Calculus (John Zorn) and XXXX (Wollny-Parisien-Lefebvre-Lillinger)

ジャケットは同類(数学と化学)だけど。

どちらも(わたしの大好物な)ボーダーレスな音楽だけど。

それぞれ、方向性が全く異なるのが面白い、2作品です。

Calculus, XXXX

ジョン・ゾーン (John Zorn) の Calculus (2020, Tzadik) 。

こちらは、伝統的フリージャズ(ってなんじゃそりゃ)の延長線上にあるように思わせておいて、突然現代音楽風になったりハードバップぽくなったりラウンジミュージックぽくなったり、と、静と動の対比が美しい作品。

Calculus / John Zorn

John Zorn’s Calculus
(2020, Tzardik TZ-8371)

これ、全てアドリブじゃなくて、譜面通り弾いてるんでしょうね。

ほぼ全ての Tzadik 作品に共通する、生々しい録音とミキシングも好印象。

演奏はブライアン・マルセラ・トリオで、御大はいつものように作曲、アレンジとプロデュースのみ。

Brian Marsella(p)
Trevor Dunn (b)
Kenny Wollesen(ds)

Recorded at Oktaven Audio in Mount Vernon, NY on January 10, 2020.
Recording Engineer: Ryan Streber

一方、Wollny – Parisien – Lefebvre – LillingerXXXX (2021, Act) 。

こちらは、8時間に及んだ完全即興演奏をジェイソン・キングスランドが10曲45分に編集したもの。

XXXX / Wollny - Parisien - Lefebvre - Lillinger

XXXX / Wollny – Parisien – Lefebvre – Lillinger
(2021, ACT 9924-2)

ボーダーレスな活躍で有名な4人による、もはやジャンル分け不可能な秀逸の演奏群。どこまでも気持ちいいです。

なお、タイトルの XXXX は “eXplore / eXpand / eXploit / eXterminate” という意味だそうで。

このアルバムは LPも出ている ようなので、機会があれば入手してみようかな。

Michael Wollny(p, el-p, synth)
Emile Parisien(ss)
Tim Lefebvre(el-b, electronics)
Christian Lillinger(ds, perc)

Recorded live at A-Trane, Berlin in December 2019.
Recording Engineer: Gleb Zagrebin

どちらの作品も、聴き込めば聴き込むほど新しい発見がある、スルメ的アルバム。

しばらく楽しめそうです。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Hooray for Petra Haden! (2021/12/13)
    知ったきっかけは The Who Sell Out のアカペラ多重録音アルバム。キュートで透明な声の持ち主と言っていいのか、鬼才と言って良いのか、とにかく、ペトラ・ヘイデンさん、ザット・ドッグに始まり、ジャンル横断的な大活躍が本当にステキです。まだまだ全部聴けてないので、これからますます追っていこうと思います。
  • Technics SU-R1000 試聴記 #04/#05: S/PDIF 入力で試聴 (2021/09/06)
    お借りした Technics SU-R1000 の試聴記/レビュー、4日目(2021年6月22日)は娘の比較試聴、5日目(6月23日)は S/PDIF ディジタル直入力のテスト。
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 6: Hal Willner – That’s The Way I Feel Now (2013/04/16)
    真打ちその1。ハル・ウィナー プロデュース作、全てのモンクトリビュートものの規範となる素晴らしいアルバムです。唯一といっていい欠点は、(過去に多くの方が指摘してきたように)「このアルバムがモンク存命中に出なかったこと」という一点だけでしょう。オリジナルのリリースは1984年。モンクがこの世を去った2年後になります。
  • John Patton 弐題 (2004/08/28)
    グラント・グリーンのアルバムを辿っていくと、必ずオルガンプレーヤー人脈を追うことになりますが、名門 Blue Note レーベル上では1962〜1966年に音源が残されたジョン・パットンとの諸作における相性の良さはずば抜けているといえましょう。
  • How The Funk Was Won: The Simonger & Funk Story, Pt. 5 (Extra Edition) (2015/12/25)
    サイモンガーさん、ファンクさん、ファンクラ大臣さんへのロングインタビュー連載。Pt. 5 では、お三方にそれぞれ「今までに影響を受けた20枚」を選んでいただき、それを紹介する回です。いろんな音楽の影響を有形無形に受けておられるのがよくわかりますね。
  • Record Makers and Breakers (John Broven), Pt.2 (2010/04/14)
    昨年11月にここで紹介した「Record Makers and Breakers – voices of the independent Rock ‘n’ Roll Pioneers -」という書籍があまりにも面白いので最近再びハマってます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.