディア として LP
  • Satchelmouth Baby / Four Jumps of Jive (2009/04/18)
    1945年に設立されたマーキュリー (Mercury) レーベルの最初のリリースは Four Jumps of Jive によるものでしたが、このバンドのリーダーは、あのウィリー・ディクソン (Willie Dixon) でした。
  • My Best 5 Acquisitions in 2005 (2006/01/06)
    あっという間に2005年は過ぎ、2006年を迎えました。今年も宜しくお願いします。 The year 2005 passed so fast, and here comes the next year 2006 already. I sincerely hope you’ll have another nice year as vinyl/music collectors. 昨年1年間は、コレクターとしてはあまり成果があった年とはいえませんでしたが、またまたいろんな音楽に出会うことができました。振り返って個人的ベスト 5 (プラス、番外編) を列挙してみましょう。 Speaking of myself, the year 2005 was not the…
  • Your choice? LP with cover, or 78rpms without cover? (2007/07/02)
    ある人種 (笑) にとっては、究極の選択かも知れません。 同一内容、同時期リリースのアルバムだとして、 ジャケット付の LP をとるか、 ジャケなしの SP をとるか。
  • That’s A Plenty! (Part 2) (2013/06/14)
    娘が生まれて初めて「That’s A Plenty」を聴いてからはや3ヶ月。未だにこの楽曲に飽きる気配はみせません。クルマで移動中は、かならず That’s A Plenty プレイリストの再生をせがみますし、最近購入したディジタルピアノでも That’s A Plenty の Aメロ Bメロを嬉々として弾き、自転車でお散歩中も鼻歌でメロディを歌う毎日です。 It’s been three months since my daughter knew that old standard tune “That’s A Plenty”, and she never lost interest to this song: she always ask me to play the playlist (on my iPhone) containing various versions of “That’s A Plenty”; she loves

2 thoughts on “Flat Foot Floogie (with a Floy-Floy)

  1. Pingback: サイモンガー・モバイルを聴かずして死ぬべからず | microgroove.jp

  2. Thank you so much for this excellent post! I was looking up some information for my own blog (I write about swing music in Chinese for readers in Taiwan), and found your page most helpful. Keep up the good work 🙂

    p.s. I think your daughter demonstrates infallible taste in her preference for That’s A Plenty and Flat Foot Floogie!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *