King of the Kora: An Introduction / Toumani Diabaté

マリのコラ奏者 トゥマニ・ジャバテ (Toumani Diabaté) のコンピレーション。2009年リリース。

CD 2枚組で、1枚目は自己名義のアルバム(1988〜1999)からの選曲が中心、同じくマリ出身のコラ奏者、NØ FØRMAT! レーベル での諸作も人気のバラケ・シソコ (Ballaké Sissoko) との共演も含む。ただただ美しい調べと響きが心地よい(アルバムによってホールエコー成分多めのものもあり)。

2枚目はタジ・マハール (Taj Mahal) やホセ・ソト (José Soto)、ダニー・トンプソン (Danny Thompson) などとの共演アルバムからピックアップされたコラボレーション集、ブルースやジャズ、フラメンコなどとマリの民族音楽のフュージョン的な楽曲から、コラの可能性を堪能できる。

オーディオ的にも優れた録音が多く、同時にマリの伝統音楽入門としても、コラ(楽器)の幅広い可能性を楽しめる良質なコンピレーションとしても、最適な盤。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • レコードサブスクは楽しい (3): NØ FØRMAT! (2021/10/09)
    パンアフリカ的無国籍ノージャンル、バラエティ豊かなのにレーベルとして一本筋が通っている NØ FØRMAT! は、音楽も録音も最高です。年間サブスクで LP / CD / ディジタルをお得に入手でき、レーベルやミュージシャンの応援にもなります。
  • Serie ‘Le Pop’ (2007/06/21)
    2002年リリースの、主にここ10年くらいの現在進行形フレンチポップのコンピレーションですが、単に BGM として聞き流すには惜しいほど、粒ぞろいのアレンジや楽曲が次から次へと楽しめます。むしろ、ジャケットのほんわかぶりとは異なり硬派揃いのセレクションで、どちらかというとオルタナポップ的感触もあります。
  • Various V.A. LPs, Pt.2 – Jazz Series Vol.8 (2005/12/13)
    V.A. アルバム特集第2回。クリフォード・ブラウン (Clifford Brown) のエマーシー (EmArcy) 時代の未発表録音が収録されているので有名な Time レーベルの編集盤です。
  • Siriá / Mestre Cupijó e Seu Ritmo (2021/11/15)
    アフリカの秘宝的音楽のコンピレーションをじゃんじゃん再発している Analog Africa レーベル、ブラジル北部のカリビアンっぽくアフロっぽくサンバっぽく、なんと形容していいのか分からないすごいアルバムを2014年にリリースしていました。2021年にはLP盤の再発も行われているようです。
  • The Stairs’ Four Maxi Singles (2006/08/22)
    As I mentioned in the past article, I love The Stairs and Edgar Jones (aka Edgar Summertyme) so much. The Stairs released four maxi singles in 1991-1992, as well as their only album. The maxi singles contains innevitable tracks which cannot be heard on the album. Also, they contains cover versions of very scarce 1960s
  • Jim’nastics: The Jazz Jousters strumming with Jim Hall (2014/01/11)
    偉大なるギタリスト Jim Hall の名演・名フレーズをサンプリングした Jazz Jousters のアルバムが Bandcamp で公開されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.