Calculus and XXXX

ジャケットは同類(数学と化学)だけど。

どちらも(わたしの大好物な)ボーダーレスな音楽だけど。

それぞれ、方向性が全く異なるのが面白い、2作品です。

Calculus, XXXX

ジョン・ゾーン (John Zorn) の Calculus (2020, Tzadik) 。

こちらは、伝統的フリージャズ(ってなんじゃそりゃ)の延長線上にあるように思わせておいて、突然現代音楽風になったりハードバップぽくなったりラウンジミュージックぽくなったり、と、静と動の対比が美しい作品。

Calculus / John Zorn

John Zorn’s Calculus
(2020, Tzardik TZ-8371)

これ、全てアドリブじゃなくて、譜面通り弾いてるんでしょうね。

ほぼ全ての Tzadik 作品に共通する、生々しい録音とミキシングも好印象。

演奏はブライアン・マルセラ・トリオで、御大はいつものように作曲、アレンジとプロデュースのみ。

Brian Marsella(p)
Trevor Dunn (b)
Kenny Wollesen(ds)

Recorded at Oktaven Audio in Mount Vernon, NY on January 10, 2020.
Recording Engineer: Ryan Streber

一方、Wollny – Parisien – Lefebvre – LillingerXXXX (2021, Act) 。

こちらは、8時間に及んだ完全即興演奏をジェイソン・キングスランドが10曲45分に編集したもの。

XXXX / Wollny - Parisien - Lefebvre - Lillinger

XXXX / Wollny – Parisien – Lefebvre – Lillinger
(2021, ACT 9924-2)

ボーダーレスな活躍で有名な4人による、もはやジャンル分け不可能な秀逸の演奏群。どこまでも気持ちいいです。

なお、タイトルの XXXX は “eXplore / eXpand / eXploit / eXterminate” という意味だそうで。

このアルバムは LPも出ている ようなので、機会があれば入手してみようかな。

Michael Wollny(p, el-p, synth)
Emile Parisien(ss)
Tim Lefebvre(el-b, electronics)
Christian Lillinger(ds, perc)

Recorded live at A-Trane, Berlin in December 2019.
Recording Engineer: Gleb Zagrebin

どちらの作品も、聴き込めば聴き込むほど新しい発見がある、スルメ的アルバム。

しばらく楽しめそうです。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Technics SU-R1000 試聴記 #04/#05: S/PDIF 入力で試聴 (2021/09/06)
    試聴4日目 (2021年6月22日) は、NO MUSIC, NO LIFE な娘による比較試聴。続いて5日目は、やっとS/PDIF RCA直入力による試聴です。 パナソニック勤務の友人の計らいによ …
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 6: Hal Willner – That’s The Way I Feel Now (2013/04/16)
    真打ちその1。全てのモンクトリビュートものの規範となる素晴らしいアルバムです。 唯一といっていい欠点は、(過去に多くの方が指摘してきたように)「このアルバムがモンク存命中に出なかったこと」という一点 …
  • How The Funk Was Won: The Simonger & Funk Story, Pt. 5 (Extra Edition) (2015/12/25)
    サイモンガー&ファンクの主要メンバー(サイモンガーさん、ファンクさん、ファンクラ大臣さん)へのロングインタビューは、前回の Pt. 4 でついにサイモンガーさんとファンクさんが出会われた時期 …
  • Serie ‘Le Pop’ (2007/06/21)
    というわけで、 33 1/3回転 の方でかかっていたのは、 Toog の 「X’tern」 という曲でした。 コンピレーションアルバム 「Le Pop」 の C面2曲目に収録されています。 Le P …
  • R.I.P., Mr. Jim Hall, The Greatest Jazz Guitar Stylist In History (2013/12/11)
    来年1月の来日を楽しみにされていた方は私だけではないはず。こんなにも早く、お別れになってしまうなんて。 最近は少し体調を崩されていたとのことですが、自宅ベッドで眠るように亡くなられたとのこと。。。 …
  • Cross Patch c/w Cabin In The Sky / Fats Waller (2011/06/12)
    I once posted the article on “Mary Had A Little Lamb” 78 rpm by Willie Bryant (“C …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *