Hooray for Eddie Bo

エディ・ボー (Eddie Bo)。知る人ぞ知る、なんでしょうか、ニューオーリンズの至宝。自己名義での大ヒット作には恵まれることはありませんでしたが、ニューオーリンズ R&B 〜 ニューオーリンズソウル 〜 ニューオーリンズファンク、そしてジャズ、と、その才能を遺憾無く発揮した自己名義作品、および幾多のプロデュース作品で知られます。アーマ・トーマス (Irma Thomas) やアート・ネヴィル (Art Neville) など錚々たるメンバとの共演やプロデュースでも知られています。また、リトル・リチャード (Little Richard) のヒット曲 “Slippin’ And Slidin’” の元ネタ(パクリ元)がエディ・ボーの1956年シングル “I’m Wise” であることも有名です。

 

彼の全盛期の作品は、もともとシングルリリースしかされていないものが多く(もちろんオリジナル盤は入手困難)、そして自己名義に加えてプロデューサとしての作品も多く、結果としていろんなコンピレーションに数曲収録されているのがほとんどなので、全貌をとらえるのがすごく難しかったのですが、さすがに21世紀ともなればいろいろ出ていたり聴けたりするようになってきていますので、それを個人的備忘録的にまとめておこう、というのがこの記事の目的です。

Early Years (1956-1962) Compilations

以前は Rounder レーベルから出ていた “Check Mr. Popeye” などが定番だったようですが、現在は何種類かまとめられた CD が流通しています。

Slippin' And A Slidin' Singles As & Bs 1956-1962

Slippin’ And A Slidin’ – Singles As & Bs 1956-1962
(Jasmine Records JASMCD3137)

Jasmine レーベルからリリースされている2枚組CD “Slippin’ And A Slidin’”。1枚目には上記の “I’m Wise” を含む初期 Ace / Apollo / Checker / Chess レーベルに残されたシングルが、2枚目には Ric / Rip レーベルに残されたシングル「ほぼ」全曲も収録されています(こちらは Ace レーベルから “Baby I’m Wise: Complete Ric Singles 1959-1962” としてリリースされた CD と「ほぼ」同内容です)。

Baby I'm Wise The Complete Ric Singles

Baby I’m Wise: The Complete Ric Singles 1959-1962
(Ace Records CDCHD 1429)

New Orleans Soul (1960s) Compilations

1960年代後半〜1970年代にかけての(いまでも人気が高い)ニューオーリンズファンク期より前の、1960年台中盤あたりのニューオーリンズソウル系音源は、まだ包括的にまとめられたものがリリースされていないようです(もしご存知でしたら教えてください)。いろんなコンピレーションにときたま収録されるようで、例えば “New Orleans Soul 1962-1966” などに数曲収録されていたりします。

そんな中、いまのところ入手が比較的容易な Eddie Bo 名義のコンピレーションとしては、2008年に Vampi Soul レーベルから出た “In The Pocket with Eddie Bo” があげられます。Little Bo 名義の1955年デビュー曲 “Baby” や Huey “Piano” Smith 作曲の 1956年 “We Love Mambo” に始まり、主に1960年代中盤のソウル系シングルがまとめられています。そしてファンク期の代表曲が収録され、最後には Eddie Bo にしては珍しいディスコサウンド “When You’re Fingers On The Funk” (1977?) なんてのも収録されています。

In The Pocket with Eddie Bo

In The Pocket with Eddie Bo
(Vampi Soul VAMPI CD 095)

New Orleans Funk (1969〜1970s) Compilations

そして Scram レコードに移籍した1969年からが、ミーターズ (The Meters) とタメをはるレベルでいまだに根強い人気のファンク期です。ジェームス・ブラック (James Black) やスモーキー・ジョンソン (Smokey Johnson) と言われるこの骨太ファンクドラムが最高です。この時期も自己名義はもとより、さまざまなアーティストのプロデュースやアレンジを行なっていたため、包括的なコンピレーションが待望されます。上記の “In The Pocket with Eddie Bo” にも主要作が収録されているほか、1997年に Funky Delicacies レーベルから出た “The Hook And Sling” も見逃せません。

The Hook And Sling

The Hook And Sling
(Funky Delicacies DEL CD 0006)

また、自己名義の他、プロデュース作をコンパイルした同じく Funky Delicacies レーベルからの “Eddie Bo’s Funky Funky New Orleans” も必聴です。

Eddie Bo's Funky Funky New Orleans

Eddie Bo’s Funky Funky New Orleans
(Funky Delicacies DEL CD 0021)

この時期のエディ・ボーの録音で大活躍の ジェームス・ブラック (James Black) もリーダ作に恵まれなかったドラマーですが、もともとジャズドラマーとしてエリス・マルサリス (Elis Marsalis) バンドでの貢献が有名ですし、キャノンボール・アダレイ (Cannonball Adderley)、ユーセフ・ラティーフ (Yusef Lateef) らとも共演されていたそうです。アーティストとしてのキャリアは Fog City Records の web ページ で詳細にまとめられていて必見です。

そしてファンク系では、1969年、1976年、1982年のレア音源をコンパイルしたアルバム “(I Need) Altitude”が2002年にリリースされています。現在は Bandcamp からロスレス音源がダウンロード購入可能です。

(I Need) Altitude / James Black

(I Need) Altitude / James Black
(Night Train International NTI CD 7105)

Solo Years (1977〜)

エディ・ボー名義でついにソロアルバムがリリースされたのは1977年、 “The Other Side Of Eddie Bo” (Bo-Sound EB-55379) でしたが、これと2枚目の 1980年 “Watch For The Coming” (Bo-Sound EB-55379, なぜかカタログ番号が同じ…) は、私家盤レベルのリリースのため、あまりにも入手困難で中古価格がうん十万円レベルらしいです(ひえぇぇぇぇ)。CDかディジタルダウンロードでリイシューされてくれるといいのですが。。。

私の手元にあるのは現時点ではかろうじて2枚、 1996年のリラックスしたコンボ演奏 “Shoot From The Root” (Soulciety Records ME-00452) と、1995年のソロピアノ作品集 “New Orleans Solo Piano” (Night Train International NTI CD 7025) です。

Shoot From The Root / Eddie Bo
(Soulciety Records ME-00452)

まだまだ未聴のアルバムがいろいろあるので、今後もこつこつと探していきたいと思います。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Eddie Kramer – Woodstock interview (2004/11/05)
    オーディオファイル向けに,過去の名盤や注目の新譜の丁寧な LP リイシューをコンスタントに行ってくれている Classic Records レーベルが, あの “Jimi Hendrix Live at Woodstock” を 200g QUIEX SV-P LP 3枚組 でリリースしました. 私ももちろん CD は持っていますが,この LP リリースも購入予定です. The famous Classic Records label – constantly releases high-quality pressings of historical masterpiece albums (and…
  • Eddie’s Back on Stage – and I’ll be back shortly (2009/03/26)
    Eddie Landsberg Trio (feat. Kyohei Yamamoto on guitar, Kazumasa Oyamada on drums) at the Organ Jazz Club in Tokyo, on March 22, 2009.
  • Hooray for Petra Haden! (2021/12/13)
    知ったきっかけは The Who Sell Out のアカペラ多重録音アルバム。キュートで透明な声の持ち主と言っていいのか、鬼才と言って良いのか、とにかく、ペトラ・ヘイデンさん、ザット・ドッグに始まり、ジャンル横断的な大活躍が本当にステキです。まだまだ全部聴けてないので、これからますます追っていこうと思います。
  • 78 rpm stereo microgroove – Hooray for Rivermont Records! (2021/02/24)
    78回転、ステレオ、マイクログルーヴ(溝の幅が普通のレコードと一緒)、新録、しかもジャンルはトラッドジャズ。そんなステキなリリースをおこなっているのは、アメリカのリヴァーモントレコード (Rivermont Records) 、自らラグタイムピアニストとして活動されている Bryan Wright さんのレーベルです。
  • Congrats to Eddie’s Lounge Grand Opening! (2003/11/29)
    2003年11月26日水曜日,北千住にお住いのハモンドオルガンプレーヤー Eddie Landsberg さん のラウンジ Eddie’s Lounge がオープン初日だったので,参加してきました. 来店されていたのは,主に Eddie さんのご近所さんや,音楽関係の知り合い,英会話/ピアノ/オルガンの生徒さんでしたが,こじんまりした店内は (初日ということもあってか) 大盛況.2日目以降も赤字が出ないことを祈ります(笑) もともと Eddie さんが私にメールでコンタクトを取ってきて下さったのですが,とても気さくでかつディープな音楽マニアなプロのミュージシャンという不思議なキャラクターの持ち主です.もう今では東京の下町にぞっこんの御様子 (日本人の奥さんも下町の方). 敬愛するプレーヤーは Wild Bill Davis や Earl Bostic という時点で既にレアものです.Shirley Scott さんや Big John Patton さんに師事を仰いだ経験をお持ちで,旧き良きハモンドスタイルからファンクがかったスタイルまでなんでもこなされます.事実,店内のテレビでは映画 “Wattstax” やら,垂涎モノの JB 尊師の貴重な映像やらが流れていました. 上述の通りお店は狭いので,コンボ演奏はちょっと無理ですが,Hammond B3 ソロだけで充分ノリノリな演奏をして下さいました.後半には (今回は内輪な面子が多かったせいもあって)…
  • Feb. 28, 2004: Jam Session Night at Eddie’s Lounge (2004/02/29)
    Here I come again. It’s been several months since I visited Eddie-chan’s lounge located at Kitasenju last (when his lounge was a grand opening day). To tell the truth, at that time I thought and was afraid whether he…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *