Demo Crazy / Damon Albarn

(本エントリは、私が別の web に 2004年 3月 1日付で掲載していたものを転載したものです)
(this entry was originally made public at my another web site on March 1, 2004)

このアルバムのタイトル「Demo Crazy」を見た時、真っ先に思い出したのはあの偉大なミュージシャン Fela Kuti のことでした。彼は democracy をもじった、意味深な「Democrazy」というタームを提唱したのでした。

I remember the phrase of this album’s title “Demo Crazy” – the phrase should remind us of the late Fela Kuti, who was (of course) a great Afro artist and who originally coined the meaningful phrase “Democrazy” (not democracy).

[DEMO1/HJP10 Front Cover]
Demo Crazy / Damon Albarn
(Honest John’s DEMO1/HJP10)

この 2枚組 LP の、独特の形状をしたゲートフォールドカバーを開いた時、目にとびこんできたのは、幾多の Damon Albarn の殴り書きの中にあった「DEMOCRAZY IS A FELA KUTI CONCEPT」という文字でした。それを見た時なんだか意味もなく嬉しくなりました。また、Damon Albarn さんが Fela Kuti の音楽を知っていた (恐らくとても好きなのでしょう) ことに驚きもしました。

And when I opened this unique gatefold cover of the double LP, I was so glad (meaninglessly though) that I could find “DEMOCRAZY IS A FELA KUTI CONCEPT” among many other scribbles written by Damon Albarn. I was also surprised that Damon Albarn knew (and might love) the music of Fela Kuti.

この 2枚組 LP を購入したのは 1月のことでした。なぜ店頭でこれを買おうと思ったのかはよく覚えていませんが、まあ LP に餓えているということなのでしょう。ともあれ、このユニークなジャケットデザインと、あのデーモンアルバーンのソロアルバムであるという事実に惹かれたのだと思います。

I bought this double LP last January at a local reseller. I don’t remember why I picked up the copy – maybe I am just a vinyl junky, but anyway I got attracted by this interesting cover design as well as the fact of that Damon Albarn’s solo project.

2003年の US ツアー中に滞在したホテルのベッドで、悪戦苦闘したのか気ままになのか、録音された音楽の断片。このアルバムがその成果ということになりますが、全曲が曲の体をなしていないかの様な断片的なもので、ローファイなリズムボックスの音で満たされています。その一方で、Damon さんの作曲プロセスを伺わせる様な瞬間も垣間見られます。このアルバムを初めて聞いた時、不思議な感覚に襲われました。なんとも不思議な感覚で、まるで Damon さんの心の中を覗き見ているかのような感じ。

During the US tour in 2003, Damon struggled and frankly recorded fine pieces of musical monologue on hotel bedrooms – and this album was a result. All tracks consists of vanity fragments, full of low-fi (or no-fi) rhythm box sounds and moments of tune emerging. However once I listened to the tracks, I felt somewhat comfortable – really strange feeling, like I was peeping Damon’s internal mind or something like that.

時代を越えたマスターピースでもなく、素晴らしく絶賛されるアルバムになることもないのでしょうが、ともあれこの盤に刻まれた音楽は私にはとても心地よいものでした。生々しくシャープで、けれどもとっちらかった断片的な集合体。

Although this album may NOT become timeless masterpiece or super-highly acclaimed monuments, I really like this sound on the platters. Raw and sharp sounds, but a set of unsorted fragments.

ところでこのアルバム、5,000セット限定 (ほんまかいな?) で、しかも 10インチ LP でしかリリースされていないとのこと。なぜそうなのかはよく分かりませんが、ともあれ 1枚目の白 LP、2枚目のピクチャー LP という組合せはとても素敵なデザインでした。

By the way, this album is a limited edition of 5,000 copies (really?!), and issued only in 10-inch LP format. I don’t know why he decided so. Anyway, both the white vinyl (1st disc) and the picture vinyl (2nd disc) looks so fantastic.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Stop The Clocks – The Best Of Oasis (2006/12/17)
    かたや 5,000円台、かたや 2,000円台。どちらも同じ 3枚組 LP ボックスの新譜。当然後者を購入しました。 The very same 3LP box set as new products – one sold at around 5,000 YEN, while the other at around 2,000 YEN. I bought the cheaper edition, of course. Stop The Clocks…
  • Super Session / Bloomfield – Kooper – Stills (2006/01/23)
    学生時代にイヤという程聴き込んだ懐かしのアルバム達。何年か振りに久し振りに聴いてみると、昔抱いた印象と随分違うものも少なくありません。昔は気付かなかった新たな魅力に気付くもの (実際はこれが多いのですが) もあれば、「あれ、こんなんだっけ?」と拍子抜けしてしまうものもあったり。先日、懐かしさのあまりオリジナル盤 (一応両面マトリクス 1A です) を見つけてつい買ってしまったこのアルバム、私にとっては (どういうわけか) 後者に属するものでした。そんなこともあるもんですねぇ。 There are dearly beloved albums which I listened to so many times when I was still young – after long years I sometimes have a chance to listen to such…
  • Waiting For The Sirens’ Call / New Order (2005/11/05)
    リリースから半年以上経ってから買うのもどうかと思いますが、たまたま渋谷のレコファンで 500円引きで売ってたので捕獲。New Order が今年出した新譜の LP バージョン (2枚組) です。 The other day I happened to buy this album at the RECOFAN shop, Shibuya, Tokyo (it was sold at a reduced price). As you may know, this is the LP version…
  • The 500 Greatest Albums Of All Time (2004/02/02)
    八田さんの日記 経由, zokkon さんの日記 経由 (YAMDAS Project 経由もあり): RollingStone 誌の “The 500 Greatest Album of All Time” 人それぞれツッコミどころは多数なのでしょうが,ともあれ私個人の脳裏をとりとめもなく巡った事柄をいくつか.…
  • 37 Years After the SMiLE (2004/10/14)
       左は 1990年前後(?)にリリースされたブート CD (No Label T-2580),右は今回の CD (Nonesuch 79846-2) 先週,とうとう Brian Wilson Presents Smile がリリースされました (本国版は 9月末リリースだったそうですが). 遅れ馳せながら本日米国版 CD を購入,涙を流しながら聴き入りました. データの類や,「語られつくされつつある」お馴染みのストーリーはレコードコレクターズ11月号の特集記事などを見れば分かることなので,ここではあまり触れませんが,今まで断片的に公開されてきた音源 – “Smiley Smile”,“20/20”,“Sunflower”,“Surf’s Up”,“Rarities”,ブート LP 数種,ビデオ “An American Band”,幾多のブート CD,“Good Vibrations” ボックス,1990年代の CD リイシューのボーナストラック,その他いろいろ – や,Domenic Priore…
  • Autumn ’66 / The Spencer Davis Group (2005/05/09)
    つい先日、LP ラック を買い足しました。その際、段ボール箱に入れて保管していたレコードを整理しましたが、ここ数年手にとっていなかった盤を手にとっては、その盤にまつわる個人的な想い出が次々と脳裏をかけめぐり、整理は滞りがちになってしまいました。これもそんな一枚。記憶が正しければ、1994年の夏に大阪日本橋の某中古レコード屋で購入したものです。 The other day I bought yet another LP stocker. After the built of the stocker was complete, I started to readjust my LP collection (stocked in the cardboard boxes) to re-stock in this new stocker. During…

Leave a Reply

Your email address will not be published.