Can’t Sit Down…’Cos It Feels So Good!: The Complete Modern Recordings / The Ikettes

アイク & ティナ・ターナー (Ike & Tina Turner) のバックコーラスとしてスタートし、単独でも人気グループとなった アイケッツ (The Ikettes)。その Modern レーベル時代、Jessie Smith, Robbie Montgomery, Venetta Fields という黄金期の3人時代の集大成となる、聴き応え満点の好編集盤 です。

1966年に3人は Ike Turner と袂を分ち、Mirettes として独立。バックコーラスとしての Ikettes は P.P. Arnold や Rose Smith, Ann Thomas により継続、以後メンバーが激しく入れ替わっていきます。

それはさておき、お馴染み Ace / Kent レーベルが2007年にリリースした、この1963年〜1966年の編集盤CD、Ace レーベルがこれらオリジナルマスターテープの権利を所有しているだけあって、イントロでのトチりや Ike と Ikettes の雑談もそのまま入っている曲もあったり、新たにステレオミックスされた曲もあったり、非常に好感触のミキシングになっています。

Ike Turner さん、いろいろ言われてるけど、やっぱりすごい職人さんだなぁ〜。

The Complete Modern Recordings / The Ikettes

ただし、じゃっかん音圧が高めなのがもったいないです。これらは日本語では「昆布波形」、英語では「Toothpasting」と呼ばれるものです。さらに、過度の音圧上昇とコンプに走った業界を揶揄して「音圧競争」「Loudness War」と呼ばれています。

そこを差し引くと、非常に良心的な編集がされていると思います。。。が、もう1つ、このCDには最大の難点ががが

各楽曲のインデックス(どこからその曲が始まるか)と、プリギャップ(曲の前のトチリや会話を曲が始まる前の部分としてマーキングしたもの)が、アルバム全体を通して支離滅裂で無茶苦茶なのです。

中には、曲の後半部分、一番もりあがるところで次の曲開始のインデックスが打たれていたり、インデックスとプリギャップ情報が全く役に立ちません。

結局、ビットパーフェクトにリッピングしてのち、Audacity 系の編集ソフトで正しい楽曲単位にシコシコ切り取り、やっと PC に取り込み完了。。。

2007年リリースのCDでもこんなに脇の甘い製品があったとは、びっくりでした。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Capitol Label Variation complete (2006/05/02)
    3月14日付で初稿を公開した 「Capitol Label Variations (in its early era)」。 4月14日に更新状況を 「Capitol Label Variation being updated」 としてお知らせしました。 その後も調査収集を続け、ついに今朝到着したマルーン色レーベル (Long Playing タイプ)、10インチの L- プリフィクスをもって、 buzzy-bee さんのサイトに掲載されているレインボー第3期より前のバリエーションが全部揃いました。ぱちぱち。 まだ一部疑問が残る箇所がありますが、とりあえずこれをもって完成としておきます。 あ、けど「Kenton Jazz Presents」を別レーベルとして扱ったからには、「Classics In Jazz」シリーズも別レーベルとしておいた方がよかったかも . . . うーむ、また気がむいたら更新しておきます (笑)…
  • The Complete Blue Note Recordings of Thelonious Monk (2004/08/13)
    The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker ( My Human Gets Me Blues) より: なんとこいつが(CD7枚組)、元々相場よりかなり安い値付けの上に30%引きで売られていた。人生愚直に真面目にコツコツと生きている人間には神さまがそれなりに報いて下さるということであろう。ありがたく購入させていただいた。 日本では Mosaic を含めたコンプリートアンソロジーものって,あんまり人気ないんですかね. 特に Mosaic,欧米では初期の LP リリース (のシリアル番号が若い奴) とかは,相当な高値を呼んでいるのですが,日本の中古市場では海外のコレクターが羨む程の安値で流通しているのがなんとも.私もかつて,吉祥寺の某店舗 (ってあそこしかないわな) で MR4-101 (Thelonious Monk) と MQ5-172 (Thad Jones) を「ほんまにこんな値段でええんか?!?!」という程の安値で入手しました.      The Complete Blue…
  • The Complete Recordings Of Milt Buckner (2003/12/23)
    備忘録.非常に良くまとまってるサイトです.素晴らしい! The Complete Recordings Of Milt Buckner (at JAZZdocumentation site) 追記 (February 3, 2004) ここ半月程 jazzdocumentation.ch に unreachable なので,以下のリンクを追加: The Complete Recordings Of Milt Buckner (WebArchive 上のアーカイブ)…
  • Don’t Stop The Music / George Jones (2007/06/14)
    これは 先日届いた14枚 の中の 1枚ではないのですが、先月か先々月に「ついでに」入手したものでした。しかしここまで素晴らしい内容だったとは嬉しい誤算です。 This 78rpm is not one of the fourteen 78rpms I got the other day – probably I bought this a month or two ago along with several other 78rpms I won. However, the music was…
  • Various V.A. LPs, Pt.1 – Riverside Modern Jazz Sampler (2005/12/13)
    V.A. アルバム特集第1回 は Riverside レーベルの編集盤、1956年にリリースされたモダンジャズサンプラーです。
  • Don’t Look Back / David Allyn (2006/05/10)
    デヴィッド・アリン (David Allyn) が Xanadu レーベルに残したソロアルバム。バリー・ハリス (Barry Harris) とのデュオですが、同じデュオアルバムでもトニー・ベネット (Tony Bennett) とビル・エヴァンス (Bill Evans) のものとは異なる雰囲気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.