The Cat on a Hot Thin Groove

[The Cat on a Hot Thin Groove]

瀬谷さん のところの 掲示板 に書かれた木下さんの post で知り,購入しました.

Gene Deitch さん といえば,Tom & Jerry の第二期演出をはじめ,数々のアニメーション/絵本にその名を残すアニメ作家/絵本作家/脚本家として有名ですが,その Gene さんが若かりし頃,ジャズファンの一人として,コレクター向けの有名な雑誌 “The Record Changer” に描かれた挿絵を集大成したものです.

1945年12月号から1951年1月号までの (Gene さんが担当した) 表紙や挿絵,そしてひとつひとつのイラストに対して Gene さんの回想が添えられています.

そしてどの絵からも,レコードが好きな人なら思わずにやりとしてしまう様な仕掛けがあり,同時に Gene さんの音楽に対するふくよかな愛情 (とコレクターとしての屈曲した心理) が読み取れます. おまけとして,最後には CD 時代になってから描かれたイラストも.

かなり大判 (29cm x 37cm x 2.3cm) のハードカバーですが,この内容でこの価格はまさにお買い得です.瀬谷さんのサイトでも 紹介 されていますので興味のある方はどうぞ.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Record Makers and Breakers (John Broven), Pt.2 (2010/04/14)
    昨年11月にここで紹介した「Record Makers and Breakers – voices of the independent Rock ‘n’ Roll Pioneers -」という書籍があまりにも面白いので最近再びハマってます。
  • Record Makers and Breakers (John Broven) (2009/11/02)
    Record Makers and Breakers – voices of the independent Rock ‘n’ Roll Pioneers – by John Broven Published by University of Illinois Press, 2009 ISBN 978-0-252-03290-5 この書籍を Amazon.co.jp で買う | Buy this book at Amazon.com 本日アメリカから届いたハードカバーの書籍。1944年から1966年までにかけてのアメリカのレコード業界 (特にインディペンデントレーベルの勃興) について、数え切れないほどの関係者へのインタビューに裏打ちされた情報をもとに、様々な側面から丹念にアプローチした本です。全640ページ。斜め読みしただけでワクワクしてきました。これからじっくり時間をかけて、貴重な情報を掘り起こしていくことにします。特に個人的リサーチ対象である Mercury レーベルの最初期の情報に期待が膨らみます。 This is a
  • 第180回ジャズSPレコードを聴く会 (2005/11/24)
    Abstract: On November 23th, I went to the Tsukuba city to take part in Jazz 78rpm Concert which was directed by Seya-san (a very famous 78rpm collector in Japan). I really enjoyed the performances of what the Jazz was…
  • 大人ノ科學マガジン – 蓄音機 (2004/12/18)
    レコード愛好家の間で噂の 学研 大人の科学マガジン の 06号「レコード盤録再蓄音機」を遅ればせながら購入しました。 かなりチープな作りとはいえ、実際にパーツを組み立て、音声やら歌やらを録音し再生できること自体はとても素朴で楽しく、ベルリナーが発明した原理を実際に体験できるということは面白いのは勿論なのですが。 私がより感心したのは付属のブックレット。エジソン〜ベルリナーから始まる音の記録とその機械の歴史はもちろんのこと、付属のソノシート作成の際のカッティング工場の様子、そしてもちろんラッカー〜マスター〜マザー〜スタンパーの話まで仔細に書かれており、しかもその文面の節々に「これは相当造詣のある人が監修にあたっているんやろうな」と思わせる香りが漂っています。レコードコレクターやオーディオマニアではない人が読んでも楽しめる様に平易に書かれている反面、マニアが突っ込みをいれそうな箇所では、それらしきこともちゃんと匂わせている。これは凄い。カッティング工場での各工程の写真も非常に興味深いですし、ちゃんとマスタリング/カッティングエンジニアへのインタビューも忘れておらず、あの小鐡徹さんまでひっぱりだしています。 いやはや、これは予想外に面白い号だった様です。実によく構成されていて、レコードというもの/テクノロジーに少しでも興味のある人には文句なしにお勧めです。そこらへんのしょぼいオーディオ雑誌を年間購読するよりも、この号を一冊買って遊び倒して読みつくす方が、どれだけオーディオファイル入門として役に立つことか。 わたし個人的には、知っている話ばかりではありましたが、こういう内容を写真/図版入りで一般人向けに平易に解説していて、しかも付録で実体験できるようになっている、というこの企画には、大変感銘を受けました。…
  • Classique – Cover Art for Classical Music (2008/09/02)
    Classique – Covert Art for Classical Music by Horst Scherg Published by Gestalten, Berlin 2008 ISBN 978-3-89955-228-7…
  • 村八分 / 山口冨士夫 (著) (2005/10/25)
    … this article deals with Mura-Hachibu, a legendary Japanese cult Rock band. And the English version of this article will not be available. 先日 「発売日翌日にリリースを知ったので入手は難しいかも…」と書いた 村八分の決定版ストーリー本。本屋に行ってみたら、平積みされて普通に売ってました (笑) ので、購入してきました。 村八分 / 山口 冨士夫 (著) K&B パブリッシャーズ 刊 ISBN 4-902800-03-9 (2005年10月21日発売)…

Leave a Reply

Your email address will not be published.